iPadがSwitchのモニター代わりにならない理由【モバイルモニターを使おう】

当ブログには広告が含まれています。

「iPadにSwitchの画面を映して遊びたい」

こういった願望のある方も多いのではないでしょうか。

iPadがSwitchのモニター代わりになれば活用の幅がかなり広がりますよね。

しかし残念ながら、iPadをSwitchのモニターとして使うことはできません。

追記:2023年最新の「iPadOS 17」からモニター代わりに使えるようになりました!

遅延はあるみたいですが、
気にならないならiPadをモニター代わりにしてもいいかもしれません。

詳しい設定方法は以下の動画がわかりやすいのでご覧ください。

Contents

iPadがSwitchのモニター代わりにならない理由

繰り返しますが、iPadはSwitchのモニター代わりにならないです。

その理由は以下の2つ。

  • iPadは外部出力しかできない
  • iPad用のキャプチャーボードがない

上記のとおり、iPadにSwitchの画面を映す方法はありません。

これは、キャプチャーボードを販売するGENKIも言及しています。

出典:GENKI

キャプチャーボードを探すと「iPad対応」という製品もありますが、それはあくまで「iPadの画面をパソコンやモニターに出力できるだけ」です。

今後もしかしたらiPadも映像出力に対応するかもしれませんが、2023年時点では「テレビ」「モバイルモニター」「パソコン」に接続するしかSwitchを大画面で遊ぶ方法はありません。

Switchにおすすめなモバイルモニター3選

せっかくなので、Switchにおすすめなモバイルモニターを調べました。

いろいろ調べた結果、以下の3つがおすすめです。

各モニターの特徴は別記事にまとめてあります。

「iPadが使えないならモバイルモニターを買おう」という方は参考にしてください。

MacBookにSwitchの画面を映す方法

iPadは使えませんでしたが、MacBook(パソコン)ならSwitchのモニターとして使えます。

MacBook(パソコン)をSwitchのモニターにするのに必要なものは以下のとおり。

  • キャプチャーボード
  • HDMI変換アダプター(純正ドックの代わりになる)
  • ドック代替ケーブル(野外で遊ぶ場合にあると便利)

基本は「キャプチャーボード」のみでOKです。

下の2つは純正ドックを使いたくない人向けのアクセサリーなので必須ではありません。

MacBook(パソコン)も映像入力には非対応ですが、キャプチャーボードを使うことでSwitchの画面を映せます。

おすすめ商品は以下に貼っておくので興味があればチェックしてみてください。

キャプチャーボード(GENKI ShadowCast)の使い方

GENKI ShadowCastの動画

HDMI変換ドック(GENKI Dock)の使い方

GENKI Dockの動画

ドック代替ケーブルの使い方

ドック代替ケーブルの動画

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

iPadがSwitchのモニター代わりにならない理由を解説しました。

もういちど確認すると以下のとおり。

  • iPadは外部出力しかできない
  • iPad用のキャプチャーボードがない

Switchを大画面で遊ぶなら「テレビ」「モバイルモニター」「パソコン」に接続するしかありません。

まぁ無難な方法は「モバイルモニター」の購入ですね。

Amazonならコスパのいいモバイルモニターが多いのでぜひチェックしてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Contents