とにかく薄い。MOLESKINE『メトロ スリムバックパック』レビュー

MOLESKINE(モレスキン)メトロスリムバックパックをレビューします。

【本記事の内容】

  • メトロスリムバックパックの外観など
  • メトロスリムバックパックの良いところ
  • メトロスリムバックパックの気になるところ

あらゆるアイテムが薄くなっているこのご時世、「リュックも薄くていいよな〜」と思う人も多いのではないでしょうか。

今回紹介する『メトロスリムバックパック』はそんな薄いリュックになっています。

特徴は以下のとおり。

  • 薄くて人混みでも邪魔にならない
  • 薄いけど14Lの容量を備えている
  • 装飾の少ないミニマルなデザイン

“コンパクト”と”使い勝手”を両立したバックパックを探しているなら間違いなくおすすめできる商品です。

【メトロスリムバックパックの良いところ】

  1. サイズと容量が絶妙
  2. PCが取り出しやすい
  3. 防水性に優れている

【メトロスリムバックパックの気になるところ】

  • ポケットがもう1つくらい欲しかった
目次

MOLESKINE「メトロスリムバックパック」レビュー

基本情報

商品名 【MOLESKINE(モレスキン)】メトロ スリムバックパック
表地 ナイロン
収納可能サイズ A4サイズ収納可能
留め具の種類 ファスナー
本体サイズ タテ:47cm、ヨコ:31cm、マチ:13cm

メトロ スリムバックパックは、イタリアの手帳ブランド「MOLESKINE(モレスキン)」のリュックです。

「MOLESKINE(モレスキン)」の手帳は『メモの魔力』の著者であり、SHOWROOM社長の前田裕二さんが愛用していることでも有名ですね。

リュックはかなりマイナーですが、手帳と同様にかなり上品なデザインとなっています。

外観デザイン

それでは早速外観デザインを見ていきましょう。

前面

かなりシンプルなデザインなので、ビジネスシーンでも使えそうです。

ちなみにボトム部分は革素材で作られており、デザインに高級感を足してくれています。

側面

とにかく薄いです。

近藤さんとリュックは薄い方がいいですね。

背面

背面は、エアメッシュ素材により通気性が抜群です。

夏の暑さで蒸れるとバイブス下がりますからね。(バイブスって何?)

ベルト

ベルトにもエアメッシュ素材が使われており、夏場のバイブス(=テンション)保持に貢献してくれます。

フロントポケット

あまり厚めではないのですが、iPhone XS MAXがすっぽり収納できます。

アクセスがしやすいので、僕はかなり重宝しているポケットです。

縦にファスナーが付いていることで、片方のベルトだけを外すだけでアクセスできるんですよね。

メインポケット

ファスナーが下までガバッと開くので、荷物が見渡しやすく取り出しやすいです。

容量は14Lと、薄いデザインのわりに多くのモノが収納できます。

ちなみに、ファスナーポケットがあるので整理整頓もしやすいです。

充電ケーブルのようなごちゃつくモノを収納しておくと良いかも。

メモ帳やペンの収納ポケットもあります。

手帳もモレスキンで揃えると完全体になるとか。知らんけど。

背面ポケット(PCポケット)

写真は13インチのMacBook Proですが、このようにすっぽりと収まります。(15インチまで収納可能みたいです)

収納力

参考までに「500ml」のペットボトルを5本入れてみました。

横幅はこれが限界です。奥行きは少し余裕があります。

ちなみに「弁当箱」などは入らないのが多いと思います。

500mlペットボトルよりも明らかに太いモノを持ち運びたい方には、あまりおすすめできません。

「メトロ スリムバックパック」の良いところ

  1. サイズと容量が絶妙
  2. PCが取り出しやすい
  3. 防水性に優れている

①:サイズと容量が絶妙

”ただ薄いだけ”のリュックなら、他にもっと良いリュックはたくさんあります。

しかし、

”ただ薄いだけ”のリュックは、収納力がなさすぎて快適に使えないなと思い、僕はメトロ スリムバックパックを選びました。

例えば、「羽織れる上着」「ペットボトル」「ヘッドホン」なども収納できた方が快適に使えるはずです。

さらにメトロ スリムバックパックは、潰すと紙切れみたいに薄くなるので汎用性が抜群です。(紙切れは言い過ぎた)

どれくらい薄くなるかは、YouTuberのマナブさんの動画を見た方がわかりやすいので覗いてみてください。

②:PCが取り出しやすい

PCを独立で収納できるという点も良いですね。

さらに、

ファスナーがガバッと下まで開くので、写真のように使用すると「サイドからの取り出し」も可能で便利です。

PCや書類など、中に入っているモノを取り出す際、毎回リュックを覗き込む動作って結構面倒なんですよね。

僕は電車内でiPadを取り出す際に、その便利さを感じています。

③:防水性に優れている

メトロ スリムバックパックの素材は「ナイロン製」なので、写真のようにかなり水を弾いてくれます。

また、止水ファスナーも備えているので水タイプにめちゃくちゃ強いです。(カメックスもびっくり)

急なスコールが多いこのご時世には嬉しい。

さらに、ナイロン素材は水に強いだけでなく、汚れにも強いです。

リュックが汚れたら、ウエットティッシュなどで拭けば汚れが落ちて綺麗になります。

長く愛用できそうなのも良いですね。

「メトロ スリムバックパック」の気になるところ

特に不満はありませんが、「小物ポケットが少なすぎる」と思うくらいですね。

小物ポケットは「フロント部分」と「メイン収納部分」の2箇所しかありません。

小物を細かく整理したい方は、ポーチを別で用意する必要があります。

ちなみに僕は「Incase」のポーチを使用しています。(充電ケーブルなどが整理しやすいです)

あわせて読みたい
【Incase Nylon Accessory Organizer レビュー】大容量でもスマートなガジェットポーチ Incaseのガジェットポーチ『Nylon Accessory Organizer(ナイロンアクセサリーオーガナイザー)』のレビューをします。 【本記事の内容】 Incase Nylon Accessory Organ...

MOLESKINE「メトロ スリムバックパック」レビュー【まとめ】

【良いところ】

  • サイズと容量が絶妙
  • PCが取り出しやすい
  • 防水性に優れている

【悪いところ】

  • 小物ポケットの数が少ない

MOLESKINEの「メトロ スリムバックパック」をレビューしました。

「メトロ」という名だけあって、地下鉄などの移動に特化したリュックになっています。

電車内でリュックを前に持ってこなくてもいいですし、人混みでもスイスイ歩けるのでかなり楽です。

必要最小限の収納力しかないリュックですが、

リュックに合わせて「必要最小限のモノしか持たなくなる」ので、ミニマリストを目指している方にこそおすすめできるリュックです。

カラーは

  • ブラック
  • アッシュグレー
  • オレンジイエロー
  • サファイアブルー
  • モスグリーン

「5色展開」です。気になった方は一度チェックしてみてください。

では最後まで読んでいただきありがとうございます。

カズヤ(@kazuyadesu8)でした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる