iPadで電子書籍を読むならストレージ容量はどれくらい必要?

「電子書籍を読むためにiPad買おうかな、でも容量は64GBで足りる?」

…という疑問にお答えします。

iPad Pro以外はストレージ容量が64GBと256GBに分かれており、どっちを選ぶべきか迷いますよね。

「256GBは必要ないけど、64GBを選んで容量不足に困るのも嫌だな…」と頭を悩ませる人は多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、iPadで電子書籍を読むのに必要な容量・iPadが容量不足になったときの対処法を解説します。

記事を読めば、ご自身に合うiPadのストレージ容量を選べるようになるでしょう。

ぜひ最後まで読んでみてください。

中野和哉

僕はiPadで読書をするのが5年以上続く日課です。
漫画や雑誌もiPadで読んでおり、このブログもiPadで書いています。

目次

iPadで電子書籍を読むのに必要な容量は?

結論:64GBで十分足りる

iPadは電子書籍を読むくらいであれば「64GB」で十分足ります。

僕はビジネス書・実用書・漫画・雑誌とオールジャンルをiPadで読みますが、容量不足で困ったことはありません。

とはいえ、

  • うまくデータの削除を繰り返してるだけでしょ?
  • 漫画をたくさん保管するとさすがに厳しいのでは?
  • 写真とかアプリとかが少ないだけなんじゃないの?

こういった疑問もあるかもしれません。

なので、実際に電子書籍の容量を見てみましょう。

電子書籍の容量とは

電子書籍の容量をまとめてみました。

大まかではありますが参考にしてください。

1冊あたりの容量1GBで保存できる冊数64GBで保存できる冊数
小説・ビジネス書1MB~20MB50~1,000冊3,200~64,000冊
漫画40MB~150MB10~25冊640~1,600冊
雑誌・写真集50~300MB3冊~200冊192~12,800冊

どうでしょう。
64GBでも十分足りると思いませんか?

ほかに写真やアプリのデータもあるので、実際は上記よりも少なくはなりますが、仮に半分の32GBで計算しても十分すぎるほど保存できますよね。

中野和哉

電子書籍はiPadから削除してもクラウド(インターネット)上には残っています。
買った本全部をiPadに保存しておく必要はないので、64GBでも長い間使えますよ。

注意:iPadの容量は表記よりも少ない

一応補足ですが、iPadの容量は表記してある数字すべてを使えるわけではありません。

というのも、iPadはシステムデータだけで10GB以上使うからです。

システムデータとは、iPadOSのデータやキャッシュデータなど、iPadを動かすのに欠かせないデータのことを指します。

僕のiPadのシステムデータ。15GBほど使われています

一応、キャッシュデータを削除すればいくらか容量は空きますが、またすぐにデータが溜まるので10~15GBくらいは空けておいたほうがいいです。

つまり、iPadで実際に使える容量は表記よりも10~15GBほど少ない…ということになります。

たとえば、64GBのストレージなら「実際に使えるのは50GBくらい」です。
256GBなら240GBほど。

まぁそこまで影響を与えるわけではありませんが、一応この補足を意識した上で容量を選んでください。

iPadが容量不足になったときの対処法3選

電子書籍を読むくらいなら64GBで十分です。

しかし、写真や動画データが増えて容量不足になることも考えられますよね。
そんなときの対処法もご紹介します。

iPadが容量不足になったときの対処法は以下の3つ。

  • 読んでいない本を削除する
  • 外付けストレージ・クラウドストレージを使う
  • 容量の大きいiPadを買い直す

順番に解説します。

①:読んでいない本を削除する

電子書籍の容量がいっぱいなら、読んでいない本を削除すればOKです。

「あとで読み返すかもしれないから…」と感じるかもしれませんが、電子書籍は端末から削除してもクラウド(インターネット)上に残ります。

読み返したくなったら再ダウンロードすればいいだけなので、気軽に削除してOKです。

②:外付けストレージ・クラウドストレージを使う

写真・動画・音楽のデータが多い場合は、外付けストレージやクラウドストレージに移しましょう。

  • 外付けストレージ:周辺機器にデータを保存(買い切り料金)
  • クラウドストレージ:インターネット上にデータを保存(月額料金)

外付けストレージは容量にもよりますが、大体1~3万円ほどで購入可能です。

クラウドストレージは、iPadのiCloudなら「5GBまで無料」「50GBまで月130円」で利用できます(もっと容量の大きいプランもある)。

ほかにもクラウドストレージサービスは探せばいろいろあるので、容量不足で困ることは意外とないはずですよ。

③:容量の大きいiPadを買い直す

ちょっと暴論ですが、容量の大きいiPadを買い直すのも手段のひとつです。

というのも、iPadは中古でも値段が落ちにくいため「高く売れる」んですよね。

買取額は商品状態や年式によって変動しますが、定価の5~8割くらいの値段がつく場合がほとんどです。

たとえば、2018年に発売したiPad Pro 11インチ(64GB/Wi-Fiモデル」の買取額を見てみましょう。

出典:イオシス(2023年6月時点)

上記のiPadの定価は「89,800円」でした。

対して買取額は「50,000円前後」
約5年落ちとなった状態でも半額以上の値がつくのはスゴいですよね。

つまり、小さい容量のiPadを買って容量不足を感じたら、売却すれば損は少なく済みます。

なので、今そこまで容量が必要ないなら小さい容量のiPadを買って大丈夫ですよ。

ちなみに、iPadは中古で買うのも結構おすすめですよ。

価格を少しでも抑えたいならチェックしてみてください。

iPad×電子書籍についてよくある質問

最後に、iPadと電子書籍についてよくある質問にお答えします。

  • iPadで電子書籍を読むメリットは?
  • iPadにおすすめな電子書籍アプリは?
  • iPadで電子書籍を読むのに最適な機種は?

①:iPadで電子書籍を読むメリットは?

iPadで電子書籍を読むメリットは以下の3つです。

  1. アプリで安くお得に読める
  2. メモやノートをすぐ書ける
  3. 本棚を持つ必要がなくなる

詳しくは以下の記事で解説しているので読んでみてください。

②:iPadにおすすめな電子書籍アプリは?

iPadにおすすめな電子書籍アプリは以下の5つです。

  • Kindle
    →特にこだわりがないならコレ
  • 楽天kobo
    →楽天経済圏で暮らすならコレ
  • 楽天マガジン
    →雑誌だけを読みたいならコレ
  • BookLive!
    →お得に本を買いたいならコレ
  • ebookjapan
    →コレクションしたいならコレ
  • U-NEXT
    →映画やアニメも見るならコレ

詳細は以下の記事をご覧ください。

③:iPadで電子書籍を読むのに最適な機種は?

個人的には以下の基準でおすすめです。

  • 小説・ビジネス書・漫画を読みたい
    iPad mini(第6世代)
  • 参考書・雑誌を読みたい
    iPad Air(第4・5世代)

どうしても迷うなら、無難になんでもできる「iPad Air」がおすすめです。

詳細は以下の記事をご覧ください。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

iPadで電子書籍を読むなら容量はどれくらい必要かを解説しました。

要点をまとめると以下のとおり。

  • 電子書籍を読むくらいなら64GBで十分
  • もし容量不足になっても「本の削除」「外部ストレージ」で解決可能

電子書籍はほとんど容量を使いません。

64GBでも漫画を500冊以上保存できるので、迷うなら小さい容量を選んでOKですよ。

というわけで、iPadで楽しい電子書籍ライフを送ってください。

関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次