MENU

工場勤務が底辺といわれる3つの原因【恥ずかしいなら行動しよう】

「学歴不問・未経験歓迎」という文言に惹かれて、工場勤務に興味を持つ人はいるでしょう。

とはいえ、「工場で働くと底辺と思われそうで恥ずかしいなぁ…」と思う人もいますよね。

そこで今回は以下を解説します。

本記事の内容
  • 工場勤務が底辺だといわれる3つの原因
  • 工場勤務が底辺だと思わない3つの理由
  • 工場勤務で恥ずかしい人がやるべきこと

この記事を書いている僕は、工場勤務歴9年で、現在は退職してフリーランスをしています。

工場勤務は底辺なイメージが強いですが、実際はそんなことありません。僕が工場勤務を辞めたのも「やりたいこと」を見つけたからです。

この記事を読めば、工場勤務が底辺ではないことがわかり、自身を持って働くことができるでしょう。

おすすめ工場求人サイト

目次

工場勤務が底辺だといわれる3つの原因

工場勤務が底辺だといわれる原因は以下の3つ。

  1. 低学歴で頭の悪い人ばかりいる
  2. 重労働できついことをしている
  3. 汚くて危ない場所で働いている

順番に解説します。

①:低学歴で頭の悪い人ばかりいる

工場勤務は「学歴不問・未経験歓迎」である職業です。

そのため、頭の悪い人が働いていると思われがちではありますね。

具体的にいうと、

  • 学歴不問→低学歴(中卒・高卒)な人
  • 未経験歓迎→スキルも資格もない人

といった感じで、工場勤務をしている人は「低学歴でスキルも資格もない人」という印象を持たれてしまいます。

実際は大卒でも「性格的な相性」から工場勤務を選ぶ人もいますが、まぁそういう人は少数なので仕方ないですよね。

②:重労働できついことをしている

世間一般のイメージは「きつい仕事をしている=底辺」です。

そのため、「肉体労働&夜勤」という明らかにきつそうな工場勤務はどうしても底辺に見えてしまうんですよね。

実際は、肉体労働も夜勤も慣れればそこまできつくないのですが、一般の印象は「よくそんなきついことできるねw」です。

③:汚くて危ない場所で働いている

工場勤務には昔から「3K」という特徴があります。。

3Kとは「きつい・汚い・危険」の略です。

  • きつい
    →肉体労働と夜勤で毎日ヘトヘトになる
  • 汚い
    →床が機械の油や部品の削りカスまみれ
  • 危険
    →重いモノを落としたり機械に挟まれる

こういったイメージが工場にはありますよね。

最近では3Kに当てはまらない工場も増えてきていますが、実際に工場勤務をしないと昔ながらのイメージは変わりません。

工場勤務が底辺だと思わない3つの理由

ここまで工場勤務が底辺だといわれる原因を解説しました。

とはいえ、実際はまったく底辺ではありませんよ。

理由は以下の3つ。

  1. 給料が高くて休みも多い
  2. 3Kのイメージはもう古い
  3. 働く人の15%が工場勤務

順番に解説します。

①:給料が高くて休みも多い

給料も休みも少ない職業は底辺といえるでしょう。

しかし、工場勤務は、給料も高くて休みが多いところがほとんどです。

製造業の年収は平均よりも高い

国税庁「令和2年分民間給与実態統計調査結果」によると、製造業(工場勤務)の年収は平均よりも68万円ほど高くなっています。

  • 給与所得者の平均年収
    →433万円
  • 製造業の平均年収
    501万円

あくまで平均なので下回る工場もあるかもですが、だいたいの工場勤務はまわりよりも豊かに暮らせますよ。

製造業はプラベートを楽しめる

また、製造業はプライベート時間を確保しやすいのも特徴です。

  • 年間休日が「120日前後」ある(土日休み)
  • 大型連休が「10連休前後」ある(年3回)
  • 有給休暇が取得しやすい(誰でもできる仕事のため)
  • 勤務時間が決まっている(仕事後に予定を入れやすい)

このように工場勤務は休みと勤務時間がしっかりしています。

もちろん、これもすべての工場に当てはまることではありませんが、ほとんどの工場はホワイトですよ。

給料が高くて休みも多いなら全然底辺じゃありませんよね。

②:3Kのイメージはもう古い

工場勤務は3K(きつい・汚い・危険)のイメージが強いです。

しかし、最近の工場には3Kの要素はあまりありませんよ。

  • きつい
    →設備の導入で力作業はほとんどない
  • 汚い
    →製品を守るために掃除を徹底している
  • 危険
    →安全対策はうるさいほど徹底している

