BoYataマグネット式スマホリング レビュー|もうこれ以外使いたくない

「もうこれ以外使いたくない」

そんなスマホリングに出逢いました。スマホリングは、スマホの落下防止や横置きでの動画鑑賞に役立つ便利アイテムです。

しかし、結構な頻度でこう思うことがあったんですよね。

あぁ、縦置きもできればもっと便利なんだけどなぁ…

中野和哉

僕はスマホで電子書籍をよく読みます。そのときにスマホを縦置きできれば、少し行儀が悪いですが食事中でも快適に本が読めるんですよね。

縦置きしたいだけなら「MOFT」で解決するのですが、スマホリングにある落下防止のメリットも捨て難い。

そう迷っているときに見つけたのが「BoYataマグネット式スマホリング」。

実際に使ってみてかなりよかったのでご紹介します。僕のように「スマホリングとスタンド両方を使いたい」という願望がある方はぜひチェックしてみてください。

メリットデメリット
リングとスタンドの両対応
角度を無段階に調整できる
MagSafe非対応でも使える
リングが起こしにくい
ブランドロゴが目立つ
目次

BoYataマグネット式スマホリングの基本情報と外観

boyata magnetic phone grip スマホリング

基本情報

BoYataマグネット式スマホリングは、スマホスタンド機能もあるMagSafe対応スマホリングです。

基本情報は以下のとおり。

メーカーBoYata(ボヤタ)
価格2,599円
重量35g
耐荷重約1,000g
カラーブラック・ネイビーブルー・オーキッドカラー・薄緑

BoYata(ボヤタ)は2017年に中国で生まれたブランド。主にパソコンスタンドを製造・販売しています。

BoYataのパソコンスタンドはかなり人気で、僕もMacBookやiPadのスタンドはBoYata製を愛用中です。ヒンジがかなり丈夫で使いやすいんですよね。

そんなBoYataが作ったスマホリングなので「品質は問題ないだろう」と購入してみました。

中野和哉

実際に1ヶ月ほど使ってみましたが、予想通り品質は抜群にいいです。ヒンジが丈夫かつ磁力も強力。かなり気に入りました。

外観

boyata magnetic phone grip スマホリング

BoYataマグネット式スマホリングの外観はこんな感じ。

写真左にあるのは「磁気増強メタルリング」。MagSafe非対応スマホでも付属のメタルリングを貼れば使用できるようになります。

iPhone 12シリーズ以降はそのままマグネットでくっ付きますが、メタルリングを貼ればさらに磁力が強力に。MagSafe非対応ケースを付けている方でも安心して使えます。

ヒンジは以下のように2カ所。

boyata magnetic phone grip スマホリング
1つ目のヒンジ
boyata magnetic phone grip スマホリング
2つ目のヒンジ

この2カ所のヒンジのおかげで、スマホリング・スマホスタンドの2Way仕様が叶いました。

boyata magnetic phone grip スマホリング
iPhone 12 Pro Maxに貼った様子

実際にマグネットで貼り付けるとこんな感じ。ちなみに写真にあるのはiPhone 12 Pro Maxです。

「iPhone 14 Proはカメラが大きくて干渉するのでは?」と心配かもしれませんが、iPhone 14 Proにも対応しています。安心してください。

BoYataマグネット式スマホリングのメリット

BoYataマグネット式スマホリングのメリットは以下の3つ。

  • リングとスタンドの両対応
  • 角度を無段階に調整できる
  • MagSafe非対応でも使える

①:リングとスタンドの両対応

BoYataマグネット式スマホリング最大の魅力は「スマホリング・スマホスタンドの2Way仕様」なところです。

まずはスマホリング。

BoYataマグネット式スマホリング
リングを起こす
BoYataマグネット式スマホリング
指をとおせば落下防止に。片手操作もしやすい
BoYataマグネット式スマホリング
横置きで動画鑑賞

従来型のスマホリングはここまでの機能しかありませんでした。

しかし、BoYataマグネット式スマホリングはここからが本領発揮。スマホスタンドにもなります。

BoYataマグネット式スマホリング
第2形態へ…
BoYataマグネット式スマホリング
スマホを縦置きできる
BoYataマグネット式スマホリング
高さを出した横向きにも対応
BoYataマグネット式スマホリング
寝ながら動画鑑賞も快適になる

…といったように、BoYataマグネット式スマホリングはかなり活用幅が広いです。

中野和哉

とくに僕はスマホで電子書籍を読むので、縦置きできるスタンド機能がめちゃくちゃ便利なんですよね。

②:角度を無段階に調整できる

BoYataマグネット式スマホリングは、ヒンジがしっかりしているのも魅力です。

ヒンジがしっかり硬いので、スタンド使用時に角度を無段階で調整できます。

BoYataマグネット式スマホリング
標準的な角度
BoYataマグネット式スマホリング
ヒンジが硬いから浮かせることも可能
BoYataマグネット式スマホリング
あまり使わないけど、だいぶ耐える

角度が無段階で調整できると、自分のベストポジションに固定できるから結構便利です。

中野和哉

このヒンジの頑丈さは「さすがBoYata」って感じですね。

③:MagSafe非対応でも使える

冒頭でも紹介しましたが、BoYataマグネット式スマホリングには「磁気増強メタルリング」が付属しています。

BoYataマグネット式スマホリング
左のやつ

このメタルリングをつけることにより、MagSafe非対応のスマホでもスマホリングを貼り付けられるようになります。

つまり、Androidスマホでも使用可能。

まぁこのメタルリングは個別で販売されてもいますが、付属品としてあるBoYataはさすがですね。

BoYataマグネット式スマホリングのデメリット

BoYataマグネット式スマホリングのデメリットは以下の3つ。

  • リングが起こしにくい
  • ブランドロゴが目立つ

①:リングが起こしにくい

BoYataマグネット式スマホリングは、若干リングが起こしにくいです。

一般的なスマホリングはリングに指をかけるだけで起こせるのですが、BoYataマグネット式スマホリングは「いったんスタンドを起こしてからリングを起こす」と、一手間が必要なんですよね。

BoYataマグネット式スマホリング
リングを起こしたいけど指をかけるところがない
BoYataマグネット式スマホリング
そのため、いったんスタンドを起こす…
BoYataマグネット式スマホリング
そして、リングに指をかける…
スタンドだけ戻して、リングを使用する

こんな感じで、スマホリングとして使用するときは若干面倒です。

なので、「純粋にスマホリングだけを使いたい」という場合は、一般的なスマホリングを購入したほうがいいでしょう。

純粋なスマホリングはこっちがおすすめ

②:ブランドロゴが目立つ

あとは、強いて言うなら「ブランドロゴ」を若干気になります。

製品にロゴを入れて「少しでも自社を知ってもらいたい」とアピールするのは大事ですが、ユーザーのことを考えるならもう少し小さくてもいいのでは?と思いました。

ロゴが野暮ったく感じる

とはいえ、品質にはかなり満足なのでこのまま使っていきます。

中野和哉

Amazonを見るとBoYataと似たような製品(ロゴなし)がありますが、たぶんヒンジがすぐ緩くなると思います。

BoYataマグネット式スマホリングはこんな人におすすめ

BoYataマグネット式スマホリングはどんな人におすすめか?というと、以下のとおりです。

  • スマホでビデオ通話をする人
  • 食事中によくスマホを見る人
  • スマホをケースなしで使う人

BoYataマグネット式スマホリングはスマホの背面に貼り付けられます。そして縦置きも可能。

そのため、いつでもどこでもビデオ通話ができます。少し行儀が悪いですが、食事中にスマホを見るときもこの製品があれば快適になります。

また、スマホをケースなしで使う人も、このスマホリングがあれば落下防止になるから安心です。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

BoYataマグネット式スマホリングをレビューしました。製品の特徴をもういちど書いておきます。

メリット
  • リングとスタンドの両対応
  • 角度を無段階に調整できる
  • MagSafe非対応でも使える
デメリット
  • リングが起こしにくい
  • ブランドロゴが目立つ

BoYataマグネット式スマホリングは「スマホリング」と「スマホスタンド」の両機能を備えるのが魅力です。

この製品ひとつあれば、スマホの落下防止、動画鑑賞、読書、ビデオ通話…などがかなり快適になります。

一度使うと「もうほかのスマホリングは使いたくない…」と言えるほど便利なので、スマホリングを探している方はぜひチェックしてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次