ガジェット

【神】「iPad mini 5」の魅力【3ヶ月使用レビュー】

iPad mini 5は、”神タブレット”

iPad mini 5を約3ヶ月ほど使用した僕の感想です。自宅でも外出先でも大車輪の活躍をしてくれています。

ということで、iPad mini 5の魅力について、iPadを3機種(mini、Air、Pro)持っている僕が解説します。

iPad miniが気になる方は是非参考にしてみてください。

iPad mini 5の良いところ

  • 快適にインプットができる
  • アウトプットも手軽にできる
  • 持ち出す際に迷いが生じない

他のiPadに比べて、iPad miniはこの3つの点で素晴らしいです。

①:快適にインプットができる

iPad miniは、7.9インチのディスプレイサイズがとにかく絶妙すぎます。

例えばブラウジングや読書をする際はiPad miniが最適です。

  • iPhone→視認性が悪くて目が疲れる
  • 他のiPad→サイズがデカくて腕が疲れる

「7.9インチは中途半端すぎ!」と思っていましたが、本当に絶妙すぎるサイズ感でインプットがかなり捗ります。

iPhoneの使用頻度が減る

僕はiPad mini 5を買ってから、家の中でも外出先でもiPhoneをほぼ触らなくなりました。

それくらいiPad miniの利便性は高いです。

満員電車での読書やブラウジングもiPad miniでは、スマホ感覚で快適にできます。

Split Viewが便利

左:iPhone XS MAX 右:iPad mini5

Split Viewとは「1画面に2つのアプリを並べる機能」のことです。

このSplit Viewは、iPadやMacだけの機能で、iPhoneではできません。

  • YouTubeを見ながらLINEの返信
  • ブラウジングしながら資料を作成
  • プレビューを確認しながらブログ執筆

以上のことが、iPad miniほどコンパクトなデバイスでもできるので、作業効率がiPhoneとは段違いです。

②:アウトプットも手軽にできる

iPad mini5は、iPhone XSと同じチップ「A12 Bionic」を搭載しています。

これはiPad Proともほぼ変わらない性能です。

なので、この小さいサイズでも写真編集や動画編集がサクサクできるんですよね。

スキマ時間のブログ執筆が捗る

iPad miniは、外出先でのスキマ時間や自宅のベッドでくつろぎながら執筆したいときにかなり役に立ちます。

というのも、フリック入力での執筆がiPhoneとは段違いにやりやすいからです。

iPhoneは画面の半分がキーボードで隠れるのでやりにくいです。

③:持ち出す際に迷いが生じない

今日は作業しないからMacは持って行きたくないなー。でも時間が空いたら作業したいなー。いやーでも荷物増やしたくないなー。

こんなときにiPad miniが活躍します。

iPad miniはハイスペックながら、ボディバッグにも入ってしまうくらいコンパクトなので、邪魔にならないし持っていれば安心です。

MacBookと一緒に持ち歩いても荷物にならないので、外出時のマストアイテムです。

ちなみに写真のショルダーバッグはこれです。

iPad mini 5のイマイチなところ

  • Apple Pencilが第1世代のみ
  • 充電端子がライトニング

iPad mini5のイマイチな点はこれくらいですね。

第1世代のApple Pencilは、充電方法がダサすぎますからね笑

充電端子もUSB-Cにしてくれると、Macとのやりとりも楽になるので嬉しいですね。

よくある不満①:ベゼルが太い

よくあるiPad miniの不満点で「ベゼルが太くてダサい」というのがありますが、僕は太い方が持ちやすくていいと感じます。

寝転がってYouTubeを見るときや、片手で読書するときはベゼルに親指を置けるので持ちやすいです。

iPad Proのようなベゼルレスは、見た目こそスッキリしてますが、誤操作が多くなるんですよね。

よくある不満②:Face IDがいい

最近のiPhoneやiPad Proは、顔認証「Face ID」を採用していますが、iPad mini 5は指紋認証「Touch ID」の採用です。

賛否両論分かれるところですが、僕は指紋認証「Touch ID」の方が便利だと感じています。

電車内で使うことも多いので、マスクを外さないで立ち上げられる方がいいです。

まとめ:「iPad mini 5」でより快適なインプットを

  • iPhoneよりも快適に使いたい人
  • iPadを手軽に持ち運びたい人

ざっくりこの2点に当てはまるなら買いの商品ですね。

特に「iPhoneで」電子書籍を読んだり、YouTube見たりする人にはおすすめですよ。

iPhoneよりも快適にインプットができて、アウトプットもしっかりできるのがiPad mini 5の魅力です。

ちなみに他のiPadをおすすめする人も紹介しておきます。

仕事道具にするなら「iPad Pro」がおすすめです

iPad mini 5でもアウトプットができるといいましたが、「ガッツリ仕事で使うぜ!」という方にはやっぱり画面が小さいです。

仕事用途でフルに使うなら、1番画面が大きくてハイスペックな「iPad Pro」の方が満足度は高くなります。

iPad miniはあくまでも、iPhoneの延長、Macの補助でしかありません。

自宅での使用が多いなら「iPad Air」がおすすめです

自宅での使用が多いなら、やっぱり画面はもう少し大きい方がいいんじゃないかと思います。

iPad Airは、iPad mini 5の画面サイズを大きくしただけなのでスペックも文句なしです。

iPad miniの魅力は「iPhone並みの機動力」ですからね。

とにかく安く購入したいなら「iPad(無印)」がおすすめです

「iPad miniは1番小さいから、価格も1番安いだろう」と思うかもしれませんが、1番安いのは「iPad(無印)」です

価格の違いは以下です。

  価格 ストレージ
iPad(無印) 34,800円〜 32GB、128GB
iPad mini 5 45,800円〜 64GB、256GB

ストレージの違いはありますが、価格差は1万円ほどあるので、とにかく安く購入したい方は「iPad(無印)」をおすすめします。

とはいえ、iPad miniを買って後悔する人はいないと思う

僕が思うに、iPad mini5は「誰が買っても後悔しない神デバイス」です。

なぜなら「他のiPadとも併用できるから」です。

ちなみに3機種所持している僕の併用例は以下です。

【iPad mini】

  • ライトに使用するとき

【iPad Pro】

  • ヘビーに使用するとき

【iPad Air】

  • お風呂で使用するとき

こんな感じです。

iPad AirってiPad Proを買うとほぼ使わなくなるんですよね。

一方、「iPad ProやAir」をスマホ感覚で使用するには無理があるので、iPad miniは唯一無二の存在で手放せません。

なので、iPad選びに迷ったら「iPad mini」を選ぶと後悔しないです。

では、おわります。

さいごまで読んでいただきありがとうございます。

カズヤ(@kazuyadesu8)でした。