このように、工場勤務に対する3Kのイメージはもう古いといってもいいでしょう。

もちろんオフィスワークほど快適な環境ではありませんが、イメージしているほど酷い環境でもありませんよ。

③:働く人の15%が工場勤務

そもそも、日本における工場勤務の割合って結構多いんですよね。

以下をご覧ください。

出典:独立行政法人「産業別就業者数」

上記は、独立行政法人の「産業別就業者数」のグラフです。

このグラフによると、全就業者数6,667万人に対して、製造業(工場勤務)で働く人は1,037万人もいます。

これは就業者の約15%を占めており、6人に1人は工場勤務です。

そう考えると、工場勤務だから底辺というのはあまりにも浅はかな意見ですよね。

工場勤務が底辺なら、日本の人口の6人に1人が底辺になってしまいます。

そんなわけで、工場勤務はまったく底辺ではありません。自信を持って働いて大丈夫ですよ。

工場勤務で恥ずかしい人がやるべきこと

工場勤務はまったく底辺ではありません。

とはいえ、どうしても工場勤務に対して劣等感を抱いてしまう人はいますよね。

そういった場合は以下の行動をおすすめします。

  1. ほかの工場や職業に転職する
  2. 副業をしてスキルを習得する
  3. 読書をして知識を身につける

順番に解説します。

①:ほかの工場や職業に転職する

「自分の工場は給料も休みも少ないし底辺だよ…」という人は、シンプルに転職しましょう。

今いる工場が底辺だとしても、条件の良い工場はたくさんあります。

特に自動車製造メーカーはホワイト企業ばかりなのでおすすめです。

製造業はどの企業も人手不足なので、20~30代なら正社員も狙えますよ。

おすすめ工場求人サイト

ほかの業界に転職する方法

「工場勤務以外のところに転職(就職)したいなぁ」という人もいますよね。

その場合は、DYM就職を利用しましょう。

「DYM就職」は、高卒やフリーターに特化した転職エージェントです。

転職エージェントのメリット

「転職エージェントなんて面倒だよ」と思うかもですが、以下のメリットがあるので転職したいなら使わない理由がありませんよ。

  • 完全無料で利用できる
  • 非公開求人も紹介してもらえる
  • 転職について何でも相談できる
  • 履歴書や職務経歴書の作成サポートがある
  • 面接対策があり通過率も良くなる

簡単にまとめると、転職エージェントを利用すれば転職しやすくなります。

さらに、DYM就職は高卒やフリーターに特化しているので誰でも使いやすいというわけなんですよね。

無理に転職を強要されることもないし、気になる方はチェックしてみてください。

\ 高卒・フリーター特化の転職エージェント /

②:副業をしてスキルを習得する

工場勤務に劣等感を抱くのは「何もスキルが身につかないから」ではないでしょうか。

「誰でもできる仕事しかできないなんて恥ずかしい…」と思っていませんか?

もしそうなら、副業をすれば解決します。

副業をするメリット

  • 副収入があることで、年収ダウンの転職も視野に入る
  • 副業が楽しくなって、本業にしたいと思うようになる
  • スキルが身について、フリーランス独立も可能になる

このように副業に取り組めば、工場勤務をしながらでも劣等感を持たずに生きられますよ。

具体的におすすめな副業は以下の記事にまとめています。興味があれば読んでみてください。

③:読書をして知識を身につける

転職や副業といっても面倒に感じる人はいますよね。

そういった場合におすすめなのが読書です。

読書のメリット

読書の具体的なメリットは以下のとおり。

  • 自分にはない価値観を知れる
  • 他人の人生を擬似体験できる
  • 様々な知識を体系的に学べる

読書なら転職や副業よりも手軽だし、習慣化することで知的な印象を与えることができます。

他人から知的な印象を持たれれば、工場勤務であろうと劣等感は抱きませんよね。

ちなみに僕が工場を辞めてフリーランスになったのは、読書を習慣化したことによって人生観が変わったからです。

なので、工場勤務に対して少しでも劣等感があるなら読書をしてみてください。

おすすめ本はこちら

まとめ:工場勤務はまったく底辺ではありません

工場勤務が底辺だといわれる原因

  1. 低学歴で頭の悪い人ばかりいる
  2. 重労働できついことをしている
  3. 汚くて危ない場所で働いている

工場勤務が底辺だと思わない理由

  1. 給料が高くて休みも多い
  2. 3Kのイメージはもう古い
  3. 働く人の15%が工場勤務

工場勤務で恥ずかしい人がやるべきこと

  1. ほかの工場や職業に転職する
  2. 副業をしてスキルを習得する
  3. 読書をして知識を身につける

さいごまで読んでいただきありがとうございます。

工場勤務が底辺といわれる原因やそう思わない理由について解説しました。

工場勤務というと底辺なイメージがあるかもですが、実際はそんなことありません。

工場勤務はホワイト企業が多いし、働いている人の割合も多いので自信を持って大丈夫ですよ。

きつい仕事であることは事実ですが、向いている人にとっては天職なので興味があるなら3ヶ月くらいでもお試しで働いてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる