MENU

Apple Pencilと互換ペンの違いとは【サードパーティ製でも十分】

iPadに文字を書いたり、絵を描いたりするにはApple Pencilが必要です。

とはいえ、Apple Pencilは価格が高いですよね…。

そのためApple Pencilの代わりにサードパーティの互換ペンを考えている人も多いでしょう。

そこで今回は、iPad使用歴5年以上の僕が以下を解説します。

本記事の内容

  • Apple Pencilと互換ペンの違いとは
  • iPadで絵を描かないなら互換ペンで十分
  • Apple Pencilの代わりになる互換ペン

結論をいうと、iPadでノートやメモを取る分にはサードパーティの互換ペンでも十分使えます。

逆に、絵を描く人は高くてもApple Pencilがおすすめです。

この記事を読めば、Apple Pencilにしかできないことがわかり、自分がどっちを選ぶべきか明白になるでしょう。

Apple(アップル)
¥15,286 (2022/05/24 14:03時点 | Amazon調べ)

iPadにおすすめな互換ペン

目次

Apple Pencilと互換ペンの違いとは

Apple Pencil(第2世代)と互換ペンの違いは大きく分けて以下の3つです。

  1. 書き心地
  2. 接続方法
  3. 充電方法

順番に解説します。

①:書き心地

Apple Pencilと互換ペンではシンプルに書き心地が違います。

ペンの追従性にそこまで差はありませんが、やっぱりApple Pencilのほうが書き心地はいいです。

というのも、Apple Pencilには「筆圧感知機能」があるから。

筆圧感知機能とは、ペンを画面に当てる強さによって線の太さを調節できる機能のことです。

Apple Pencilなら以下のように線の太さを自由自在に変えられます。

Apple Pencilの筆圧感知機能

互換ペンにはこの筆圧感知機能がないので、強い力で書いても弱い力で書いても線の太さは同じなんですよね。

ノートやメモを取るだけなら必要ない機能ですが、イラストを描くならほしい機能のひとつでしょう。

互換ペンにも傾き感知機能はある

互換ペンには筆圧感知機能はありませんが、「傾き感知機能」は備わっています。

傾き感知機能とは、ペンの角度によって線の太さを調整する機能のことです。

傾き感知機能

なので、一応は互換ペンでもイラストを描けます(線に濃淡を出すには筆圧感知が必要ですが)。

ちなみに、この傾き感知機能はApple Pencilにも備わっています(あるんかい)。

②:接続方法

Apple Pencilと互換ペンでは接続方法も違います。

それぞれの接続方法は以下のとおり。

  • Apple Pencil
    →iPadの磁石にくっつけて離すと接続する
  • 互換ペン
    →ペン本体の電源ボタンを押して起動する

小さな差ではありますが、Apple PencilのほうがiPadから取り出すだけなので楽ですよね。

互換ペンはボールペンのようなイメージです。

Apple Pencilはダブルタップ切り替えができる

ちなみにApple Pencil(第2世代)には、側面をダブルタップすることでペンや消しゴムを切り替える機能があります。

一方で、互換ペンはいちいち画面をタッチして切り替えなければなりません。

Apple Pencilはダブルタップでツールを切り替えられる

なぜ互換ペンにダブルタップ機能がないかというと、そもそもBluetooth接続をしていないからです。

詳しい機構はよくわかりませんが、互換ペンは電源ボタンを押してペンを起動しているだけなんですよね。

話を戻すと、Apple Pencilのほうが書いたり消したりするのは圧倒的に楽です。

③:充電方法

Apple Pencilと互換ペンでは充電方法も違います。

それぞれの充電方法は以下のとおり。

  • Apple Pencil
    →iPadの磁石でワイヤレス充電
  • 互換ペン
    →ペンにケーブルを挿して充電

Apple Pencilの充電方法

互換ペンの充電方法

これも小さいことですが、Apple Pencilのほうがバッテリー管理は楽です。

使わないときはiPadにくっつけておけば勝手に充電されるので充電切れの心配がありません。

一方で、互換ペンはしっかりバッテリー管理しないと、使いたいときにバッテリー切れを起こしている場合があります。

追記:こちらのペンがワイヤレス充電に対応しました!

iPadで絵を描かないなら互換ペンで十分

ここまでApple Pencilと互換ペンの違いを解説しました。

Apple Pencilにしかできないことをまとめると以下になります。

Apple Pencil(第2世代)にしかできないこと

  1. 筆圧感知
  2. ダブルタップ切り替え
  3. ワイヤレス充電

こうしてみると、iPadで絵を描かない人は互換ペンでも十分な気がしますよね。

文字を書くだけなら筆圧感知はいらないし、簡単な絵を描くくらいなら傾き感知機能だけでも十分です。

ダブルタップでツールを切り替えられたり、iPadでワイヤレス充電できたりするのは便利ですが、1万円以上の差額を払うほどではありません。

もちろん、お金に余裕があるならApple Pencilをおすすめしますが、無理してApple Pencilを選ばなくてもいいと思います。

とりあえず互換ペンを買っておいて、お金が貯まったらApple Pencilを検討するという形でもいいのではないでしょうか。

Apple(アップル)
¥15,286 (2022/05/24 14:03時点 | Amazon調べ)

Apple Pencilの代わりになる互換ペン

Apple Pencilの代わりにおすすめなサードパーティ製品は以下の一択です。

「筆圧感知」「ダブルタップ切り替え」ができないだけで、ほかはApple Pencilとまったく同じです。

ほかのサードパーティ製品にない「ワイヤレス充電」を搭載しているのは大きすぎる魅力ですね。

まとめ:iPadで絵を描かないなら互換ペンでも十分

Apple Pencilにしかできないこと

  1. 筆圧検知
  2. ダブルタップ切り替え
  3. ワイヤレス充電

さいごまで読んでいただきありがとうございます。

Apple Pencilとサードパーティの互換ペンの違いを解説しました。

Apple Pencilはたしかに便利ではありますが、ノートやメモを取る程度なら代わりのスタイラスペンでも十分です。

なので、無理してApple Pencilを買う必要はありませんよ。とりあえず互換ペンを使ってお金が貯まったらApple Pencilを検討しましょう。

Apple(アップル)
¥15,286 (2022/05/24 14:03時点 | Amazon調べ)

Amazonで買い物するなら「ギフト券チャージ」をしよう

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる