iPhoneにケースはいらない3つの理由【デメリットがある】

こんにちは、カズヤです。

iPhoneにケースって付けた方がいいかな?できれば裸で使いたいんだけど、落としたときがやっぱり怖いしな…。何か良い方法ないかな?

こういった悩みにお答えします。

【本記事の内容】

  • iPhoneにケースはいらない3つの理由
  • ケースなしiPhoneを安全に使用する方法

この記事を書いている僕は、iPhoneにケースを付けずに毎日使用しています。

「何でケースなしで使ってるの?」というと、ケースを付けることで発生するデメリットの方が気になるからです。

というわけで僕が、iPhoneにケースなしで使用している理由について解説していきます。

目次

iPhoneにケースはいらない3つの理由

  1. 本体に熱がこもるから
  2. お風呂で使えないから
  3. 保護しても割れるから

①:本体に熱がこもるから

長時間YouTubeを見ていたり、スマホゲームをしているとiPhoneが異常に熱くなるときがありますよね。

このときiPhoneをケースでフルカバーしてしまうと、放熱がうまくできないため、本体に熱がこもってしまいます。

本体に熱がこもることで起こる悪影響は以下のとおり。

  • バッテリーの劣化
  • iPhoneの発火や故障
  • アプリの強制終了や動作不良

アプリが重いときは、ケースを外してみるだけで解決したりしますよ。

要するに、

ケースをつけることでiPhone内部に悪影響を与えてしまうんですよね。

②:お風呂で使えないから

僕はお風呂にiPhoneをよく持ち込むので、これも痛い。

「ケースつけても使えるじゃん!」と思うかもしれませんが、僕はiPhoneとケースの間に水滴が入り込んでしまうのが許せませんでした。

iPhoneをデスクに置いたときに、ケースとの間から水滴が溢れ出てくるのがとにかく煩わしい…。

いちいちケース外して拭くのは、飲み会で聞く上司の仕事論くらい面倒ですし…。

要するに、

ケースをつけることで、せっかくiPhoneに備わっている”防水性能”が台無しになってしまうわけです。

③:保護しても割れるから

僕がiPhoneにケースはいらないと判断した1番の理由はこれです。

友達や周りに「iPhoneにケースをつけてるのに画面がバキバキに割れている人」いませんか?

iPhoneを”保護する目的”でケースをつけていた僕はこれを見て「ケースつけても割れるなら意味ないじゃん…」と思いました。

後ろ向きで撮るプリクラくらい無意味ですよね。

さらにいうと、

手帳型ケースをつけていた友達は、ポケットからiPhoneを取り出すとき、ケースが引っかかって落として画面割ってました。

要するに、

ケースをつけていても割れるときは割れるし、逆にケースをつけることでiPhoneを落としてしまうこともあるんですよね。

オシャレ目的でケースをつけているなら否定はしませんが、”保護目的”なら無理してiPhoneにケースをつける必要はないと僕は思います。

ケースなしiPhoneを安全に使用する方法

ここまで読んでも「iPhoneを裸にする勇気がでません…」という方は、以下のように使用すれば安心できるはずです。

  1. 「ガラスコーティング」で画面を保護する
  2. 「バンパーケース」なら熱が気にならない
  3. 「スリーブケース」に入れて安全に持ち運ぶ

ちなみに僕は、「ガラスコーティング+スリーブケース」で使用しています。

①:「ガラスコーティング」で画面を保護する

iPhoneにガラスコーティングをすることで、ケースなしの使用感のまま本体を傷や汚れから守ることができますね。

ガラスコーティングって高いんじゃないの?

と思うかもしれませんが、『EVERPROOF』を使えば”約3,000円”で、しかも自宅で、簡単に施工することができますのでお試しください。

前面、背面、側面に使えます。

『EVERPROOF』について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
【EVERPROOF レビュー】iPhoneを自宅でガラスコーティング
【EVERPROOF レビュー】iPhoneを自宅でガラスコーティング僕はiPhoneにガラスフィルムを貼りたくありません。ガラスフィルムを貼るデメリット本体に厚みが出てしまう。映り込みが激しくなってしまう。縁が汚れて見た目が悪くな...

②:「バンパーケース」なら熱が気にならない

「ガラスコーティングだけじゃ不安…」という方にオススメなのが「バンパーケース」。

バンパーケースとは、iPhoneの側面だけを覆うケースのことです。

一般的なケースのようにiPhoneをフルカバーするわけではないため、iPhone本体の放熱も気になりません。

側面をカバーしていれば、落下させてしまっても画面が割れることはないと思いますのでオススメです。

③:「スリーブケース」に入れて安全に持ち運ぶ

iPhone12シリーズを使っている方は「純正のレザースリーブ」という選択肢もあります。

外出するときはスリーブケースに入れておけば傷が付くことなんてあり得ませんからね。

あわせて読みたい
iPhone12 Pro Maxに純正レザースリーブをおすすめする3つの理由
iPhone12 Pro Maxに純正レザースリーブをおすすめする3つの理由こんにちは、カズヤです。こういった意見が多い「Apple純正のiPhone12シリーズ用レザースリーブ」を購入しました。【本記事の内容】iPhone12 Pro Maxに純正レザースリー...

どうしても怖いなら『モバイル保険』に加入しよう

iPhoneにケースをつけないことがどうしても不安なら『モバイル保険』に加入がおすすめです。

モバイル保険の特徴
  • 月額700円で3台まで補償(iPadやMacも)
  • 補償対象端末をWebでいつでも変更できる
  • 年間10万円までなら補償回数に制限がない

『モバイル保険』についてはこんな感じです。

純正の保証サービス『AppleCare+』よりも圧倒的にお得なのでおすすめですよ。

あわせて読みたい
iPhone裸族でもAppleCare+はいらない3つの理由
iPhone裸族でもAppleCare+はいらない3つの理由iPhoneの『AppleCare+』って加入した方がいいのかな?いらないような気もするけど、裸でiPhoneを使うつもりだし、安心材料として入っておくべきかな?こういった疑問に...

【まとめ】iPhoneにケースはいらないです

  1. 本体に熱がこもる
  2. お風呂で使えない
  3. 保護しても割れる

iPhoneにケースはいらない3つの理由を紹介しました。

「落としたときが怖い…」という気持ちもわかりますが、ケースをつけていても割れるときは割れます。

要は、どう守るかよりも”どう使うか”です。

ケースをつけないことでiPhoneを大事にする癖が生まれるので意外と落としませんよ。

ジョブズのおっさんも「傷ついたステンレスも美しいけどな」と言ってるので、この機会にiPhoneを裸にしてみてはどうでしょうか。

僕はiPhoneにケースはいらないと思います。

ではここまで読んでいただきありがとうございます。

カズヤ(@kazuyadesu8)でした。

あわせて読みたい
MacBookには「保護フィルム」も「キーボードカバー」もいらない3つの理由
MacBookには「保護フィルム」も「キーボードカバー」もいらない3つの理由MacBookに保護フィルムとかキーボードカバーって必要かな?できれば買いたくないけど大事に使いたいから悩むな〜。こういった悩みにお答えします。本記事の内容MacBook...
あわせて読みたい
iPhone裸族の僕が貼り付けスタンド『MOFT X』を購入した理由
iPhone裸族の僕が貼り付けスタンド『MOFT X』を購入した理由お待たせいたしました、お待たせし過ぎたかもしれません。今更ですが、大人気のスマホスタンド『MOFT X』を買いました。 『iPhoneにケースはいらない3つの理由』という...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる