【iPad Air4】僕が64GBのストレージ容量を選んだ3つの理由

iPad Airのストレージ容量って64GBと256GBのどっちを選べばいいんだろう?256GBは多すぎるし、64GBは少なすぎて後悔しそうだから悩む。

こういった悩みにお答えします。

本記事の内容
  • iPad Air4で僕が64GBのストレージ容量を選んだ3つの理由
  • iPadのストレージ容量を空けるためのちょっとしたコツ3選

こんにちは、カズヤです。

iPad Air4のストレージ容量は『64GB』『256GB』と極端に分かれているから購入する際は迷いますよね。

正直、どっちのストレージ容量がおすすめか?というと『256GB』です。

ただ、「256GBも使わないし」という感じだし、内閣総理大臣とか嵐とかイーロンマスクではない僕らは少しでも予算を抑えたいですよね。

そうなると「64GBで足りるか不安」と迷うのですが、僕は64GBでも足りると思ったからiPad Airを買いました。

ちなみに、半年以上使っていますが容量不足を感じたことはありません。

そんなわけで、僕が64GBのiPad Air4を選んだ理由を書いたので参考にしてみてください。

この記事を読み終えるころには、「64GBでもいいか」と思えているはずですよ。

目次

iPad Air4で僕が64GBのストレージ容量を選んだ3つの理由

64GBのストレージ容量じゃ足りない気がするな、、

購入前の僕もこんな感じで迷っていました。

しかし、iPad Airは別に64GBでも問題ないですよ。

64GBを選んだ理由
  • パソコンとスマホがあるから
  • 外付けSSDに対応しているから
  • 型落ちしても高値で売れるから

こういった理由から僕は64GBのiPad Air4を購入しました。

詳しく解説します。

理由①:パソコンとスマホがあるから

パソコンとスマホを持っている僕は、iPadに多くのストレージ容量は必要ありません。

基本的にはパソコンとスマホで事足りるからです。

仕事はパソコンでやるからiPadで大きなデータは扱わないし、音楽や写真もスマホがあればiPadに保存する必要がありません。

つまり、iPadは「パソコンとスマホの補助」なのでストレージ容量が少なくても問題ないんですよね。

iPadでなきゃダメなことってほとんどないので、スマホとパソコンとうまく使い分ければ64GBでも大丈夫ですよ。

理由②:外付けSSDに対応しているから

もし容量が足りなくなったら、、

なんて不安があるかもしれませんが、iPad Air4のデータは『外付けSSD』に移すことができるので問題ないですよ。

つまり、外部機器を使えば、あとからでも容量は拡張できます。

たとえば、こんな感じのやつです。これをiPadのUSB-C端子に挿すだけでデータの移行が可能なので容量の心配はいらないですよ。

正直僕は使っていないので外付けSSDには詳しくはありませんが、iPad系YouTuberの平岡さんがおすすめしているので間違いないと思います。

理由③:型落ちしても高値で売れるから

いやーでもやっぱり内部ストレージで軽快に使いたいし、、

と、まぁここまで思うならもう256GB買えよ!って話ですけど、最悪売却して買い直せばいいと僕は思っています。

Apple製品はリセールバリューが高いので型落ちしても結構な高値で売却できますよ。

僕の経験上、1年落ちくらいなら元値の8割くらいで売れますね。2年落ちでも5割くらいは返ってきます。

参考までに『じゃんぱら』を見てみてください。

そんなわけで、iPadのストレージ選びなんてシビアに考える必要ありませんよ。

iPadのストレージ容量を空けるためのちょっとしたコツ3選

ここからは、ストレージ容量が少ないiPadを使う際のコツみたいなものを紹介します。

僕はこの使い方が染み付いているので『64GB』でも十分なんですよね。

ストレージ容量を空けるコツ
  • アプリは使うときだけ入れる
  • 使ったデータはすぐ削除する
  • インターネットに頼りまくる

コツ①:アプリは使うときにだけ入れる

いつか使うかもしれないから、、

こんな感じで、iPadやiPhoneにたくさんのアプリを入れていたりしませんか?

その使わないアプリたちを一旦削除すればかなり容量が空くはずです。

僕は直近で使っていないアプリはすべて消していて、使うタイミングがきたら再インストールするようにしています。

たとえば、「ゲームアプリ」って3つも4つもiPadでやらないですよね。「いつかやるかも」と思うなら、そのいつかがきたときに再インストールしましょう。

ほかにもiPhoneと重複しているアプリは消しても問題ありませんよね。たとえばTwitterとか。

とにかくアプリは消してもまたインストールできるので、直近で使わないアプリは消しましょう。

コツ②:使ったデータはすぐ削除する

iPadで写真とか動画編集しているとすぐに容量がいっぱいになる、、

こういった場合は多いかもしれませんが、そのデータiPadに残しておく必要あります?

「あとで見返すかも」と思うかもしれませんが、ぶっちゃけあまり見返さないですよね。

僕もiPadで写真編集をすることはありますが、編集してSNSやブログにアップしたらすぐに消しています。

動画編集も、編集し終わったら消すか移すかすればiPadは軽くなりますよ。

料理が終わったらまな板をキレイにするように、iPadも使い終わった素材はすぐに片付けましょう。

コツ③:インターネットに頼りまくる

iPadにお気に入りの音楽とか動画とか写真を入れてると容量がすぐになくなる、、

こんな場合も多いと思いますが、今の時代はインターネットに頼れば、本体に保存する必要はないですよ。

  • 写真→Google Photo
  • 音楽→Spotify
  • 動画→YouTube

こんな感じで、わざわざiPadにデータを保存しなくてもインターネットを使えば十分楽しめます。

絶景の写真なんかもSNSやネット検索すればすぐに見れますからね。

インターネットを駆使していると、iPadに残すデータなんてほとんどないことに気がつきます。

本当に自分の手元に置いておきたいものだけに絞れば64GBで十分足りますよ。

まとめ

64GBを選んだ理由
  • パソコンとスマホがあるから
  • 本体にデータを保存しないから
  • 型落ちしても高値で売れるから
ストレージ容量を空けるコツ
  • アプリは使うときだけ入れる
  • 使ったデータはすぐ削除する
  • インターネットに頼りまくる

そんなわけで、iPad Air4は『64GB』で十分足りますよ。

ぶっちゃけ『256GB』を買うくらいなら、性能がいい『128GBのiPad Pro』を買ったほうがいいと思います。

なので、予算を抑えたいなら『64GB』のiPad Airを買いましょう。

まぁAppleが『128GBのiPad Air』を出してくれればこんなに悩む必要はなかったんですけどね。

あわせて読みたい
【超厳選】iPad Pro/Airにおすすめ&いらないアクセサリー10選 iPad Air4と一緒に買ったほうがいい周辺機器アクセサリーってなにがあるんだろう?ムダな出費は抑えたいから、いらないものも教えてくれると助かるな。 こういった疑問...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる