MENU

【裸族】iPhoneを裸で使う3つのメリットと破損対策3選

iPhoneにケースつけるか迷う。できれば裸で使いたいけど、落として壊れたらショックだしな。やっぱりケース付けるしかないかな、、。

こういった悩みにお答えします。

本記事の内容
  • iPhoneを裸で使う3つのメリット
  • iPhone裸族ができる破損対策3選

こんにちは、カズヤです。

iPhoneを裸で持ち歩くのはかなり勇気が必要ですよね。

滑って落としそう、、小傷が付きそう、、

と、iPhoneを裸で使うのはデメリットが大きいように感じます。

しかし、iPhoneは裸で使うからこそ感じられるメリットもたくさんあるんですよ。

僕はiPhoneを裸で使っていて、その理由はデザインのほかにも裸族にメリットを感じているからです。

そんなわけで、iPhoneを裸で使うメリットを紹介します。

この記事を読み終えるころには、iPhoneを裸で使ってみたくなっているはずですよ。

画面の保護はガラスコーティングがおすすめ

Contents

iPhoneを裸で使う3つのメリット

iPhoneを裸で使うメリットは以下の3つ。

iPhoneを裸で使うメリット
  • 軽くて片手操作がしやすい
  • バッテリーの寿命が伸びる
  • 清潔感のある外観を保てる

それぞれ解説します。

メリット①:軽くて片手操作がしやすい

まずは操作性。

当たり前ですが、ケースもフィルムもない裸のiPhoneは、小さいし軽いし持ちやすいです。

僕は最も大きくて重いiPhone12 Pro Maxを使っていますが、裸族なので片手でも操作ができます。

ケースをつけてしまうと、サイズが大きくなるし重量も増すので片手操作はしんどいんですよね。

ガラスフィルムも貼ると貼らないでは意外と重さの違いがわかりますよ。

裸のiPhoneは、持ち心地がよくて最高です。

あわせて読みたい
iPadを持っている僕がiPhone12 Pro Maxを買った3つの理由 iPhone12 Pro Maxが気になるけど、iPad持ってたらいらないかな?iPhone12 Pro Maxが「iPadの代わり」になったりしないかな? こういった疑問にお答えします。 本記事の...

メリット②:バッテリーの寿命が伸びる

次にバッテリーです。

iPhoneに使われているリチウムイオン電池は、熱に弱いといわれています。

ケースをつけていると気がつきませんが、ゲームをしたり、動画を見ているときのiPhoneって結構熱くなってますよ。

なので、iPhoneにケースをつけてしまうと、熱がこもってバッテリーの劣化が早まる可能性があるんですよね。

1年毎に買い替える人ならいいかもしれませんが、2年以上使うならバッテリーの寿命を伸ばすためにも裸で使ったほうがいいですよ。

裸のiPhoneは、放熱がうまくできるためバッテリーが長持ちします。

メリット③:清潔感のある外観を保てる

レザーケースは別として、クリアケースやシリコンケースって汚いものが多いですよね。

手垢がベタベタついていたり、黄ばんでいたり、ゴミが挟まっていたり、、

別に潔癖ではないですけど、毎日肌身離さず持つiPhoneだからこそ、常に外観は清潔にしておきたいと僕は思っています。

その点、裸のiPhoneは、汚れてもクロスで軽く拭けば新品かと思うくらいの外観にすぐ戻りますよ。

おすすめなクリーニングクロス

カスガ
¥1,250 (2022/01/25 16:36時点 | Amazon調べ)

おすすめなクリーニングクロスは上記。

革のクロスなので使い込むほどに使いやすくなる珍しいクロスです。

以下の写真のようにiPhoneが新品のようにキレイな姿になるので、僕はかなり愛用しています。

「ケースが汚くなったら買い替えればいい」という意見があるかもしれませんが、すぐ汚くなるのでお金をムダにしているだけだと思います。

裸のiPhoneは、常に清潔感があり使っていて気持ちがいいですよ。

iPhone裸族ができる破損対策3選

iPhoneを裸で使うのが怖いなら以下の3つの破損対策をしましょう。

iPhone裸族ができる破損対策
  • ガラスコーティングする
  • カバンに入れて持ち運ぶ
  • モバイル保険に加入する

対策①:ガラスコーティングする

万が一、iPhoneを落下させてしまったときのためにガラスコーティングをしておきましょう。

ガラスフィルムよりも裸に近い感覚でディスプレイを守れるのでおすすめです。

「本当に大丈夫なの?」といわれると効果はわかりませんが、なにもしないよりかはマシだと思います。

一応、僕も半年ほど前に使いましたが、今のところ擦り傷ひとつありません。

とはいえ心配ですよね。

しかし、iPhone12からは「Ceramic Shield」という従来より4倍も破損に強いディスプレイが採用されたのでよほど大丈夫なはずですよ。

あわせて読みたい
iPhoneに保護フィルムはいらない3つの理由【貼らないメリットもある】 iPhoneに保護フィルムって必要かな?貼らないよりは貼ったほうがいいと思うけど、できれば貼りたくないなぁ。保護フィルム不要派も意見を知りたい。 こういった疑問にお...

以下の動画は、iPhone12の落下テストの様子です。

動画を見た感じ、普通に生活していれば大きな破損はないですよ。

対策②:カバンに入れて持ち運ぶ

ポケットからiPhoneを落とす心配もありますよね。

そういった場合はポケットに入れず、カバンに入れて持ち運べばいいだけです。

カバンに入れておけば不意にポケットから落ちる心配がありません。

ちなみに僕はカバンを持ちたくないので『純正レザースリーブ』に入れて持ち運んでいます。

Apple(アップル)
¥16,280 (2022/01/25 14:29時点 | Amazon調べ)

純正品が高いと感じる人はこちらもおすすめ

あわせて読みたい
iPhone12 Pro Maxに純正レザースリーブをおすすめする3つの理由【レビュー】 iPhone12 Pro Max用に純正レザースリーブ買おうかな?でも結構高いし本当に使うか微妙だから悩むな。実際に使ってる人の感想を知りたい。 こういった疑問にお答えします...
あわせて読みたい
【身軽】手ぶらで外出したい男のポケットの中身5つ【ミニマリストの持ち物】 こんにちは、カズヤです。 ちょっと前にこんな記事を読みました。 広瀬すずも絶賛!かばん持たない"手ぶら男子"がモテる理由|女性自身 要約すると、広瀬す○は「手ぶら...

対策③:モバイル保険に加入する

どうしても、どうしても、どうしても破損が怖いなら保険に入りましょう。

「そこまで心配なら裸族やめろよw」とバカにされるかもしれませんが、とはいえ、ケースをつけるよりも気持ちよくiPhoneを使えますよ。

iPhoneの保険といえば『AppleCare+』が浮かぶと思いますが、シンプルに高いため『モバイル保険』がおすすめです。

『AppleCare+』と『モバイル保険』については以下の記事で詳しくまとめています。

あわせて読みたい
iPhone裸族でもAppleCare+はいらない3つの理由 iPhoneの『AppleCare+』って加入した方がいいのかな?いらないような気もするけど、裸でiPhoneを使うつもりだし、安心材料として入っておくべきかな? こういった疑問に...

まとめ:iPhoneを裸にして長く快適に使おう

iPhoneを裸で使うメリット
  • 軽くて片手操作がしやすい
  • バッテリーの寿命が伸びる
  • 清潔感のある外観を保てる
iPhone裸族ができる破損対策
  • ガラスコーティングする
  • カバンに入れて持ち運ぶ
  • モバイル保険に加入する

そんなわけで、iPhone裸族のメリットはデザインを楽しめる以外にもたくさんあります。

裸のiPhoneは、持ちやすいし清潔感を保てるし、長く愛用できるので最高ですよ。

「売却時に減額されたくないから」とケースをつける人がいますが、ケースやフィルムだけでも結構な金額になりますからね。

なので、減額されるのが嫌でケースを付けるくらいなら裸で使ったほうがいいと思いますよ。

iPhoneを裸で持ち歩くならこのカバンがおすすめ

あわせて読みたい
Apple製品に最適化されたリュック。incase 『City Compact Backpack』レビュー incaseの『City Compact Backpack』が気になる。実際の使い心地とか見た目について詳しく知りたい。 こういった疑問のお答えします。 本記事の内容 incase City Compact...
カスガ
¥1,250 (2022/01/25 16:36時点 | Amazon調べ)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Contents
閉じる