MENU

【厳選】高卒におすすめな転職エージェント5選【仕事はたくさんある】

転職エージェントは高卒でも利用可能です。

とはいえ、高卒だとブラック企業を紹介されたり、エージェントから適当に扱われたりしそうで不安ですよね。

そこで今回は、高卒で転職活動をした経験のある僕が以下を解説します。

本記事の内容

  • 高卒におすすめな転職エージェント5選
  • 転職エージェントは複数利用すべき理由
  • 転職エージェントについてよくある疑問

高卒は転職が厳しいと言われることもありますが、実際はそんなことありません。

高卒向けの転職エージェントを利用すれば、未経験OKかつブラック企業を排除した求人を紹介してくれます。

僕は最終的にフリーランスの道を選びましたが、高卒でも仕事はたくさんありましたよ。

この記事を読めば、高卒におすすめな転職エージェントがわかり、人生を変えるための第一歩を踏み出せるでしょう。

目次

高卒におすすめな転職エージェント5選

高卒におすすめな転職エージェントは以下の5社です。

  1. リクルートエージェント
    →業界No. 1の求人数。とりあえず最初に登録しておきましょう。
  2. DYM就職
    →IT系の求人に強い。年齢も35歳までサポートと広い。
  3. JAIC
    →就活講座が充実。ビジネスマナーを学んでおきたい方はぜひ。
  4. 就職Shop
    →リクルートが運営しており求人が豊富。書類選考なしで面接に進める。
  5. ハタラクティブ
    →ヒアリングの丁寧さに定評あり。大企業に勤めたい方はぜひ。

後述しますが、転職エージェントはできれば5社以上、最低でも3社は登録したほうがいいです。

というわけで、それぞれどんな特徴があるのか解説します。

①:リクルートエージェント

メリットデメリット
業界最大手で安心して利用できる
求人数No. 1で選択肢がかなり多い
20代~50代まで幅広く対応している
ニート・フリーターは断られる可能性も
担当者が忙しいと流れ作業になりやすい

リクルートエージェントは、業界トップクラスの規模を誇る転職エージェントです。

求人数がほかよりも圧倒的に多く、高卒向けもかなり多く取り扱っています。

そのため、いろいろな選択肢から自分に合う職業を見つけられるでしょう。

正社員経験のないニートやフリーターは利用を断られるみたいですが、正社員からの転職を考えているなら登録必須のエージェントです。

\ 求人数No. 1 /

②:DYM就職

メリットデメリット
年齢制限が35歳までと幅広い
ITやメディア業界にも転職可能
サポートが親身で相談しやすい
求人数はそこまで多くない
若い担当者が多く頼りない

DYM就職は、第二新卒・既卒・フリーター・ニート向けの転職エージェントです。

IT業界に強く、年齢も35歳までと幅広いのが特徴。

求人数はあまり多くないですが、裏を返すとブラック企業を排除して優良企業のみを厳選しているともいえます。

若いアドバイザーが多く「頼りないなぁ」と感じるかもですが、全員がそうではありません。

逆に性格が合って相談しやすい場合もあるので、まずは面談だけでもしてみてください。

\ IT系に強い /

③:JAIC

メリットデメリット
未経験でも採用されやすい
入社後の定着率が91.5%と高い
書類選考なしで面接に進める
就職講座が1週間と長い
営業職の求人がほとんど
30代以上は求人が少ない

JAICは、一風変わったニート・フリート・高卒向け転職エージェントです。

無料のビジネスマナー講座(5日間)を受けたあとに、約20社と面接(書類選考なし)をします。

講座を受けるのは面倒かもですが、この講座があるからこそ、企業は信頼して未経験採用してくれるわけです。

また、講座を受けるのは自分と似た境遇の人が多いため、親近感がわいてメンタルの安定にもつながりますよ。

営業職が多めにはなりますが、「社会経験がないけど正社員として働きたい」という人にはおすすめです。

\ 無料で講座を受けられる /

④:就職Shop

メリットデメリット
学歴や年齢の制限がない
リクルートが運営で求人数が多い
書類選考なしで直接面接に進める
営業職の求人が多い
土日・祝日に利用できない

就職Shopは、業界最大手のリクルートが運営する、未経験に特化した転職エージェントです。

そのため、未経験者向けの中でもかなり多くの求人を取り扱っています。

特性上どうしても営業職が多くなってしまいますが、IT系や事務系もあるので情報収集のために利用するのもありですよ。

これまでの経歴にあまり自信のない人はぜひ登録してみてください。

\ 年齢制限なし・未経験求人多数 /

⑤:ハタラクティブ

メリットデメリット
未経験でも正社員になれる
ヒアリングが丁寧で希望が通りやすい
大企業からの内定をもらいやすい
30代以上は求人がほとんどない
求人のほとんどが首都圏で地方が少ない

ハタラクティブは、20代のフリーター・第二新卒・既卒に特化した転職エージェントです。

20代であれば誰でも利用可能で、ニートからでも正社員を目指せます(内定率も80.4%とかなり高い)。

ヒアリングも丁寧なので「希望に合った求人を紹介してもらえた!」という口コミも多いです。

30代の人には向かないサービスですが、20代なら登録して損なしでしょう。

\ 安定した企業で働ける /

転職エージェントは複数利用すべき理由

ここまで高卒におすすめな転職エージェントを5社紹介しました。

どれを選べばいいか迷うかもですが、転職エージェントは3~5社の複数登録をおすすめします。

理由は以下の3つ。

  1. 多くの求人をカバーできるから
  2. 相性のいい担当者を選べるから
  3. 異なる視点の意見を聞けるから

順番に解説します。

①:多くの求人をカバーできるから

転職エージェントには、そこでしか取り扱っていない独自の「非公開求人」があります。

非公開求人とは、文字どおり転職サイトやハローワークには掲載していない求人のこと。

企業が非公開求人にする理由は「応募の殺到を避けるため」で、つまり優良企業ほど非公開求人になっています。

そうなると、利用者としてはできるだけ多くの非公開求人を見たいですよね。

転職エージェントを複数登録しておけば、優良企業に出会えるチャンスが増えるのでおすすめです。

ちなみに転職者の平均登録数は4.2社となっています。

②:相性のいい担当者を選べるから

転職エージェントの担当者もひとりの人間です。

そのため、どうしても性格の合わない人が担当につくこともあるでしょう。

また、同じ求人でも担当者の違いだけで選考結果が変わってしまうこともあります。

利用者としては、少しでも馬の合う人に相談したいし、力のあるエージェントに担当してもらいたいですよね。

一応、エージェントの変更はできますが、自分の口からはなんとなく言いにくいと思います。

なので、最初に3~5社を登録しておいて、自分と合うエージェントを絞り込むのが大切なんです。

③:異なる視点の意見を聞けるから

転職エージェントに登録すると、業界に精通したアドバイザーから意見を受けることができます。

しかし、アドバイザーもひとりの人間です。経験値も考え方もそれぞれで違います。

たとえば、A社に応募すべきという人もいれば、やめとけという人もいるでしょう。

このように複数登録して多角的な意見をもらえれば、転職先選びに失敗する確率は減りますよね。

異なるアドバイスのせいで混乱してしまう可能性もありますが、最終的に判断するのは自分なので意見は多いほうがいいと思います。

転職エージェントについてよくある疑問

ここからは転職エージェントについてよくある疑問を解説します。

  1. サービスはなぜ無料で使えるの?
  2. 転職を強要されることはないの?
  3. 複数利用については伝えるべき?

①:サービスはなぜ無料で使えるの?

転職エージェントでは転職活動におけるあらゆるサポートを無料で受けられます。

しかし、なぜ無料で利用できるのか疑問ですよね。担当者の給料はどこから出ているのでしょうか?

結論は、企業から紹介手数料をもらっているからです。

転職エージェントは、1人の採用が決まるたびに企業からまとまった報酬を受け取るビジネスモデルなんですよね。

噂によると、採用者の年収の3~4割ほどを受け取っているとも言われています。

そのため、担当者は親身になって転職活動をサポートしてくれるし、求職者は無料で使えるわけです。

企業がエージェントに紹介料を払う理由

ちなみに、企業が紹介料を払ってまでエージェントで募集するのは「結果的にそっちのほうがコスパが良いから」です。

優良企業の求人はどうしても応募者が殺到してしまいます。そうなると人事の人件費が多くなってしまいますよね。

また、せっかく採用した人がすぐに辞めてしまうと、これまた人件費や教育費が無駄になってしまいます。

なので、「人事の人件費削減」と「求める人材の確保」のためにエージェントにお金を払っているわけです。

②:転職を強要されることはないの?

「採用者が決まると報酬がでる仕組みなら、転職を強要されるんじゃないの?」と思う人もいるでしょう。

しかし、転職エージェントの報酬は「採用者が短期で辞めると返還しなければいけない」という契約なので心配ありません。

求職者を無理に転職させてもすぐに辞める可能性が高いですよね。

なので、転職エージェントに登録したからといって、転職を強要されることはありません。

むしろ、短期で辞めないように、しっかりヒアリングをして希望条件に合った求人を紹介してくれます。

③:複数利用については伝えるべき?

転職エージェントを併用していることは正直に伝えましょう。

理由は以下のとおり。

  • 他社に取られないように真剣になってくれる
  • 重複応募や面接日が重なるトラブルを防げる
  • 良いエージェントかどうかの判断材料になる

このように、転職エージェントを併用していることは正直に伝えたほうがいいです。

中には態度が悪くなる人もいるみたいですが、そういう人は「プロ失格」なので早めに切れてラッキーだと思いましょう。

ちなみに伝え方は正直に「いろいろな意見を聞きたいから」でOKです。

まとめ:高卒でも転職エージェントは使えます

さいごまで読んでいただきありがとうございます。

高卒におすすめな転職エージェントを紹介しました。

高卒は転職が厳しいと思われがちですが、そんなことはありません。

高卒向けの転職エージェントを利用すれば、未経験かつブラック企業を排除した求人を紹介してくれます。

ちなみに、ぶっちゃけどの転職エージェントも大差ありません。

結局は「どんな求人に出会えるか」が大事なので、転職エージェントの良し悪しはあまり関係ないんですよね。

というわけで、まずは片っ端から登録して、情報を集めながら相性の良いエージェントを厳選しましょう。

繰り返しますが、いくら登録しても完全無料です。

転職エージェントに無料登録する

  1. リクルートエージェント
    →業界No. 1の求人数。とりあえず最初に登録しておきましょう。
  2. DYM就職
    →IT系の求人に強い。未経験OKだし年齢も35歳までサポート。
  3. JAIC
    →就活講座が充実。ビジネスマナーを学べるため就職後も安心できる。
  4. 就職Shop
    →リクルートが運営しており求人が豊富。書類選考なしで面接に進める。
  5. ハタラクティブ
    →ヒアリングの丁寧さに定評あり。大企業の内定率もかなり高い。

優良求人は早い者勝ちになります。登録するなら早めにしないと損ですよ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる