MENU

【シンプル】iPadに保護フィルムはいらない理由【代替案あり】

iPadに保護フィルムって必要かな?
裸で使いたいけど傷が入ったら藤原竜也みたいに絶望しそうだしな、、

こういった悩みにお答えします。

本記事の内容
  • iPadに保護フィルムはいらない理由
  • iPadを傷や汚れから守る3つの方法

こんにちは、カズヤです。

iPadに保護フィルムを貼るかどうかって結構悩みますよね。

スマホのように雑に扱うわけではないし、落とす危険性も低いから「裸でもいいんじゃない?」という人は多いと思います。

とはいえ「もし傷がついたら嫌だしなぁ」と心配でこの記事にたどり着いたんですよね。

結論をいうと、iPadに保護フィルムは必要ありません。

なぜなら、iPadは保護フィルムを貼らなくても傷が付きにくいし、保護フィルムなしのほうが快適に使えるからです。

もちろん、保護フィルムを貼っている人を否定するつもりはありませんが、少しでも裸でiPadを使いたいなら保護フィルムは貼らなくても問題ありません。

iPadを、紙のような書き心地に変化させる「ペーパーライクフィルム」も貼る必要ありませんよ。

そんなわけで、僕がiPadに保護フィルムを貼らない理由について解説します。

後半では、iPadを傷付けない方法も紹介するので参考にしてみてください。

どうしても保護フィルムを貼りたい人におすすめなもの

iPadに本当に必要なアクセサリー【まとめ】

Contents

iPadに保護フィルムはいらない理由

繰り返しですが、iPadは保護フィルムなしのほうが快適に使えます。

保護フィルムを貼ると魅力が半減する

iPadに保護フィルムを貼ると、iPadに本来あるはずの魅力が半減してしまいます。

たとえば以下のように。

  • ガラスフィルムを貼る
    →Apple Pencilが滑って描き心地が悪くなる
  • ペーパーライクフィルムを貼る
    →画質が落ちて動画や電子書籍が見にくくなる

このように保護フィルムを貼ってしまうと、

iPadの魅力である「ペンシルの書き心地」「キレイな画面」のどちらかが犠牲になるんですよね。

iPadを「イラスト専用機」や「コンテンツ消費専用機」と割り切って使うならいいかもしれせんが、

オールマイティーにiPadを使いたいなら保護フィルムは貼らないほうがいいですよ。

僕はiPadを「電子書籍リーダー」「ノート代わり」として快適に使用したいので保護フィルムは貼っていません。

iPadに保護フィルムを貼らないメリット

iPadに保護フィルムを貼らないことで生まれるメリットをまとめると以下です。

iPadに保護フィルムを貼らないメリット
  • 本来の美しい画面を楽しめる
  • 軽いから手持ちしやすくなる
  • フィルムの縁が埃で汚れない
  • タッチ操作の感度が良くなる
  • ペンシルの先端が削れにくい
  • フィルム買い替え費用が浮く

iPadに保護フィルムを貼らないメリットはこんなにもたくさんあります。

「ペンシルを使うならペーパーライクフィルムを貼ったほうがよくない?」と思うかもしれませんが、

裸状態のディスプレイでも意外とペンシルの書き心地はいいんですよね。

逆に、ペーパーライクフィルムを貼ると「画質が著しく落ちる」「ペン先の消耗が激しくて1ヶ月くらいで交換しないといけない」といったデメリットがあります。

繰り返しですが、iPadをオールマイティーに使いたいなら保護フィルムは貼らないほうがいいです。

Appleは純正保護フィルムを出していない

そもそも、iPadに「Apple純正or公認の他社製フィルム」ってありませんよね。

つまりこれは、Appleが「iPadに保護フィルムは不要だ」と伝えているようなものです。

つまり、「iPadの画面は簡単には傷付かない」と自信を持っている裏付けでもあります(憶測ですが)。

Appleの技術を信じよう

「万が一のために保護しておきたい」という気持ちもめちゃくちゃわかります。

でも少しでも保護フィルムを貼りたくない気持ちがあるなら、ここはAppleの技術を信じてみるのも悪くないと思います。

実際、僕はiPadを連続1年以上使っていますが、傷が入ったことはありません。

そんなわけで、僕の価値観を押し付けるようなことはしませんが、少しでも貼りたくない気持ちがあるなら貼らなくていいと思いますよ。

もし傷がついたら「次のiPadは絶対に保護フィルム貼ろう」でいいじゃないですか。

iPadを傷や汚れから守る3つの方法

ここまで「iPadに保護フィルムは不要な理由」を紹介してきました。

とはいえ、カバンの中で傷が入ったり、指紋汚れがベタベタつくのは気になりますよね。

というわけで、以下の3つの方法を僕は推奨します。

iPadを傷や汚れから守る方法
  1. フォリオカバーで持ち運ぶ
  2. Apple Pencilをマウス代わりにする
  3. 着脱式ペーパーライクフィルムを使う

上記を実践すれば、保護フィルムを貼らなくてもiPadを傷や汚れから守れます。

それぞれ解説しましょう。

フォリオカバーで持ち運ぶ

僕は『純正スマートフォリオ』をiPadにつけて持ち運んでいます。

これでカバンの中での「干渉傷」が入ることはありません。

純正というだけあって、サイズはピッタリ、軽い、とお気に入りです。

『純正スマートフォリオ』をつければ、iPadに保護フィルムを貼らなくても安心ですよ。

タブ切り替え可能

純正カバーが高いと感じる場合

純正品は高すぎる、、

こういった少しでも値段を抑えたい方は、以下にある『ESR』のカバーがおすすめです。

純正品よりも若干重たくはなりますが、Apple Pencilのカバーが付いているし、デザインも純正品とほぼ変わりません。

おすすめケース(タブ切り替え可能)

Apple Pencilをマウス代わりにする

『Apple Pencil』をマウス代わりにすれば画面の指紋汚れを防げます。

「面倒だな」と思うかもしれませんが、『第2世代のApple Pencil』なら、iPad本体にApple Pencilをくっつけられるのですぐに使用できますよ。

また、Apple Pencilがあれば、iPadをノート代わりにもできます。

iPadをノート代わりにするとかなり生活が変わるので、まだ持っていない人はぜひこの機会にApple Pencilを導入してみてください。

あわせて読みたい
Apple Pencilはいらない?絵を描かない僕の使い方3選 iPadで絵を描かないけどApple Pencilも買ったほうがいいかな?ほかのスタイラスペンとの違いもあれば教えてほしい。 この疑問にお答えします。 本記事の内容 絵を描かな...
Apple(アップル)
¥15,286 (2022/01/25 12:45時点 | Amazon調べ)

Apple Pencilが高いと感じる場合

Apple Pencilは高すぎる、、

再びこのような声が聞こえてきそうですが、これもほかのスタイラスペンで代用可能です。

サードパーティー製とはいえ、ぶっちゃけ純正品とほぼ変わりません。

iPad本体にマグネットでくっつくし、筆圧検知機能もあります。

唯一違うのは「充電方式」で、Apple Pencilは本体にくっつけるだけで充電できますが、サードパーティー製はUSB-Cケーブルに挿して充電する必要があります。

とはいえ、そんなに頻繁に充電するわけでもないので十分にApple Pencilの代わりになりますよ。

Apple Pencilの代わりにおすすめ

着脱式ペーパーライクフィルムを使う

どうしても裸の書き心地に納得がいかないなら、「着脱式」のペーパーライクフィルムがおすすめです。

着脱式なら、用途に応じて自由に付け替えられるのでストレスなくiPadを使えますよね。

シンプルに画面の保護にもなるので、iPadにカバーをつけたくない人にもおすすめです。

ちなみに、着脱式ペーパーライクフィルムには「持ち運び用ケース」もちゃんと付いています。

おすすめな着脱式ペーパーライクフィルム(タブ切り替え可能)

まとめ:iPadは保護フィルムなしで快適に使おう

さいごまで読んでいただきありがとうございます。

iPadに保護フィルムはいらない理由について解説しました。

理由はシンプルに「iPadは保護フィルムなしのほうが快適に使えるから」です。

保護フィルムを貼らなければ、「高画質な画面」と「ペンシルの書き心地」の両方を担保できます。

「傷がつくのが心配だ」と思うかもしれませんが、スマートフォリオのようなケースで持ち運べば余程大丈夫です。

なにより、Apple StoreにiPad用の保護フィルムが売っていないのが答えだと思います。

なので、少しでもiPadに保護フィルムを貼りたくない気持ちがあるなら裸で使いましょう。

iPadのおすすめアクセサリーまとめ

あわせて読みたい
iPad Pro/Airと一緒に買うもの【おすすめ周辺機器・アクセサリー6選】 iPad Air4と一緒に買ったほうがいい周辺機器アクセサリーってなにがあるんだろう?ムダな出費は抑えたいから、いらないものも教えてくれると助かるな。 こういった疑問...
あわせて読みたい
iPad mini 6におすすめなアクセサリー8選+α【一緒に買うもの】 iPad mini 6におすすめなアクセサリーってなにがあるんだろう?一緒に買った方がいい便利グッズを教えてほしい。 こういった疑問にお答えします。 本記事の内容 iPad mi...

この記事で紹介したもの

Apple(アップル)
¥15,286 (2022/01/25 12:45時点 | Amazon調べ)
あわせて読みたい
iPhoneに保護フィルムはいらない3つの理由【貼らないメリットもある】 iPhoneに保護フィルムって必要かな?貼らないよりは貼ったほうがいいと思うけど、できれば貼りたくないなぁ。保護フィルム不要派も意見を知りたい。 こういった疑問にお...
あわせて読みたい
MacBookに保護フィルムとキーボードカバーはいらない理由【それぞれ3つ】 MacBookに保護フィルムとかキーボードカバーって必要かな?できれば付けたくないけど大事に使いたいから悩むなぁ。保護フィルム不要派の意見を知っておきたいな。 こう...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Contents
閉じる