【iPad】絵を描かない人のApple Pencilの使い方3選

iPadで絵を描かないけどApple Pencilも買ったほうがいいかな?ほかのスタイラスペンとの違いもあれば教えてほしい。

この疑問にお答えします。

本記事の内容
  • 絵を描かない人のApple Pencilの使い方3選
  • 代用品にはないApple Pencilのメリット3つ

こんにちは、カズヤです。

Apple信者なら、絵を描くつもりがなくてもiPadとApple Pencilはセットで買いたくなりますよね。

僕もまったく絵を描かないのに「Apple信者だから」という理由だけでApple Pencilを買いました。

でも実は、絵を描かない人であってもApple Pencilは便利に使えるんですよ。

この記事では、iPadで絵を描かない人のApple Pencil活用法を紹介します。

ほかのスタイラスペンにはないメリットもありますので、Apple Pencilを買う前に役立ててください。

目次

絵を描かない人のApple Pencilの使い方3選

絵を描かない人のApple Pencil活用方法は以下の3つです。

絵を描かない人の使い方
  • 指紋をつけずに画面操作
  • 手書きでアイデアを整理
  • PDF資料に注釈を入れる

使い方①:指紋をつけずに画面操作

iPadになるべく指紋汚れをつけたくないな。指紋防止の保護フィルムは画面のクオリティが下がるから貼りたくないし、、

こういった悩みはApple Pencilをマウス代わりに使うことで解決します。

iPadの指紋汚れを毎回クロスで拭くのは面倒ですよね。

しかし、Apple Pencilをマウス代わりにすれば、iPadの画面拭き取り地獄から解放されますよ。

また、Apple Pencilを使って操作すると、腕をあまり動かさなくていいので指で操作するよりもラクです。

iPadに保護フィルムを貼りたくない人は、Apple Pencilを導入するといいですよ。

あわせて読みたい
【シンプル】iPadに保護フィルムはいらない理由
【シンプル】iPadに保護フィルムはいらない理由iPadに保護フィルムって必要かな?裸で使いたいけど傷が入ったら藤原竜也みたいに絶望しそうだしな、、こういった悩みにお答えします。本記事の内容iPadに保護フィルム...

使い方②:手書きでアイデアを整理

頭の中のアイデアがうまくまとまらない。ノートに整理すればいいんだろうけど、殴り書きするから紙のムダになりそうだし、、

こういった悩みもApple Pencilを使うことで解決します。

イラストや図解を交えることで、頭の中のモヤモヤとしてるアイデアが整理しやすくなります。

思考の整理はパソコンのマインドマップでもできますが、自由に書き込めるiPadのほうが便利ですね。

また、書いたことをすぐに消せるので、ノートのムダ遣いを気にする必要がないのもよいところです。

ちなみにですが、アイデアを考える際には以下の本がかなり勉強になりますよ。

使い方③:PDF資料に注釈を入れる

PDFに注釈入れをかんたんにしたい。いちいち印刷する工程が面倒すぎる、、

こういった悩みもApple Pencilがあれば解決します。

iPadには「マークアップ」という便利な機能があり、Apple Pencilと組み合わせることで注釈入れがかんたんにできます。

メールで送られてきたPDF資料もiPadに取り込めば、朱入れのやり取りがスムーズで便利ですよ。

スクリーンショットやカメラで撮った写真にも注釈を入れることもできます。

ちなみに、紙の資料もメモアプリでスキャンすればPDFとして取り込めますよ。

代用品にはないApple Pencilのメリット3つ

絵を描かないならApple Pencilじゃなくてもいい気がするな。ほかのスタイラスペンのほうが安いし、、Apple Pencilって何がいいの?

ここまで読んだ方はこのように思うかもしれません。

というわけで、Apple Pencilにしかないメリットもまとめましたので参考にしてみてください。

とはいえ、ぶっちゃけ「絵を描かないならApple Pencilじゃなくてもいい」というのが本音です。

これから紹介するApple Pencilのメリットに魅力を感じなければ、Amazonで評価の高いスタイラスペンで十分ですよ。

代用品にはないメリット
  • 筆圧と傾きを検知する機能がある
  • iPad本体で充電することができる
  • 一瞬でツールの切り替えができる

メリット①:筆圧と傾きを検知する機能がある

まずはこれ。

Apple Pencilには筆圧と傾きを検知する機能が備わっています。

線を濃くしたり太くしたりできるあれですね。

つまり、Apple Pencilは、本物のペンで書いているような感覚を味わうことができます。

絵を描かない僕らには必要のない機能ですが、それでも書き心地にかなり影響してきます。

メリット②:iPad本体で充電することができる

Apple Pencilは本体にくっつけることで充電ができるのもメリット。

特に第2世代Apple Pencilは、iPadの側面のマグネットにくっつけるだけなので見た目もスマートです。

※第1世代はカブトガニみたいでダサ(ry

とにかくApple Pencilは充電忘れの心配がなくて便利です。

メリット③:ツールの切り替えが一瞬でできる

これは第2世代のみの対応ではありますが、ペン先付近をダブルタップするだけでツールが一瞬で切り替わります。

切り替えられるツールは以下のとおり。

  • 現在使用中のツールと消しゴムの切り替え
  • 現在使用中のツールと前回使用したツールの切り替え
  • カラーパレットを表示

僕はアイデアを書いては消してをよく繰り返すので、ツール切り替えが一瞬でできるのは便利です。

Apple Pencilのメリットはこんな感じですね。

ちなみに「インスタントメモ」や「スワイプでスクショ」はApple Pencil以外でもできます。

まとめ

絵を描かない人の使い方
  • 指紋をつけずに画面操作
  • 手書きでアイデアを整理
  • PDF資料に注釈を入れる
代用品にはないメリット
  • 筆圧と傾きを検知する機能がある
  • iPad本体で充電することができる
  • 一瞬でツールの切り替えができる

iPadで絵を描かない人でもApple Pencilは便利に活用できます。

特にノートやメモを頻繁に活用する人なら、Apple Pencilを使うことで電子化することができるのでおすすめです。

とはいえ、iPadで絵を描かないのであれば、Apple Pencilにこだわる必要はありません。

記事で紹介したApple Pencilならではのメリットに魅力を感じない人は、Amazonで評価の高いスタイラスペンで十分ですよ。

Apple Pencilじゃなくていいならこれ

iPad Pro・Airを使っているならこれ

iPad 無印・miniを使っているならこれ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる