MENU

【読書】iPad mini 6が放つ電子書籍端末としての5つの魅力

iPad mini 6は、電子書籍リーダーとしてかなり優秀なタブレットです。

1度体験すると、もう紙の本やほかのタブレットには戻れないでしょう。

とはいえ、iPad mini 6は価格が5万円を超えます。電子書籍のためだけではちょっと勇気が必要ですよね。

そこで今回は、iPad mini 6で毎日電子書籍を読んでいる僕が以下を解説します。

本記事の内容

  • iPad mini 6が放つ電子書籍端末としての5つの魅力
  • iPad mini 6を買う前に知っておくべき3つの注意点

繰り返しますが、iPad mini 6で読書をすると、もうほかのタブレットや紙の本には戻れません。

この記事を読めば、iPad mini 6の電子書籍リーダーとしての魅力がわかり、購入するかどうかの判断ができるでしょう。

メリットデメリット
文庫本サイズで読みやすい
人目を気にせず取り出せる
荷物を気にせず持ち運べる
すぐに手書きメモを残せる
わりと雑誌や漫画も読める
防水機能が付いていない
Split Viewは結構きつい
ブルーライトは防げない

iPad mini 6は「Kindle Unlimited」と相性が抜群です。

目次

iPad mini 6が放つ電子書籍端末としての5つの魅力

iPad mini 6で電子書籍を読むメリット・魅力は以下の5つ。

  1. 文庫本サイズで読みやすい
  2. 人目を気にせず取り出せる
  3. 荷物を気にせず持ち運べる
  4. すぐに手書きメモを残せる
  5. わりと雑誌や漫画も読める

順番に解説します。

①:文庫本サイズで読みやすい

多くの人が絶賛するとおり、iPad mini 6の最大の魅力はこのサイズです。

文庫本と同じくらいのサイズなので片手で持てるし視認性も抜群。

実物の文庫本はすべて断捨離したため比較写真を載せられませんが、なんとなく絶妙なサイズ感であることは伝わると思います。

ちなみにiPhone 12 Pro Maxだとこんな感じ。

「ぶっちゃけiPhoneでもよくない?」と感じていた時期もありましたが、iPad mini 6とは没入感がまったく違うんですよね。没入感がないと読書が捗りません。

かといって、ほかのiPadでは大きくて重いため別の意味で読書が捗らない。

といった感じで、iPad mini 6は気軽に読書の世界へ没頭できるのが魅力です。

ちなみに「iPad Air 4」との比較は以下のとおり。

②:人目を気にせず取り出せる

混んでる電車内とか飲食店でiPadを使うのってなんか気が引けるじゃないですか。

自意識過剰とはわかりつつも、画面を覗かれていそうだし、「iPadドヤッ!」みたいな気がして僕は嫌なんですよね。

しかし、miniならiPadといえどもスマホに近いサイズなので人目を気にせず取り出せます。人混みでも快適に読書ができますよ。

小さいことですが、たったこれだけでも読書好きの人間にしたら大きな変化なんですよね。

③:荷物を気にせず持ち運べる

サイズについてもうひとつ言及すると、iPad mini 6は持ち運びに迷いが生じないところも魅力です。

たとえば僕が以前使っていた「iPad Air 4」の場合だと、

  • ノートPCと一緒に入れると重いしなぁ
  • 今日は小さいバッグで出かけたいしなぁ
  • iPadを持っていくほどでもないかなぁ

みたいな迷いが外出するときにあったんですよね。

それで結局「持ってくればよかった」「持ってこなければよかった」と後悔することがしばしばありました。

しかし、iPad mini 6は、

  • 300gを切る軽さ
  • ボディバッグにも入るコンパクトさ

なので、「とりあえずカバンにいれておこう」と迷いが生じないんですよね。

以前まで外出先ではiPhoneで読書をしていましたが、iPad mini 6を買ってからはいつでもどこでも快適に本が読めるので本当に買ってよかったです。

④:すぐに手書きメモを残せる

ここまでの話だけでは「Kindle端末でよくない?」と思う人もいるでしょう。

しかし、iPadの魅力はペンシルで手書きメモができるところにあります。

たとえば読んでいるページをスクショすれば本のページに直接書き込むことを可能だし、メモアプリを使えば本の内容から深い思考にもつなげられます。

さらに、Split Viewで画面を分割すればメモを取りながら読書も可能です。ただ文字を追うだけよりも能動的な読書になりますよ。

これはほかのiPadでもできることですが、miniは片手に持ちながら書けるので本当に快適なんですよね。

ちなみに「Apple Pencilは高すぎる、、」という人は他社製ペンシルでも十分ですよ。違いはぶっちゃけ充電方式くらいなので。

⑤:わりと雑誌や漫画も読める

電子書籍といっても活字の本ばかりではありませんよね。

「雑誌や漫画を読むには小さいのでは?」と心配かもしれませんが、iPad mini 6でも十分に読めるというのが僕の感想です。

雑誌(iPad Air 4と比較)

漫画(iPad Air 4と比較)

漫画(iPhone12 Pro Maxと比較)

雑誌は指で拡大する必要がありますが、そもそも雑誌を一字一句読む人ってあまりいないはず。

漫画も「大きいiPhoneで読めばよくない?」と思いましたが、見開きで読むとスマホとタブレットでは圧倒的に差があるんですよね。

このように、iPad mini 6は雑誌や漫画もわりと快適に読めてしまいます。

「電子書籍は自宅のデスクでしか読まない人」なら大きいiPadをおすすめしますが、ほとんどの人は手軽に持ち運べるiPad mini 6のほうがおすすめですよ。

特に「手書きメモ機能」はKindle端末やiPhoneにはない機能なので、電子書籍をインプットとして活用するつもりなら全力でおすすめです!

Apple(アップル)
¥59,800 (2022/05/24 17:49時点 | Amazon調べ)

iPad mini 6を買う前に知っておくべき3つの注意点

iPad mini 6で電子書籍を読むデメリットは以下の3つです。

  1. 防水機能が付いていない
  2. Split Viewは結構きつい
  3. ブルーライトは防げない

順番に解説します。

①:防水機能が付いていない

電子書籍をお風呂で楽しみたい人も多いと思いますが、iPad mini 6に防水防塵はありません。※ほかのiPadにもありません。

湿気で故障する可能性もあるのでお風呂での使用は控えたほうが賢明です。

どうしてもお風呂で読みたい人は、防水ケースに入れるか、おとなしくKindle端末を買いましょう。

②:Split Viewは結構きつい

「Split Viewでメモしながら読書が便利!」といっておいてあれですが、決して快適に書けるわけではありません。

イメージとしては「書けるけどあえてSplit Viewにする必要はないかな」って感じです。

僕は小さい文字を読んだり書いたりすると疲れるので、結局アプリを切り替えながら読書しています。

③:ブルーライトは防げない

寝る前に読書をよくする人は「Kindle Paperwhite」のほうがおすすめです。

というのも、iPad mini 6での読書はどうしてもブルーライトを浴びてしまうから。

寝る直前にブルーライトを浴びていると脳が活性化して睡眠の質を下げるといわれています。

個人的にはあまり気にならないのですが、睡眠の質にこだわっている人なら大きなデメリットですよね。

アメリカの研究によると、ブルーライトを抑える機能(Night Shift)も睡眠の質が下がることに変わりはないみたいです。あくまで和らげるだけなので。

一方、Kindle Paperwhiteはブルーライトを発光しません。紙の本と同じような感覚で読めるため、睡眠の質にこだわっているならこちらがおすすめです。

まとめ:iPad mini 6で快適に本を読もう

メリットデメリット
文庫本サイズで読みやすい
人目を気にせず取り出せる
荷物を気にせず持ち運べる
すぐに手書きメモを残せる
わりと雑誌や漫画も読める
防水機能が付いていない
Split Viewは結構きつい
ブルーライトは防げない

さいごまで読んでいただきありがとうございます。

iPad mini 6の電子書籍端末としてのメリット・デメリットを紹介しました。

iPad mini 6は電子書籍リーダーの王ともいえる存在です。

  • サイズがちょうどいい
  • 手書きメモが書ける
  • カラー表示で見やすい

という王の風格があります。

「電子書籍くらいしか使い道がないしなぁ」と購入を迷っている人もいるかもしれませんが、iPad mini 6はその電子書籍リーダーとしての魅力が半端じゃありません。

僕はiPad mini 6を購入してから読書がこれまで以上に楽しくなりました。

たとえ電子書籍くらいにしか使い道がなくても確実に読書体験を格上げしてくれるデバイスです。

なので、読書好きな人、これから電子書籍に挑戦したい人はぜひ手に取ってみてください。

Apple(アップル)
¥59,800 (2021/10/28 20:35時点 | Amazon調べ)

iPad mini 6は「Kindle Unlimited」と相性が良いのでおすすめです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる