MENU

【悲報】工場勤務を定年まで続けるのは厳しい3つの理由【末路は悲惨】

  • 「工場勤務って定年まで働き続けられるのかな?」
  • 「工場の仕事ってきついし定年までは厳しいかな?」
  • 「工場勤務の末路がいったいどうなるんだろう…?」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

こんにちは、カズヤです。
工場勤務を9年で退職しました。

工場勤務の給料はそれほど悪くないし、煩わしい人間関係もほぼありません。
やりたい仕事がない方、コミュニケーションが苦手な方にとっては魅力的な職業でしょう。

とはいえ、工場勤務は体力勝負なところがあり、「定年まで続けられるのかな?」と不安になることもありますよね。

そこで今回は、工場勤務を定年まで続けるのは厳しい理由と対処法を解説します。

いきなり悲報ですが、工場勤務を定年まで続けるのは厳しいと思います。
僕は大手自動車メーカーの工場で働いていましたが、「末路が悲惨すぎる…」と感じたので辞めました。

この記事を読めば、工場勤務を辞めるべき理由がわかるはずです。

ぜひ最後まで読んでみてください。

僕が工場勤務を抜け出した方法はこちらにまとめています

目次

工場勤務を定年まで続けるのは厳しい3つの理由

工場勤務を定年まで続ける人はいます。

しかし、これからの時代、定年まで工場で働くのは厳しいと思います。

理由は以下の3つ。

  1. 夜勤が徐々にしんどくなる
  2. AIや外国人に仕事を奪われる
  3. 安い給料でしか働けなくなる

こういった理由から僕は工場勤務から抜け出そうと思いました。

順番に解説します。

①:夜勤が徐々にしんどくなる

工場勤務は夜勤のあるところが多いですよね。

夜勤も30代までなら平気かもですが、40代以降はかなりきついと思います。

以下は職場にいた40代・50代の方に聞いたことです。

  • 寝ても疲れが取れない
  • 頭がほとんど働かない
  • 休日になると眠れない

かなりしんどそうですよね。

実際、僕も27歳まで工場夜勤をしていましたが、年々しんどくなっているのがわかりました。

なので、今は平気でも、そのうち夜勤が嫌で辞めたくなると思いますよ。

夜勤なしの工場・部署もありますが、工場は夜勤をしないと給料が大幅減となります。

②:AIや外国人に仕事を奪われる

現在、工場勤務をしている方は「定年まで働いている人はいるし大丈夫でしょ」と思うかもしれません。

しかし、近い将来、製造業のほとんどはAI(人工知能)や外国人に奪われるといわれています。

理由は「人手不足」によるもの(参照:労働市場の未来推計 2030)。

  • 少子高齢化で労働人口が足りていない
  • 人手不足だからAIを導入するしかない
  • 外国人労働者は賃金も安いし雇いたい

簡単にいうとこんな感じです。

つまり、定年まで働こうとしても途中で解雇される可能性が高いんですよね。

企業も雇用を守りたいのが本音だと思いますが、生き残るためには仕方のないことです。

③:安い給料でしか働けなくなる

単純作業はいずれAIや外国人に奪われるでしょう。

そうなると、定年まで働くには以下の2つが求められます。

  1. AIにはできない「頭を使った仕事」をする
  2. 外国人と同じ「低賃金で単純作業」をする

頭を使った仕事(製品開発や企画など)ができればいいのですが、何十年も単純作業しかやってこなかった人に急に「頭を使った仕事をして」なんてキツいですよね。

そのため、工場で定年まで働こうとしても「解雇される」か「新卒並みの給料で雇われる」となる可能性が高いです。

もちろん憶測でしかありませんが、日本の労働人口が減っているのは事実なので工場で定年まで働くのは厳しいと思います。

定年まで働き続けられる仕事を見つける方法3選

ここまで工場勤務を定年まで続けるのは厳しい理由を解説しました。

とはいえ、「自分は工場以外で働けそうにないしどうすればいいんだ…」と思う方が大半ですよね。

そこでおすすめな行動が以下の3つです。

  1. 転職エージェントを利用する
    →自分に合う転職先を探してもらえる
  2. フリーランス的に働いてみる
    →個人で稼げれば会社勤めしなくていい
  3. 生活費をガッツリ下げてみる
    →固定費が少ないと仕事選びの幅が広がる

