iPhoneに保護フィルムって必要…?ぼくが貼るのをやめた3つの理由

「iPhoneに保護フィルムって必要…?」

ほとんどの人はiPhoneを新しく買ったら保護フィルムを貼るでしょう。

しかし、過去のぼくのように「iPhoneはそのままで美しく使いたいけど勇気がでない」という方もいるかもしれません。

そこで本記事では、ぼくがiPhoneに保護フィルムを貼るのをやめた理由を解説します。

読み終えるころには、「iPhoneに保護フィルムはいらないかも」と思えているはずです。

iPhoneに保護フィルムを貼る必要性に疑問を感じている方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

目次

iPhoneに保護フィルムを貼るのをやめた3つの理由

ぼくはiPhoneに保護フィルムを貼るのをやめました。

理由は以下の3つです。

  • 落としても割れないから
  • 傷が入っても支障はないから
  • 本体が重くなってしまうから

順番に解説します。

①落としても割れないから

昔は「落としたときの画面割れ対策」で保護フィルムを貼っていました。

iPhoneは画面の修理費用もめちゃめちゃ高いですからね。

しかし、最近のiPhoneは画面強度がかなり上がっていて、普通に落としたくらいでは壊れないんですよ。

iPhone 12以降は画面強度が4倍になった

出典:Apple公式

iPhone 12シリーズからはディスプレイに「セラミックシールド」という高級なガラスが採用されています。

セラミックシールドとは、Appleがコーニング社と共同開発した強化ガラスで、従来よりも4倍強度がアップしているそうです。

ちなみに、Apple公式サイトには「落とすのは想定内」と自信満々に表記されていますね。

出典:Apple

とはいえ、「本当に割れないの?」と心配ですよね。

そんな方は以下の「iPhone 15 Proの落下テスト」の動画をご覧ください。

iPhone 15 Proの落下テスト動画

動画を見るとわかりますが、iPhoneを思いっきり落としても画面は割れていません。

ぼくはこういった落下テスト動画を見て「画面割れ対策なんていらないじゃん」と思いました。

中野和哉

実際、裸のiPhoneをポケットから落としたことがあるのですが、側面が欠けただけで画面は無傷でした。

なので、「画面割れ対策」でiPhoneに保護フィルムを貼る必要ありません。

注意:iPhoneのセラミックシールドは「前面のみ」です。背面の割れには気をつけてください。

②傷が入っても支障はないから

うーん、画面割れは大丈夫かもしれないけど、小傷が入るのは気になる。気にしすぎてストレスになるくらいなら保護フィルムを貼ったほうがいいかな…?

こういった迷いもありますよね。

保護フィルムなしで使って、数ヶ月後には画面が擦り傷だらけ…なんて想像したらぼくもちょっと嫌でした。

しかし、iPhoneの画面が擦り傷だらけになっても、使用する上で支障はないんですよね。

というのも、画面を点灯させれば傷は気にならないからです。

実際、保護フィルムが傷だらけになっても大して気にしてないですよね。

中野和哉

傷が入ると最初はショックかもですが、すぐに慣れると僕は思いました。

そもそもiPhoneの画面は擦り傷に強い

とはいうものの、iPhoneの画面に傷が入ることはよほどなさそうです。

以下は「保護フィルムなしで2年間使ったiPhone」なのでご覧ください。

iPhone 12 Pro Max 2年間保護フィルムなしで使用したもの
2年間保護フィルムなしで使ったiPhone 12 Pro Max

画像で上手く伝えるのは難しいですが、「2年間フィルムなしで使っても画面は無傷」なんですよね。

もちろん、絶対に傷が入らないわけではないと思いますが、iPhoneの擦り傷耐性はかなり高いと思います。

中野和哉

画面を硬いもので擦らないように気をつければ、擦り傷はよほど入らないですよ。

ちなみに、ぼくだけの情報だと微妙かもなので、同じくiPhoneを保護フィルムなしで使っている人の声も載せておきます。

③本体が重くなってしまうから

でも保護フィルムを貼っておいて損はないんじゃないかな…?

こういった考えもありました。

最近の保護フィルムは透明度もかなり高くて、画質劣化もそこまでないですしね。

しかし、ぼくは保護フィルムを貼ることによる「重量アップ」がストレスで、結局は剥がしてしまいました。

iPhoneが重くなると…
  • ズボンが下がってくる
  • 指が痛くなってくる

とくにガラスフィルムだと貼るだけで「10g」くらい重くなってしまいます。

ぼくが一番大きいiPhoneを使っているのもありますが、頻繁に使うものなので、たった10gでも重いと気になるんですよね…。

だからといって、TPU素材の安いフィルムだと見栄えがかなり悪くなるし…って感じで。

なので、どうせ落としても割れないし、擦り傷も気にならないしってことで保護フィルムなしで使っていく決意を固めました。

中野和哉

毎日手に持って使うものは軽いに越したことありません。

iPhoneを保護フィルムなしで使うときの傷割れ対策3選

iPhoneの画面は頑丈とはいえ、やっぱり少し怖い気持ちはありますよね。

そこで、ぼくがしているiPhoneの傷や割れ対策をご紹介します。

以下の3つです。

  • ポケットの中身に注意する
  • スマホリングを取り付ける
  • モバイル保険に加入させる

順番に見ていきましょう。

①ポケットの中身に注意する

ぼくはポケットにiPhoneを入れるとき「ほかのものと一緒にしない」を徹底しています。

たとえば、鍵や小銭入れですね。

iPhoneの画面はセラミックシールドで硬いとはいえ、同じ硬いものが干渉すると傷がついてしまうと思います。

逆にいうと、そういった干渉さえ注意すれば、iPhoneの画面に傷がつくことはありません。

なので、iPhoneの擦り傷はポケットの中身さえ気をつければ防げます。

中野和哉

「画面を下にして置かない」も一応気をつけています。

②スマホリングを取り付ける

外出先では「スマホリング」を使用しています。

電車のホームで人がぶつかってきたり、冬の乾燥した手で思わず滑らせてしまう…なんて事態を避けるためです。

落としても割れないとはいえ、落としたくはありませんからね笑

中野和哉

あとは単純に操作性も向上します。スマホリングで重量アップするから保護フィルムを貼りたくないのも僕はありますね。

ちなみに、ぼくは「BoYata」のスマホリングを愛用しています。

BoYata
¥2,599 (2023/12/29 19:32時点 | Amazon調べ)

③モバイル保険に加入させる

モバイル保険公式サイト
出典:モバイル保険

どうしても画面割れが怖いなら「モバイル保険」に入って様子見するのもおすすめです。

モバイル保険に入っておけば、もしiPhoneの画面が割れても無償で修理してもらえます。

月額700円はかかってしまいますが、3台まで加入できるのでAppleCare+に入るよりもお得なんですよね。

中野和哉

3台契約すれば実質月233円です。

契約端末は「通信機器なら何でもOK」。

タブレット・パソコン・イヤホン・スマートウォッチなどを同時に契約できます。

契約・解約はWebでいつでもできるので、「保護フィルムなしに慣れるまでの数ヶ月だけ」みたいな使い方もおすすめですよ。

無理に入る必要はありませんが、ぼくはモバイル保険のおかげでiPhoneを裸で快適に使えています。

\ AppleCare+よりもお得 /

iPhone購入時についてくる1年間のメーカー保証は「故意の損傷は対象外」です。
破損が怖いならモバイル保険に入りましょう。

まとめ:iPhoneに保護フィルムはいらないです

最後まで読んでいただきありがとうございます。

iPhoneに保護フィルムを貼るのをやめた理由をお話ししました。

もう一度まとめておきます。

  • 落としても割れないから
  • 傷が入っても支障はないから
  • 本体が重くなってしまうから

iPhoneは本体料金・修理費用ともに高額です。

そのため、保護フィルムを貼ってガッチリ守りたくなるかもしれません。

ですが、iPhoneのディスプレイには割れにくい高級ガラスが使われており、保護フィルムなしでも大丈夫なんですよね。

むしろ、その高級ガラスを使っているからこその本体価格とも言えます。

小傷・擦り傷についてもユーザー側で注意すればいいだけだし、仮に傷が入っても点灯すれば気になりません。

そう考えると、ぼくは保護フィルムなしでテンション高くiPhoneを使いたいと思ったんですよね。

というわけで、記事は終わります。

ちなみに、どうしても保護フィルムを貼りたい方は「OAproda」のガラスフィルムがおすすめです。
昔使っていましたが、指触りの滑らかさがめちゃめちゃ良かったです。

BoYata
¥2,599 (2023/12/29 19:32時点 | Amazon調べ)

関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

中野和哉のアバター 中野和哉 ブロガー/ライター

必要最小限をモットーに生きています。
ミニマリズムの思考が好きです。

コメントはお気軽に!

コメントする

目次