【身軽】手ぶらで外出したい男のポケットの中身6つ|ミニマリストのEDC

少し前にこんな記事を読みました。

広瀬すずも絶賛!かばん持たない”手ぶら男子”がモテる理由|女性自身

こちらを読んで「俺も手ぶら男子にならなきゃ…!」

と、使命感に駆られた人も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、ミニマリストの僕のEDC(Every Day Carry)を紹介します。

中野和哉

僕はミニマリスト歴3年以上の社会人です。仕事でパソコンを持ち運ぶ日以外はほとんど手ぶらで外出します。

「持ち物を小さくしたい」「男らしく身軽に外出したい」という方は、ぜひ参考にしてください。

仕事・旅行のカバンの中身はこちらに書きました

目次

手ぶらで外出したい男のポケットの中身

僕が手ぶらで外出するときの持ち物は以下の5つ。

  1. スマホ
    iPhone 12 Pro Max
  2. スマホリング
    Anker 610 Magnetic Phone Grip(MagGo)
  3. モバイルバッテリー
    Anker 633 Magnetic Battery(MagGo)
  4. ワイヤレスイヤホン
    AirPods Pro
  5. 財布・キーケース
    PRESSo
  6. エコバッグ
    手ぶらエコバッグ(S)

それぞれ紹介します。

【スマホ】iPhone12 Pro MAX

スマートフォンは「iPhone12 Pro Max」を使っています。

画面が6.7インチとかなり大きいのがポイント。
iPadのようなタブレットがなくても読書を十分楽しめます

読書は「Kindle Unlimited」を使っているので、いくら読んでも月980円です。

スキマ時間にビジネス書を読むのが快適
マンガも問題なく読める

このブログもiPhoneで書くことが結構あります。

ちょっと重いのがネックですが、タブレットやパソコンを持たなくてもいいのは魅力的ですね。

ちなみに、僕は裸で使っていますが、もしポケットに入らない場合は以下のケースがおすすめです。

MOFT
¥9,960 (2023/08/02 09:57時点 | Amazon調べ)

【スマホリング】Anker 610 Magnetic Phone Grip(MagGo)

iPhoneには、操作性アップのために「スマホリング」を付けています。

Anker 610 Magnetic Phone Grip(MagGo)は、iPhoneの裏面にマグネットで貼り付けられるので使いやすいです。

シールタイプだとMagSafe充電が不可となります。
iPhone 12/13を使っているなら着脱が簡単なマグネットタイプがおすすめですよ。

「マグネットだと外れそうで怖いな…」と思うかもですが、Ankerのリングは磁力が強いので安心です。

磁力テストの動画

もちろん過信は禁物ですが、ふつうに使っていて外れることはありませんよ。

Anker
¥2,000 (2022/08/25 10:43時点 | Amazon調べ)

追記:iPhoneで読書をするなら以下のスマホリングがおすすめです。

BoYata
¥2,599 (2023/08/02 10:50時点 | Amazon調べ)

【モバイルバッテリー】Anker 633 Magnetic Battery(MagGo)

僕はiPhoneで読書をしたり、ブログを書いたりするのでモバイルバッテリーも欠かせません。

モバイルバッテリーはいろいろありますが、僕は「Anker 633 Magnetic Battery(MagGo)」を愛用しています。

理由は以下の3つ。

  • 容量10,000mAhで1日中安心できる
    →iPhoneを1.5〜2回充電できる
  • ケーブルレスだから持ち運びやすい
    →MagSafe充電に対応している
  • 読書や動画鑑賞でスタンドが使える
    →バッテリーを気にせずに済む

「10,000mAhも必要?」と思うかもですが、なんでもスマホに集約する時代でバッテリー切れは死活問題です。

また、僕はスマホのバッテリーが半分を切るとそわそわしちゃうんですよね。
だから、余裕を持って大容量タイプを使っています。

【ワイヤレスイヤホン】AirPods Pro

ワイヤレスイヤホンは「AirPods Pro」を持ち歩いています。

ありきたりで面白くないかもですが、やっぱり良いものは良い

  • ケースが小さいからポケットでかさばらない
  • 最高クラスのノイズキャンセル&外音取り込み
  • 音質も必要十分。むしろ聴き疲れしなくていい

僕はほかにもイヤホンを持っていますが、外に持ち歩くときは「AirPods Pro」が断然多いです。

やっぱりなんだかんだで使いやすいですね。

Apple(アップル)
¥39,800 (2022/10/18 19:16時点 | Amazon調べ)

