ガジェット

iPhoneにケースはいらない3つの理由【デメリットがある】

こんにちは、カズヤです。KAZUROOMをご覧いただきありがとうございます。

  • iPhoneにケースっていらないよね?
  • iPhoneをケースなしで使いたい!
  • iPhoneにケースもキズも付けたくない!

このような悩みを解決します。

僕はiPhoneを2年以上もケースなしで使用しています。

「何でつけないの?」というと、ケースをつけることで発生するデメリットがあるからです。

というわけで、iPhoneにケースをつけるデメリットケースなしiPhoneの運用方法を解説します。

iPhoneにケースはいらない3つの理由

  1. 本体に熱がこもるから
  2. お風呂で使えないから
  3. 保護しても割れるから

僕は上記の3つの理由から、iPhoneにケースはいらないと判断しました。

ケースをつけることで、iPhoneの外見を自分好みに変えられるのはメリットです。

しかし、僕はケースをつけることで生じるデメリットの方が気になったのでケースなしで使用しています。

それでは見ていきましょう。

①:本体に熱がこもるから

長時間YouTubeを見ていたり、スマホゲームをしているとiPhoneが異常に熱くなるときがありますよね。

このときiPhoneをケースでフルカバーしてしまうと、放熱がうまくできないため、本体に熱がこもってしまいます。

本体に熱がこもることで起こる悪影響は以下のとおり。

  • バッテリーの劣化
  • iPhoneの発火や故障
  • アプリの強制終了や動作不良

アプリが重いときは、ケースを外してみるだけで解決したりしますよ。

要するに、

ケースをつけることでiPhone内部に悪影響を与えてしまうんですよね。

②:お風呂で使えないから

僕はお風呂にiPhoneをよく持ち込むので、これも痛い。

「ケースつけても使えるじゃん!」と思うかもしれませんが、僕はiPhoneとケースの間に水滴が入り込んでしまうのが許せませんでした。

iPhoneをデスクに置いたときに、ケースとの間から水滴が溢れ出てくるのがとにかく煩わしい…。

いちいちケース外して拭くのは、飲み会で聞く上司の仕事論くらい面倒ですし…。

要するに、

ケースをつけることで、せっかくiPhoneに備わっている”防水性能”が台無しになってしまうわけです。

③:保護しても割れるから

僕がiPhoneにケースはいらないと判断した1番の理由はこれです。

友達や周りに「iPhoneにケースをつけてるのに画面がバキバキに割れている人」いませんか?

iPhoneを”保護する目的”でケースをつけていた僕はこれを見て「ケースつけても割れるなら意味ないじゃん…」と思いました。

後ろ向きで撮るプリクラくらい無意味ですよね。

さらにいうと、

手帳型ケースをつけていた友達は、ポケットからiPhoneを取り出すとき、ケースが引っかかって落として画面割ってました。

要するに、

ケースをつけていても割れるときは割れるし、逆にケースをつけることでiPhoneを落としてしまうこともあるんですよね。

オシャレ目的でケースをつけているなら否定はしませんが、”保護目的”なら無理してiPhoneにケースをつける必要はないと僕は思います。

ケースなしiPhoneを安全に使用する方法

ここまで読んでも「iPhoneを裸にする勇気がでません…」という方は、以下のように使用すれば安心できるはずです。

  1. ガラスコーティングする
  2. ガラスフィルムをつける

これでケースなしでも最低限の安全は確保されます。

僕のiPhoneもこれで使用しています。

①:ガラスコーティングをする

iPhoneにガラスコーティングをすることで、ケースなしの使用感のまま本体を傷や汚れから守ることができますね。

ガラスコーティングって高いんじゃないの?

と思うかもしれませんが、『EVERPROOF』というアイテムを使えば”約3,000円”で施工することができます。(しかも自宅で簡単に)

1つで前面にも背面にも使えるのでオススメです。

『EVERPROOF』について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

②:ガラスフィルムをつける

ガラスコーティングだけでも十分なのですが、心配な方はガラスフィルムも足すと、より強固なiPhoneになります。

オススメは『NIMASO』のガラスフィルムです。

オススメ理由は以下のとおり。

 

  • 2枚で約1,300円とコスパが高い
  • ガイド枠付きで貼りつけしやすい
  • 本体の縁まで全面保護してくれる

とにかくコスパも品質も高いのでオススメです。

追記:純正レザースリーブが神すぎる

iPhone12シリーズを使っている方は「純正のレザースリーブ」という選択肢もあります。

僕も使っているのですが、裸使いの最適解ともいえる神アイテムです。

詳しく書いた記事がありますので、よかったらご覧ください。

【まとめ】iPhoneにケースはいらないです

  1. 本体に熱がこもる
  2. お風呂で使えない
  3. 保護しても割れる

iPhoneにケースはいらない3つの理由を紹介しました。

「落としたときが怖い…」という気持ちもわかりますが、ケースをつけていても割れるときは割れます。

要は、どう守るかよりも”どう使うか”です。

ケースをつけないことでiPhoneを大事にする癖が生まれるので意外と落としませんよ。

ジョブズのおっさんも「傷ついたステンレスも美しいけどな」と言ってるので、この機会にiPhoneを裸にしてみてはどうでしょうか。

僕はiPhoneにケースはいらないと思います。

ではここまで読んでいただきありがとうございます。

カズヤ(@kazuyadesu8)でした。