【iPad】ぼくが「64GBモデルで十分足りる」と思った3つの理由

「iPadの容量は64GBで足りるかな…?」

iPadを買うときに迷うのがストレージ容量。Proモデル以外は64GBと256GBに分かれており、どっちを選ぶべきか迷う方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、iPadの容量は64GBでも足りる理由と容量節約のコツを解説します。

記事を読めば、自身が64GBと256GBどっちのiPadを選ぶべきか明確になるでしょう。

Apple(アップル)
¥92,800 (2023/11/10 08:31時点 | Amazon調べ)
目次

【iPad】ぼくが「64GBモデルで十分足りる」と思った3つの理由

ぼくはiPadを買うとき、いつも64GBを選んでいます。

理由は以下の3つです。

  1. iPadで動画編集をしないから
  2. 外付けSSDを使えばいいから
  3. iPadは高値で売却できるから

順番に解説します。

①:iPadで動画編集をしないから

iPadで動画編集をしないのであれば64GBで十分です。

その理由として、各データの容量の目安をまとめてみました。

  • 動画(フルHD):1分あたり40MB
  • 動画(4K):1分あたり400MB
  • システムデータ:約10GB
  • ゲームアプリ:1個あたり2~10GB
  • 電子書籍:1冊あたり20~200MB
  • 映画:1本あたり1~2GB
  • ノート:1ページあたり約0.5MB
  • イラスト:1ページあたり0.5~2MB

上記のとおり、動画以外は64GBでも十分やりくりできそうですよね。

映画も20本くらいは保存できるし、電子書籍も200冊以上保存できます。

ゲームアプリはやや容量が大きめですが、10GBを超えるようなゲームでも3本以上は保存できます。

ぼくは64GBのiPad Airを使用していますが、とくに容量不足に困ったことはありません。

②:外付けSSDを使えばいいから

「もし容量不足になったら…」

と心配もあるかもしれませんが、容量が足りなくなったら「外付けSSD」を使えばいいだけです。

外付けSSDを使えばiPadのストレージ容量をあとからでも拡張できます。

最近のSSDはコンパクトで持ち運びもしやすいです。

iPadで人気なのは「RAOYI」のSSDですね。気になる方はチェックしてみてください。

平岡さんの動画

ちなみに、外付けSSDを使えばiPadだけで本格的な動画編集も可能です。

登録者30万人超えのiPad系YouTuber「平岡さん」がおっしゃっていたので間違いないでしょう。

平岡さんの動画

③:iPadは高値で売却できるから

また、iPadはリセールバリュー(売却価値)が高いです。

そのため、もし64GBでは足りなくなっても「売却して買い直せばいい」とぼくは思いました。

買取査定額は「イオシス(iPad買取価格表)」でご確認ください。1~2年の型落ちなら定価の7~8割くらいで売却できます。

そんなわけで、iPadの容量選びに迷うなら64GBでOKです。

Apple(アップル)
¥92,800 (2023/11/10 08:31時点 | Amazon調べ)

余談:iPadは中古もおすすめです

「256GBがほしいけど金銭面できつい…」

というのであれば「中古iPad」も選ぶのもひとつの手段です。

iPadの中古は良いイメージがないかもしれませんが…

  • iPadは数年型落ちでも十分使える
  • iPadのバッテリー劣化は気にならない
  • iPadは中古でも綺麗なものが多い

こういった理由からiPadは中古でも十分快適に使えます。

むしろ最新モデルを買っても大半の人にはオーバースペックなだけです。仕事でバリバリ使う人以外は中古で買ったほうが賢いとも言えますよ。

イオシス」なら3ヶ月保証も付いてくるので中古でも安心して買えます。iPadを少しでも安く買いたいならぜひチェックしてみてください。

\ 中古iPadを買うならここ一択 /

中古iPadをおすすめする理由の詳細は以下の記事で書いています。

iPadのストレージ容量を空けるためのコツ3選

ここからはiPadのストレージ容量を空けるコツを紹介します。

以下の3つを実践すれば、64GBのiPadでも快適に使えますよ。

  1. アプリは使うときだけ入れる
  2. 不要なデータはすぐ削除する
  3. インターネットに頼りまくる

順番に解説します。

①:アプリは使うときだけ入れる

まずは「アプリは使うときだけ入れる」です。

iPadの容量を圧迫してしまう要因のひとつに「使わないアプリを入れっぱなしにしている」があります。

「そのうち使うかもしれないから…」と消すのをためらう気持ちもわかりますが、もし使うときが来たら再インストールすればいいだけです。

使用頻度の低いアプリを消すだけでもかなりの容量節約になりますよ。

②:不要なデータはすぐ削除する

アプリと一緒で、写真や動画も定期的に削除しましょう。

写真や動画は「あとで見返すかも…」と残しておきがちですが、実際に自分の行動を振り返ると案外見返すことってありませんよね。

もし見返すことが多い場合でも、写真や動画は「スマホ」「パソコン」「外付けSSD」にも保存できます。

そう考えると、iPadは64GBでも十分足りると思いませんか?

③:インターネットに頼りまくる

近年はクラウドサービスやストリーミングサービスが充実しています。

iPad本体に保存しなくても写真・動画・音楽を楽しめる時代ですので、案外64GBでも容量不足になりません。

たとえば、ぼくは以下のサービスを利用しています。

もしiPadに大量のデータを保存するつもりであれば「クラウドサービスやサブスクでも十分じゃないかな?」と考えてみてください。

ほとんどの人は64GBでも十分快適に使えるはずですよ。

Apple(アップル)
¥92,800 (2023/11/10 08:31時点 | Amazon調べ)

まとめ:iPadのストレージは64GBでも十分足りる

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ぼくがiPadのストレージ容量「64GB」を選ぶ理由を解説しました。

もういちど振り返りましょう。

  1. iPadで動画編集をしないから
  2. 外付けSSDを使えばいいから
  3. iPadは高値で売却できるから

iPadで256GBを選ぶべきなのは「外付けSSDを使いたくない人」だけです。

ほとんどの人は64GBのiPadで十分ですので、無理に256GBを買う必要はありませんよ。

Apple(アップル)
¥92,800 (2023/11/10 08:31時点 | Amazon調べ)

\ iPadは中古で買うのもおすすめ /

関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

中野和哉のアバター 中野和哉 ブロガー/ライター

必要最小限をモットーに生きています。
ミニマリズムの思考が好きです。

コメントはお気軽に!

コメントする

目次