MENU

【超快適】iPadをノート代わりにするメリット3つ・デメリット3つ

iPadはスタイラスペンと組み合わせることで「ノート代わり」になります。

とはいえ、iPadを購入してから「やっぱり紙のほうが良いなぁ…」と後悔したくありませんよね。

そこで今回は、iPadを2年以上ノート代わりにしている僕が以下を解説します。

本記事の内容

  • iPadをノート代わりにするメリット・デメリット
  • ノート代わりには「iPad Pro」がおすすめな理由

結論、iPadをノート代わりにするのはめちゃくちゃおすすめです。

紙のほうが合っている人もいるかもですが、僕はもう戻れません。

それくらいiPadはノート代わりとして快適に使用できます。

この記事を読めば、iPadをノート代わりにする魅力がわかり、購入するかどうか後悔のない判断ができるでしょう。

iPadがおすすめ紙のノートがおすすめ
持ち物をコンパクトにしたい人
文房具にあまりこだわらない人
毎日たくさんのノートを書く人
バッテリー管理が面倒な人
文房具にこだわりのある人
あまりノートを書かない人
Apple(アップル)
¥106,800 (2022/06/20 22:09時点 | Amazon調べ)
目次

iPadをノート代わりにするデメリット

まずはデメリットから解説します。

紙のノートと比べてiPadは以下の3つが劣っています。

  1. バッテリーを気にする必要がある
  2. ついほかのアプリを開いてしまう
  3. 静かな場所ではコツコツうるさい

順番に解説します。

①:バッテリーを気にする必要がある

iPadは電子機器なのでバッテリーを気にする必要があります。

僕はこまめに充電するから問題ありませんが、充電を忘れるとiPadが文鎮化してしまうので注意です。

フル充電しておけば1日問題なく使えますが、毎日充電しないといけないので少し面倒に感じるかもしれません。

ちなみにApple公式サイトに記載されているバッテリー駆動時間は「動画再生で10時間」で、ノート代わりとしての利用も同じくらいです。

外出先でバッテリー切れが心配なら「モバイルバッテリー」も一緒に持ち歩きましょう。

②:ついほかのアプリを開いてしまう

iPadはいろいろなことができて便利です。

しかし逆にいうと、ほかのアプリがちらついて集中できない場合もあります。

たとえば、「少しだけ…」とのぞいたTwitterから永遠と戻って来なかったり、少し覗いたAmazonで散財が止まらなくなったり。

紙のノートだとスマホをカバンに入れて対策できますが、iPadはスマホとノートが合体しているようなものなので対策ができません。

そもそも集中力を削ぐアプリを入れなければいいのですが、それが難しい人は紙のノートのほうがいいかもしれません。

③:静かな場所ではコツコツうるさい

iPadはガラスの板であるため、どうしてもペン先がコツコツと鳴ってしまいます。

普段はあまり気になりませんが、静かなカフェや図書館でノートを書くのはちょっと自重してしまいますね。

どうしても静かな場所で書きたいなら、Apple Pencilのペン先を「ソフトタイプ」に変えましょう。

iPadをノート代わりにするメリット

iPadをノート代わりにするメリットは以下の3つ。

  1. 持ち物が減り管理がラクになる
  2. 簡単に書き直しや編集ができる
  3. 勉強のモチベーションが上がる

順番に解説します。

①:持ち物が減り管理がラクになる

iPadがあれば複数のノートを持つ必要がありません。

なぜなら、1つのアプリに何冊もノートを作成できるから。

以下はiPadのおすすめノートアプリ「GoodNotes 5」の画面です。

こんな感じでiPad1台にノートを集約できるので持ち運びも管理もラクになります。

ノートの種類もたくさんあります。

さらに、iPadがあれば複数のペンを持つ必要もありません。

Apple Pencilが1本あれば「万年筆」「ボールペン」「筆ペン」を自由に切り替えられます。

