MENU

【事実】工場勤務は副業しないと本気でヤバい話【人生終わる】

ほかの職種も同じですが、特に工場勤務は副業しないと本気でヤバい時代に突入しました。

このまま何もしないでいると、いつか確実にそのツケが回ってきて苦しみます。

とはいえ、「副業なんて面倒だしやりたくない」とか「何をすればいいのかわからない」と思いますよね。

そこで今回は、工場で働きながら副業をしていた僕が以下を解説します。

本記事の内容

  • 工場勤務は副業しないと本気でヤバい話
  • 工場勤務の副業は「ブログ」がおすすめ
  • 工場勤務が副業をするときの注意点3つ

繰り返しますが、工場勤務は副業をしないと将来確実に詰みます。

僕はそれに気がついたので、2年前に工場で働きながら副業でブログを始めました。

そして現在は、工場から抜け出してWeb系のフリーランスをしています。

この記事を読めば、工場勤務が副業を始めるべき理由がわかり、人生の軌道修正ができるでしょう。

目次

工場勤務は副業しないと本気でヤバい話

ほかの職種も同じですが、特に工場勤務は副業をしないと将来が本気でヤバいです。

具体的には以下の3つ。

  1. 税金は今後も上がり続ける
  2. 終身雇用の時代は終わった
  3. 定年が引き上げられている

①:税金は今後も上がり続ける

近年、税金がどんどん上がっていますよね。

この税金の上昇は「少子高齢化」が影響しているので、今後も上がり続けます。

2030年には日本の人口の約3分の1が高齢者になるといわれており、高齢者の生活を支えるためには税金を引き上げるしかないんですよね。

噂によると、2030年には消費税が15%まで引き上げられるともいわれています。

欧州では消費税25%なんて国もあるし、日本も徐々に上げていくのは間違いありません。

税金は上がるけど、給料は上がらない

「税金が上がっても給料が上がれば関係ないや」と思うかもですが、工場勤務の給料が大幅に上がることは期待できません。

理由は以下の3つ。

  1. 先行きが不透明だから固定費を削減したい
  2. 誰でもできる作業だから評価が付けにくい
  3. 退職者が多くても外国人を雇えばいいだけ

こういった理由から、工場勤務はなかなか給料が上がらないです。

特にコロナショック後は、どの企業も人件費を慎重に考えるようになり、あのトヨタ自動車も一律のベースアップは厳しい時代です。

そうなると、会社の給料だけでは生活がどんどん厳しくなっていきますよね。

なので、少しでも若いうちに副業をして収入の柱を増やす必要があります。

これからの時代は「副業をしているか」で格差がどんどん広がるでしょう。

②:終身雇用の時代は終わった

「贅沢に興味がないから副収入なんていらないよ」という人もいるかもしれません。

しかし、今はもう終身雇用が保証されておらず、いつリストラされるかわからない時代です。

工場勤務をしているなら聞いたことあると思いますが、あのトヨタ自動車も「終身雇用は厳しい」と言っているので、どの企業も厳しいでしょう。

実際、多くの大企業が40歳以上を対象にリストラや早期退職募集をしています。

業績の良い企業でも「先行きが不透明だから」と人件費削減をしており、本当にいつリストラされるかわかりません。参考はこちら

スキルのない人間は路頭に迷うしかない

「自分は大丈夫だ」と思うかもですが、実際にリストラされたらどうしますか?

恐らく、工場でしか働いたことのない40代以上なんてどこも拾ってくれませんよ。

独身ならアルバイト生活するだけですが、既婚者だと家族に貧困生活をさせることになります。場合によっては家族からも見捨てられるかもしれません。

社会からも家族からも相手にされず「路頭に迷うしかない人生」って考えただけでもゾッとしますよね。

副業をしていれば会社に依存しなくていい

しかし、若いうちから副業をしていれば、会社の収入がなくなってもある程度生きていけます。

自分で稼ぐ力があれば、再就職やフリーランスとして雇ってもらえる可能性もあるでしょう。

つまり、手に職がある状態は強いです。

なので、「自分で生きる力」を身につけるためにも副業をしましょう。

③:定年が引き上げられている

少子高齢化の影響で年金受給額がどんどん減っていますよね。

そのため、高齢者が生活できるように「定年を65歳以上にしよう」とか「定年制度を廃止しよう」という議論がされています。参考:厚生労働省

つまり、このままいくと「一生働かないといけない可能性が高い」というわけです。

「定年まで働けば老後が安泰だから」と嫌な仕事に耐えていたのに、一生嫌な仕事して過ごすなんて絶望でしかないですよね。

工場の仕事を愛しているなら別にいいかもですが、そんな変わった人ほとんどいないと思います。僕は無理です。

なので、少しでも楽しいと思える仕事を見つけるためにも、副業を始めたほうがいいと思います。

工場勤務の副業は「ブログ」がおすすめ

ここまで工場勤務が副業を始めるべき理由をお話ししました。

では、どんな副業をすればいいのかというと、それは「ブログ」です。

理由は以下の3つ。

  1. 自分のペースでできる
  2. スキルを横展開できる
  3. 資産として積み上がる

順番に解説していきます。

ブログが副業になる理由はこちらをご覧ください

①:自分のペースでできる

工場勤務は夜勤があるところが多いので、スケジュールに追われる副業は体力的にきついですよね。

たとえば、クラウドソーシングを経由した副業は発注者が設定した納期を守らないといけません。

しかし、ブログはすべて自己完結なのでマイペースに取り組めます。

僕の場合、夜勤週は完全オフで、日勤週だけ取り組んでいました。

すべて自己責任なため怠けてしまう可能性はありますが、Twitterやオンラインサロンでブログ仲間を作れば楽しく継続できます。

ブログは自分でスケジュールを組んで取り組めるので継続しやすいです。

②:スキルを横展開できる

ブログをやるとさまざまなスキルが身に付きます。

たとえば以下。

  • 文章力
  • SEOの知識
  • 販売力

ブログに真剣に取り組んでいれば、自然とこれらのスキルが身に付きます。

つまり、もしブログで稼げなくても、スキルを活かして別の職業に転職できるんですよね。

たとえば、

  • Webライター
  • Webディレクター
  • Webマーケター

こういった職業に転職可能です。

具体的には、月1万人を呼び込めるサイトを作れれば、まず就職に困りません。

https://twitter.com/manabubannai/status/1394288626335289345
https://twitter.com/k_s_k_writing/status/1517103638610849793
https://twitter.com/misobloggg/status/1514849044677689345

「1万人を呼ぶサイトなんて難しそう…」と思うかもですが、全然そんなことありません。素人の僕でも半年(30記事くらい)で達成できました。

転職を意識しながら取り組むと良い

なので、転職を意識してブログを始めるのもありですよ。

たとえば、以下の転職サイトに登録すれば、Webマーケティング会社の求人をチェックできます。

Web系の会社は製造業よりも給料が高いので、夢が広がりますよ。

もちろん完全無料で利用できるし、相談だけ・求人閲覧だけの利用も可能です。

③:資産として積み上がる

ブログは自分の資産になるのも良いところです。

一度収益が発生する仕組みを構築すれば、ブログが読まれ続けるかぎり収益が発生します。

具体的には以下のとおり。

  1. ブログ記事を書く
  2. Googleの検索エンジンに表示される
  3. 検索ユーザーがいるかぎり収入になる

こんな感じで、ブログは自分の金融資産となります。簡単にいうと不動産みたいな感じです。

アルバイトは稼ぎやすいですが、辞めると収入がなくなりますよね。しかし、ブログは辞めても継続的に収入が入ってきます。

つまり、ブログは続けるほどに人生が楽になるんですよ。

なので、工場勤務の副業にはブログがおすすめです。

ブログは初期費用もほとんど必要ないので気軽に始めてみてください。

ブログの始め方と学ぶべきこと

工場勤務が副業をするときの注意点3つ

工場勤務は副業でブログをやりましょう。

とはいえ、ちょっとした注意点もあるのでお伝えします。

それが以下の3つ。

  1. 健康を害してまでやらない
  2. 周りの人にあまり言わない
  3. 確定申告について理解する

①:健康を害してまでやらない

これからの時代は副業が当たり前になります。

しかし、無理をして健康を害してしまっては元も子もないですよね。

特に夜勤のある工場は、しっかり体調管理しないと倒れてしまいます。

なので、僕は夜勤週はブログを書かず、日勤週にまとめて書いていました。

とにかく無理をしないで継続することが大切です。

副業する時間がない場合

「自分の工場は忙しくて副業する余裕ないよ…」という人は、まず転職することをおすすめします。

工場で働き続けても人生は下降線を辿るだけなので、もっと楽な工場に移るとか、未経験で異業種転職しちゃうとかしたほうがいいですよ。

なので、今の会社で副業がきついなら転職活動をしましょう。

②:周りの人にあまり言わない

副業で稼げるようになると周りに言いたくなるかもしれません。

しかし、噂が広まると上層部にバレてしまう可能性があります。

国が副業を推しているとはいえ、まだ理解が進んでいない会社が多いですからね。

公務員ではないため「バレたから解雇」なんてことはありませんが、工場は古い考えの人が多いので説明が面倒になります。

なので、あまり周りに公言しないほうが適切でしょう。

副業をするとバレる?

副業禁止というのは法律違反ですが、会社の雰囲気的にバレたくない人もいますよね。

しかし、副業をしても大半の人はバレませんよ。

副業がバレるのは確定申告のときの「住民税の増加」ですが、年間の副業所得が20万円を超えないかぎり確定申告は必要ありません。

年間20万円なんてすぐに超えるものでもないし、仮に超えても「普通徴収」で納めればいいだけです。

なので、副業が会社にバレることを心配する必要はありませんよ。

ちなみに、もし副業禁止の会社に勤めているなら転職したほうがいいです。

今どき副業禁止の会社なんて未来がないし、もし業績が悪化したら問答無用で切られます。

会社はもう守ってくれないので、自分の身は自分で守りましょう。

③:確定申告について理解する

上でも少し触れましたが、副収入が「年間20万円を超えた場合」は、確定申告が必要です。

工場で稼いだ給料については、会社が年末調整で代行してくれますが、副業で稼いだ収入は自分で確定申告書を作成して税務署に提出する必要があります。

年間20万円なんてすぐに超えることありませんが、副業をするなら知識として頭に入れておきましょう。

以下の本はマンガ形式でわかりやすいのでおすすめです。

まとめ:工場勤務は副業しないとヤバい

さいごまで読んでいただきありがとうございます。

工場勤務は副業しないとヤバいという話をしました。

もう一度振り返ると以下のとおり。

  1. 税金は今後も上がり続ける
  2. 終身雇用の時代は終わった
  3. 定年が引き上げられている

ほかの職業でも同じですが、特に工場勤務は誰でもできる仕事なので、会社から放り出されるとかなりヤバいです。

もし放り出されると、なかなか再就職ができず路頭に迷うか、誰もやりたがらない仕事で80歳くらいまで過ごすことになります。

なので、少しでも若いうちに副業を始めて、自分で仕事を選択できるスキルを身につけましょう。

ブログの始め方と学ぶべきこと

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる