MENU

読書したいけど時間がないときの対処法5選【効率よく読もう】

読書したいけど毎日忙しくて時間がない。平日は仕事に追われてるし、休日もいろいろと忙しくてなかなか読めない。これじゃ1冊読むのにどれだけ時間がかかるんだろう、、、

こういった悩みにお答えします。

本記事の内容
  • 読書したいけど時間がないときの対処法5選
  • 時間の無駄にならない価値ある本の見つけ方

こんにちは、カズヤです。

「読書で知識を得よう」とはいっても、社会人になると忙しくてなかなか読書する時間を確保できませんよね。

そこで週に1〜2冊の本を読む僕が、忙しくて読書時間がないときの対処法を5つ紹介します。

この記事を読めば、少ない時間で効率よく本を読む方法がわかるので、読書で知識を増やしたい人は参考にしてみてください。

Contents

読書時間の平均値

本題の前に「そもそも世の中の人たちはどれくらい読書してるの?」というのを見てみましょう。

以下のデータはオンライン書店の「honto」が20~40代の男女300人に実施した読書実態アンケートです。

1番読書時間の多い20代男性でも1日の読書時間は40分ほど。

なので、1日40分以上の読書時間はほしいところですよね。

平均を超えている人なら問題ありませんが、「40分も読書する時間ないよ!」という人はこの記事で紹介する対処法を実践しましょう。

読書したいけど時間がないときの対処法5選

対処法は以下の5つ。

読書時間がない場合の対処法
  1. スマホで読む
  2. 早起きをする
  3. 音声読書する
  4. 時短読書する
  5. 全部読まない

①:スマホで読む

読書する時間がないなら、スマホで読むのがおすすめです。

電子書籍リーダーやタブレットで読む手もありますが、肌身離さず持ち歩いているスマホのほうが手軽に読めます。

  • 電車を待っているとき
  • 昼食を食べているとき
  • レジに並んでいるとき

こういったスキマ時間ができたとき、スマホならポケットから取り出すだけだし簡単に読めますよね。

たかが5分10分のスキマ時間でも1日に何度も積み重なれば大きな時間となります。時間がないと悩むくらいなら利用しない手はありませんよ。

Amazonが提供する月額980円の読み放題サービスを利用すればお得に本が読めます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Contents
閉じる