僕はこの3つの行動をしたことで工場から抜け出せました。

順番に解説します。

①:転職エージェントを利用する

「自分は工場でしか働けない…」と思う方は、転職エージェントを利用すると解決します。

転職エージェントは、さまざまな求職者の相談にのってきたプロです。
相談すれば、あなたに合う最適な仕事を探して提案してくれますよ。

僕も利用しましたが、「仕事っていろいろあるんだな」とか「工場からでも余裕で転職できるじゃん」と思ったのを記憶しています。とにかく人生が明るくなりました。

工場勤務でも転職しやすい職業

  • 営業職
  • 販売職
  • ドライバー職
  • 介護職
  • エンジニア職

上記の職業なら工場勤務からでも転職しやすいみたいです。

人手不足で困っているのは製造業だけではありません。
今はどの企業も労働力がほしいので、すぐに転職できますよ(特に20代なら余裕です)。

ちなみに、同じ製造業に転職するにしても「管理職」を募集している会社もありました。
現場は厳しくても管理職ならわりとアリですよね。

おすすめな転職エージェント3選

  • リクルートエージェント
    →業界最大手・求人数No. 1。いろいろな可能性を探したい方におすすめ。
  • 就職Shop
    →書類選考なしの求人が多い。とにかく工場以外で働きたい方におすすめ。
  • ウズキャリIT
    →20代のIT転職に特化したサービス。エンジニアになりたい方におすすめ。

個人的におすすめな転職エージェントはこの3社(複数登録してもOK)。

もちろん完全無料・相談のみでもOKです。

「今度でいいや」という人の9割は忘れるみたいです。
必ずあなたの役に立つので熱意のあるうちに登録したほうがいいですよ。

各社のメリット・デメリットは以下で解説しているのであわせて読んでみてください。

②:フリーランス的に働いてみる

サラリーマンが嫌なら、フリーランスの働き方を体験をしてみるのがおすすめ。

要するに「副業」です。

副業で稼げれば「フリーランス(個人事業主)になる」という選択肢も生まれます。

フリーランス(個人事業主)のメリット

  • 家に引きこもって働ける
  • 旅行しながらでも働ける
  • 収入を青天井に伸ばせる

工場勤務をしていると、こうした自由な働き方って憧れますよね。

とはいえ、いきなり独立しても簡単には稼げないので、まずは副業で始めてみるのがおすすめです。

工場勤務におすすめな副業

  • Webライター
  • ブログ・アフィリエイト
  • 動画編集
  • YouTube
  • プログラミング

工場勤務におすすめな副業はこの5つです。

いずれも「社会に役立つスキルが身につく」ので挑戦する価値はかなり高いですよ。

詳しくは以下で解説しているのであわせて読んでみてください。

ちなみに僕は「ブログ・アフィリエイト」がおすすめです。

③:生活費をガッツリ下げてみる

やりたい仕事を見つけるうえでは「生活費を下げる」のも重要です。

なぜなら、生活費を下げれば、給料で仕事を選ぶ必要がなくなるから

「この仕事楽そうでいいけど、給料安すぎてきついなぁ…」という仕事も生活費を下げればできますよね。

たとえば、生活費があまり必要ないなら以下のような流れを作れます。

  1. 日勤のみの工場に転職する
  2. 仕事後に副業や勉強をする
  3. スキルを身につけて転職・独立する

生活費を下げれば、その分だけ仕事の選択肢が増えるのでおすすめです。

生活費を下げる方法

  • モノを減らして狭い部屋に引っ越す
  • 無駄遣いをしない思考を身につける
  • 自炊を勉強して外食の回数を減らす

たとえばこんな感じ。

「自分には無理だよ…」と思うかもですが、徐々に下げていくことで案外慣れていきますよ。

ミニマリスト系の本がおすすめ

本気で生活費を下げたいなら「ミニマリスト系」の本を読むのがおすすめです。

ミニマリストとは、必要最小限のコストで生きている人たちのこと。

僕はフリーランスとして生きていますが、脱サラできたのは「お金の不安」をできるだけ無くしたからです。

以下の3冊を読めば確実に考え方が変わるので読んでみてください。

著:ミニマリストしぶ
¥1,188 (2022/02/21 12:40時点 | Amazon調べ)
著:大原扁理
¥773 (2022/02/21 12:42時点 | Amazon調べ)

無料で読める本もまとめました

まとめ:工場勤務を定年まで続けるのは厳しいです

最後まで読んでいただきありがとうございます。

工場勤務を転職まで続けるのは厳しい理由を解説しました。

もういちど振り返ると以下のとおり。

  1. 夜勤が徐々にしんどくなる
  2. AIや外国人に仕事を奪われる
  3. 安い給料でしか働けなくなる

繰り返しますが、工場勤務を定年まで続けるのは厳しいです。

今は元気に働けていても、加齢とともに耐えられなくなると思います。
また、そもそも解雇される可能性だって近年は考えなければいけません。

もし定年まで働けたとしても「工場勤務で一生を終える」ってなんだか虚しいですよね。

なので、僕は9年務めた工場を辞めました。

というわけで、工場から抜け出す準備として、まずは転職エージェントに相談してみてください。

「明日でいいや」というと絶対に忘れるので、なるべく熱意のあるうちに行動したほうがいいですよ。

  • リクルートエージェント
    →業界最大手・求人数No. 1。いろいろな可能性を探したい方におすすめ。
  • 就職Shop
    →書類選考なしの求人が多い。とにかく工場以外で働きたい方におすすめ。
  • ウズキャリIT
    →20代のIT転職に特化したサービス。エンジニアになりたい方におすすめ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次