【厳選】Switchにおすすめなモバイルバッテリー5選|旅行に欠かせない必需品

当ブログには広告が含まれています。

「Switchを持ち出して遊びたいけど、バッテリーが切れそうで不安」

こういった方はモバイルバッテリーを購入しましょう。
モバイルバッテリーがあればコンセントがなくてもSwitchの充電ができます。

とはいえ、モバイルバッテリーといっても種類が多すぎて「どれがSwitchに最適なの?」と疑問ですよね。また適当に選んでしまうと後悔するので注意です。

そこで本記事では、Switchにおすすめなモバイルバッテリーを5つ厳選して紹介します。

Kazuya

僕はガジェットが好きでモバイルバッテリーはいろいろ使ってきました。
充電器類にはかなり詳しいほうだと自負しているのできっと役に立つはずです。

この記事を読めば、自分に合ったSwitch用のモバイルバッテリーが見つかるでしょう。

ぜひ最後まで読んでみてください。

Contents

Switchにおすすめなモバイルバッテリーの選び方

Nintendo Switch

「Switchに最適な充電器の条件って何?」

まずはここを解説します。

Switchのモバイルバッテリーは以下の条件で選びましょう。

  • 容量は10,000mAh以上か
  • USB-C端子を搭載しているか
  • 信頼できるメーカーであるか

カンタンに解説します。

①:容量は10,000mAh以上か

Switchのモバイルバッテリーの容量は「10,000mAh以上」がおすすめです。

なぜなら、Switchを1回以上フル充電できるから。

Switch本体のバッテリー容量は「4,310mAh」、Joy-Con片方が「525mAh」です。

任天堂公式サイトQ&A「本体やコントローラーのバッテリー規格を知りたい」
出典:任天堂

「5,000mAhのモバイルバッテリーでも十分じゃない?」と思うかもしれませんが、モバイルバッテリーは電圧変換時に30%ほどロスが発生します。

つまり実数値は…

表記容量実際の容量
10,000mAh7,000mAh
5,000mAh3,500mAh

です。

なので、Switchをフル充電するなら「10,000mAh」の容量がほしいんですよ。

もちろん、10,000mAh以上のモバイルバッテリーを選んでもOKですが、「容量が大きい=重量アップ」となります。

持ち運びやすさも加味すると、僕は10,000mAhタイプがベストです。

②:USB-C端子を搭載しているか

モバイルバッテリーは「USB-C端子(Type-C)」を搭載しているものを選びましょう。

なぜなら、USB-C(Type-C)は素早く充電できるからです。

Switchは急速充電規格「USB PD」に対応しており、これを活用するにはUSB-C(Type-C)に対応したケーブルを使う必要があります。

従来のUSB-A(Type-A)でも充電はできますが、速度がかなり遅いです。

Switchを充電しながら遊ぶとパワー不足で全然充電できないこともあるので注意してください。

Switchの充電に必要なワット数は「16W」です。
USB-Cのモバイルバッテリーであればほぼクリアしています。

ちなみに、USB-C to USB-Cのケーブルを持っていない方は以下のケーブルが絡みにくくておすすめです(今後何かと便利なので1本持っておいて損ありません)。

③:信頼できるメーカーであるか

モバイルバッテリーは「メーカーの信頼度」も重要です。

なぜなら、下手なメーカーを選ぶと充電器が爆発したり、Switchが故障したりするリスクがあるから。

とくに最近は大手メーカーに対抗して「こんなにコンパクトなのに高出力!」「同じ性能なのに低価格!」みたいな充電器メーカーも増えています。

ほとんどは大丈夫だと思いますが、実績のないメーカーは設計を攻めすぎて事故を招く可能性があるので注意です。

個人的には「Anker」を選んでおけば間違いないと思っています(本記事ではAnker製品しか選んでいません)。

Switchにおすすめなモバイルバッテリー5選

それでは本題。

僕がおすすめするSwitchのモバイルバッテリーは以下の5つです。

順番に解説します。

①:Anker PowerCore Fusion 10,000

Anker PowerCore Fusion 10,000

万人におすすめできるのは「Anker PowerCore Fusion 10,000」です。

この製品の魅力は、モバイルバッテリーと充電器が一緒になっているところ。

一般的にはモバイルバッテリーと充電器は別々で持ちますが、この製品があれば1台だけで済みます。カバンの中身がスッキリするので便利ですよ。

Anker PowerCore Fusion 10,000

モバイルバッテリーあるあるの「充電忘れ」も防げるし、容量も10,000mAhだから安心です。

重量とサイズが若干気になるところですが、1台2役と考えればまぁこれくらいでしょう。

持ち物をスッキリさせたい方におすすめです。

②:Anker 633 Magnetic Battery(MagGo)

Anker 633 Magnetic Battery(MagGo)

小型の10,000mAhモバイルバッテリーです。僕はこれを愛用しています。

この製品の魅力は、iPhoneをケーブルなしで充電できるところ。

MagSafeに対応しているiPhoneなら、マグネットでパチっとくっつけるだけでワイヤレス充電ができます。スタンド機能も地味に便利。

Anker 633 Magnetic Battery(MagGo)
スタンド機能(Switchでは使えないが…)

もちろん、USB-C端子も搭載しているのでSwitchの充電もできます。

iPhoneユーザーで、ついでにSwitchも充電できればいいな…という方におすすめです。

③:Anker 523 Power Bank

③:Anker 523 Power Bank

持ち運びやすいモバイルバッテリーを探しているならコレ。

形状がかなりスリムなので、Switchと一緒に入れて持ち運べるポーチも多いでしょう。

容量は10,000mAh。カバンやポーチに常備しておけば安心できます。

④:Anker 733 Power Bank

Anker 733 Power Bank

最初にあげた「充電器+モバイルバッテリータイプ」の強化版です。

何が強化されたかというと「充電端子が1つ多くなった」「出力が大きくなった」の2点。

Anker 733 Power BankAnker PowerCore Fusion 10,000
製品
充電端子USB-C×2
USB-A×1
USB-C×1
USB-A×1
出力充電器:最大65W
モバイルバッテリー:最大30W
充電器:最大20W
モバイルバッテリー:最大20W
容量10,000mAh10,000mAh

Switchのモバイルバッテリーとしてはあまり変わりませんが、「パソコンも充電したい」という方はこちらがおすすめです。

⑤:Anker 737 Power Bank

Anker 737 Power Bank

「10,000mAhでは足りない」という方にはこちらがおすすめです。

容量はなんと24,000mAh。Switchなら3回ほど充電できます。

スマホ・タブレット・パソコンを充電できるし、友達や家族と充電をシェアしてもいいですね。

価格と重量がネックですが、災害時の充電にも役立つので、ひとつ持っておいてもいいかもしれません。

まとめ:Switchを持ち歩くならモバイルバッテリーも一緒に

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Switchにおすすめなモバイルバッテリーを紹介しました。

もういちど振り返りましょう。

デジタル機器が欠かせない現代において、モバイルバッテリーは持っておいて損ありません。

気になる製品があったなら、この機会にぜひチェックしてみてください。

関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Contents