MENU

ケーブル不要の10,000mAh充電器「Anker 633 Magnetic Battery(MagGo)」【レビュー】

  • 「iPhoneを1回以上フル充電できるモバイルバッテリーがほしい」
  • 「ちょっとした遠出で身軽に持ち運べるモバイルバッテリーがほしい」
  • 「iPhoneとiPadを充電できる大容量なモバイルバッテリーがほしい」

そんな願望に応えるモバイルバッテリーを見つけました。

こんにちは、カズヤです。
iPhoneヘビーユーザーでモバイルバッテリーが欠かせません。

MagSafe対応のモバイルバッテリーはたくさん出ていますが、どれも容量が5,000mAh。
5,000mAhでは、iPhoneを1回未満しか充電できません。ヘビーユーザーにとっては少し心許ないですよね。

そこでおすすめなのが、今回紹介する「Anker 633 Magnetic Battery(MagGo)」。

Anker 633 Magnetic Battery(MagGo)は、MagSafe対応ながら10,000mAhの容量を搭載したモバイルバッテリーです。

iPhoneを約2回充電できるし、ケーブルも不要。

iPhoneヘビーユーザーはこのモバイルバッテリーを1つ持っていれば、電池残量を気にすることなく身軽に外出できますよ。

というわけで、Anker 633 Magnetic Battery(MagGo)について詳しくレビューしていきます。

Anker
¥7,990 (2022/08/23 19:52時点 | Amazon調べ)
目次

Anker 633 Magnetic Battery(MagGo)について

出典:Amazon

基本情報

Anker 633 Magnetic Battery(MagGo)の基本情報をかんたんに載せておきます。

製品名Anker 633 Magnetic Battery(MagGo)
バッテリー容量10,000mAh
サイズ108 × 67 × 19 (mm)
重量約218g
入力(USB-C)5V = 3A / 9V = 2.22A(最大20W)
出力(USB-C)5V = 3A / 9V = 2.22A(最大20W)
出力(USB-A)5V = 3A / 9V = 2A (最大18W)
出力(ワイヤレス)最大7.5W
出力(複数使用時)最大18W
パススルー充電
カラーブラック/ホワイト/ブルー
同梱物・Anker 633 Magnetic Battery (MagGo)
・USB-C & USB-C ケーブル (0.6m) 
・取扱説明書

Anker 633 Magnetic Battery (MagGo)は、3台同時充電できるのが特徴です(ワイヤレス・USB-C・USB-A)。

USB-Cケーブルも付属してくるので、iPadのようなMagSafe非対応デバイスの充電もできますよ。

外観

続いて、外観を紹介します。

前面にはフリップ式スタンド
裏面にはMagSafe
USB-Aポートとバッテリー残量確認ボタン
USB-Cポートはサイドに
バッテリー残量インジケーター
質感はマットでサラサラしています(ブラックは指紋が目立つ)
Anker
¥7,990 (2022/08/23 19:52時点 | Amazon調べ)

Anker 633 Magnetic Battery(MagGo)のメリット3つ

続いて、製品の特徴や使ってみた感想を紹介します。

Anker 633 Magnetic Battery(MagGo)のメリットは以下の3つ。

  1. iPhoneをケーブルなしで充電できる
  2. 容量が10,000mAhだから安心できる
  3. フリップ式のスタンドが付いている

順番に解説します。

①:iPhoneをケーブルなしで充電できる

Anker 633 Magnetic Battery(MagGo)の最大の特徴は「MagSafe充電対応」というところです。

MagSafeとは、iPhone12/13の背面にマグネットでくっつくこと。
つまり、iPhone12/13ならケーブルなしで充電ができます。

iPhoneの裏面に貼り付けるだけで充電可能

ちなみに使用しているのは、iPhone 12 Pro Maxです。

MagSafeモバイルバッテリーのメリット

「ケーブルなしだと何が良いの?」というと以下のとおり。

  • iPhoneを充電中でも操作しやすい
    →ケーブルが邪魔をしない
  • 本体を取り出してすぐ充電できる
    →ケーブル取り回しの手間がない
  • 外出時の荷物がコンパクトになる
    →ライトニングケーブルが不要になる

MagSafe充電はワイヤレス充電の上位互換です。一度体験すると、もう戻れなくなりますよ。

ワイヤレスイヤホンも充電できる

磁力もそこそこ強い

「マグネットの磁力はどうなの?」というと、そこそこ強めです。

以下の動画をご覧ください。

Anker 633 Magnetic Battery(MagGo)の磁力テスト

動画のように、軽く振ったくらいでは外れません。

もちろん過信は禁物ですが、常識の範囲内で使用するぶんには問題ないですよ。

マグネットでiPhoneを充電できるのはかなり便利です。

②:容量が10,000mAhだから安心できる

Anker 633 Magnetic Battery(MagGo)は、バッテリー容量が10,000mAhあるのもメリットです。

10,000mAhは「iPhone 13 Proを1.8回」充電可能。1日安心してiPhoneを使用できます。

僕は前モデルの5,000mAhタイプも使っていましたが、iPhoneをフル充電できない(0.7回くらい)ため少し不安だったんですよね。

たとえば、1日中外で過ごす日、iPhoneで読書やゲーム、テザリングをしていると5,000mAhなんて夕方くらいには使い切ってしまいます。

僕はiPhoneのバッテリーが半分を切ると不安になるタイプなので、心置きなく使える10,000mAhくらいはほしかったんですよね。

ちなみに、10,000mAhあれば「iPad Pro/Airを0.9回」「iPad miniを1.4回」充電できます。

③:フリップ式のスタンドが付いている

Anker 633 Magnetic Battery(MagGo)は、スタンド機能があるのもメリットです。

フリップ式だからカンタンに引き出せる

モバイルバッテリー×スタンドということで、充電しながら動画を観たり、読書したりするのに便利です。

また、iPhone用にスタンドを持ち歩いていた人は、このモバイルバッテリーがあれば荷物を減らせますよ。

実際にスタンドを使ってみる

縦向き
横向き

写真はiPhone 12 Pro Maxですが、滑り落ちることもないし、スタンドが崩れることもありません。

角度調節はできないものの、出先で使う簡易的なスタンドとしては必要十分ですよ。

Anker
¥7,990 (2022/08/23 19:52時点 | Amazon調べ)

Anker 633 Magnetic Battery(MagGo)のデメリット3つ

Anker 633 Magnetic Battery(MagGo)のデメリットは以下の3つ。

  1. ワイヤレス充電の速度が遅い
  2. スタンドの耐久性がやや心配
  3. 重量とサイズがやや気になる

順番に解説します。

①:ワイヤレス充電の速度が遅い

iPhoneをワイヤレスで充電できるのは魅力的ですが、有線と比べて速度は遅くなってしまいます。

  • ワイヤレス充電:最大7.5W
    →0%からフル充電:3時間半くらい
  • USB-C(有線)充電:最大20W
    →0%からフル充電:1時間超くらい

ワイヤレス充電だと30分で20%前後の回復ですね。

急いでるときは有線を使えばいいだけなので問題ありませんが、一応「ワイヤレス充電は速度が遅い」とお伝えしておきます。

ちなみに、モバイルバッテリー用にケーブルを持ち運ぶなら0.3mの短めタイプがあると便利ですよ。

②:スタンドの耐久性がやや心配

スタンドが付いているのは便利ですが、あくまで簡易的です。

耐久性はちょっと心配ですね。

画面操作はちょっと怖い…
強い負荷がかかると折れそう…

一応、以下のようにスマホホルダーとしても使えるのですが、何かの拍子に壊れそうで気軽に使えません。

指に力が入るとカンタンに折れそう…

実際に折ったわけではないし、普段使いでは壊れないと思いますが、一応お伝えしておきます。

③:重量とサイズがやや気になる

容量が10,000mAhあるのは心強いですが、その分、従来型よりもサイズと重量は犠牲になりました。

スクロールできます
モデルAnker 633 Magnetic Battery(MagGo)Anker 622 Magnetic Battery(MagGo)Anker PowerCore Magnetic 5000
製品
容量10,000mAh5,000mAh5,000mAh
サイズ107×67×18mm105×66.5×12.7mm93×62.5×16 mm
重量約218g約140g約133g
Anker MagSafeモバイルバッテリーの比較
10,000mAh
5,000mAh
10,000mAh
5,000mAh

手で持っているときは大して差を感じませんが、iPhoneと一緒にズボンのポケットに入れると10,000mAhは結構ズシっとしますね。

218gは、マンガ単行本1冊より少し重いくらいです。

なので、容量よりも携帯性を重視するなら従来型である5,000mAhのほうがいいかもしれません。

10,000mAh

Anker
¥7,990 (2022/08/23 19:52時点 | Amazon調べ)

5,000mAh(スタンドあり)

Anker
¥6,990 (2022/08/24 16:13時点 | Amazon調べ)

5,000mAh(スタンドなし)

Anker
¥5,390 (2022/09/23 18:09時点 | Amazon調べ)

Anker 633 Magnetic Battery(MagGo)がおすすめな人

ここまで「Anker 633 Magnetic Battery(MagGo)」のメリット・デメリットを解説しました。

それを踏まえて「どのような人におすすめか?」というと以下のとおりです。

  1. 持ち物をコンパクトにしたい人
    →ライトニングケーブルが不要になる
  2. 電池の残量を気にしたくない人
    →iPhoneを約1.8回充電できる
  3. 出先で読書や動画鑑賞をする人
    →充電を気にしなくていい&スタンド付き

上記に当てはまるなら買って後悔しません。

ケーブル不要だから身軽
ライトニングケーブルを断捨離できる
バッテリーを気にせず動画視聴できる

Anker 633 Magnetic Battery(MagGo)は「パススルー充電にも対応」しているので旅行先でも活躍しますよ。僕はライトニングケーブルを持ち歩かなくなりました。

パススルー充電とは、モバイルバッテリーとスマホの両方を同時充電できる技術のことです。

Anker
¥7,990 (2022/08/23 19:52時点 | Amazon調べ)

まとめ:Anker 633 Magnetic Battery(MagGo)があれば身軽に外出できる

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Anker 633 Magnetic Battery(MagGo)のレビューをしました。

製品のメリット・デメリットをまとめると以下のとおり。

メリットデメリット
iPhoneをケーブルなしで充電できる
容量が10,000mAhだから安心できる
フリップ式のスタンドが付いている
ワイヤレス充電の速度が遅い
スタンドの耐久性がやや心配
重量とサイズがやや気になる

Anker 633 Magnetic Battery(MagGo)は、MagSafe充電と有線充電の両方に対応しているハイブリッドなモバイルバッテリーです。

容量も10,000mAhあり、「iPhone 13 Proを約1.8回」「iPadを約0.9回」充電できるので汎用性も高い。

お守り代わりのモバイルバッテリーなら5,000mAhでも十分ですが、iPhoneをヘビーユーズしているならサイズと重量がアップしても本製品を選んだほうがいいですよ。

というわけで、Anker 633 Magnetic Battery(MagGo)のレビューでした。

Anker
¥7,990 (2022/08/23 19:52時点 | Amazon調べ)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次