MENU

製造業(ライン作業)に向いてない人の特徴3選【9年経験者が解説】

製造業に向いてない人の特徴を知りたい。工場の仕事に興味があるけど、きついって聞くし、自分は製造業でやっていけるのかな?

こういった疑問にお答えします。

本記事の内容
  • 製造業(ライン作業)の仕事内容とは
  • 製造業(ライン作業)に向いてない人の特徴3選
  • 製造業(ライン作業)に不向きな人がやるべき行動

こんにちは、カズヤです。

製造業は煩わしい人間関係がなく、コミュニケーションが苦手な人にとってはかなり魅力的な職業でしょう。

とはいえ、「きつい」「刑務所だ」「やめとけ」という声も多いため、本当に働けるか不安な人もいますよね。

そこで今回は、工場で約9年働いた経験のある僕が「製造業(ライン作業)に向いていない人の特徴」を解説します。

この記事を読めば、自分が製造業に向いているかどうかがわかり、働くべきかの判断ができるでしょう。

目次

製造業(ライン作業)の仕事内容とは

「そもそも製造業ってどんな仕事するの?」という疑問があるかもなので簡単に解説しておきます。

製造業は、部品を加工したり組み立てたりするのが主な仕事です。

基本的には「ライン作業」という仕事を任され、ベルトコンベアーを流れる製品に対してボルトを締めたり、部品を取り付けたりします。

以下は自動車工場の例ですが、だいたいどの工場もイメージは同じなので参考にしてみてください。

トヨタ自動車の生産ラインの様子

製造業のイメージはつかめましたか?

「こんなの誰でもできるじゃん」と思ったかもしれませんが、これが結構向き不向きに左右されるんですよ。

というわけで、製造業に向いていない人の特徴を解説します。

製造業(ライン作業)に向いてない人の特徴3選

製造業(ライン作業)に向かない人の特徴は以下の3つ。

  1. 体力と集中力に自信がない
  2. ミスをすると立ち直れない
  3. コミュニケーションが苦手

順番に解説します。

①:体力と集中力に自信がない

製造業(ライン作業)は、体力と集中力がないと続けられません。

なぜなら、

  • 基本的に1日8時間以上は体を動かす
  • 夜勤や暑さ寒さに耐える必要がある
  • 緻密で細かい作業を1日中繰り返す

といった仕事だからです。

体力や集中力がないと、作業に間に合わなくなったり、作業ミスをしたりして周りに迷惑をかけることになります。

実際に働いてみないとわからない部分もありますが、「明らかに自分は体力と集中力がないわ…」という人はやめておいたほうがいいでしょう。

②:ミスをすると立ち直れない

ミスをすると立ち直れない性格の人も向いてないです。

責任感を持って働くことは素晴らしいことですが、あまりにも責任感が強すぎると「うつ病」になってしまいます。

ライン作業は小さなミスひとつで全体に大きな影響を与えてしまうので、責任感が強すぎると精神的ダメージがすごいんですよね。

また、ていねいに作業しすぎると、今度はスピードについていけなくなって「どうすればいいんだ…」とパニックになります。

そのため、ライン作業では、ある程度の図太さを持つことも重要なんですよね。

もし失敗を長期間引きずってしまう性格なら、精神的に壊れる可能性があるので別の職業を選んだほうがいいかもしれません。

③:コミュニケーションが苦手

コミュニケーションが苦手な人も向いてないです。

「え、製造業ってコミュ障におすすめなんじゃないの!?」と思うかもしれませんが、意外とコミュニケーションが重要なんですよね。

というのも、コミュニケーションを疎かにしていると以下のデメリットがあるからです。

コミュニケーションができないと…
  • 作業ミスしたときに上司の態度が悪くなる
  • 単純作業をするだけではうつ病っぽくなる
  • 仕事の愚痴を言えずストレスが大きくなる

逆にコミュニケーションが得意な人は、以下のメリットがあります。

  • 作業ミスしても上司が笑って対応してくれる
  • 仕事がつまらなくても同僚と雑談を楽しめる
  • 仕事の愚痴を言えてストレスが溜まりにくい

もちろん製造業はコミュニケーションが苦手な人でも働けるし、無理に仲良くなろうと気負う必要はありません。

しかし、コミュニケーションが得意だと仕事が圧倒的にラクになるので、少しは努力したほうがいいですよ。

僕はこの本を読んでコミュニケーションを学びました。

製造業(ライン作業)に不向きな人がやるべき行動

ここまで読んで「自分は製造業に向かないかも…」と感じた人もいるでしょう。

とはいえ、「製造業以外にできる仕事なんてないしなぁ」という人もいますよね。

そこでおすすめなのが以下の行動です。

  1. 転職エージェントを利用する
  2. とりあえず短期で働いてみる

順番に解説します。

①:転職エージェントを利用する

製造業以外にできそうな仕事がわからないなら、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

転職エージェントとは、「転職を希望する人」と「人材を探している企業」をマッチングさせる仲介サービスです。

転職エージェントに希望条件を伝えれば、さまざまなヒアリングをしたうえで、自分に最適な職場を提案してくれます。

「そんな仕事もあるんだ」「製造業じゃなくてもいいじゃん」みたいな気づきを得られるので、ぜひ利用してみてください。

ちなみに、転職エージェントは完全無料で利用できるし、無理に転職を進めてくることもないので安心して大丈夫ですよ。

おすすめ転職エージェント

  1. リクルートエージェント
    →求人数No. 1なので転職の視野が広がる
  2. DYM就職
    →高卒に特化しているので相談がしやすい

②:とりあえず短期で働いてみる

「自分は製造業に向いてないかも…」と思った場合でも、実際に働いてみると「意外と向いてるじゃん」と気がつく可能性があります。

たとえば、

  • 意外と細かい作業が得意だった
  • 意外と単純作業に適正があった
  • 意外と働いてみたら楽しかった

上記のように、イメージと実際の現場とではギャップがあるかもしれません。

なので、「とりあえず3ヶ月だけ働いてみる」というのもおすすめですよ。

働いてみて「やっぱり向いてなかったわ」と感じたら、辞めればいいだけの話です。

おすすめ工場求人サイト

まとめ:製造業(ライン作業)に向かない人は、ほかを探そう

製造業(ライン作業)に向かない人・向いている人

  1. 体力と集中力に自信がない
  2. ミスをすると立ち直れない
  3. コミュニケーションが苦手
  • 体力と集中力に自信がある
  • ミスをすぐ切り替えられる
  • コミュニケーションが得意

さいごまで読んでいただきありがとうございます。

製造業(ライン作業)に向かない人の特徴を解説しました。

「製造業は誰にでもできる仕事」ではありますが、向かない人が無理に働くと精神的に追い詰められてしまいます。

なので、「自分は向いてないかも…」と感じたなら転職エージェントを利用して、本当に向いている仕事を探しましょう。

  1. リクルートエージェント
    →求人数No. 1なので転職の視野が広がる
  2. DYM就職
    →高卒に特化しているので相談がしやすい

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる