中古のiPhoneはやめたほうがいい?全然ありな3つの理由

「iPhoneを中古で買うのはやめたほうがいい?」

最近のiPhoneは10万円を超えており、なかなか新品では手が出しづらいスマホとなりました。

「型落ちで十分な気もするけど…」とは思うものの、古いiPhoneを買うのは不安材料も大きいですよね。

しかし、iPhoneを中古で買うのは全然ありです。むしろおすすめと言っても過言ではありません。

本記事では、iPhoneを中古で買うのはおすすめである理由と信頼できる購入先を紹介します。

iPhoneを中古で買うかどうか悩まれている方の参考になれば幸いです。

目次

iPhoneを中古で買うのはやめたほうがいい?おすすめしない?

まずは「iPhoneを中古で買うのはおすすめしない」と言われる理由を整理しておきましょう。

一般的には以下の3つから購入をためらう人が多いはず。

  • バッテリーが劣化している
  • 買っても使えないリスクがある
  • スペックやOSサポートに不安がある

順番に解説します。

①バッテリーが劣化している

iPhoneは毎日利用するものなので「バッテリー劣化」は気になりますよね。

Appleによると、0→100%の充電を500回繰り返すと最大容量が80%まで劣化するとのことです。

通常のバッテリーは、通常の条件下で使用された場合、フル充電サイクルを 500 回繰り返した後も本来の蓄電容量の最大 80% を維持するよう設計されています。

引用:iPhoneのバッテリーとパフォーマンスーApple

僕の体感では、だいたい4年使えば80%くらいまで劣化する印象ですね。

バッテリー交換をすればいいだけの話ですが、それが面倒な人は中古での購入をためらうかもしれません。

ちなみに、iPhoneのバッテリー交換費用は14,500円程度です。

②買っても使えないリスクがある

中古のiPhoneは「赤ロム」や「アクティベーションロック」のリスクがあります。

  • 赤ロム:ネットワーク利用制限のかかっている状態
  • アクティベーションロック:第三者が利用できない状態

購入したiPhoneが上記の状態にあると、せっかく購入しても使えない場合があるんですよね。

それぞれ簡単に解説します。

赤ロム

赤ロムは、キャリアで購入した本体の分割払いが滞るとかけられます。

前ユーザーがしっかり完済してくれるといいのですが、途中で支払いをやめるとSIMカードを挿しても通信できなくなるんです。

赤ロムの仕組み

中古ショップでは赤ロムになるリスクを「ネットワーク利用制限判定」で記載されていますが、メルカリのような個人売買では気をつけたほうがいいですね。

アクティベーションロック

アクティベーションロックとは「盗難防止機能」のことです。

iPhoneを売却するときは解除しておく必要があるのですが、たまに未解除のまま売られていることがあります。

当然、アクティベーションロックのかかっているiPhoneは買っても使えません。

アクティベーションロックの解除には「前所有者のApple IDとパスワード」が必要ですので、自分ではどうしようもないんですよね…。

一応、遠隔でも解除できるのでリスクは低めですが、もし相手と連絡がつかなかった場合を考えると面倒くさく感じる気持ちもわかります。

③スペックやOSサポートに不安がある

型落ちモデルのスペックやOSサポートを気にする人も多いでしょう。

たしかに、古いスペックで動作がモッサリしていたり、OSサポート対象外になってアップデートできなかったり…というのは避けたいですよね。

とくに長く同じiPhoneを使いたいと考える人は「少し高くても新品のほうがコスパいいかも」なんて考えるかもしれません。

iPhoneを中古で買うのは「全然あり」な3つの理由

iPhoneは中古で買っても全然問題ありません。

理由は以下の3つです。

  • プロスタッフのいる店なら安心
  • モバイルバッテリーが小型化している
  • iOSは約6年間サポートされる

順番に解説します。

①プロスタッフのいる店なら安心

「赤ロムとか商品状態を考えると中古で買うのは怖いな…」

なんて感じたかもしれませんが、ちゃんとしたプロスタッフのいる店で買えば心配無用です。

たとえば…

この2店舗にはiPhoneに詳しいプロスタッフがいます。

プロスタッフがいれば…

  • 商品状態
    →検品をしっかりしてランク付けしてくれる
  • 赤ロム・アクティベーションロック
    →買取時にしっかり確認をしておいてくれる

と、ていねいに検品やクリーニングをしてくれるので中古でも安心です。

ちなみに商品ランクはこんな感じで付けられています▼

出典:イオシス

商品ランクは動作状況も合わせて付けられているので、そう考えると全然リスクに感じませんよね。

また、仮に赤ロムとなった場合でも「保証」がありますので、ネットワーク利用制限に怯える必要もありません。

出典:イオシス

このように、ちゃんとした中古ショップなら検品や保証がしっかりしています。

それでもあなたは中古でiPhoneを買うは怖いと感じますか?

