バッグ

スーツケースのようなリュック。Incase『EO Travel Backpack』レビュー

こんにちは、カズヤです。

今回は、incaseの旅行用バックパック『EO Travel Backpack』をレビューします。

「スーツケースを持たずに”バックパック1つで旅行”がしたい!」

そんな僕の願望にマッチしたのが、Incaseの『EO Travel Backpack』でした。

【EO Travel Backpackの良い点】

  1. ポケットが多いため中身の出し入れがしやすい
  2. スリムで大容量なため幅広いシーンでに使える
  3. サイズが小さいため機内への持ち込みができる

【EO Travel Backpackの気になる点】

  1. 詰めすぎるとカッコ悪くなる
  2. ショルダーストラップの収納がない

EO Travel Backpackの外観など

まずは簡単な情報を記載しておきます。

メーカー Incase(インケース)
商品名 EO Travel Backpack
価格

34,650円(税込)※正規代理店での価格です

サイズ
約H55 x W38 x D13cm
重量 約1.4kg
素材 900デニールコットンポリエステル
カラー ブラック、グレー、ネイビー

正規代理店で購入すると輸入コストが掛かってしまい、少し高めになってしまいます。

価格を抑えたい方はAmazonで購入すると1万円以上安く購入できるのでおすすめです。(僕もAmazonで購入しました)

それでは気になる外観をチェックしていきましょう。

前面はポリエステル素材になっています。

ちなみに僕が選んだカラーは「ブラック」です。

(どうみてもグレーだけど小さいことは気にしないワカチry)

背面にはクッションが備わっており、蒸れにくい設計になっています。

また、チェストベルトが肩への負担を軽減してくれます。

ショルダー部分にもクッションが備わっています。

横から見るとこんな感じです。

わりと薄いので日常生活でも使えるんですよね。

ちなみに横持ちも可能なデザインになっています。

サイドには仕掛けがありまして、ジッパーを開けると…

このようにバックパックの容量を35%拡張することができます。

旅行ではもちろん、日常でも急に荷物が増えたときに便利な機能です。

メインコンパートメントは、観音開きの仕様になっており、スーツケースのように使用することができます。

こんな感じで衣類を整理して収納できるので、旅行や出張も行けちゃうわけです。

ちなみに容量は2泊〜3泊くらいなら余裕で入ります。

衣類なしだとこんな感じ。(サイドジップを開いて容量拡張した様子です)

サブのコンパートメントは、アクセサリー類の整理に適しています。

MacBookの充電器だったり、ケーブル類、ペンなどの収納に便利です。

フロントポケットの内側は蛍光色になっています。

中身が見渡しやすくて気に入っています。

iPad miniが余裕で入るくらいの収納力です。

背面ポケットは、PCやタブレットの収納に適しています。

ガバッと開く仕様で、中身の取り出しがしやすいです。

MacBook Pro13インチとiPad Pro12.9インチを収納してみました。

PCポケットには起毛素材が使われており、細かい傷や衝撃から守ってくれます。

ちなみに17インチまでのPCが収納可能とのことです。

起毛素材のポケットはバックパックの上部にもあります。

iPhoneやキーケースなど入れておくと便利です。

写真が下ネタに見えた方は疲れているので休みましょう。

実際に背負ってみた様子です。(モデル:身長173cm変態)

容量を拡張した場合はこんな感じです。(モデル:身長173cmO型)

EO Travel Backpackの良い点

  1. 中身の出し入れがしやすい
  2. オールマイティーに使える
  3. 機内への持ち込みができる

①:中身の出し入れがしやすい

『EO Travel Backpack』は、中身の出し入れがスムーズに行えるので気に入って使っています。

  • PC、衣類、小物を分けて収納できる
  • ポケットが多くて整理整頓がしやすい
  • スーツケースのように観音開きできる

こんな感じで『EO Travel Backpack』は、モノがゴチャゴチャしない仕様になっているんですよね。

用途に応じてアクセスするポケットが決まっているので、かなり楽に出し入れができるというわけです。

他のバックパックだと、どうしても手探りでモノを探す形になるし、パッキング時間も長くなってしまいます。

②:オールマイティーに使える

旅行や出張のときだけでなく、プライベートで使用しても違和感がないところもいいですね。

ジッパーを開放すれば大容量に、ジッパーを閉めればスリムに使えるので、オールマイティーに使用することができます。

『EO Travel Backpack』は、旅行や出張が少ない方にもおすすめできるバックパックです。

使用頻度が高いバックパックは愛着も湧きますしね。

③:機内への持ち込みができる

意外にも機内持ち込みが可能なサイズになっています。

  EO Travel Backpack 機内に持ち込めるサイズ
38cm 40cm
奥行き 13cm 25cm
高さ 55cm 55cm

よく考えられているサイズ感です。

『EO Travel Backpack』は、正に”バックパック1つで旅行”にぴったりなんですよね。

機内持ち込みができないと、パソコンなど大事なものはサブバックに入れて…となるので荷物がかさばってしまいます。

整理整頓がきちんとできているので、手荷物検査も楽にパスできるところも嬉しいポイント。

EO Travel Backpackの気になる点

  1. 詰めすぎるとカッコ悪い
  2. ショルダーの収納がない

ジッパーを開放すると容量が35%アップするのは良い機能です。

しかし、

荷物を詰めすぎると、見た目のカッコ悪さも35%アップしてしまうんですよね。

ウ○バ○イ○ツの配達員にしか見えません。

あとは、ショルダー(肩紐)の収納がないので、横持ち(ビジネスバッグ風)での運用は不便ですね。

Incase『EO Travel Backpack』レビュー【まとめ】

【EO Travel Backpackの特徴】

  • スーツケースのように開く
  • 衣類とPCを分けて収納できる
  • 旅行と日常で収納量を調整できる

Incaseの旅行用バックパック『EO Travel Backpack』をレビューしました。

  • バックパック1つでどこまでも行きたい!
  • 日常と旅行でバックパックを統一したい!

このような方に『EO Travel Backpack』はおすすめです。

僕も「旅行先にサブバックを持っていく必要がない」という点が気に入っていて愛用しています。

とにかく使いやすいバックパックですので、気になる方はチェックしてみてください。

ではここまで読んでいただきありがとうございます。

カズヤ(@kazuyadesu8)でした。