MENU

【後悔】Apple Watchを使わなくなった3つの理由【買わないほうがいい】

  • 「Apple Watchを使わなくなった人の理由を知りたい」
  • 「Apple Watchがほしいけど買わないほうがいいかな?」
  • 「Apple Watchってどんな人におすすめなんだろう?」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

本記事の内容

  • Apple Watchを使わなくなった3つの理由
  • Apple Watchの良かったと思うところ3つ
  • Apple Watchはどんな人におすすめできる?

こんにちは、カズヤです。
Apple Watchを1年ほど使って手放しました。

Apple Watchの購入を考えている人は「買って後悔しないかな?」という心配がありますよね。
安い買い物ではないし気持ちはよくわかります。

そこで今回は、僕がApple Watchを使わなくなった理由をお話しします。

Apple Watchは便利そうに見えますが、実際に使ってみると「あまり活用できていないな…」と感じる人が多いと思いますよ。

僕は予想以上にApple Watchの出番がなかったので売却しました。

この記事を読めば、Apple Watchを買っても結局使わなくなる理由がわかり、自分に必要かどうか判断できます。

ぜひ最後まで読んでみてください。

追記:すみません、やっぱり買い直しました

目次

そもそも、なぜApple Watchを買ったの?

本題の前に、「そもそも、なぜApple Watchを買ったの?」というのを書いておきます。

僕がApple Watchを買った理由はざっくり以下の3つ。

  1. シンプルに腕時計として
  2. 電子決済が使いやすそう
  3. スマホを遠隔で操作したい

このように期待をしてApple Watchを買ったのですが、1年ほどで使わなくなり、売却しました。

それでは本題へ参りましょう。

Apple Watchを使わなくなった3つの理由

僕がApple Watchを使わなくなった理由は以下の3つです。

  1. バッテリー持ちが悪すぎるから
  2. 電子決済がうまくいかないから
  3. だいたいスマホを持ってるから

順番に解説します。

①:バッテリー持ちが悪すぎるから

Apple Watchを手放した最大の理由は「バッテリー持ちの悪さ」です。

充電が1日持たない(公称値18時間)ため、とにかく面倒なんですよね。

具体的には以下のとおり。

  • 睡眠ログを取ると充電のタイミングが難しい
  • 朝に充電をすると着け忘れて外出してしまう
  • 終電を逃して宿泊すると充電が尽きてしまう

こまめに充電をすればいいだけですが、僕はそれが面倒でした。

ほかのスマートウォッチは「3日以上」持つものが主流です。
それを考えるとApple Watchはかなり世話が焼けますよね。

Apple Watchを使っていると、まるでメンヘラな彼女と付き合っているみたいな気分になります(ちょっと違うか)。

人気のMi Band 6はバッテリーが「14日間」持ちます(桁が違う)。

②:電子決済がうまくいかないから

Apple Watchは「Suica」や「PayPay」などの電子決済もできます。

しかし、実際に使ってみるとかなりストレスが溜まるんですよね。

というのも、Apple Watchで電子決済を利用するには「体をひねらないといけないから」。

特にSuicaを改札機にかざすときは、左手を右側に持ってこないといけません。
明らかに変な体勢になるし、エラーも出やすくて後ろの人に千回くらい舌打ちされました。

Apple Watchを右手に着ければいい話ですが、僕は右手に時計がある状況に慣れなかったんですよね。

なので、電子決済はiPhoneで結局することが多くなりました。

③:だいたいスマホを持ってるから

「Apple Watchがあれば手首でいろいろ操作できるぞ」と期待していましたが、実際そこまで便利ではなかったです。

なぜなら、ポケットからスマホを取り出せばいいだけだから。

たしかに手首で操作ができるのは便利ですが、ポケットからスマホを取り出すのが面倒かと言われたら、別にそんなことないですよね。

外出時にスマホを持って行かないときなんてないし、近所でもポケットに入れればいいだけです。

そうなると、「別にスマホだけでいいじゃん」と思いませんか?

そんな感じで、僕はApple Watchをあまり使わなくなりました。

Apple Watchの良かったと思うところ3つ

僕はバッテリー管理が面倒でApple Watchを手放しましたが、以下の3つは便利だと思います。

  1. ムダに連絡を気にしなくなる
  2. iPhoneのロック解除ができる
  3. Siriをすぐに手元で起動できる

順番に解説します。

①:無駄に連絡を気にしなくなる

Apple Watchを着けていると、無駄に連絡を気にしなくなります。

なぜなら、iPhoneに通知が届くと手首が振動するから。

スマホで連絡を取っていると「通知を見逃しているのではないか」と気になりがちですよね。
しかし、Apple Watchがあれば「手首が震えない=通知なし」なので全然気になりません。

スマホを触ってしまうと、無駄にSNSを開いて時間を浪費してしまいますよね。
また、スマホの通知が気になると仕事や勉強の集中力が奪われます。

そういった無駄にスマホを触らなくて済むのはApple Watchのメリットですね。

②:iPhoneのロック解除ができる

Apple Watchを着けていると、マスクをした顔でもiPhoneのロック解除(Face ID)ができます。

最近のiPhoneはマスク状態でも解除できるようになりましたが、それでも少しコツが必要です。

なので、Apple WatchでFace IDを解除できるのはメリットですね(Macもできます)。

③:Siriをすぐに手元で起動できる

Apple Watchを着けていると「手首を口元に近づけるだけ」でSiriを起動できます。

SiriはiPhoneでも使える機能ですが、Apple Watchのようにいつでも手首にあるほうが便利に活用できます。

たとえば以下。

  • 料理中にタイマーを設定する
  • 思いつきでリマインダーを吹き込む
  • なんとなく寂しくなって話しかける

このように「iPhoneを取りに行くのが面倒…」というときに便利なんですよね。

また、Apple Watchの場合「平尻!」と叫ばなくてもいいので地味に使いやすいです。

Apple Watchはどんな人におすすめできる?

ここまでApple Watchの微妙なところ・良いところを紹介しました。

「で、結局Apple Watchってどんな人におすすめなの?」というと以下のとおり。

  1. 手首で通知を受け取りたいApple信者
  2. 秘書のように尻を使い倒したい人
  3. バッテリーの充電を煩わしいを感じない人

こんな感じかなと僕は思います。

まぁApple Watchをはじめ、Appleの製品はリセールバリューが高いので「使ってみて合わなかったら売る」のがベストですよ。

ちなみに、Apple Watchは通常モデルでなく「SEモデル」がおすすめです。
大きな違いは「常時点灯ディスプレイ」ぐらいだし、価格差を考えるとSEで十分だと思います。

まとめ:Apple Watchは意外と使わない

さいごまで読んでいただきありがとうございます。

僕がApple Watchを使わなくなった理由をお話ししました。

もういちど振り返ると以下のとおり。

  1. バッテリー持ちが悪すぎるから
  2. 電子決済がうまくいかないから
  3. だいたいスマホを持ってるから

Apple Watchはあると便利ではありますが、バッテリーの短さが大きなネックです。

スキマ時間に充電すればいいだけとはいえ、やっぱり少し面倒に感じます。

iPhoneとできることは同じなので「じゃあiPhoneでいいよね」と結局使わなくなるんですよね。

そんなわけで、Apple Watchは正直微妙です。

追記:やっぱり買い直しました

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次