MENU

iPadはいらない?ミニマリストの僕がiPadを手放さない3つの理由

iPadがほしいけど、スマホとパソコンがあればいらないかな?買っても結局使わない気もする…。でもあったら便利そうだよなぁ。ミニマリストでiPadを持っている人がいたら活用法を教えてほしいです。

こういった悩みにお答えします。

iPadはタブレットの中でも非常に高価です。

「あったら便利そうだけど…」「iPhoneで十分かな…?」「MacBookと使い分けできるかなぁ…」

このようにiPadの購入を迷っている人は多いのではないでしょうか。

しかし、iPadはスマホやパソコンがあっても便利に活用できるし、むしろミニマリズムが促進されますよ。

この記事では、ミニマリストの僕がiPadを手放さない理由を解説します。

僕はiPadを何度か手放した経験があるのですが、結局は「必要」と判断して買い戻しました。

この記事を読めば、iPadを安心して購入できるようになるはずです。

ぜひ最後まで読んでみてください。

iPadは売却査定額が落ちにくいです。使わなくなったら売ればいいだけなので、とりあえず買ってみるのがおすすめですよ。悩んでいる時間のほうがもったいないです。

目次

ミニマリストの僕がiPadを手放さない理由

僕はミニマリストでiPhoneとMacBookを持っています。

しかし、それでもiPadは手放せません。理由は以下の3つ。

  1. 雑誌とマンガが快適に読めるから
  2. ノート代わりに使用しているから
  3. リラックス時間に欠かせないから

順番に解説します。

①:雑誌とマンガが快適に読めるから

小説やビジネス書を読むならiPhoneでも十分です。

しかし、雑誌やマンガを読むならiPhoneでは厳しいですね…。

マンガはiPhoneでも読めなくはないですが、iPadだと見開きで読めるのでかなり快適です。

僕はiPhone 12 Pro Maxを使っているのですが、それでもマンガの見開きページは小さくて読みにくいです。

iPhone 12 Pro MaxとiPad mini
左:iPhone 12 Pro Max 右:iPad mini 6

MacBookでマンガを読んでみたこともありますが、キーボードが邪魔で無理でした。

「じゃあ紙で読めばいいじゃん」という声もありそうですが、ミニマリスト的に本棚を持ちたくないんですよね。

また、ビジネス書や実用書を読むときも、iPhoneよりiPadのほうが斜め読みしやすくて時短になります。

僕は読書をよくするのでiPadは必須です。

ちなみにKindle端末も試しましたが、僕には合わなくて手放しました。

②:ノート代わりに使用しているから

iPadはノート代わりとしても優秀です。

「紙でいいのでは?」と思うかもですが、iPadをノートにすると以下のメリットがあります。

  • ノートやペンを複数持たなくていい
  • 間違えてもカンタンに修正ができる
  • 画像を取り込んで書き込みができる

こういったメリットがあるので僕はiPadをノート代わりにしています。

特に「GoodNotes 5」というノートアプリが優秀すぎて、もう紙ノートには戻れません。

iPad GoodNotes5
iPadがあれば文房具も減らせます

用途としては、頭の中にある考えを手書きでまとめたり、読書で学んだことからアイデアを考えたり、ふつうにメモしたり…って感じです。

iPadがあれば文房具を減らせるのでミニマリストにもおすすめですよ。

③:リラックス時間に欠かせないから

「MacBookがあればiPadはいらない」と考える人は多いでしょう。僕も少し前までそうでした。

しかし、iPadとMacBookは「仕事」と「リラックス」で使い分けるとかなり便利ですよ。

フリーランスや在宅ワークの人に限った話ですが、仕事とプライベートの切り替えって結構難しくないですか?

僕は一度iPadを手放して、仕事も娯楽(動画鑑賞とかネットサーフィンとか)もすべてMacBookでまかなう生活を送りました。

しかし、MacBookだけで1日を過ごしていると、仕事のオンオフを切り替えるのに苦労するんですよね。

たとえば、仕事モードから抜け出せず眠れなかったり、全然仕事のやる気が起きなかったり…って感じです。

iPadがあれば、「iPadを使う=仕事モードオフ」「MacBookを使う=仕事モードオン」とうまく気持ちを切り替えられます。

これは何かの本で読んだのですが、脳は道具や場所によってスイッチを切り替えるようになっているみたいです。

そのため、僕は仕事が終わったらiPadしか使わないように、逆に仕事中はMacBookしか使わないようにしています。

MacBookとiPadの2台持ちは「仕事」と「娯楽」で使い分けるのがおすすめです。

iPadがあれば手放せるモノ6選

「iPadはミニマリストに不要」という意見があります。

しかし、iPadはミニマリストにこそ必要です。なぜならミニマリズムが促進するから。

iPadがあることで手放せるモノをまとめてみました。以下の6つです。

  1. 本棚
  2. 書類・ファイル
  3. メモ帳・手帳・ノート
  4. テレビ
  5. ノートパソコン
  6. デュアルモニター

順番に解説します。

①:本棚

iPadで本を読むようにすれば本棚を持つ必要がなくなります。

「紙の本で読みたい」という人もいるかもですが、電子書籍も慣れると快適ですよ。

僕は毎日読書をしていますが、すべてKindleで買っているので本棚を持っていません。

月980円の読み放題サービス「Kindle Unlimited」を活用すれば読書習慣が身につくし節約にもなります。

②:書類・ファイル

iPadがあれば書類を電子化できます。

カメラで撮影してPDF化すれば直接書き込みもできるし便利ですよ。

書類が減れば保管のためのファイルも必要なくなります。

③:メモ帳・手帳・ノート

Apple Pencilがあれば、iPadは高性能なメモ帳・手帳・ノートになります。

文房具類(ペン・消しゴム・定規など)も必要なくなるので、かなり身軽になれますよ。

④:テレビ

iPadでYouTubeや動画配信サービスを見れば、テレビがなくても暇をつぶせます。

さらにいうと、「TVer」というアプリを使えば民法放送も”リアルタイム”で見れますよ。

TVerのリアルタイム放送はゴールデンタイムのみですが、見逃し配信もあるし困ったことはありません。

アメトーークとか水曜日のダウンタウンとかも僕はiPadで見ています。

⑤:ノートパソコン

ほとんどの人はiPadがあればパソコンが不要になりますよ。

IT系の仕事をしているなら別ですが、ネットサーフィンや動画をみるくらいであればiPadで十分です。

キーボードやマウスにも対応しているため、趣味程度のブログ執筆や動画編集もiPadだけでできますよ。

作業効率を考えるとパソコンには劣りますが、たまにパソコンを使うくらいならiPadに置き換えられます。

⑥:デュアルモニター

iPadは「Sidecar」という機能を使うことでMacBookのサブディスプレイになります。

「ふつうにデュアルモニター使ったほうがいい」という人もいるかもですが、iPadなら外出先でもデュアルモニターになるので便利ですよ。

カフェでは人目が気になって使いにくいですが、旅行先や出張先のホテル、コワーキングスペースで僕はよく使います。

ノマドワーカーにおすすめです。

iPadを買っても結局使わなくなる人の特徴

iPadを買っても結局使わなくなるであろう人も解説します。

以下に当てはまるなら、iPadはいらないでしょう。

  1. 大画面で動画鑑賞したいだけの人
  2. パソコンの代わりに考えている人

順番に解説します。

①:大画面で動画鑑賞したいだけの人

iPadを”動画鑑賞専用機”として考えている人は結局使わなくなります。

なぜなら、大画面を求めるとテレビ・手軽さを求めるとスマホに落ち着くから。

iPadはどこでも大画面を持ち運べるのが魅力ですが、映画を観るにはちょっと迫力に欠けます。

最初はよくても数ヶ月すると「もっと大きい画面で見たいな」といって、結局は「Fire TV Stick」を使ってテレビで見るのがオチです。

「ベッドやソファーで寝転びながら動画を見たい」と考えているかもですが、結局はスマホのほうが取り回しやすくてiPadは使わなくなります。

そして最終的に「ちょっと動画見るだけならiPadはいらないな」と思うはずです。

動画鑑賞以外にも明確な使い道があるのであれば満足できますが、動画を見るためだけだと結局使わなくなると思いますよ。

②:パソコンの代わりに考えている人

iPadをパソコン代わりに考えている人も結局使わなくなる可能性が高いです。

なぜなら、iPadは完全なパソコン代わりにはならないから。

iPadがパソコン代わりにならない理由は以下の3つです。

  • アプリが簡易版で機能が少ない
  • パソコン専用ソフトが使えない
  • 拡張性に乏しく作業効率が悪い

ネットサーフィンや趣味程度のブログ・動画編集ならiPadでも十分です。

しかし、仕事用のパソコンにするつもりならやめておいたほうがいいですよ。

iPadではExcelやスプレッドシートの挙動が微妙だし、Adobe Premiere Proのようなプロ用の動画編集ソフトも使えません。

iPadはサブパソコンにはなりますが、完全にパソコンを手放せるわけではありません。

キーボードやマウスを揃えることを考えると、MacBook Airと価格もほとんど変わらないです(むしろiPadのほうが高くなる場合がある)。

「これならMacBookを買ったほうがよかったかも…」となるのがオチでしょう。

ミニマリストにおすすめなiPadの機種とは

iPadを買うならどの機種がおすすめなの?というと以下のとおりです。

  1. MacBookを持っていない人:iPad Air
  2. MacBookを持っている人:iPad mini

順番に解説します。

MacBookを持っていないなら「iPad Air」がおすすめ

ノートPCを持っていない人は「iPad Air」がおすすめです。

理由は、もっとも無難な選択肢だから。

ほかの機種についてコメントすると以下のとおり。

  • iPad Pro 12.9インチ
    →重すぎる。絵を描かないならPCを推奨
  • iPad Pro 11インチ
    →イラストレーターでないと宝の持ち腐れ
  • iPad(第10世代)
    →Apple Pencilが使いにくい・ディスプレイが微妙
  • iPad mini(第6世代)
    →タブレットとしては小さすぎる

このように、iPad Airはもっとも使いやすい機種となっています。

iPad Proは「Apple Pencilの書き味がいい」「スピーカーの音がいい」のがメリットです。

しかし、iPad Airでも文字を書くくらいなら問題ないし、音質もイヤホンをすれば同じです。

iPad(10世代)はApple Pencilが第1世代で使いにくいし、ディスプレイもフルラミネーしょん非搭載で物足りなく感じるでしょう。

iPad miniも迷うかもですが、パソコンがないのであれば11インチくらいの画面サイズがいいと思いますよ。

MacBookを持っているなら「iPad mini 6」がおすすめ

MacBookを持っているなら、iPad miniがおすすめです。

理由はMacBookと一緒に持ち歩きやすいから。

iPad Airもおすすめですが、MacBookがあると画面サイズ的に被る用途が多いです。

また、iPad AirとMacBookを一緒に持ち運ぶと結構重いんですよね。旅行のときに大変ですよ。

どうせならMacBookと併用しやすいiPad miniがおすすめです。

「iPad miniはiPhoneと使い分けが難しそう」と思うかもですが、iPad miniはペンが使えるし、比較すると画面サイズもiPhoneとは結構違いますよ。

iPhone 12 Pro MaxとiPad mini
左:iPhone 12 Pro Max 右:iPad mini 6

「外出先でササっと使いたいときはiPhone」「腰を据えて使いたいときはiPad mini」と使い分ければ満足できるはずですよ。

MacBookを持っているなら、iPad miniがおすすめです。

補足:iPadを安く買う方法

iPadを安く買う方法は以下でまとめています。

少しでもお得にiPadを手に入れたいなら参考にしてください。

まとめ:iPadはミニマリストにこそ必要です

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ミニマリストの僕がiPadを手放さない理由を解説しました。

要点をまとめると以下のとおり。

  • 雑誌とマンガが快適に読めるから
  • ノート代わりに使用しているから
  • リラックス時間に欠かせないから

iPadはスマホとパソコンの中間的な存在であるため、使いこなせるか不安な人が多いかもしれません。

特にミニマリストなら「絶対必須ではないからいらないでしょ」と思う人が多いでしょう。

しかし、iPadがあれば減らせるものがたくさんでてきます。

iPadはミニマリズムを促進してくれるので、ミニマリストにこそおすすめですよ。

そんなわけで、iPadの購入を迷っているなら試しに手に入れてみてください。

もしiPadを使ってみて合わなくても売却すればいいだけです。iPadはリセールバリューが高いので定価の7割くらいは戻ってきますよ。

関連記事:iPadの活用法・アクセサリー

あわせて読みたい
【厳選】iPad Pro/Airと一緒に買うもの5つ【おすすめなアクセサリー・周辺機器】 iPad Pro/Airはアクセサリーを揃えるとより便利に活用できます。 とはいえ、iPadのアクセサリーは種類がとにかく多くて「何を買えばいいの?」と迷いますよね。 そこで...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次