MENU

【断言】iPadに保護フィルムはいらない3つの理由【裸で使おう】

Apple製品が好きな方なら、iPadを裸で使いたい気持ちがあるでしょう。

とはいえ、iPadの画面に傷がついたらショックだし「保護フィルムだけは必要かな…」と、なかなか裸で使う勇気がでませんよね。

そこで今回は、iPadを保護フィルムなしで3年以上使用している僕が以下を解説します。

本記事の内容

  • iPadに保護フィルムはいらない3つの理由
  • iPadに保護フィルムを貼ったほうがいい人
  • iPadを保護フィルムなしで傷から守る方法

結論、iPadに保護フィルムは不要です。

iPadを大切に使いたい気持ちはわかりますが、保護フィルムを貼るくらいなら、ほかのタブレット使ったほうがいいと思います。

この記事を読めば、iPadに保護フィルムがいらない理由がわかり、自分に必要かどうか判断できるでしょう。

目次

iPadに保護フィルムはいらない3つの理由

iPadを大切に使いたい人は保護フィルムが必要に感じるかもしれません。

しかし、以下の3つの理由から僕は不要だと思います。

  1. 画像や映像が見えづらくなるから
  2. ふつうに使えば傷はつかないから
  3. 公式ストアで販売されてないから

①:画像や映像が見えづらくなるから

iPadのメリットは大画面できれいな画像や映像を楽しめるところです。

しかし、保護フィルムを貼ってしまうとそれが台無しになります。

  • 安いフィルム
    →傷・汚れ・黄ばみが目立つ
  • ガラスフィルム
    →自分の顔や照明が映り込む
  • ペーパーライクフィルム
    →モザイクをかけるのと同じ

このように、iPadに保護フィルムを貼ると画面が見づらくなるんですよね。

画面が見づらくなると…

さらに、画面が見づらくなると以下のデメリットがあります。

  • 目が疲れて視力低下や体調不良につながる
  • 画面の輝度を上げるため電池持ちが悪くなる

このように、画面が見づらいと「自分自身」にも「iPad本体」にも悪影響を与えるんですよ。

反射防止コーティングが活かされない

iPadには光の反射を抑えるコーティングが施されています。

ですが、保護フィルムを貼るとせっかくのAppleの技術も台無しになるわけです。

高いお金を払ったのに、わざわざ自分から使いにくくするってもったいないですよね。

個人的には、iPadの美しい画面を台無しにするくらいなら、ほかのもっと安いタブレットにしたほうがいいと思います。

②:ふつうに使えば傷はつかないから

「せっかくのきれいな画面に傷がついたら大変だ…」という気持ちはわかります。

しかし、iPadに傷がつくなんて余程あり得ませんよ。

理由は以下。

  • iPadの画面強度は高い
    →そもそも傷つきにくい
  • 室内で使うことが多い
    →落とすことはまずない
  • どうせカバーを着ける
    →カバンの中でも大丈夫

もちろん雑に扱えば傷がつく可能性はあります。

たとえば、カバーなしでカバンに放り投げたり、画面を下向きにして机や床に置いたり。

しかし、この記事を読むような人がiPadを雑に扱うなんて考えられません。

iPadを雑に扱うような人は思考停止で保護フィルムを貼るはずです。

なので、iPadに傷がつく心配はしなくて大丈夫ですよ。

③:公式ストアで販売されてないから

そもそもの話をすると、Apple Store(公式)でiPadの保護フィルムは販売していません。

なぜ販売しないのか?これは僕の憶測ですが以下のとおり。

  • 保護フィルムを貼ってほしくないから
    →iPadの画面が見づらくなる
  • 裸で使っても画面に傷はつかないから
    →保護する必要性を感じない
  • そもそも作ったところで売れないから
    →外国人は保護しないで使う

これらの理由は僕の憶測ですが、それでもAppleが保護フィルムを売っていないのは事実です。

「ほかのメーカーが作るから任せてるのでは?」と思うかもですが、必要なものかつ売れるものなら自社で販売するのが得策ですよね。

つまりこれは、Appleが公式で「iPadに保護フィルムはいらない」と伝えているんだと思います。

保護フィルムを勧めるのは不安戦略?

「でも、いろんなメーカーが保護フィルムを勧めてるよ?」という意見もあるでしょう。

しかし、これは儲けたいメーカーの販売戦略だと思います。

不安症な日本人はとにかく保険に入りたがりますよね。保護フィルム販売はその心理につけ込んだビジネスです。

僕の憶測ばかりで申し訳ないですが、あながち間違ってもいないはず。

もちろん「保護フィルム販売は悪だ!」というわけではありませんが、必要のないものは買わなくていいと思います。

なので、iPadに保護フィルムは必要ないです。

iPadに保護フィルムを貼ったほうがいい人

ここまでiPadに保護フィルムが必要ない理由を解説しました。

しかし、以下に当てはまる人は保護フィルムを貼ったほうがいいです。

  1. イラストを本格的に描いている人
  2. ペンシルの先を金属製に変える人
  3. 傷に敏感すぎてストレスになる人

①:イラストを本格的に描いている人

iPadで本格的なイラストを描くつもりの人は、ペーパーライクフィルムを貼ったほうがいいです。

なぜなら、裸の画面だと細かい描写がしにくいから。

簡単なスケッチや文字を書く程度なら裸でも十分ですが、本格的に絵を描くクリエイターの方は「より紙に近い感覚」のほうがいいと思います。

②:ペンシルの先を金属製に変える人

Apple Pencilのペン先を「金属製」に変える人は保護フィルムが必要です。

なぜなら、たぶん傷がつくから。

ペン先の柔らかいものなら裸でも問題ありませんが、金属製はAppleも想定していないと思うのでさすがに傷がつくと思います。

ちなみに金属製のペンシルとは以下のようなものです。

③:傷に敏感すぎてストレスになる人

傷に敏感すぎる人も保護フィルムを貼ったほうがいいです。

たとえば、傷がついてないか毎分チェックしてしまうとか、傷が怖すぎて持ち出せないとか。

iPadは保護フィルムなしのほうが快適に使えます。しかし逆にストレスとなるなら本末転倒ですよね。

個人的には「それならもっと安いタブレットを買ったほうが…」と思いますが、どうしてもiPadがいい人もいますもんね。

ちなみに口コミを見ると「NIMASO」の保護フィルムが人気です。

iPadを保護フィルムなしで傷から守る方法

基本的にiPadに保護フィルムはいらないです。

とはいえ、裸のままカバンに入れるのは嫌だし、指紋が気になる人もいますよね。

そこでおすすめなのが以下の3つ。

  1. カバーを着けて持ち運ぶ
  2. スタイラスペンを使って操作する
  3. 着脱式ペーパーライクフィルムを貼る

①:カバーを着けて持ち運ぶ

僕はカバータイプのケースをiPadに付けて持ち運んでいます。

画面を保護しながら持ち運べるためカバンの中で傷が入ることはありません。

「カバーは邪魔だなぁ」と思うかもですが、マグネット式のものを選べば着脱が簡単にできますよ。

また、フォリオカバーは保護だけでなく「スタンド機能」もあるので、動画鑑賞やペンシルを使うときも便利です。

動画鑑賞モード
ペンシルモード

フォリオカバーは「画面保護」と「スタンド機能」があるので、iPadには必須アイテムです。

側面は守れませんが、僕は傷ついたことがないので気にしなくて大丈夫ですよ。

純正カバーが高いと感じる場合

「Smart Folioは高いなぁ…」と感じる人は、ESRのカバーがおすすめです。

純正品よりも若干重たくはなりますが、純正品にはない「Apple Pencilのカバー」が付いています。

純正カバー
ESRのカバー

さすがに質感は純正品より劣りますが、それでも価格を考えると十分すぎます。

逆に、Apple Pencilの管理もしっかりしたいならESRのほうがおすすめですよ。

②:スタイラスペンを使って操作する

画面に付着する指紋対策は「Apple Pencil」をマウス代わりにすることで解決します。

「いちいちペン使うの面倒だな」と思うかもですが、最近のiPadはマグネットで本体に直接付けられるので使いやすいです。

また、ペンを使うと画面の端まで腕を動かさなくてもいいので楽なんですよね。

Apple Pencilは絵を描かない人でも便利に活用できます。

あわせて読みたい
Apple Pencilはいらない?絵を描かない僕の使い方3選 iPadは「Apple Pencil」と組み合わせることで真価を発揮します。 とはいえ、絵を描かない人は「Apple Pencilなんていらない」と思いますよね。 そこで今回は、iPad使用...
Apple(アップル)
¥15,286 (2022/06/21 14:26時点 | Amazon調べ)

Apple Pencilが高いと感じる場合

「Apple Pencilは高いなぁ…」と感じる方は、GOOJODOQのスタイラスペンで代用可能です。

価格はApple Pencilの5分の1ほど。

「書き味が悪くなるんじゃないの?」と思うかもですが、ぶっちゃけ純正品と大差ありません。

iPad本体にマグネットでくっつくし、傾き検知機能もあります。さらにワイヤレス充電も可能。

ここまで品質が良いと、Apple Pencilを買う人いなくなるんじゃないかな…と心配になるレベルです。

もちろんダブルタップ機能があるApple Pencilのほうが使いやすいですが、絵を描かないなら他社製品で十分ですよ。

Apple Pencilの代わりにおすすめ

③:着脱式ペーパーライクフィルムを使う

どうしてもペーパーライクフィルムを使いたいなら「着脱式」がおすすめです。

着脱式なら、シーンに応じて自由に付け替えられるのでストレスなくiPadを使えますよ。

たとえば、文字を書くときは取り付けて、動画を見るときは外して、みたいな感じ。

また、持ち運ぶときは画面保護の役割も担うので、カバーを付けたくない人にもおすすめです。

何度も貼り直し可能だし、フィルムの保管ケースも付属してきます。

イラストレーターならペーパーライクフィルムが楽かもですが、ちょっと文字や絵を描く程度なら「着脱式でいいじゃん」と思いますよ。

おすすめな着脱式ペーパーライクフィルム

YMYWorldの着脱式ペーパーライクフィルムは、粘着面が広くしっかり貼り付いてくれます。

簡単にズレないし、貼り付けたままでも運用しやすいのでおすすめです。

まとめ:iPadに保護フィルムはいらないです

さいごまで読んでいただきありがとうございます。

iPadに保護フィルムはいらない理由について解説しました。

もういちど振り返ると以下のとおり。

  1. 画像や映像が見えづらくなるから
  2. ふつうに使えば傷はつかないから
  3. 公式ストアで販売されてないから

保護フィルムは、iPadを傷や汚れから守ってくれる優れものです。

しかし、iPadのきれいな画面を楽しめなくなるデメリットが痛すぎます。

高いお金を払ってiPadを買うのは「きれいな画像や映像を大画面で楽しみたいから」だと思います。

そう考えると、わざわざ自分から使いにくくするのは本末転倒な気がしませんか?

何度も繰り返しますが、傷を気にするくらいならもっと安いタブレットを買ったほうがいいですよ。

なので、せっかくiPadを使うなら保護フィルムなしで使わないともったいないです。

Apple(アップル)
¥15,286 (2022/06/21 14:26時点 | Amazon調べ)

Amazonで買い物するなら「ギフト券チャージ」をしよう

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる