ガジェット

在宅ワーカーが「Apple Watch」を使う7つのメリット

Apple Watchは「外出先で使ってこそメリットがある」と思われがちです。

 

iPhoneの通知を受け取れる、SuicaやApple Payの登録ができる、文字盤やベルトをその日の気分で変えられる、など。

 

しかし、僕は家でブログを書いたりパソコン作業をしているときもApple Watchを便利に活用しています。

 

Apple Watchは在宅ワーカーが使っても十分にメリットがありますので、購入するか迷っている方は参考にしてみてください。

【在宅ワーカー向け】Apple Watchを使う7つのメリット

  1. メールの通知が気にならなくなる
  2. 目の前のタスクにだけ集中できる
  3. 休憩を取りすぎることがなくなる
  4. 朝の目覚めがものすごく良くなる
  5. 音楽アプリの操作が手元でできる
  6. 運動量を可視化することができる
  7. エコノミークラス症候群を防げる

①:メールの通知が気にならなくなる

「もしかしたら気付いていないだけでメール来てるかも」と無駄にiPhoneをチェックしたりしてませんか?

 

Apple Watchは、iPhoneに通知が届くと手首が振動します。

 

なので「通知に気が付かない」なんてことはまずないんですよね。

 

「振動がない=通知がない」と割り切れるので、無駄にiPhoneを触らなくて済むというわけです。

②:目の前のタスクにだけ集中できる

タスクが多いと時間ばかり気になってしまい、「ひとつのタスクに集中!」というのは難しいですよね。

 

そこで僕は、Apple Watchに「細かい行動予定」を吹き込むようにしています。

 

例えば、

  • 外出準備を始める時間
  • 見たいドラマが始まる時間
  • 作業の休憩に入る時間

 

Apple Watchに細かい行動予定を吹き込んでおくことで、頭で次の予定を気にしなくてもよくなります。

 

手首の振動で予定を知らせてくれるので、気づかないなんてこともありません。

③:休憩を取りすぎることがなくなる

在宅ワークは会社と違い誰も注意をしてくれないため、ついつい休憩を取りすぎたりします。(15分だけ昼寝のつもりが1時間してしまったり…。)

 

しかし、Apple Watchでアラームやタイマーを設定しておけば、振動で休憩終了の合図をくれるので無駄に長い休憩がなくなります。

 

iPhoneでもよくない?と思うかもしれませんが、Apple Watchは手首で気軽に設定ができるので面倒じゃないんですよね。

 

アラームが「音」ではなく「振動」なので、電車での寝過ごし防止にも使えます。

④:朝の目覚めがものすごく良くなる

朝起きても、しばらく頭がぼーっとしてしまって無駄に時間を過ごしちゃう、なんてことありませんか?

 

Apple Watchのアラームは、振動で優しく起こしてくれるので、音のアラームよりも目覚めが良くなります。

 

人間は音で起きると「防衛本能」を刺激して精神的によくないらしいです。

メンタリストDaiGoさんの著書に書いてありました。

⑤:音楽アプリの操作が手元でできる

音楽アプリを操作だけのつもりが、SNSを開いてしまって時間を無駄にした、なんてことありませんか?

 

Apple Watchは、音楽アプリをリモート操作することができますので、無駄な行動がなくなります。(本体に曲を入れることも可能)

 

集中力を削ぐ原因「iPhone」が近くにないことで、作業に集中することができるわけです。

⑥:運動量を可視化することができる

在宅ワークをしていると運動不足になりがちですよね。

 

しかし、Apple Watchには「アクティビティ」という1日のカロリー消費量や運動時間を可視化できるアプリがあります。

 

目標達成までの道のりを教えてくれるので、運動を続けるモチベーションになります。

⑦:エコノミークラス症候群を防げる

長時間座った状態で作業をしていると、血液の流れが悪くなり集中力が切れるだけでなく、エコノミークラス症候群にもなりかねません。

Apple Watchには1時間に1度、立ち上がるように促してくれる「スタンド」という機能があるので、集中しすぎの防止になります。

僕は作業に没入しだすと5時間くらい平気で作業しちゃうので、かなり重宝しています。

Apple Watchを使う7つのメリット【まとめ】

【在宅ワーカーがApple Watchを使う7つのメリット】

  1. メールの通知が気にならなくなる
  2. 目の前のタスクにだけ集中できる
  3. 休憩を取りすぎることがなくなる
  4. 朝の目覚めがものすごく良くなる
  5. 音楽アプリの操作が手元でできる
  6. 運動量を可視化することができる
  7. エコノミークラス症候群を防げる

在宅ワーカーがApple Watchを使う7つのメリットを紹介しました。

 

ぶっちゃけ「Apple Watch」ができることは「iPhone

」でもできます。

 

しかし「できることが少ないという性質上、無駄に目移りしない」というのがApple Watchのメリットです。

 

フリーランスの方や副業で在宅ワークをしている方にとって、Apple Watchはきっと役立つはずなので購入を検討してみてください。

 

では、ここまで読んでいただきありがとうございます。

カズヤ(@kazuyadesu8)でした。