「Smart Keyboard Folio」がMagic Keyboardよりも優れている5つのポイント

iPad Pro専用Magic Keyboard欲しいけど高すぎだろ…。Smart Keyboard Folioでもいいかな〜?うーん…迷う。
カズヤ
Smart Keyboard Folioも捨てたもんじゃないぞ!

先日発売されたiPad Pro専用の「Magic Keyboard」がめちゃくちゃ欲しいです!!!!

しかし価格がふざけすぎてます!!!!

【iPad Pro専用Magic Keyboardの価格】

  • 11インチ→31,800円(税別)
  • 12.9インチ→37,800円(税別)

いくらAppleでもこれはふざけすぎ!!!

ということでMagic Keyboardの半分近い価格で買える「Smart Keyboard Folio」の優れているポイントについて改めて考えてみました。

使い方によっては、Magic Keyboardよりも「Smart Keyboard Folio」の方がいいかもしれません。

目次

「Smart Keyboard Folio」がMagic keyboardよりも優れている5つのポイント

  1. 価格が安い
  2. 重量が軽い
  3. 水や汚れに強い
  4. コンパクトに使える
  5. キーボードを背面に回せる

①:価格が安い

  Smart Keyboard Folio Magic Keyboard
11インチ 18,800円(税別) 31,800円(税別)
12.9インチ 20,800円(税別) 37,800円(税別)

価格差は「11インチで13,000円」「12.9インチで17,000円」です。

これだけ差額があれば、何か他のアクセサリー買えますよ。

「ちょっとキーボードが使えればいいや」くらいの気持ちなら、Smart Keyboard Folioで十分かと思います。

②:重量が軽い

  Smart Keyboard Folio Magic Keyboard
11インチ 295g 597g
12.9インチ 408g 687g

重量差は「11インチで302g」「12.9インチで279g」です。

Magic Keyboardの重量は「Smart Keyboard Folio+350mlの缶ジュース」って感じですね。

「とにかく軽く持ち運びたい!」と考えているなら、Smart Keyboard Folioの方がいいですよ。

③:水や汚れに強い

Smart Keyboard Folioのキーボード部分の素材は、マイクロファイバーですので撥水性があり、汚れが気になりません。

またキーボードに隙間がないので、コーヒーをこぼしてしまっても壊れる心配がありません。

お菓子を食べながらタイピングをするなら、Smart Keyboard Folioの方が安心ですよ。

④:コンパクトに使える

Smart Keyboard Folioには、トラックパッドが付いていません。

しかしトラックパッドを頻繁に使わないのであれば、逆に付いてない方がデスクスペースを節約できて扱いやすいと感じます。

テキストを打つ機会が少ないのであれば、Smart Keyboard Folioの方が使いやすいかもしれませんよ。

⑤:キーボードを背面に回せる

残念ながらMagic Keyboardは、キーボードを背面に回して使えません。

 

なので、iPad Proをタブレットスタイルで使用したいときは、いちいちキーボードから外さないといけないので少し面倒です。

 

タブレットスタイルで使うことが多いなら、Smart Keyboard Folioの方が便利ですよ。

Magic Keyboardよりも「Smart Keyboard Folio」をおすすめする人

  • すでにMacを持っている人
  • iPad Proをこれ以上重くしたくない人
  • キーボードの汚れが気になる人
  • 省スペースで文字を打ちたい人
  • タブレットスタイルでの使用が多い人

Magic Keyboardの登場でSmart Keyboard Folioはただの劣化版と思われがちですが、凄み分けがきちんとされています。

とにかくMagic Keyboardは高すぎるので慎重に検討してみてください。

すでにSmart Keyboard Folioを持っている方は「Magic Trackpad」や「Magic Mouse」を買うという選択肢もありです。

僕はMacがあればひとまず事足りるので、しばらくはSmart Keyboard FolioでiPad Proを運用していきます。

(もう少し価格は安かったら買って遊びたかった…笑)

では、おわります。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

カズヤ(@kazuyadesu8)でした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる