MENU

【裸族】iPhoneにケースはいらない3つの理由【デメリットがある】

  • 「iPhoneにケースって必要かな?いらないかな?」
  • 「裸で使いたいけど、壊したくもないし迷うなぁ…」
  • 「iPhoneを裸で使っている人の意見を知りたい」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

iPhoneはデザインが秀逸であるため、ケースなしで使いたい人も多いでしょう。

とはいえ、「もし落としたら…」と考えると、なかなかケースなしで使う勇気はでませんよね。

そこで今回は、iPhoneにケースはいらない3つの理由と破損対策を紹介します。

最近のiPhoneは頑丈なのでケースなしでも大丈夫ですよ。
むしろ、ケースをつけるデメリットを気にしたほうがいいと思います。

この記事を読めば、iPhoneを裸で使う勇気がでるはずです。

ぜひ最後まで読んでみてください。

どうしても不安な方は「モバイル保険」に加入すると安心できますよ。
AppleCare+よりも安い価格で補償サービスを受けられます。

目次

iPhoneにケースはいらない3つの理由

iPhoneにケースはいらないです。

理由は以下の3つ。

  1. iPhoneは簡単に壊れないから
  2. 本体に熱がこもってしまうから
  3. ケースがあっても傷は付くから

それぞれ解説します。

①:iPhoneは簡単に壊れないから

「落として画面が割れたら嫌だなぁ…」という理由でケースを付ける人は多いと思います。

しかし、iPhoneはそう簡単に壊れないので大丈夫ですよ。

特にiPhone 12以降のモデルでは「セラミックシールド」という従来よりも4倍頑丈なガラスが採用されています。

従来のiPhoneも強度の高いゴリラガラスを採用していましたが、iPhone 12以降ではさらに傷や割れに強くなったんですよね。

セラミックシールドの強度とは

「セラミックシールドがどれほどの強度なのか」は以下の動画を見ればわかります。

iPhone 12の落下テスト

動画のとおり、コンクリートにちょっと落としたくらいでは割れません。

さすがに側面は少し傷が付いてしまいますが、それでも使用していく上では問題ありませんよね。

傷が付いても査定額は大して変わらない

とはいえ「側面に傷が付いたら査定額が下がるじゃないか」とお怒りの方もいるでしょう。

しかし、iPhoneは傷が付いても大して査定額に響きませんよ。

僕が以前、iPhone XS(落下傷あり)を中古ショップに売ったときは3,000円しか減額されませんでした。

まぁもちろん条件やショップによって査定額は変わりますが、それでも1万円も引かれないはず。

ケースを買うとそれなりの値段がするし、1万円以内でかっこいい裸のiPhoneを存分に楽しめるなら安いと思います。

②:本体に熱がこもってしまうから

iPhoneにケースをつけると本体に熱がこもりやすくなってしまいます。

iPhoneに使われているリチウムイオン電池は熱に弱いので、フルカバーして放熱できないとバッテリーに負荷がかかって劣化が早くなるんですよね。

バッテリーが劣化すると、充電の減り早くなったり、突然フリーズしたりするようになります。参考:Appleサポート

僕が使っているかぎり以下のときにiPhoneは発熱しています。

  • ワイヤレス充電をしているとき
  • 高負荷なゲームをしているとき
  • 真夏に写真撮影をしているとき

最新機種が出るたびに買い替えている人ならいいかもですが、2年3年と使い続けるならケースなしで使ったほうがいいですよ。

③:ケースがあっても傷は付くから

「細かい傷を付けたくないから」という理由でケースを買う人も多いでしょう。

しかし、ケースを付けたからといって細かい傷が付かなくなるわけではないですよ。

なぜなら…

  • ケースの付け外しのときに擦れる
  • ケースの間からゴミが入ってしまう

からです。

「むしろケースなしで使うほうが傷付かないんじゃない?」と僕は感じます。

傷付けないためにケースを使っているのに、そのケースが原因で傷が入るなんてお金の無駄だしショックすぎますよね。

なので、iPhoneには無理してケースを付ける必要ありません。

iPhoneをケースなしで安全に使う方法

iPhoneにケースは不要です。

とはいえ、「やっぱりケースなしで使うのは不安だ」という人もいますよね。

そこで、iPhoneをケースなしで安全に使う方法を3つ紹介します。

  1. ガラスコーティングする
  2. スマホリングで操作する
  3. モバイル保険に加入する

①:ガラスコーティングする

ガラスコーティングとは、iPhone本体にコーティング剤を塗ることで、保護フィルム同等の役割を担うものです。

  • 厚みがないから操作感が変わらない
  • 指紋や汚れがついてもすぐ落とせる
  • 1度の施工で2年ほど効果が持続する

ガラスコーティングにはこのようなメリットがあります。

裸と使い心地が変わらないので保護フィルムよりもおすすめです。

先述したとおり、最近のiPhoneは「セラミックシールド」でかなり頑丈。ガラスコーティングをすれば余程高いところから落とさないかぎり割れませんよ。

ガラスコーティングは自宅でもできる

「ガラスコーティングって専門店に行かなきゃでしょ?」と思うかもしれません。

しかし、Amazonでコーティング剤を買えば自宅でもできます。施工も手軽です。

ガラスコーティングのやり方

STEP
コーティング剤を準備する
STEP
iPhoneにコーティング剤を垂らす
STEP
クロスで満遍なく塗り広げる
STEP
10分くらい乾かす
STEP
乾いたクロスで拭き取る
STEP
上記を2〜3回繰り返す

繰り返すことで効果が高まります。

これでガラスコーティングは終了です。簡単ですよね。

ちなみに以下はガラスコーティングをして1年ほど使用したiPhoneになります。

今のところ擦り傷ひとつありません。

裸でiPhoneを使うならガラスコーティングをすると安心して使用できますよ。

②:スマホリングで操作する

iPhoneの操作中に滑って落とす可能性もありますよね。

なので僕は背面にスマホリングを付けています。

スマホリングに指を引っかければ操作中に落とす心配がありません。

「スマホリングを付けるとワイヤレス充電ができなくなるからなぁ…」と思うかもですが、僕が使っているのはマグネットで着脱可能なタイプなので問題なし。

マグネットで着脱可能

磁力もかなり強い。

簡単に外れないから安心

スマホリングを付ければiPhoneを落とす心配はほとんどないし、操作もしやすくなります。

気になる人はぜひチェックしてみてください。

フラットなデザインなので、机に置いたときのカメラの出っ張りでガタガタするのも防げます。

MagSafe非対応機種(iPhone SEなど)はこちらを追加すれば使えます。

③:モバイル保険に加入する

どうしても破損が怖いなら「モバイル保険」に入りましょう。

保険に入っていれば、もし画面が割れても格安で修理できます。

モバイル保険の特徴は以下のとおり。

  • 月額700円で3台まで補償(iPadやMacも)
  • 補償対象端末をWebでいつでも変更できる
  • 年間10万円までなら補償回数に制限がない

iPhoneだけでなく、iPadやMacとも併用できます。

iPhoneの保険といえば「AppleCare+」が浮かぶと思いますが、シンプルに高いため「モバイル保険」がおすすめです。

iPhone裸族に向けたケース紹介

ここまでiPhoneを裸で使うメリットと破損対策を紹介しました。

とはいえ、どうしても裸で使う勇気がでない人もいるでしょう。

そういった方には「THE FROST AIR」というケースがおすすめです。

出典:THE FROST AIR公式サイト

もし僕がiPhoneケースを付けるとしたらこれを付けます。

THE FROST AIRの特徴

  • とにかく薄い(0.8mm以下)
  • とにかく軽い(約8g)
  • 指紋が目立たない素材

上記のように「THE FROST AIR」のiPhoneケースは裸に近い感覚を味わえるように設計されています。

極薄なので落としたときの防御力は低いですが、小傷や指紋防止にはなるのでiPhoneのデザインをなるべく崩したくない人にはおすすめです。

まとめ:iPhoneはケースをつけるデメリットもあります

iPhoneにケースはいらない理由

  • iPhoneは簡単に壊れないから
  • 本体に熱がこもってしまうから
  • ケースがあっても傷は付くから

さいごまで読んでいただきありがとうございます。

iPhoneにケースはいらない理由を解説しました。

iPhoneを裸で使うのは勇気が必要ですが、最近のiPhoneは落としても壊れにくい設計になっているので無理にケースを付ける必要はないですよ。

特にケースを付けるとバッテリーの劣化が激しくなります。

外側を守っても内側で異常が起これば使い物にならないので、iPhoneはケースなしで使うのがおすすめです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次