MENU

【快適】工場勤務に便利なグッズ9選【疲れ・暑さ・寒さ対策】

工場勤務は、立ち仕事や夜勤による体の負担が大きい仕事です。

また、工場内は暑さや寒さも厳しいため、これから働く人は少しでも対策しておきたいですよね。

そこで今回は以下を解説します。

本記事の内容
  • 工場勤務の「疲れ対策」に便利なグッズ3選
  • 工場勤務の「暑さ対策」に便利なグッズ3選
  • 工場勤務の「寒さ対策」に便利なグッズ3選

この記事を書いている僕は、工場勤務を約9年経験しました。

ライン作業や夜勤はきついですが、さまざまなアイテムを駆使することでいくらかは快適に作業ができるようになります。

この記事を読めば、工場勤務を快適にするためのグッズがわかり、きつい仕事も乗り切れるようになるでしょう。

目次

工場勤務の「疲れ対策」に便利なグッズ3選

工場勤務は、立ち仕事が多かったり、朝が早かったり、夜勤があったりとにかく体への負担が大きい仕事です。

そこで便利な「疲れ対策グッズ」が以下の3つ。

  1. 光目覚まし時計【毎日スッキリ起きられる】
  2. 靴のインソール【足の疲れを軽減できる】
  3. アイマッサージャー【仕事の疲れを癒す】

順番に解説します。

①:光目覚まし時計【毎日スッキリ起きられる】

人間は朝日を浴びることで体内時計をリセットして、体の調子を整えています。

しかし、工場勤務は朝が早いところが多く、太陽が出ていない時間に起きなければいけません。

そこでおすすめなのが「光目覚まし時計」です。

光目覚まし時計は、設定した時刻がくると朝日のような光を発するので、太陽が出ていない時間でも気持ちよく起きられます。

「光だけで起きられるか心配…」という人は、スマホのアラームを5分後にセットするといいですよ。

朝を気持ちよく過ごせれば、体内時計によって夜も気持ちよく眠れます。結果、疲労回復に効果があるのでおすすめです。

YABAE
¥4,899 (2022/03/05 10:35時点 | Amazon調べ)

②:靴のインソール【足の疲れを軽減できる】

工場勤務は立ち仕事がほとんどです。長い間立ってると足が痛くなってくるし、集中力も乱れてミスを犯す原因になってしまいます。

そこでおすすめなのが「インソール」です。

安全靴の中にクッション性の高いインソールを入れることで、足の疲れがかなり軽減されますよ。

工場で働くならもう必須アイテムです。

③:アイマッサージャー【仕事の疲れを癒す】

1日中集中して作業していると目が疲れます。目が疲れると、頭痛を引き起こして疲労感が倍増するんですよね。

そこでおすすめなのが「アイマッサージャー」です。

アイマッサージャーは、目を温めたり、振動や指圧で刺激してくれたりするので、疲れた目を癒すのに最適ですよ。

値段は少し高めですが、毎日スパに通うことを考えれば安いです。

よだれが出そうになるほど気持ちよくて、寝る前に使えば入眠効果も高まりますよ。

工場勤務の「暑さ対策」に便利なグッズ3選

真夏の工場はとにかく暑いです。

最近はクーラーを設置する工場も増えましたが、それでも広い工場では冷気が行き渡りません。

そこで便利な「暑さ対策グッズ」が以下の3つ。

  1. 冷感インナー【汗で体がベタつかない】
  2. 冷却タオル【手軽に体温を下げられる】
  3. ヘアバンド【汗が目に入らないように】

順番に解説します。

①:冷感インナー【汗で体がベタつかない】

工場によっては作業着が指定されていたり、長袖しかダメだったりします。

そうなると、1日中汗臭い作業着で過ごさないといけないし、暑さもしんどいでしょう。

そこでおすすめなのが「冷感インナー」です。

冷感インナーを着れば、作業着が汗でベタつかないし、長袖でもちょっとは涼しく過ごせますよ。

②:冷却タオル【手軽に体温を下げられる】

真夏の工場では大量の汗をかくのでタオルは必須です。

ふつうのタオルでもいいのですが、一般的なタオルよりも冷たい「冷却タオル」を使うと快適に過ごせますよ。

冷却タオルを自分の持ち場に置いておくと、ラインが少し止まったときに涼めるのでおすすめです。

③:ヘアバンド【汗が目に入らないように】

ライン作業は1秒が勝負の世界なので、汗をぬぐう暇もないことがあります。

そのため、額からの汗が目に入り染みることもあるでしょう。

そこでおすすめなのが「ヘアバンド」です。

ヘアバンドを頭につけていれば、額の汗がたれてくるのを防ぐことができ、作業に集中して取り組めます。

工場勤務の「寒さ対策」に便利なグッズ3選

真冬の工場はとにかく寒いです。

特に早朝や深夜に働くことが多い工場は、寒さで体を震わせながら働くことになります。

そこで便利な「寒さ対策グッズ」が以下の3つ。

  1. 携帯タンブラー【休憩時間に欠かせない】
  2. ネックウォーマー【首と顔を温める】
  3. 腹巻【お腹が痛くならないように】

順番に解説します。

①:携帯タンブラー【休憩時間に欠かせない】

冷えた体には温かい飲み物がほしくなるでしょう。

しかし、工場内はかなり寒いため、飲み物を置いておくとすぐにぬるくなってしまいます。

そこでおすすめなのが「携帯タンブラー」です。

タンブラーは、ふつうの水筒よりも高い保温力(保冷力)があるので1日中温かい飲み物をキープできます。

出勤前に温かいコーヒーを淹れて、自分の持ち場に置いておけば手軽に飲めて便利ですよ。

②:ネックウォーマー【首と顔を温める】

寒いときは着込めばいいのですが、工場によっては作業着以外は禁止なところもあります。

特に自動車工場では「上着のファスナーで車に傷がつくから」という理由で着込めません。

そこでおすすめなのが「ネックウォーマー」です。

ネックウォーマーは首しか温められないと思いがちですが、首を温めることで体温が上がり、全身が温まりますよ。

③:腹巻【お腹が痛くならないように】

上着を着込めない工場勤務には「腹巻」も有効です。

「腹巻なんてダサい」と思うかもですが、シャツの下に巻いておけば目立ちません。

また、ライン作業をしているとすぐにトイレに行けないので、お腹の弱い人にもおすすめです。

まとめ:便利グッズを駆使して、少しでも工場勤務を快適にしよう

疲れ対策グッズ
  1. 光目覚まし時計【毎日スッキリ起きられる】
  2. 靴のインソール【足の疲れを軽減できる】
  3. アイマッサージャー【仕事の疲れを癒す】
暑さ対策グッズ
  1. 冷感インナー【汗で体がベタつかない】
  2. 冷却タオル【手軽に体温を下げられる】
  3. ヘアバンド【汗が目に入らないように】
寒さ対策グッズ
  1. 携帯タンブラー【休憩時間に欠かせない】
  2. ネックウォーマー【首と顔を温める】
  3. 腹巻【お腹が痛くならないように

さいごまで読んでいただきありがとうございます。

工場勤務に便利なグッズを紹介しました。

工場勤務は、立ち仕事・暑さ・寒さがきつい仕事なので、さまざまなグッズを駆使して少しでも快適に過ごすようにしましょう。

このブログでは、工場で9年間働いた経験を元にいろいろな悩みに答えています。ぜひ参考にしてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次