MENU

【裸族】iPhoneを裸で使うメリット3つと破損対策3選

  • 「iPhoneを裸で使うメリットを知りたい」
  • 「iPhoneを裸で使いたいけど勇気が出ない…」
  • 「iPhoneを裸で使う人は破損対策してるの?」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

iPhoneはデザインが秀逸なので「裸でそのまま使いたい」と感じる人も多いでしょう。

とはいえ、落としたときのことを考えると、裸でiPhoneを使う勇気はなかなか出ませんよね。

そこで今回は、iPhoneを裸で使うメリット・破損対策を紹介します。

最近のiPhoneは頑丈なので裸でも破損の心配はありませんよ。
僕は2年以上裸で使っていますが、快適すぎてもうケースはつけたくありません。

この記事を読めば、iPhoneを裸で使う勇気が出る、いや裸で使いたくなるはずです。

ぜひ最後まで読んでみてください。

どうしても不安な方は「モバイル保険」に加入すると安心できますよ。
AppleCare+よりも安い価格で補償サービスを受けられます。

目次

iPhoneを裸で使うメリット3つ

僕がiPhoneを裸で使うのは以下の3つにメリットを感じているからです。

  1. コンパクトで操作しやすい
  2. バッテリーが劣化しにくい
  3. 見た目が綺麗で気持ちいい

順番に解説します。

①:コンパクトで操作しやすい

「最近のiPhoneは大きくて使いにくい」という声をよく耳にします。

たしかに、6.1インチ・6.7インチを片手で操作するのはしんどいですよね。

しかし、操作しにくいと感じるのはケースをつけているからだと僕は思います。

僕は最大サイズのiPhone 12 Pro Maxを使っていますが、裸族なのでそこまで操作に苦痛を感じていません。

裸族ならPro Maxも扱える

もちろん「快適に片手操作できる!」というわけではありませんが、少なくともケースありよりは快適です。

もし今iPhoneにケースをつけているなら、いったん外してみてください。

感動しますよ。

②:バッテリーが劣化しにくい

僕がiPhoneにケースをつけないのは、バッテリーに負荷をかけたくないからでもあります。

iPhoneに使われているリチウムイオンバッテリーは熱に弱いことで有名です。

ケースをつけてしまうと、iPhoneの熱がケース内にこもってしまうためバッテリーに負荷がかかって劣化が早まるんですよね。

バッテリーが劣化すると、充電の減り早くなったり、突然フリーズしたりするようになります。
参考:Appleサポート

ちなみにiPhoneが発熱するのは以下のようなシーンです。

  • ワイヤレス充電をしているとき
  • 高負荷なゲームをしているとき
  • 真夏に写真撮影をしているとき

最新機種に毎年買い替えている方や、AppleCare+に加入している方ならバッテリーの劣化を気にしなくていいかもしれません。

しかし僕は、2~3年おきに買い替えるし、AppleCare+にも入りたくないのでバッテリーを労わりながら使っています。

③:見た目が綺麗で気持ちいい

これは言わずもがなですが、裸のiPhoneはやっぱり美しいですよね。

特にProシリーズは「背面が磨りガラス」「側面がステンレス」なのでめちゃくちゃかっこいいです。

ふつくしい…

最近は高級素材を使用したかっこいいケースもありますが、やっぱり僕は裸が好きです。

「裸のiPhoneって指紋で汚れやすいじゃん」と感じる方もいるでしょう。
たしかに通常モデルは背面、Proモデルは側面が汚れやすいです。

しかし、この汚れをクリーニングクロスで拭きとる瞬間も気持ちいいですよ。

実際にお見せしましょう。

清掃前

清掃後

この気持ちよさは裸じゃないと体験できません。※iPhoneの話です。

「いちいち拭くの面倒だな…」と思う方が大半だと思いますが、慣れると苦じゃなくなるし、こうして大事にiPhoneを使うのも悪くありませんよ。

ちなみに僕が使っているクリーニングクロスは以下です。

このクロスは天然の本革で作られていて使い込むごとに洗浄力が上がります。

長く使えるので1枚持っておいて損ありませんよ。おすすめです。

iPhoneにおすすめな破損対策3選

ここまで、僕がiPhoneを裸で使う理由(メリット)を解説しました。

iPhoneは裸で使うのがベストですが、とはいえ、落として壊すことを考えるとなかなか勇気が出ませんよね。

そこで次は、iPhoneを裸で使うときの破損対策を紹介します。

それが以下の3つです。

  1. ガラスコーティングする
  2. スマホリングで操作する
  3. モバイル保険に加入する

順番に解説します。

①:ガラスコーティングする

ガラスコーティングとは、iPhoneの画面に特殊なコーティング剤を塗ることで保護フィルム同等の役割を担うものです。

具体的な特徴は以下のとおり。

  • 厚みがないから操作感が変わらない
  • 指紋や汚れがついてもすぐ落とせる
  • 1度の施工で2年ほど効果が持続する

画面には保護フィルムを貼る人がほとんどですが、僕は裸と使い心地が変えたくないためガラスコーティングを選んでいます。

iPhone 12シリーズ以降は「セラミックシールド」という従来より4倍頑丈なガラスが使われています。
そのままでも十分ですが、ガラスコーティングをすればより安心して使えますよ。