【財布・キーケース】PRESSo

僕はほとんどキャッシュレスで支払いを済ませますが、一応、現金も持ち歩いています。

dripが開発した「PRESSo」は、必要最小限なサイズなので持ち歩きやすいです。

手のひらサイズだから持ち運びやすい

また、家の鍵も財布の中に入れています。

キーケースとしても利用している

ちなみに、カードは6〜9枚収納可能です。

「小銭はどうしてるの?」と思うかもですが、もし小銭が出たらポケットにそのまま入れています。
帰宅したら小銭貯金する感じですね。

キャッシュレスに慣れると、財布もこれくらいコンパクトなもので十分ですよ(僕はほとんど使っていません)。

ちなみに、キャッシュカードを持ちたくない方は「みんなの銀行」を利用するといいですよ。

【エコバッグ】手ぶらエコバッグ(S)

レジ袋を買うのがもったいないので、エコバッグも持ち歩いています。

この記事を読んでいる人なら知っているかもですが、ミニマリストしぶさんが開発した「手ぶらエコバッグ」です。

手ぶらエコバッグは、折り畳むと財布と同じくらいコンパクトになるのがお気に入りポイント。

Sサイズです

これくらいコンパクトだとポケットに入れても邪魔になりません。

ポケットに常備しておくと、急な買い物にも対応できて便利なんですよね。

素材も「タイベック」という頑丈なものを使用しているので、見た目以上に安心して使えます。
1年以上使用してきますが全然へたりません。

ちなみに気に入りすぎて全サイズ買っちゃいました。

以上、僕が手ぶらで外出するときの持ち物です。

ちなみに:ポケットの中身をまとめたい場合

夏場はジャケット・コートを着ないため、ポケットの中身がごちゃごちゃします。

そんなときは以下のポーチがおすすめです。

TAVARAT(タバラット)
¥2,970 (2024/02/25 15:27時点 | Amazon調べ)

このポーチは、ズボンのポケットにも入ります。

ポケットの中身をひとまとめにしたいときに活躍しますよ。

手ぶらで外出するメリット・デメリット

ここまで、僕が手ぶらで外出するときの持ち物を紹介しました。

とはいえ、手ぶら外出の魅力がわからない人や、カバンがなくて心配な人もいますよね。

そこで、僕が感じる手ぶら外出のメリット・デメリットも簡単に書き記しておきます。

手ぶらで外出するメリット
  • 身軽だから、電車や徒歩の移動が楽になる
  • 疲れないから、思考がポジティブになる
  • カバンに合わせた服を持たなくてよくなる
手ぶらで外出するデメリット
  • モノが落ちてないか気になる
  • 通り雨が降るとずぶ濡れになる
  • 細身のパンツだと少しキツイ

僕が手ぶらにこだわるのはモノが少ないのもありますが、いちばんは思考も身軽になるからです。

パソコンやタブレットを持ち運ぶと、移動だけでも疲れますよね。
そうなると、新しい場所を開拓しようという気も起きにくく、行動範囲が狭くなります。

一方で、手ぶらだと、どんどん移動したくなります。

少し遠くのカフェを開拓してみたり、1駅2駅ぶん歩いてみたりしていると、新しい発見があって楽しいですよ。

新しい発見があると楽しいし、脳に刺激がいって仕事のアイデアも浮かびやすくなるのでおすすめですよ。

まとめ:手ぶらで外出してみよう

最後まで読んでいただきありがとうございます。

手ぶらで外出することが多い僕のEDCを紹介しました。

もういちど紹介すると以下のとおり。

  1. スマホ
    iPhone 12 Pro Max
  2. スマホリング
    Anker 610 Magnetic Phone Grip(MagGo)
  3. モバイルバッテリー
    Anker 633 Magnetic Battery(MagGo)
  4. ワイヤレスイヤホン
    AirPods Pro
  5. 財布・キーケース
    PRESSo
  6. エコバッグ
    手ぶらエコバッグ(S)

今の時代、スマホがあればだいたいのことはできます。

とくに男性ならカバンは不要。ポケットだけでも全然外出可能ですよ(パソコンが必要なときは別)。

というわけで、この機会にあなたも荷物を減らしてみてください。

中野和哉

ミニマリズムについては別記事でもいろいろ紹介しています。興味があれば参考にしてください。

ミニマリストに憧れた人に読んでほしい本

ミニマリストのカバンの中身【仕事・旅行編】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

中野和哉のアバター 中野和哉 ブロガー/ライター

必要最小限をモットーに生きています。
ミニマリズムの思考が好きです。

コメントはお気軽に!

コメントする

目次