これは買ってよかった。ミニマリストであるぼくの愛用品【BEST10】

当ブログには広告が含まれています。

「必要最小限だからこそ、こだわる」。

ぼくは少ない持ち物で暮らすことに快感を覚えるミニマリスト、いわゆる変態です。

持ち物が少ないからこそ、ひとつひとつにこだわってモノ選びをしています。

本記事では、そんなミニマリストなぼくの愛用品を10個のみ厳選して紹介します。

ちなみに選定基準は以下のとおり。

  • ミニマリズムが促進する
  • 触れるだけでセロトニンが分泌する
  • 居酒屋で2時間は熱く語れる

何かひとつでも参考になるものがあれば嬉しいです。

Contents

ミニマリストのぼくの愛用品【BEST10】

今回紹介する愛用品は以下のとおりです。

  • MacBook Air
  • BOSE QuietComfort Ultra Earbuds
  • Anker 521 Power Bank
  • ABLE CARRY Thiteen Daybag
  • HOLICC PackBag+
  • less is_jp 手ぶらエコバッグ(Mサイズ)
  • KINTO トラベルタンブラー
  • BALMUDA The Lantern
  • drip PRESSo
  • 山善 テーブル付き収納スツール

あまり熱くなりすぎないように気をつけて紹介しますね。

MacBook Air

仕事道具として欠かせない「MacBook Air」。

ぼくはフリーランスで主にライターをしているのですが、キーボードの打ち心地が軽くていいんですよね。

MacBookはトラックパッドが優秀で「マウスいらず」なのもミニマリスト的に嬉しいポイントです。

ぼくがライターという仕事を選んだのは「MacBookを触れるから」でもあります。

BOSE QuietComfort Ultra Earbuds

ワイヤレスイヤホンは「BOSE QuietComfort Ultra Earbuds」を愛用中。

ぼくはiPhoneユーザーなので長らくAirPods Proを使用していたのですが、BOSEは完全上位互換だったので買い替えました。

ぼくが惹かれた特徴は以下の3つです。

  • 重低音×空間オーディオの音楽体験
  • 世界No.1と呼ばれるノイズキャンセリング
  • 4時間以上着けっぱなしでも疲れない装着感

とくに空間オーディオで聴く音楽は鳥肌ものです。ぼくはもう生半可なワイヤレスイヤホンでは満足できなくなりました。

正直、iPhoneで音楽を聴くならAirPods Proで十分と思っていましたが、BOSEだけは他社と明らかに違いましたね。

Anker 521 Power Bank

Anker 521 Power Bank

モバイルバッテリー機能も備える充電器「Anker 521 Power Bank」。

  • 最大45W出力
  • USB-Cポートを2つ搭載
  • 5,000mAhのモバイルバッテリー機能

この充電器があれば、iPhoneとMacBookを2台同時充電できます。

昔は充電器とモバイルバッテリーを別々に持っていたんですよ。

でもモバイルバッテリーって使うと充電するのが面倒&忘れがちじゃないですか。

だから一体型に買い替えました。

正直、モバイルバッテリーもあまり使わないのですが、電車が停電で止まって3時間ほど閉じ込められたときに助かった経験があるので、一応持ち歩くようにしています。

充電器はこれひとつだけで十分です。

ABLE CARRY Thirteen Daybag

バックパックは「ABLE CARRY Thiteen Daybag」を愛用中。

容量13Lとかなり小さいサイズですが、持ち物が少ないぼくには最高にちょうどいいです。

このバックパックを使い出してから、今まで以上に移動するのが楽しくなりました。

詳しくはレビュー記事に譲りますが、素材・ポケットの数・背負い心地も素晴らしいバックパックです。

HOLICC PackBag+

旅行やサウナで欠かせないのが「HOLICC PackBag+」。

こちらは圧縮バッグとショルダーバッグの二刀流です。

ぼくはスーツケースを持たず、バックパックだけで旅行に行きます。

PackBag+のおかげで衣類を小さくまとめられるし、現地に着いたらサブバッグとしても使えるから便利なんですよね。

防水機能もあるので、ぼくはサウナに行くときも重宝しています。

圧縮バッグは100円ショップでも販売されていますが、PackBag+は素材が丈夫なので破損を気にせず使えて良いです。

less is_jp 手ぶらエコバッグ(Mサイズ)

エコバッグ兼サブバッグの「手ぶらエコバッグ」。

このエコバッグの魅力は「たたみやすさ」です。

使用後は折り目に沿ってたたみ、

マグネットでパチっと閉じるだけ。

ズボラなぼくはとにかく使いやすいです。

スーパーで大量の買いだめには向かないサイズですが、その分ぼくは無駄遣いをしなくなりました(Mサイズ使用)。

また、素材に使われるタイベックは、和紙のような質感でありながら丈夫という特徴があります。

「ちょっといいエコバッグを使っている」という感覚があって、なんとなく気分が上がるんですよね。

KINTO トラベルタンブラー

ミニマルデザインの水筒「KINTO トラベルタンブラー」。

家でも外でも、これに水かコーヒーを淹れて持ち運んでいます。

気に入っているのはデザインだけでなく、

  • 保温・保冷性能が高い
  • ステンレス素材で傷や汚れがつきにくい
  • 飲み口が優しく口当たりがいい

と、まさに文句なしの水筒です。

BALMUDA The Lantern

毎日のリラックスに欠かせない「BALMUDA The Lantern」。

夜になると間接照明として使っているのですが、暖色系の灯りがリラックス効果を最高に高めてくれるんですよ。

読書したり、ぼーっとしたりしていると自然と眠くなってくるので、睡眠導入にかなり役立っています。

公式サイトで交換バッテリーを買えば一生使える点も地味に嬉しいポイントです。

充電端子がMicroUSBというのがちょっと微妙ですが、それでも使い続けたいと思えるランタンですね。

drip PRESSo

超コンパクトな財布「PRESSo」。

この財布の魅力は、サイズが圧倒的に小さいところです。

ぼくはスマホ決済ばかりなので、ほとんど財布を使う機会がないんですよ。

とはいえ、万が一に備えて「現金・クレジットカード・身分証」は持ち歩きたい。

PRESSoはそんなぼくの生活にかなり馴染んでくれた財布でした。

また、素材に使われる「熟成レザー」の質感も好みで、持っているだけでなんだか気分が上がります。

山善 テーブル付き収納スツール

最強のミニマリズム促進アイテム「山善 テーブル付き収納スツール」。

こちらの製品は、

  • 収納ボックス
  • イス(座布団)
  • テーブル

と、1台3役なのが特徴。まさにミニマリスト向けの製品です。

正直、テーブルとしてはあまり使っていませんが、天板があることで座面がへたりにくいんですよね。

そのため、イスとしての機能を安心して使えます。

1年以上使っていますが、買ったときからほとんど状態が変わっていません。

もしミニマリストを目指したいと相談してきた人がいたら、ぼくは迷わずこの製品の購入をおすすめしますね。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ミニマリストのぼくの愛用品BEST10を紹介しました。

もういちどまとめておきます。

  • MacBook Air
  • BOSE QuietComfort Ultra Earbuds
  • Anker 521 Power Bank
  • ABLE CARRY Thiteen Daybag
  • HOLICC PackBag+
  • less is_jp 手ぶらエコバッグ
  • KINTO トラベルタンブラー
  • BALMUDA The Lantern
  • drip PRESSo
  • 山善 テーブル付き収納スツール

どの製品もぼくが心から愛しているものばかりです。

気になるものがあれば、この機会にぜひチェックしてみてください。

取材協力しています!

関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Contents