MENU

【悲報】工場勤務を定年まで続けるのは厳しい3つの理由【末路が悲惨】

工場の仕事って定年まで続けられるのかな?今はいいけど40歳とか50歳になると体が耐えられなくなりそう。人手不足で仕事もきつくなってるし、工場勤務の末路はヤバいって聞くし、もう転職したほうがいいのかな?でも工場以外で働けるか不安だし…迷う。

こういった疑問にお答えします。

工場勤務はコミュニケーションをあまり必要としない仕事です。また難しいスキルも必要としないため気楽に働きたい人にピッタリの職業といえます。

とはいえ、過酷な肉体労働や夜勤があることから「定年まで続けられるのかな…」と不安を感じて、転職を検討している人も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、工場勤務を定年まで続けるのは厳しい理由、定年まで働ける仕事の見つけ方を解説します。

僕は自動車メーカーの工場で9年間働いていました。今は退職してWeb関係の仕事をしています。

個人的な意見ですが、20代や30代で定年まで工場勤務をしようと考える人の末路は悲惨だと思います。

脅すようで気を悪くするかもしれませんが、工場を辞めるか迷っている人の背中を押せれば…と思いこの記事を書きました。

今の人生に不満を感じている方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

目次

工場勤務を定年まで続けるのは厳しい3つの理由

工場勤務を定年まで続けるのは厳しいです。

理由は以下の3つ。

  1. 夜勤が徐々にしんどくなるから
  2. AI(ロボット)に仕事を奪われるから
  3. 安い給料でしか働けなくなるから

順番に解説します。

①:夜勤が徐々にしんどくなるから

工場で働く多くの人は、夜勤もしていると思います。

しかし、その夜勤も加齢に伴ってしんどくなっていくでしょう。

具体的には以下のとおり。

  • 寝ても疲れが取れなくなる
  • 頭がほとんど働かなくなる
  • 休日になると眠れなくなる

これらは僕が工場勤務時代に40代以降の方から聞いたことです。

実際僕も18~27歳まで夜勤(交替勤務)をしていましたが、体が年々しんどくなっているのを感じました。

「夜勤なしの工場で働けばいいじゃん」と思ったこともありますが、工場勤務って夜勤手当がなくなると給料が少なすぎるんですよね…。

独身ならなんとか暮らせますが、家庭を持つ人はなかなか夜勤を辞められないと思います。

そうなると、いずれ夜勤による過労・ストレスで体も家庭も壊してしまうんじゃないかな…と思うんですよね。

ちなみに医学的にも「夜勤はうつ病になりやすい」といわれています。

②:AI(ロボット)に仕事を奪われるから

夜勤がキツくなるっていうけど、自分は体力に自信があるから大丈夫。

このように思う方もいるでしょう。

たしかに、40代や50代でもバリバリ夜勤をこなしている人は少数ながらでもいるし、自分も大丈夫な気がするかもしれません。

しかし、そもそもの話をすると、今の仕事をそのまま続けられる可能性は低いんですよね。

なぜなら、工場の仕事はこれから「AI(ロボット」に奪われていくからです。

少子高齢化でどの企業も労働力不足に悩まされています。
その労働力不足を解決してくれるのが「AI(ロボット)」の導入というわけです。

実際、コンビニやスーパーでは無人レジが増えていますよね。工場でもAI(ロボット)が増えて、人間の仕事は減っていくと予想されます。

仕事が減ると、一部の有能な人だけを残して、あとは解雇…なんてことになるでしょう。

脅すわけではありませんが、何も考えず呑気に過ごしていると、ある日突然人事に呼ばれて「今までありがとう…」と肩を叩かれるかもしれません。

20代や30代なら再就職もできますが、工場でしか働いたことのない40代や50代が解雇となると…末路は悲惨ですよね。

iPhoneの歴史を見てもわかるとおり、テクノロジーは急速に発達します。定年まで今の仕事がある可能性はかぎりなく低いでしょう。

③:安い給料でしか働けなくなるから

AI(ロボット)が全部の仕事をするのは無理でしょ。細かい作業は人間にしかできないし、なんだかんだ仕事はあると思う。

このように楽観視している人もいるかもしれません。

たしかに、工場の仕事すべてをAIに任せるのはまだ難しいと思います。細かい作業や確認には人間の力が必要です。

しかし、仕事が残ったとしても、単純作業しかできない人はどんどん給料が安くなると思います。

なぜなら、わざわざ給料を上げる必要がないからです。

たとえば、あなたが「給料に不満がある」と会社に文句を言ったとしましょう。
しかし、あなたが辞めても会社は代わりを補充すればいいだけです。だから給料は上がりません。

「安い給料だと誰も働かなくなるんじゃないの?」と思うかもしれませんが、単純作業しかできない人はそこで働くしかないので一定の需要はあるんですよね。

なので、会社は単純作業しからできない人には最低限の給料しか与えません。

実際、トヨタ自動車は一律の昇給を廃止しています(参考:トヨタ、一律の昇給停止を決定|日経新聞)。

これからは年功序列ではなく個人の評価で給料が決められます。

しかし、誰でもできる単純作業では会社も評価のつけようがありませんよね。

そのため、工場の中でも給料が上がるのは頭のいい人たちだけ。現場で汗水垂らしながら働く人たちは、今まで以上に安く買い叩かれると思います。

少ない手取りで貯金もできない。子供に好きなものを買ってあげられない。体を壊したら捨てられる。AIの代替によって捨てられる可能性もある。

そう考えると、もし仕事がなくならなかったとしても、工場で定年まで働き続けるのは厳しいなと僕は思いました。

定年まで働き続けられる仕事を見つける方法3選

工場勤務を定年まで続けるのは厳しい理由を解説しました。

とはいえ、「自分は工場でしか働けないし定年までどうしよう…」という方もいますよね。

そんな方は以下の3つの行動がおすすめです。

  1. 転職エージェントに相談する
  2. フリーランス的に働いてみる
  3. 生活費をガッツリ下げてみる

順番に解説します。

①:転職エージェントに相談する

「自分は工場でしか働けない…」と思う方は、転職エージェントに相談してみるのがおすすめです。

なぜなら、自分ひとりでは見つけられない仕事に出会える可能性があるから。

転職エージェントは、さまざまな業界や職種を熟知しています。「工場以外で働きたい」と相談すればプロの視点から最適な仕事を探してくれますよ。

たとえば、性格を分析して適職を紹介してくれたり、今後どのようなキャリアを歩めばいいのか教えてくれたりします。

「転職したいけどやりたい仕事がない…」という人も、転職エージェントに相談すれば解決するかもしれません。

「工場でしか働いたことがない人に紹介する求人なんてあるの?」と疑問かもしれませんが、少子高齢化の影響で「未経験OK」な求人募集はかなり多いです。

実際に相談してみると「なんだ、カンタンに転職できるじゃん」と思えますよ。もちろん”無料”で利用できます。

工場勤務でも転職しやすい職業

ちなみに、工場からでも転職しやすい職業は以下のとおり。

  • 営業職
  • 販売職
  • ドライバー職
  • 介護職
  • エンジニア職

上記は「未経験OK」な求人募集が多いです。20代や30代前半ならすぐにでも転職できる勢いでしたよ。

もちろん、資格があればもっと可能性は広がります。おすすめな資格も教えてくれるので相談してみてください。

ちなみに転職エージェントは相談のみでもOKです。必ず転職しないといけないわけではないので気軽に利用して大丈夫ですよ。

出典:リクルートエージェント

おすすめな転職エージェント

転職エージェントはさまざまありますが、とりあえずは以下の大手3社に登録しておけば間違いありません。

転職エージェントはどこに登録するかよりも”いかに相性のいい担当者を見つけるか”が重要です。

そのため、なるべく複数登録して相性のいい担当者を探したほうがいいですよ。

転職は年齢を重ねるごとに不利になります。「もっと早く動けばよかった…」と後悔してからでは遅いので登録作業くらいサクッと済ませてしましましょう。

②:フリーランス的に働いてみる

「転職エージェントに相談してもやりたい仕事が見つからなかった」という人は、フリーランス的に働いてみるのがおすすめです。

フリーランスとは「個人で仕事を請け負う働き方」のことを指します。最近は副業をする人が増えているため、個人でも仕事をとりやすい時代になっていますよ。

たとえば、クラウドワークスをチェックしてみてください。未経験OKな案件がたくさん募集されています。

「フリーランスは収入が不安定だから嫌だよ」と思うかもしれませんが、副業でOKです。個人でいろいろ仕事をしてみると「やりたいこと」が見つかるかもしれませんよ。

なぜなら…

「副業をする→できることが増える→得意なことになる→やりたい仕事になる」

という図式が成り立つからです。

どんなことでも継続していれば人並み以上のスキルは身につきます。人より少しだけ得意なら「これを仕事にしようかな」という気持ちになりますよ。

僕は今ライターとして活動していますが、最初から文章を書くのが好きなわけではありませんでした。

副業ブームに乗っかって「文章書くくらいなら自分でもできるかな」という気持ちではじめたWebライターの副業が、今では仕事になっています。もちろん毎日楽しいです。

なので、あなたも副業に挑戦してみると「やりたい仕事」が見つかるかもしれませんよ。やりたい仕事があれば転職活動にも気合いが入りますよね。

工場勤務におすすめな副業

ちなみに、工場勤務におすすめな副業は以下の5つです。

  • Webライター
  • ブログ・アフィリエイト
  • 動画編集
  • YouTube
  • プログラミング

いずれも真剣に取り組めば「社会に役立つスキル」が身につくので転職しやすくなります。

詳しくは以下で解説しているのであわせて読んでみてください。

ちなみに僕は「ブログ・アフィリエイト」をおすすめします。

ブログ・アフィリエイトでは多くの仕事に必要なスキルが身につくため、スキルを横展開しやすいです。

詳しくは以下の記事を読んでみてください。

③:生活費をガッツリ下げてみる

どうしてもやりたい仕事が見つからないなら「生活費を下げる努力」をしてみてください。

生活費を下げれば、給料を度外視して仕事を選べるようになります。

たとえば、生活費が月10万円まで抑えられれば、ぶっちゃけアルバイトでも生活できますよね。

アルバイトで生活費を稼ぎながら、余った時間を勉強に費やせばキャリアアップ転職できるかもしれませんよ。

僕自身、フリーランスになろうと思えたのも生活費がほとんどかからないからです。

生活費を下げる方法

本気で生活費を下げたいなら「ミニマリスト」になるのがおすすめです。

ミニマリストとは、必要最小限のモノしか持たない人たちのことを指します。

ミニマリストの考え方を学べば、お金を使わなくても満足できるので毎月の出費を抑えられますよ。

ちなみに、僕は毎月10万円あれば満足に生活できます。

「そんな我慢だらけの生活なんて無理だよ…」と思うかもしれませんが、ミニマリストの考え方を知れば、決して我慢ではないことがわかるはずです。

というわけで、生活費を下げたい方はミニマリストを目指してみてください。

ミニマリストになりたい方向けにおすすめな本をまとめました。本を読むだけで人生を変えるきっかけになるので参考にどうぞ。

まとめ:工場勤務を定年まで続けるのは厳しいです

最後まで読んでいただきありがとうございます。

工場勤務を転職まで続けるのは厳しい理由を解説しました。

もういちど振り返ると以下のとおり。

  1. 夜勤が徐々にしんどくなる
  2. AI(ロボット)に仕事を奪われる
  3. 安い給料でしか働けなくなる

工場勤務を定年まで続けるのは厳しいです。

加齢と共に体力に限界がくるし、今後はロボットによって単純作業しかできない人間は仕事を失います。

かろうじて雇ってもらえたとしても安月給でこき使われるでしょう。

安月給でいつリストラされるかわからない…と考えると贅沢なんてできないですよね。家庭を持っている方なら子供にも我慢を強いることになります。

そんな悲惨な末路をたどりたくないなら、行動して現状を変えるしかありません。

というわけで、まずは転職エージェントに登録だけでもしてみてください。登録だけならカンタンですよね。

面倒かもしれませんが、一歩踏み出してさえしまえば流れるように行動できますよ。

おすすめな転職エージェント(複数登録しよう)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次