ガジェット

iPhone裸族の僕が貼り付けスタンド『MOFT X』を購入した理由

お待たせいたしました、お待たせし過ぎたかもしれません。今更ですが、大人気のスマホスタンド『MOFT X』を買いました。

 

『iPhoneにケースはいらない3つの理由』という記事に書いたとおり、僕はiPhoneを全裸で使いたい派なのですが、いろいろな不満点から、パンツくらい履いた方が良さそうだなと思ったため購入した次第です。

 

『MOFT X』のレビュー記事は腐るほどあるので、本記事では「iPhone裸族にMOFT Xをおすすめする理由」を書きました。

 

「MOFT Xって何?」という方はこちらをご覧ください。

iPhone裸族の僕が『MOFT X』を購入した理由

ざっくりいうと、全裸iPhoneの”不満点だけ”を上手く解消してくれるからです。ナイスですね。

全裸iPhoneの不満点とは

全裸iPhoneの何が不満なの?というと以下の2点です。

 

  • ポケットから滑り落ちる
  • 机に置くとガタガタする

 

上記の2点に不満を感じてiPhoneにケースを付けている人も多いかと思います。(ちなみに僕が使用しているのはiPhone XS Maxです)

ポケットから滑り落ちる

iPhone 8から、背面がアルミ製からガラス製へと変わり、とにかく滑りやすくなりました。

 

なので全裸iPhoneは、ジャージやスウェットなど緩めのポケットに入れているといつの間にか滑り落ちていることがあるんですよね。

 

家の中ではいいかもしれませんが、外で全裸のiPhoneを持ち歩く際は怖いので、いちいちショルダーバッグに入れて持ち運んだりしていました。

机に置くとガタガタする

背面カメラの出っ張りのせいで机に置いたときにガタガタするのもちょっと気になります。

小さいことかもしれませんが、こういうのが結構気になる性格なんですよね。画面を下にして置くのも抵抗があるし、常にポケットかカバンにしまっておくのもなんだかな〜と。

据置のスマホスタンドを使ってみたりしましたが、これもなんか煩わしくなって結局使わなくなりました。

裸族に『MOFT X』をおすすめする理由

お待たせいたしました、お待たせし過ぎたかもしれません。全裸iPhoneの不満点を踏まえて、裸族にMOFT Xをおすすめする理由は以下です。

 

  • 背面が滑りにくくなる
  • 背面がフラットになる
  • 裸より使いやすくなる

 

MOFT Xの主なおすすめ機能は「スタンド機能」や「カード収納機能」ですが、裸族にとっては”ただ貼り付けるだけ”でも十分恩恵があります。

 

摩擦が生まれて滑り落ちる心配が激減しますし、厚さもちょうどカメラと同じくらいなので机に置いたときの安定感も抜群です。

 

しかも、MOFT X は全裸iPhoneの使い心地をアップデートしてくれます。ナイスですね。

MOFT Xを貼り付けると、こんな感じで「指を引っかけるところ」ができるので、裸のときよりも使いやすくなるんですよね。

ただ不満を解消するだけなら「ケースでいいじゃん」と思いますが、ケースの場合はサイズアップによって使いにくくなることが多いです。

MOFT Xをケースの上に貼り付けている人のレビューでは「厚さが気になる」という意見がありますが、全裸なら厚さが大して気にならないのもおすすめできる点ですね。

ちなみに本来はこんな感じで指を通して使うみたいです。

 

普段は面倒で使っていませんが、駅のホームとか人が多い場所ではこのスタイルで使うと安心感があります。

 

「裸は落としたときが怖い!」という人も、これならそもそも落とす心配がほとんどないのでおすすめです。

【まとめ】iPhoneは「裸にMOFT X」が最強かもしれない

【裸族にMOFT Xをおすすめする理由】

  • 背面が滑りにくくなる
  • 背面がフラットになる
  • 裸より使いやすくなる

MOFT X は正直お試し程度で購入しただけでした。

「全裸の握り心地やデザインを損なうのはどうかな〜」と思っていましたが、握り心地はアッップデートされ、デザインも側を覆わないからなのかそこまで変わらないのは嬉しい誤算でした。

僕は今まで「全裸iPhoneこそ最強」と思っていましたが訂正します。

これからのiPhoneは「裸にMOFT X」が最強です。

もし全裸iPhoneをアップデートさせたいと感じているなら『MOFT X』をおすすめします。

ではここまで読んでいただきありがとうございます。

ちなみに僕が使っているMOFT X は「ワイヤレス充電」に非対応です。

ワイヤレス充電に対応したMOFT Xはこちらです。