【裸族】iPhoneにケースはいらない3つの理由【デメリットがある】

iPhoneにケースって必要かな?裸で使いたいけど、落として壊れても嫌だしな。裸で使ってる人はどんな使い方してるんだろう?

こういった悩みにお答えします。

本記事の内容
  • iPhoneにケースはいらない3つの理由
  • iPhoneをケースなしで安全に使う方法

こんにちは、カズヤです。

「iPhoneは落として壊すと修理費が高い!だからケースは必要!」という声はかなり多いですよね。

しかし僕は、iPhoneにケースはいらないと思っています。

なぜなら、iPhoneにケースをつけることで生じるデメリットがあるからです。

デザイン目的ではなく、ただiPhoneを守るためだけなら、むしろケースは付けないほうがいいですよ。

そんなわけで、iPhoneにケースがいらない理由を解説します。

この記事を読み終えるころには、iPhoneを裸で使う決心がついているはずですよ。

目次

iPhoneにケースはいらない3つの理由

iPhoneにケースはいらない理由
  • 本体に熱がこもるから
  • お風呂で使えないから
  • 保護しても割れるから

こういった理由からiPhoneにケースはいらないです。

①:本体に熱がこもるから

iPhoneに使われているリチウムイオン電池は「熱に弱い」といわれています。

そのため、iPhoneをケースでフルカバーしてしまうと、熱がこもってバッテリーの劣化が早まる可能性があるんですよね。

バッテリーの劣化が進むと、発火や故障、アプリの強制終了や動作不良といった悪影響が高まります。

ケースをつけていると気がつきませんが、動画を見たり、ゲームをしているときのiPhoneは結構熱くなってますよ。

ケースをつけることで本体の外側は守れますが、「内側」には悪影響を与えています。

②:お風呂で使えないから

ケースをつけると、お風呂にiPhoneを持ち込みにくくなるのもデメリットです。

ケースをつけたままのiPhoneをお風呂で使うと、本体との間に水滴が溜まるから面倒なんですよね。

水滴はしっかり拭き取らないと水垢になって汚くなります。

「ケース外して持ち込めばいいじゃん」と思うかもしれませんが、シンプルに脱着が面倒ですし、脱着時に側面が傷つく可能性がありますよ。

せっかく防水機能があるのに活かせないのってなんかもったいないですよね。

ケースをつけることで、iPhoneの防水性能が台無しになります。

③:保護しても割れるから

1番主張したいのはこれです。

どんなにケースで保護しても、割れるときは割れます。

iPhoneに頑丈そうなケースつけてるのに画面がバキバキに割れてる人って結構いますよね。

このような人が多いので、「iPhoneをケースで守るのって後ろ向きで撮るプリクラくらい意味ないじゃん」と僕は思いました。

もちろん、ケースによって守られることもあると思いますが、ケースのせいでiPhoneを落とすことも同じくあると思います。

たとえば、iPhoneの重量がアップしてるから操作中に落とすとか、サイズがアップしてるからポケットの出し入れが上手くいかずに落とすとか。

「よく落とすから」という人は、実はケースがあるからかもしれませんよ。

ケースをつけて重さとサイズがアップした影響で、iPhoneを落とすこともあります。

あわせて読みたい
iPhoneを裸で使う3つのメリットと裸族ができる破損対策3選 iPhoneにケースつけるか迷う。できれば裸で使いたいけど、落として壊れたらショックだしな。やっぱりケース付けるしかないかな、、。 こういった悩みにお答えします。 ...

iPhoneを高く売りたいから、、について

iPhoneを売るときに傷があると減額されそうだし、、

このような意見もあると思います。

しかし、擦り傷くらいなら減額されても2,000円くらいですよ。

ケースを買った時点でお金はマイナスです。それならケースなしで快適に使ったほうがいいと僕は思うんですよね。

そんなわけで、iPhoneにケースはいらないです。

iPhoneをケースなしで安全に使う方法

ここまでiPhoneにケースを付けるデメリットもあることを紹介しました。

でもまだ怖くてケースを付けたい人がいるかもしれません。

そういった方には以下の方法がおすすめです。

iPhoneをケースなしで安全に使う方法
  • ガラスコーティングする
  • スマホホルダーを付ける
  • スリーブケースに入れる

①:ガラスコーティングする

iPhoneにガラスコーティングをすることで、ケースなしの使用感のまま本体を傷や汚れから守ることができますね。

ガラスコーティングって高いんじゃないの?