もちろん「蛍光ペン」「消しゴム」も使えるし、真っ直ぐな線を引く機能も備えているので「定規」も不要。

つまり、いちいちノートや文房具を買い足す必要がないので管理が楽なんですよね。

アナログ派はアクセサリーを使おう

「ペンの握り心地はどうなの?」「書き心地は大丈夫なの?」と心配かもしれませんが、アクセサリーを使えば十分カバーできますよ。

たとえば、

Apple Pencilの握り心地を良くするアクセサリー

iPadを紙の書き心地に近づけるアクセサリー

上記の2点を用意すれば紙のノートに書いているような感覚になりますよ。

ちなみにノートアプリ「GoodNotes 5」について詳しく知りたい方は以下の動画がかなりわかりやすいです。

iPadにおすすめなノートアプリ

GoodNotes 5
GoodNotes 5
¥980
posted withアプリーチ

②:簡単に書き直しや編集ができる

書き直しや編集が簡単にできるのもiPadのメリットです。

たとえば、

  • 文字色やサイズの変更
  • 間違えたところの削除
  • テキストや図形の移動

上記のことがiPadでは簡単にできます。

簡単に書き直しや編集ができるのでページのレイアウトを気にする必要がありません。

「最初の文字が大きすぎてページに収まらない…」といった場合でも、iPadであれば簡単にサイズ変更ができます。

iPadは失敗を気にせずに書けるのでかなり快適です。

③:勉強のモチベーションが上がる

iPadをノート代わりにすると「iPadを使いたいから」と勉強や仕事が捗ります。

書くのが楽しくなると…

  1. iPadで勉強したい
  2. 勉強したから成績が上がった
  3. もっと勉強したい

こういった好循環が生まれます。

お気に入りの服を着ると外出したくなるし、1日気分良く過ごせますよね。それと同じです。

もちろん全員に当てはまることではありませんが、紙のノートでモチベーションが上がらないなら試してみる価値はあると思います。

iPadで勉強するなら「Kindle Unlimited」が超絶おすすめです。

ノート代わりには「iPad Pro」がおすすめな理由

iPadはいろいろな種類がありますが、ノート代わりにおすすめな機種は「iPad Pro」です。

理由は以下の3つ。

  1. iPad Air
    →意外と価格差が小さい
  2. iPad(無印)
    →ディスプレイに難あり
  3. iPad mini
    →小さすぎて書きにくい

順番に解説します。

iPad Air【意外と価格差が小さい】

「iPad Proは価格が高いからAirで十分じゃない?」と思う人が多いかもしれません。

しかし、iPad ProとiPad Airの価格差って実はそこまで大きくないんですよね。

iPad ProとiPad Airの価格比較

モデルiPad Pro 11インチiPad Air 5
64GB74,800円
128GB94,800円
256GB106,800円92,800円
512GB130,800円
1TB178,800円
2TB226,800円
Wi-Fiモデルの価格表

ご覧のとおり、同じ容量である256GBで比較すると、価格差は14,000円しかありません。

さらに「256GBのAir」と「128GBのPro」では2,000円しか差がないです。

これくらいの価格差しかないなら素直にiPad Proを買ったほうがいいと思いませんか?

もちろん14,000円が大金だという人もいると思いますが、ProとAirの性能差を考えたら支払う価値はあると僕は思います。

iPad ProがiPad Airよりも優れている点

  1. Face ID搭載
    →キーボード使いは指紋より楽
  2. ProMotionテクノロジー搭載
    →Apple Pencilが書きやすい
    →画面が2倍ヌルヌル動く
  3. 4スピーカーオーディオ搭載
    →外部スピーカーがいらない

iPad Proはこの3点においてiPad Airよりも優れています。

特にiPadをノート代わりにするなら「ProMotionテクノロジー」はあったほうが快適です。

iPad Airでも不満を感じるほどではありませんが、1度iPad Proを体験すると結構気になる部分なんですよね。

なので後悔したくなければ「iPad Pro」を選んでおくのをおすすめします。

iPadは5年以上現役で使用できるので良いものを買っておいたほうがいいですよ。

ProMotionありなしの違い

ちなみに、「12.9インチiPad Pro」は持ち運びがしんどいので僕はおすすめしません。

iPad(無印)【ディスプレイに難あり】

iPad(無印)は価格が圧倒的に安いため「これで十分じゃない?」と思うかもしれません。

しかし、iPad(無印)はディスプレイが微妙なのでノート代わりにはおすすめできません。

iPad(無印)のデメリット

  • フルラミネーション非搭載
    →画面が奥まって見えるため書き心地が悪い
  • 反射防止コーティングなし
    →自分の顔や照明が映り込んで画面が見にくい

こんな感じでiPad(無印)はノート代わりには適さないんですよね。

店頭で見るとあまり差がないように感じますが、長くiPadを使うほど気になってくる差だと思います。

Apple Pencilも使いにくい

ちなみに、iPad(無印)はApple Pencilが第1世代のみの対応です。

ぶっちゃけ第1世代も第2世代も書き味に違いはないのですが、第1世代は微妙に使いにくいんですよね。

Apple Pencil「第1世代」と「第2世代」の違い

Apple Pencil第1世代第2世代
管理方法iPadと別々で管理iPadに磁石でくっつけて管理
充電方法iPadの端子に挿して充電iPadに磁石でくっつけて充電
ツール切り替え方法iPadの画面内から選んで切り替えApple Pencilをダブルタップして切り替え

こんな感じでApple Pencil第1世代は微妙に使いにくいです。

まとめると、

  • 画面の性能が低くて文字が書きにくい
  • Apple Pencilの性能が低くてストレス

ということなので、iPad(無印)はノート代わりにおすすめできません。

iPad mini【小さすぎて書きにくい】

「iPad miniは軽くてコンパクトだから持ち運びに良さそう」と思うかもしれません。

しかし、iPad miniではやっぱり画面が小さすぎます。

たとえば…

  • マインドマップがページ内に収まらない
  • イラストや画像を交えると文字が書きにくい
  • Split Viewで画面分割すると文字が小さすぎる

こんな感じで使いにくいです。

実際に11インチと比較すると「書きにくそう…」と思うはず。

持ち運びはしやすいんだけどね…
Split Viewはあまり使えない

iPad miniはメモ帳や手帳代わりにはなるのですが、ガッツリとノートを書き込むとなると結構ストレスに感じます。

というわけで、ノート代わりにおすすめなのは「iPad Pro 11インチ」です。

Apple(アップル)
¥94,800 (2022/05/08 10:31時点 | Amazon調べ)

まとめ:iPadをノート代わりにして快適に過ごそう

メリットデメリット
持ち物が減り管理がラクになる
簡単に書き直しや編集ができる
勉強のモチベーションが上がる
バッテリーを気にする必要がある
ついほかのアプリを開いてしまう
静かな場所ではコツコツうるさい

さいごまで読んでいただきありがとうございます。

iPadをノート代わりにするメリット・デメリットを解説しました。

紙のノートと比べると書き心地は劣りますが、持ち物をコンパクトにできるのはiPadの魅力です。

iPadをノート代わりにすると勉強や仕事のモチベーションも上がるのでぜひ試してみてください。

高価な買い物なので迷うかもしれませんが、iPadはリセールバリューが高いので、合わなかったら売却すればいいだけです。

1年以内であれば7〜8割くらいの値段で売却できます。

なので、気軽に購入して大丈夫ですよ。

Apple(アップル)
¥94,800 (2022/05/08 10:31時点 | Amazon調べ)
Apple(アップル)
¥15,286 (2022/06/21 14:26時点 | Amazon調べ)

iPadで勉強するなら「Kindle Unlimited」が超絶おすすめです。

Amazonで買い物するなら「ギフト券チャージ」をしよう

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる