iPadとAndroidタブレットはどっちがいい?僕がiPadを選ぶ3つの理由

当ブログには広告が含まれています。

「iPadかAndroidタブレットか…どっちを買うべき?」

と迷う方は多いのではないでしょうか。タブレットはiPadの1強と言われていますが、価格が高いし、ライトユーザーならAndroidタブレットでも十分な気がしますよね。

しかし、タブレットは価格が高くても「iPad」を選ぶのが断然おすすめです。

Kazuya

僕はiPadを仕事でもプライベートでも愛用しています。Androidタブレットの情報収集もしていますが、2023年時点ではiPadを超える製品はありません。

本記事では、僕がAndroidタブレットではなく「iPad」を使う理由を解説します。タブレットの購入を検討している方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

おすすめなiPadの機種

Contents

僕がAndroidタブレットではなく「iPad」を選ぶ3つの理由

タブレットを買うなら、価格が高くてもiPadを選ぶのがおすすめです。

その理由は以下の3つ。

  • iPad専用のOSがあるから
  • OSサポート期間が長いから
  • リセールバリューが高いから

順番に解説します。

①:iPad専用のOSがあるから

iPadとAndroidタブレットの大きな違いは「OS(オペレーティングシステム)」です。

Androidはスマホと同じ「Android OS」を搭載していますが、iPadはタブレット専用に設計された「iPadOS」を搭載しています。

タブレット専用OSの有無、これがどう影響するのかというと…

  • iPad:アプリ画面がタブレットに最適化されている
  • Android:アプリ画面がスマホ版を引き延ばしただけ

となるわけです。Androidタブレットは「手抜き感」が否めません。

AndroidタブレットでTwitterやYouTubeを開くと「無駄に画像や文字が大きくて見づらいし操作もしにくい…」と誰もが感じるでしょう。クリエイティブ系アプリも少ないです。

ブラウジングや動画鑑賞だけならAndroidタブレットでも十分かもしれませんが、多くの人は「それならスマホでいいや」「パソコンでいいや」と思うはず。

一応、Googleが「Pixel Tablet」とタブレット対応のOS「Android 12L」をリリースして頑張ろうとしてはいるものの、あまり普及しなければ、アプリ開発が進まず、このままiPad1強が続くと思います。

というわけで、タブレットを買うならiPadが断然おすすめです。

②:OSサポート期間が長いから

iPadはOSサポート期間が長いのもメリットです。

タブレットはOSサポートが切れても使えますが、「セキュリティが脆弱になる・アプリがアップデートできなくなる」ので古いOSのまま使うのはおすすめできません。

つまり、OSサポートが切れると買い替え推奨となるわけですが、iPadとAndroidタブレットではOSサポート期間に大きな差があります。

  • iPad:8年ほど
  • Android:2~4年ほど ※機種によって異なる

このように、iPadのほうがOSサポート期間が長いです。

2022年最新のiPadOS 16の対象機種。最も古い機種は2015年発売のiPad Pro。

つまり、iPadのほうがAndroidタブレットより「寿命が長い」といえます。

iPadは価格が高いですが、長い目で見るとAndroidタブレットよりもコスパに優れているんですよね。

③:リセールバリューが高いから

iPadはリセールバリュー(再販価値)が高いのもおすすめできる理由です。

Androidタブレットは、数年型落ちモデルになるとほとんど値がつかない状態になりますが、iPadは4~5年型落ちでも半額くらいの値がつきます。

たとえば、2018年に発売したiPad Pro 11インチ(64GB/Wi-Fiモデル」の買取額を見てみましょう。

出典:イオシス(2023年6月時点)

上記のiPadの定価は「89,800円(税抜)」です。対して買取額は「50,000円前後」。約5年落ちとなった今でも半額以上の値がつくのはスゴいですよね。

ちなみに、Androidタブレットで人気の高い「Xiaomi Pad 5(128GB/Wi-Fiモデル)」の買取額も調べてみました。

出典:イオシス(2023年6月時点)

上記にあるXiaomi Pad 5の定価は「59,800円(税抜)」。対して買取額は「25,000円前後」

そこそこの額になっていますが、Xiaomi Pad 5の発売は2021年です。2年落ちで半額まで下がる…と考えればiPadのリセールバリューがどれだけ高いかがわかりますよね。

つまり、iPadは売却前提で買えばそこまで高い製品ではありません。

だから、価格面でAndroidタブレットを選ぶのはもったいないです。どっちを買うか悩んでいるならiPadを買ったほうが断然満足できるはずですよ。

おすすめなiPadの機種

iPadは高すぎる?それなら「中古」で買うのもおすすめです

どうしてもiPadの価格が気になるなら「中古」で買うのもおすすめです。

中古品を毛嫌いする人もいるかもしれませんが、iPadについては「むしろ中古を買ったほうが賢い」ともいえます。

その理由は以下のとおり。

  • iPadは最新モデルを買ってもオーバースペック
  • iPadはOSサポート期間が長いから型落ちでも安心
  • iPadは売却前提でキレイに使う人が多い

このように、iPadは新品にこだわる必要がありません。

iPadの中古にまつわることは別記事でまとめてあるので興味があればぜひ参考にしてみてください。

\ Apple製品の中古信頼度No.1 /

まとめ:タブレットは「iPad」を買うのがおすすめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

タブレットを買うならAndroidよりもiPadをおすすめする理由を紹介しました。

もういちど振り返りましょう。

  • iPad専用のOSがあるから
  • OSサポート期間が長いから
  • リセールバリューが高いから

2023年時点、タブレット界隈はiPadの1強です。

スマートフォンはAndroidが若干優勢気味ですが、タブレットにおいてはiPadしかおすすめできない状況になっています。

Androidスマホを使っている人でも、タブレットはiPad…なんて人ばかりですからね。

というわけで、iPadかAndroidタブレットか…で迷っているならiPadを僕はおすすめします。

\ Apple製品の中古信頼度No.1 /

関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Contents