「中古のiPhoneはおすすめしない」という声はメルカリのような個人売買の話であり、大手の信頼できる店から買えば全然リスクがありません。

以下の2店舗は信頼できる店ですので、iPhoneを中古で買うならぜひ一度チェックしてみてください。

②モバイルバッテリーが小型化している

「バッテリー劣化を考えると中古はコスパ悪い気がしてきた…」

このように考えている人もいるかもしれませんね。

しかし、iPhoneのバッテリー劣化が気になるなら「モバイルバッテリー」を使えばいいだけです。

「モバイルバッテリーなんて邪魔だし持ち歩きたくないよ」

なんて思うかもですが、最近のモバイルバッテリーはかなり小型化しているので持ち運びには困りませんよ。

たとえば、以下のモバイルバッテリーは口紅サイズでまったくかさばりません。

また最近のiPhoneは「MagSafe(背面の磁石でワイヤレス充電)」に対応しているので…

iPhone モバイルバッテリー
iPhoneとMagSafeモバイルバッテリー

こんな感じで気楽に充電できるものもあります。

このように、最近のモバイルバッテリーは持ち運びが苦になりません。

そう考えると、iPhoneのバッテリーは少し劣化していてもいいと思えませんか?

バッテリー交換も14,500円くらいでできます。新品を買うよりもお得です。

③iOSは約6年間サポートされる

「型落ちのiPhoneってスペックは大丈夫なの?すぐ使えなくなるのでは?」

こんな不安もあるかもしれませんが、iPhoneのOSサポートは6~7年ほどあります。

出典:Apple

つまり、発売から6年以内のiPhoneなら安心して使えるし、Appleも長く使うことを前提に作っているので中古でも全然問題ありません。

ちなみに最新のiOS 17に対応する最も古い機種は「iPhone XR」です。

なので、iPhone XRよりも新しいモデルを買えば中古でも十分使えますよ。

むしろ最新のiPhoneを買っても無駄な機能にお金を使うだけですし、安くiPhoneを買いたいなら中古はかなり賢い選択肢です。

iPhoneを中古で買うときによくある質問5選

  • 中古iPhoneはどの機種が狙い目?
  • 未使用品って買っても大丈夫なの?
  • iPhoneの整備済製品って何?
  • iPhoneって何年くらい使えるの?
  • AppleCare+って中古でも入れるの?

中古iPhoneはどの機種が狙い目?

中古iPhoneの狙い目は「3~4年前の機種」です。

というのも、iPhoneはOSサポートが約6年で切れるためです。

2024年最新OSに対応する機種

OSサポートが切れても使用自体はできますが…

  • 使えなくなるアプリが出てくる
  • セキュリティー面で不安になる

といったリスクがあるんですよね。

なので、少なくとも2~3年は安心して使える機種がおすすめです。

2024年でコスパが高いのは「iPhone 11」です。

未使用品って買っても大丈夫なの?

iPhoneの未使用品は買って大丈夫だし、むしろ狙い目です。

そもそも、なぜ未使用で売る人がいるのかというと…

  • クレジットカードを現金化したい
    →今すぐお金がほしい人が使う手法
  • 景品や懸賞でもらった
    →使わないから開封せずに売る
  • ポイントの期限が近いから使った
    →iPhoneは高値で売れるから売った

こういった事情の人が多いみたいです。

盗難品とか怪しい商品ではないので安心してください。

iPhoneの整備済製品って何?

整備済製品とは…

初期不良や注文キャンセルなどで返品された製品を、Appleが検品・部品交換をして再販売している製品のことです。

出典:Apple

外装やバッテリーが新しくなっているし、1年間のメーカー保証もつくため「新品同様」で購入できます。

価格的なうまみは小さいですが、「商品状態のいい型落ちモデルがほしい」という人は狙い目です。

Amazonで販売される整備済製品はほかの業者が修理した「中古品」です。間違えないようにしてください。

iPhoneって何年くらい使えるの?

iPhoneは発売から6~7年くらい経過したら買い替えましょう。

理由は、OSサポートが6~7年で対象外になるからです。

先述したとおり、OSサポート対象外になると…

  • 使えなくなるアプリが出てくる
  • セキュリティー面で不安になる

と、安心してiPhoneを使えなくなります。

本体は10年くらい使えると思いますが、セキュリティーを考えるとOSサポートが切れたタイミングで買い替えがおすすめです。

2024年時点だと「iPhone XR」より古い端末は買い替えたほうがいいです。

AppleCare+って中古でも入れるの?

中古のiPhoneはAppleCare+に入れません。

というのも、AppleCare+の加入条件が「新品購入時から30日以内」と定められているからです。

とはいえ、イオシスは3~6ヶ月、にこスマは1年間の販売店保証があるので問題ないかと思います。

「イオシスの保証では物足りない」と心配なら、「モバイル保険」という保証サービスがおすすめです。

モバイル保険は、月700円でiPhone・iPad・Apple Watchなどを3台までカバーできます。

正直、AppleCare+よりもお得です。

まとめ:iPhoneは中古で十分です

最後まで読んでいただきありがとうございます。

iPhoneは中古で十分である理由を解説しました。

もう一度まとめておきます。

  • プロスタッフのいる店なら安心
  • モバイルバッテリーが小型化している
  • iOSは約6年間サポートされる

中古iPhoneは「赤ロム」「アクティベーションロック」などのリスクがありますが、信頼できる店から買えば問題ありません。

また、近年はモバイルバッテリーも持ち運びやすいため「バッテリー劣化」もそこまで気になりません。

それにiPhoneは長く使えるように設計されています。

さらにいうと、iPhoneは保護フィルムやケースをつけて使う人が多いので、商品状態もけっこうキレイなものが多いんですよ。

なので、iPhoneは中古でも安心して使えます。

というわけで、中古iPhoneを買うなら「イオシス」「にこスマ」をぜひチェックしてみてください。

関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次