セラミックシールドの落下テストの様子

iPhone 12の落下テストの動画

ガラスコーティングのやり方

ガラスコーティングは店舗でもできますが、Amazonでキットを購入すれば自分でもかんたんにできます。

具体的な手順は以下のとおり。

STEP
コーティング剤を準備する
STEP
iPhoneにコーティング剤を垂らす
STEP
クロスで満遍なく塗り広げる
STEP
10分くらい乾かす
STEP
乾いたクロスで拭き取る
STEP
上記工程を2〜3回繰り返す

繰り返し塗ることで効果が高まります。

これでガラスコーティングは終了です。簡単ですよね。

ちなみに以下はガラスコーティングをして1年ほど使用したiPhoneになります。

今のところ擦り傷ひとつありません。

「裸でiPhoneを使いたいけど落としたときが怖い…」「iPhoneのセラミックシールドもイマイチ信用できない…」。

そんな方はガラスコーティングをすると少しは安心材料になりますよ。

ガラスコーティングも信用できない方は、NIMASOのガラスフィルムがおすすめです(ネットで人気No. 1)。

②:スマホリングで操作する

iPhoneの操作中に滑って落とす可能性もありますよね。

なので、僕は背面にスマホリングを付けています。

スマホリングに指を引っかければ操作中に落とす心配がありません。

「スマホリングを付けるとワイヤレス充電ができなくなるからなぁ…」と思うかもですが、僕が使っているのはマグネットで着脱可能なタイプです。

マグネットで着脱可能

磁力もかなり強い。

簡単に外れないから安心

スマホリングがあれば、人とぶつかってもiPhoneを落とす心配がありません。

操作性もアップするし、動画視聴時のスタンドにもなるのでぜひ導入してみてください。

ちなみに、このAnkerのスマホリングは、iPhoneデスクに置いたときのカメラのガタつきを防いでくれるところも気に入っています。

詳しいレビューは以下の記事でしているので興味のある方は読んでみてください。

③:モバイル保険に加入する

どうしても破損が怖いなら「モバイル保険」に入りましょう。

保険に入っていれば、もし画面が割れても格安で修理できます。

モバイル保険の特徴は以下のとおり。

  • 月額700円で3台まで補償(iPadやMacも)
  • 補償対象端末をWebでいつでも変更できる
  • 年間10万円までなら補償回数に制限がない

iPhoneだけでなく、iPadやMacとも併用できます。

iPhoneの保険といえば「AppleCare+」が浮かぶと思いますが、シンプルに高いためおすすめしません。

\ AppleCare+よりも圧倒的にお得です /

iPhone裸族に向けたケース紹介

出典:THE FROST AIR公式

ここまでiPhoneを裸で使うメリットと破損対策を紹介しました。

とはいえ、どうしても裸で使う勇気がでない人もいるでしょう。

そういった方には「THE FROST AIR」というケースがおすすめです。

出典:THE FROST AIR公式

もし僕がiPhoneケースを付けるとしたらこれを付けます。

THE FROST AIRの特徴

  1. とにかく薄い(0.8mm以下)
  2. とにかく軽い(約8g)
  3. 指紋が目立たない素材

上記のように「THE FROST AIR」のiPhoneケースは裸に近い感覚を味わえるように設計されています。

極薄なため落としたときの防御力は低いですが、小傷や指紋防止にはなるのでiPhoneのデザインをなるべく崩したくない人にはおすすめです。

まとめ:iPhoneを裸にして長く快適に使おう

最後まで読んでいただきありがとうございます。

iPhoneを裸で使うメリットと破損対策を紹介しました。

もういちど振り返ると以下のとおり。

  1. コンパクトで操作しやすい
  2. バッテリーが劣化しにくい
  3. 見た目が綺麗で気持ちいい

iPhoneを裸で使うのは勇気が必要ですが、最近のiPhoneは落としても壊れにくい設計になっているので無理にケースを付ける必要はないですよ。

特にケースを付けるとバッテリーの劣化が激しくなります。

外側を守っても内側で異常が起これば使い物にならないので、iPhoneは裸で使うのがおすすめです。

\ AppleCare+よりも圧倒的にお得です /

関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次