MENU

Nintendo Switchに保護フィルムはいらない?絶対に必要である3つの理由

Nintendo Switchに保護フィルムって必要かな?iPhoneに保護フィルムはいらないっていうし、Switchにもいらないよね?

こういった疑問にお答えします。

本記事の内容
  • Nintendo Switchに保護フィルムは絶対に必要である3つの理由
  • 保護フィルムは、PET素材よりも「ガラス素材」がおすすめです

こんにちは、カズヤです。

Nintendo Switchに保護フィルムを貼るかどうかって結構迷いますよね。

結論からいうと、Nintendo Switchに保護フィルムは必要です。

なぜなら、Nintendo Switchのディスプレイはキズが付きやすいから。僕はiPhoneには保護フィルムを貼っていませんが、Nintendo Switchには貼っています。

そんなわけで、Nintendo Switchに保護フィルムが必要な理由を詳しく解説します。

この記事を読めば、Nintendo Switchに保護フィルムを貼る重要性がわかりますよ。

ちなみに、「iPhone」「iPad」「MacBook」に保護フィルムがいらない理由はこちらで解説しています。興味のある人は読んでみてください。

Contents

Nintendo Switchに保護フィルムは絶対に必要である3つの理由

理由は以下の3つです。

保護フィルムが必要な理由
  1. 樹脂製はキズが付きやすいから
  2. ドックから出し入れがあるから
  3. ブルーライトで目が疲れるから

理由①:樹脂製はキズが付きやすいから

iPhoneやiPadのディスプレイは、キズがつきにくい「ガラス」で作られています。

そのため、保護フィルムを貼る必要がありません。

しかし、Nintendo Switchのディスプレイは、ガラスではなく「樹脂」で作られています。

樹脂はガラスよりも割れにくいのがメリットですが、「キズが付きやすい」というデメリットがあるんですよね。

なので、保護フィルムを貼らずに使用していると、ディスプレイが擦り傷だらけになる可能性が高いというわけです。

擦り傷だらけのディスプレイでプレイしたくはないですよね。

「有機ELモデル」はガラス素材に変更となっていますが、表面に飛散防止フィルムが貼ってあるため変わらずキズは付きやすいです。また、この飛散防止フィルムは剥がしてはいけません。参照:任天堂公式サイト

理由②:ドックから出し入れがあるから

でもSwitchにキズが付く場面ってあまりなくない?外に持ち出すときはケースとかポーチに入れるし。

このような意見があるかもしれませんが、Switch本体をドックから出し入れするならキズが付くリスクは高いです。

雑に出し入れをすると、結構ガチャガチャ当たってしまいますよね。

「自分は慎重に出し入れするから大丈夫」という人でも、手が滑ったとか、魔が差したとか思わぬアクシデントはあると思います。

前述のとおり、Switchのディスプレイは樹脂製のためキズが付きやすいです。少し当たってしまっただけでも擦り傷になってしまう可能性は高いですよ。

「自宅でしか遊ばない」「ドックに入れたまま」という人なら保護フィルムはいらないかもしれませんが、少しでも持ち出す可能性があるなら貼っておくことをおすすめします。

どうしても保護フィルムを貼りたくない人におすすめなドック

理由③:ブルーライトで目が疲れるから

ブルーライトから目を守るためにも保護フィルムは貼ったほうがいいです。

iPhoneやiPadには「Night Shift」という本体設定でブルーライトを軽減してくれる機能がありますが、Switchには備わっていません。

ブルーライトを浴び続けると、

  • 目が疲れて集中力がなくなる
  • 網膜を痛めて視力が低下する
  • 自律神経が乱れて眠れなくなる

といった症状につながります。

ブルーライトカットは、プラシーボ効果(思い込み)みたいな意見もあり、実際に効果があるのかは不明です。しかしシンプルに画面が見やすくなるので僕はあったほうがいいと思います。

ブルーライトカットフィルムを貼ったからといって、画質が著しく低下することもないので、よくゲームをするなら貼ったほうがいいですよ。

どうしてもフィルムを貼りたくない人はメガネもおすすめ

保護フィルムは、PET素材よりも「ガラス素材」がおすすめです

Switchに保護フィルムを貼ったほうがいいのはわかったけど、いろんな種類があって選べないなぁ。

こういった人もいると思うので、おすすめな保護フィルムも紹介しておきます。

結論からいうと、Nintendo Switchは「ガラス素材のブルーライトカットフィルム」がおすすめです。

保護フィルムは大きく分けて、「PET素材」「ガラス素材」の2種類があります。

  • PET素材・・・価格は安いが、傷や汚れが付きやすい
  • ガラス素材・・・価格は高いが、傷や汚れが付きにくい

保護フィルムなんて安いので十分じゃない?

という人が多いと思います。

しかし、ガラス素材は傷や汚れが付きにくいため1度貼ったら買い替えなくていいのがメリットになります。

なので、トータルで見ると、PET素材よりも安いと思うんですよね。

ガラスは落下すると割れてしまいますが、スマホと違って、Switchを落下させるシーンは余程ないはずです。

そんなわけで、Switchにおすすめな保護フィルムは「ガラス素材+ブルーライトカット」になります。

ちなみに、メーカーによっての差はほとんどないので、シンプルにAmazonで評価の高いものを選べばOKです。

まとめ:Nintendo Switchには「ガラスフィルム」を貼ろう

保護フィルムが必要な理由
  1. 樹脂製はキズが付きやすいから
  2. ドックから出し入れがあるから
  3. ブルーライトで目が疲れるから

さいごまで読んでいただきありがとうございます。

Nintendo Switchに保護フィルムは必要である理由を紹介しました。

「iPhoneに保護フィルムが不要なら、Switchもいらないんじゃない?」と思いがちですが、iPhoneとSwitchとではディスプレイの素材が違います。

Switchのディスプレイに採用されている樹脂はキズが付きやすいので、傷を付けたくない人は保護フィルムを貼りましょう。

樹脂からガラスに変更となった「有機ELモデル」も表面に貼ってある飛散防止フィルムはキズが付きやすいと思います。※剥がすこと不可

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Contents
閉じる