Anker 521 Power Bank レビュー|持ち歩く充電器はこれひとつでOK

当ブログには広告が含まれています。

ミニマリスト御用達アイテムといえば「1台2役のハイブリット型充電器」

”ACアダプターとモバイルバッテリー”を1台にまとめた充電器は荷物を減らすのに役立ちます。

ただ、このハイブリット型充電器は「サイズが大きくて重い」「コンパクトだけど出力不足」といったものばかりでした。

今回紹介する「Anker 521 Power Bank」は”サイズも出力もちょうどいい”ハイブリット充電器です。

実際に使用してみた感想をまとめましたので、興味のある方はぜひ参考にしてください。

メリット
デメリット
  • iPhoneとMacBookを同時充電できる
  • 必要最低限の機能とサイズで使いやすい
  • ミニマルデザインで所有欲が満たされる
  • 皮脂汚れが目立ちやすい
  • モバイルバッテリー使用時は最大20Wになる
  • PC用モバイルバッテリーとしては心許ない
Contents

Anker 521 Power Bankの基本情報

Anker 521 Power Bank

Anker 521 Power Bank」は、USB-C充電器とモバイルバッテリーの機能を備える1台2役のハイブリット充電器です。

主なスペックは以下のとおり。

製品名Anker 521 Power Bank
サイズ幅71mm・奥行31mm・高さ60mm
重量約200g
バッテリー容量5,000mAh
ポート数USB-C(×2)
出力ACアダプター:最大45W
モバイルバッテリー:最大20W
※モバイルバッテリー2ポート利用時:最大18W
カラーブラック / グリーン / パープル / ホワイト/ ブルー
価格8,990円
特徴1台2役のハイブリット充電器
パススルー充電対応

本製品の特徴は「最大45W出力」「5,000mAh」の2点です。

1台2役のハイブリット充電器はほかにもありますが、この特徴にどんな魅力があるのか?

実際に使用してみた感想を述べていきます。

Anker 521 Power Bankの良かったところ

Anker 521 Power Bank

まず「Anker 521 Power Bank」の良かったところを紹介します。

  • iPhoneとMacBookを同時充電できる
  • 必要最低限の機能とサイズで使いやすい
  • ミニマルデザインで所有欲が満たされる

①iPhoneとMacBookを同時充電できる

Anker 521 Power Bank

Anker 521 Power Bankは「最大出力45W」「USB-Cポート2つ」を備える充電器です。

ぼくはiPhoneとMacBook Airを持ち運んでいるので、この充電器があれば2台同時に充電できます。

対応W数
  • iPhone:20W
  • iPad:30W
  • MacBook Air:30W

「旅行や出張の際の充電器はこれ1つでいい」と思えるのはミニマリスト的に嬉しいポイントです。

MacBook Proの充電には「61W以上」が必要ですが、じわじわと給電はしてくれます。

②必要最低限の機能とサイズで使いやすい

Anker 521 Power Bank

Anker 521 Power Bankは、ぼくにとって「必要最低限」で使いやすいです。

具体的には以下のとおり。

  • 最大45W出力
    iPhone+MacBook Airには十分。
  • 容量5,000mAh
    iPhoneを約0.8回充電できるため日常使いでは十分。

普段持ち歩く充電器はできるだけ小さくしたいものです。

今までハイブリット充電器は「サイズは小さいけど出力が足りない」「出力は十分だけどサイズが大きすぎる」といったものばかりでした。

Anker 521 Power Bankは高出力かつサイズが小さいのが魅力。
カバンやポーチに入れてもかさばりません。

PCのモバイルバッテリーには心許ない容量ですが、M1以降のMacBookはバッテリー持ちが優秀なので問題ありません。

③ミニマルデザインで所有欲が満たされる

Anker 521 Power Bank

Anker 521 Power Bankはデザインも素晴らしいです。

モダンで芸術性があるというか…ぼくはこのデザイン好きですね。

ほかのメーカーでも似たような充電器が販売されていますが、ぼくはAnkerのデザインが気に入ったのでこれを買いました。

たかが充電器ですが、使っていてテンションが上がるのは魅力的ですよね。

カラーも5色あるのでファッションアイテムとしても楽しめます。

Anker 521 Power Bankの気になったところ

Anker 521 Power Bank

続きまして、Anker 521 Power Bankの気になるところを紹介します。

  • 皮脂汚れが目立ちやすい
  • モバイルバッテリー使用時は最大20Wになる
  • PC用モバイルバッテリーとしては心許ない

①皮脂汚れが目立ちやすい

Anker 521 Power Bank

Anker 521 Power Bankのデザインは素晴らしいです。

ただ、ちょっと汚れが目立ちやすいのが欠点ですね。

ブラックが目立つだけかもなので、汚れが気になる方は別のカラーをおすすめします。

②モバイルバッテリー使用時は最大20Wになる

Anker 521 Power Bank

Anker 521 Power Bankの最大出力は45Wです。

ただ、モバイルバッテリーとして使用する場合は「最大20W」まで落ち込んでしまいます。

スマホの充電は問題ありませんが、タブレットやノートPCをモバイルバッテリー状態で”高速充電”するにはパワーが足りません

iPadやMacBook Airの高速充電には「30W以上」が必要です。

一応、MacBook Airで使用した際もじわじわと充電はしてくれましたが、速度はやや遅めですね。

安全性やサイズを考えると仕方のないところですが、今後のアップデートに期待したいところです。

③PC用モバイルバッテリーとしては心許ない

Anker 521 Power Bankのモバイルバッテリー機能は「あくまでもスマホ用」です。

スマホなら0.8回分くらい充電できますが、ノートPCやタブレットは0.2回分くらいしか充電できません。

ノートPCやタブレットでモバイルバッテリーを使いたいのであれば、最低でも10,000mAhを備えるものを選びましょう。

容量10,000mAhのハイブリット充電器

Anker 521 Power Bankはこんな人におすすめ

Anker 521 Power Bank

Anker 521 Power Bankは以下に当てはまる人におすすめです。

  • 持ち歩く充電器を減らしたい人
  • iPadやMacBook Airを持ち歩く人
  • バッテリー容量よりもサイズを重視する人

旅行や出張のときに「充電器とモバイルバッテリー」を持ち運ぶ人は多いでしょう。

Anker 521 Power Bankは「ノートPCやタブレット用充電器」「スマホ用のモバイルバッテリー」を1台にまとめられます。

サイズも小さくて持ち運びやすいので、充電器類を身軽にしたい方にはピッタリですよ。

まとめ:Anker 521 Power Bankで充電器類をミニマルに。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Anker 521 Power Bankのレビューをしました。

実際の使用感をもういちどまとめておきます。

メリット
デメリット
  • iPhoneとMacBookを同時充電できる
  • 必要最低限の機能とサイズで使いやすい
  • ミニマルデザインで所有欲が満たされる
  • 皮脂汚れが目立ちやすい
  • モバイルバッテリー使用時は最大20Wになる
  • PC用モバイルバッテリーとしては心許ない

ぼくは1台2役のハイブリットバッテリーが苦手でした。

ノートPCを充電できるものはサイズが大きいし、小さいものは出力が足りないし…でなんだか「中途半端」なイメージだったんですよね。

しかし、Anker 521 Power Bankは「出力」「サイズ」ともにバランスの良い仕上がりになっています。

「モバイルバッテリーを断捨離したいけど、万が一を考えるとカバンには入れておきたいな…」

そんな方はぜひチェックしてみてください。

関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Contents