【中古】iPadをメルカリで買うのは危ない?5つの注意点を解説

「iPadをメルカリで買うのはやめたほうがいい…?」

iPadを安く買う方法のひとつに「メルカリ」があります。

メルカリは中古ショップよりも安く買える傾向にありますが、個人間売買であるためトラブルが起こらないように細心の注意を払ってください。

そこで本記事では、iPadをメルカリで買うときの注意点を解説します。

読み終えるころには、メルカリでiPadを安心して買えるようになっているでしょう。

iPadを少しでも安く買いたい方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

目次

iPadをメルカリで買うときの注意点5つ

iPadをメルカリで買うときは、以下の5つに注意してください。

  • アクティベーションロック
  • 本体状態と動作状況
  • 端末保証サービス
  • バッテリー最大容量
  • 赤ロム(※セルラーモデルのみ)

順番に解説します。

①アクティベーションロック

メルカリでiPadを買った際によくあるトラブルが「アクティベーションロックの解除忘れ」です。

アクティベーションロックとは、iPadを紛失した場合でも第三者に利用されないようにする保護機能です。

iPadの売却・譲渡する際にはロックを解除する必要があるのですが、メルカリではうっかり解除を忘れたり、そもそも存在を知らないで出品する人も多いんですよね。

アクティベーションロックはいわゆる盗難防止機能のため自分では解除できません

もしアクティベーションロックの解除忘れがあった場合は、出品者に連絡をしてWebで遠隔解除してもらう必要があります。

「遠隔解除できるなら問題ないじゃん」と思うかもですが、それは出品者と連絡がついた場合の話。もし連絡がつかなかったら…まあ面倒です。

なので、iPadをメルカリで買うなら「アクティベーションロックを解除したか」を確認してからにしてください。

②本体状態と動作状況

iPadの「本体状態」と「動作状況」も必ずチェックしてください。

メルカリには以下のような出品者も存在するからです。

  • 本体の傷を写さないようにしている
  • 動作不良があるが説明欄に記載なし

商品が届いた後に文句を言っても「発送前は問題なかった」と言われれば泣き寝入りするしかありません。

またメルカリ事務局も「トラブルは当事者で解決してね」というスタンスのため、相談しても全然当てにならないです。

ただ、コメントや取引画面に証拠となるやり取りがあれば、もしかしたらメルカリ側で返金対応をしてくれるかもしれません。

なので、メルカリでiPadを買うときは「商品状態と動作状況」を確認するようにしてください。

③端末保証サービス

メルカリで購入したiPadには「端末保証サービス」がありません。

Appleのメーカー保証は「新品購入後1年間」のため、メルカリに出品されるiPadのほとんどは保証切れになっているでしょう。

メリカリにも保証はありますが、あくまでも取引完了までです。
取引完了後にiPadが故障しても保証されません。

「保証なんて不要だ」という方は問題ありませんが、少しでも気になる方は、保証サービスが充実している大手中古ショップから買うのがおすすめです。

iPadのおすすめ中古ショップは後半で解説しています。

④バッテリー最大容量

メルカリに限らずですが、中古のiPadは少なかずバッテリーが劣化しています。

Apple公式によると以下のとおりです。

iPadのバッテリーは、フル充電サイクルを1,000回繰り返した時に、本来の容量の最大80%を維持できるように設計されています。

引用:Apple「バッテリーのサービスとリサイクル」

iPadは利用者によって充電頻度が大きく異なりますので、バッテリーの劣化具合もさまざまです。

今はモバイルバッテリーも進化していますし、多少の劣化は気にしなくてもいいのですが、価格の割に劣化が激しいと損した気分になりますよね。

なので、iPadをメルカリで買うときは「バッテリー最大容量」も確認しましょう。

iPadのバッテリー最大容量は「設定」→「バッテリー」→「バッテリー最大容量」で確認できます。

⑤赤ロム(※セルラーモデルのみ)

メルカリでiPadのセルラーモデルを買う場合は「赤ロム」に注意してください。

赤ロムとは、キャリアにネットワーク利用制限をかけられている状態のことです。

「前ユーザーがiPadを分割払いで購入」→「途中で支払いが滞る」となった場合、前ユーザーが支払いを完済するまでSIMカードを挿しても通信ができなくなります。

つまり、せっかくセルラーモデルを買っても、Wi-Fiモデルと同じ使い方しかできなくなるわけです。

赤ロムになるまでの流れ

メルカリでは赤ロムのiPadを出品禁止としていますが、必ずしもルールが守られているわけではありません。

購入予定のiPadは赤ロムかどうかは、キャリアサイトに「IMEI番号」を入力すれば確認できます。

メルカリでセルラーモデルのiPadを買うなら、IMEI番号の確認(記載がなければコメントで聞く)するようにしてください。

ネットワーク利用制限の判定について
  • 「○」:完済済み(SIMカードで通信可能)
  • 「△」:支払い途中(今後赤ロムになる可能性あり)
  • 「×」:赤ロム状態(Wi-Fiでしか通信不可能)
  • 「ー」:SIMフリー端末(SIMカードで通信可能)

メルカリでiPadを買うなら、ネットワーク利用制限の判定「○」か「ー」を選ぶのが安心です。

iPadをメルカリで買うのはやめたほうがいいケース3選

iPadをメルカリで買うのは注意点さえ押さえれば問題ありません。

しかし、以下の出品者から買うのはやめたほうがいいでしょう。

  • 商品説明がやたらと長い
  • 写真の追加要請に応えてくれない
  • コメントになかなか返信がない

順番に解説します。

①商品説明がやたらと長い

まず商品説明欄にやたらと長い文章を書く人には注意してください。

なぜなら、わざとややこしくして購入者の誤認を招こうとしている疑いがあるからです。

たとえば、文中のどこかに「動作不良やジャンク品である旨」が書いてあるかもしれません。

商品が届いてから文句を言っても「説明欄に書いてあります」「ちゃんと読んでいないあなたが悪いです」と言われれば何も返せません。

なので、商品説明がやたらと長い人にはご注意ください。

②写真の追加要請に応えてくれない

写真の追加要請に応えてくれない人にも注意。

なぜなら、「写真追加できない=やましい事実があるから」の可能性が極めて高いからです。

たとえば、本体の傷を隠していたり、実は画面が点かなかったり、そもそも商品が偽物だったり…などが考えられます。

また信じられないかもですが、メルカリには「過去の写真・他人の写真」を使い回している人も一定数います。

なので、写真追加に応じてくれない場合は購入を控えたほうがいいでしょう。

③コメントになかなか返信がない

コメントになかなか返信してくれない人にも注意。

なぜなら、「商品発送」や「トラブル時の対応」も遅くなる可能性が高いからです。

とくにトラブル発生時に返信が遅いとストレスがものすごいでしょう。最悪は全然対応してくれずに音信不通になることも考えられます。

繰り返しますが、メルカリ事務局にトラブルを相談しても「サポートはするけど解決は当事者でしてね」というスタンスです。

たまたまそのとき忙しかっただけな人もいますが、返信が2~3日経っても来ない場合は、そもそも売る気があまりないのかもしれません。

万が一のことを考えると、返信の遅い人から買うのは控えたほうがいいでしょう。

iPadをメルカリ以外で安く買う方法【信頼できる店2選】

iPadを安く買えるのはメルカリ(フリマサイト)だけではありません。

以下の2店舗もおすすめです。

上記2店舗は「プロスタッフが検品をする」「1~3ヶ月の保証あり」「オンライン購入も可能」なので安心かつ手軽にiPadを買えます。

メルカリで買うのが不安な方は、ぜひチェックしてみてください。

まとめ:iPadをメルカリで買うなら細心の注意を払おう

最後まで読んでいただきありがとうございます。

iPadをメルカリで買うときの注意点を解説しました。

あらためて注意点をまとめておきます。

  • アクティベーションロック
  • 本体状態と動作状況
  • 端末保証サービス
  • バッテリー最大容量
  • 赤ロム(※セルラーモデルのみ)

メルカリでは安くiPadを手に入れられますが、個人間取引によるトラブルに気をつけなければなりません。

メルカリでiPadを買うときは、ぜひ本記事を参考に気持ちよく取引をしてください。

もしメルカリが不安でしたら「イオシス」や「ゲオ」で買うのがおすすめです。

関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

中野和哉のアバター 中野和哉 ブロガー/ライター

必要最小限をモットーに生きています。
ミニマリズムの思考が好きです。

目次