と思うかもしれませんが、『EVERPROOF』を使えば”約3,000円”で、しかも自宅で、簡単に施工することができますのでお試しください。

前面、背面、側面に使えます。

『EVERPROOF』について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
【EVERPROOF レビュー】iPhoneを自宅でガラスコーティング! 僕はiPhoneにガラスフィルムを貼りたくありません。 ガラスフィルムを貼るデメリット 本体に厚みが出てしまう。 映り込みが激しくなってしまう。 縁が汚れて見た目が悪...

②:スマホホルダーを付ける

ガラスコーティングっていまいち信用ならないんだよな

こういった方におすすめなのは「スマホホルダー」。

スマホホルダーをiPhoneの裏面に貼ることで指を引っ掛けながら持つことができます。

つまり、iPhoneの操作中に手を滑らせて落とすことがなくなります。

③:スリーブケースに入れる

いつもポケットから落ちそうで怖いんだよな

こういった方は『スリーブケース』を使いましょう。

iPhone12シリーズからは、純正品でスリーブケースがあります。

純正品というだけあって、サイズがiPhoneピッタリで使いやすいです。

カードポケットが備わっているところも便利ですよ。

あわせて読みたい
iPhone12 Pro Maxに純正レザースリーブをおすすめする3つの理由【レビュー】 iPhone12 Pro Max用に純正レザースリーブ買おうかな?でも結構高いし本当に使うか微妙だから悩むな。実際に使ってる人の感想を知りたい。 こういった疑問にお答えします...
あわせて読みたい
【2021年】手ぶらで外出したい男のポケットの中身【自称ミニマリストの持ち物】 こんにちは、カズヤです。 ちょっと前にこんな記事を読みました。 広瀬すずも絶賛!かばん持たない"手ぶら男子"がモテる理由|女性自身 要約すると、広瀬す○は「手ぶら...

純正レザースリーブが高いと感じる人はこちらもおすすめ

どうしても怖いなら『モバイル保険』に加入しよう

iPhoneにケースをつけないことがどうしても不安なら『モバイル保険』に加入がおすすめです。

モバイル保険の特徴
  • 月額700円で3台まで補償(iPadやMacも)
  • 補償対象端末をWebでいつでも変更できる
  • 年間10万円までなら補償回数に制限がない

『モバイル保険』についてはこんな感じです。

純正の保証サービス『AppleCare+』よりも圧倒的にお得なのでおすすめですよ。

あわせて読みたい
iPhone裸族でもAppleCare+はいらない3つの理由 iPhoneの『AppleCare+』って加入した方がいいのかな?いらないような気もするけど、裸でiPhoneを使うつもりだし、安心材料として入っておくべきかな? こういった疑問に...

まとめ:iPhoneはケースをつけるデメリットもあります

iPhoneにケースはいらない理由
  • 本体に熱がこもるから
  • お風呂で使えないから
  • 保護しても割れるから
iPhoneをケースなしで安全に使う方法
  • ガラスコーティングする
  • スマホホルダーを付ける
  • スリーブケースに入れる

そんなわけで、iPhoneにケースはいらないです。

ケースのデザインが好きならいいですが、保護目的のケースなら必要ありません。

落として壊すのが怖いなら「ガラスコーティング」をすれば大丈夫ですよ。

iPhoneに保護フィルムはいらない理由はこちら

あわせて読みたい
iPhoneに保護フィルムはいらない3つの理由【僕の使い方も紹介します】 iPhoneに保護フィルムって必要かな?不要派の人はどんな意見なんだろう?なるべく裸で使いたいから意見を知りたい。 こういった疑問にお答えします。 本記事の内容 iPho...
あわせて読みたい
MacBookに保護フィルムとキーボードカバーはいらない理由 MacBookに保護フィルムとかキーボードカバーって必要かな?できれば買いたくないけど大事に使いたいからな〜。 こういった悩みにお答えします。 本記事の内容 MacBookに...
あわせて読みたい
iPhone裸族の僕が貼り付けスタンド『MOFT X』を購入した理由 お待たせいたしました、お待たせし過ぎたかもしれません。今更ですが、大人気のスマホスタンド『MOFT X』を買いました。   『iPhoneにケースはいらない3つの理由』とい...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる