iPadの型落ちを買うなら、中古と整備済製品どっちがいい?

当ブログには広告が含まれています。

「iPadの型落ちを買うなら、中古と整備済製品どっちがおすすめ?」

こういった疑問は増えています。最近のiPadは価格が高騰しており、以前よりも新品は買いにくくなりましたからね。

早速結論をいうと…

  • 価格重視→中古がおすすめ
  • 品質重視→整備済製品がおすすめ

です。

本記事では、iPadの中古と整備済製品それぞれの特徴・型落ちiPadはどこで買うのがおすすめか?を解説します。

Kazuya

僕はiPadユーザー歴10年。仕事でもプライベートでもiPadを愛用しているので内情には詳しいです。

この記事を読めば、自分が中古と整備済製品どっちのiPadを買いべきかが明確になるでしょう。iPadをコスパよく手に入れたい方はぜひ最後まで読んでみてください。

ちなみに、そもそもiPadを型落ちで買うのはどうなの?という疑問は以下の記事で解説しています。

Contents

iPadの型落ちを買うなら、中古と整備済製品どっちがいい?

iPadの型落ちを買うなら、

  • 価格重視→中古がおすすめ
  • 品質重視→整備済製品がおすすめ

上記を基準にして選ぶのがおすすめです。

とはいえ、これだけではまだ悩みますよね。そこで両者のメリット・デメリットを解説していきます。

中古のメリット・デメリット

中古iPadのメリット・デメリットは以下のとおりです。

中古のメリット
  • 価格が安い
  • 自分に合うスペックを選べる
  • 最新モデルも安く買える
中古のデメリット
  • 傷や汚れがある
  • バッテリーの劣化がある
  • 保証が短くなっている

中古のiPadは「価格が安い」のが最大のメリットですね。

価格設定は中古ショップや商品状態によってピンキリですが、基本的には整備済製品よりも安くなっています。最近のiPadはオーバースペック気味なので2~3年落ちの中古で十分は人も多いでしょう。

中古は商品状態が悪いイメージかもしれませんが、iPadは「買ったけど使い道がわからなかった…」と、すぐに売る人も多いです。そのため中古だけど新品に近い状態のiPadもたくさんありますよ。

Kazuya

iPadは値崩れがしにくい商品なので「売却前提」で大切に扱う人も多いです。

iPadはバッテリーの劣化具合を確認できませんが、今はモバイルバッテリーも持ち運びやすいので多少の劣化は気にしなくていいかと。そもそもiPadを丸一日ガシガシ使う人は少ないはず。

そう考えると、保証期間が気にならなければ中古でiPadを買うのは結構おすすめですよ(保証もイオシス で買えば3ヶ月間サポートされます)。

整備済製品のメリット・デメリット

整備済製品のメリット・デメリットは以下のとおり。

整備済製品のメリット
  • 最大15%オフで買える
  • 外装とバッテリーが新品交換されている
  • Apple公式の保証サービスを付けられる
整備済製品のデメリット
  • ラインナップと在庫が少ない
  • 外箱が新品のときとは異なる
  • 中古と比較すると価格は高い

そもそも整備済製品とは何か?というと「初期不良で返品された製品をAppleが再整備したもの」です。いわゆる「新古品」というやつですね。

新品と変わりないけど完全な新品ではない…ということから最大15%オフの価格で再販売されます。保証も返品制度も新品を買ったときと同じなので、目当てのモデルが並んでいたらかなりお得。

出典:Apple
Kazuya

iPadは型落ちで十分だけど品質もこだわりたい…という人は整備済製品を狙うのがおすすめです。

とはいえ、整備済製品はみんなが目を光らせており在庫がなかなか安定しません。入荷してもすぐ売り切れるし、もし在庫があっても「求めているスペックじゃない…」ということも多いですね。

そのため、整備済製品を狙うなら「目当てのiPadがあったらラッキー」くらいの感覚でチェックして、なかったら中古で状態のいいものを買うのがおすすめです。あまり待ちすぎても時間の無駄ですからね。

注意:Amazonの整備済製品は「中古と同じ扱い」になります。狙うならApple Storeだけにしましょう。

iPadを安く手に入れたい、どこで買うのがおすすめ?

iPadを安く買いたいなら以下の3つがおすすめです。

ご自身に合った購入先をチェックしてみてください。

順番に紹介します。

中古:イオシス

出典:イオシス

中古のiPadは「イオシス 」で買うのが最もおすすめです。

イオシスは、大手の中古パソコン専門店。20年以上の中古販売実績があるので安心して購入できますよ。

具体的なおすすめポイントは以下のとおり。

  • iPadの品揃えが豊富
    →目当てのモデルに出会いやすい
  • 中古品の状態がランク付けされている
    →インターネットからでも選びやすい
  • 3ヶ月の販売店保証がある
    →もし気に入らなくても返品できる
Kazuya

中古ショップというと目当てのiPadがない場合が多いですが、イオシスは「さすが大手ショップ」といえる品揃えです。

ほぼ最新機種から数年前の掘り出し物まで、たくさんのiPadが揃っているので目当てのモデルを見つけやすいですよ。

また、イオシスは「オンラインショップ」もあるため、近くに実店舗がない場合でも購入可能です。

中古品は実機を見ないと不安かもしれませんが、イオシスでは商品状態がランク付けされているので選びやすいですよ。

たとえばこんな感じです。

イオシス iPad
商品状態がランク付けされているから選びやすい

ちなみに、商品のランク付けは以下のようになっているとのこと。

  • Aランク
    →未使用または近い商品
  • Bランク
    →ほぼ新品といえる商品
  • Cランク
    →目立つ傷が見られる商品

「ランク付けなんて信用できないよ」と思うかもしれませんが、イオシスの商品ランクはかなり厳しく付けられている印象です。

近くに実店舗があるなら見に行ってみてください。Bランクでも「ん?どこに傷があるの?」という感じなので商品のランク付けはだいぶ信頼できますよ。

Kazuya

ふつうの中古ショップのAランクが、イオシスではBランクになります。そのため、イオシスではBランクを買うのがお得ですよ。

また、イオシスには3ヶ月の返品保証があります。もし気に入らなくても返品できるのでオンラインショップでも安心ですよ。

中古ショップでこれだけ保証期間が長いのはイオシスならではの特徴です。それだけクリーニングや動作チェックに自信のある表れでしょう。

というわけで、安心して中古のiPadを買いたいなら「イオシス」をぜひチェックしてみてください。

\ Apple製品の中古信頼度No.1 /

整備済製品:Apple Store

出典:Apple

整備済製品を買うなら、Apple Storeの「iPad整備済製品」がおすすめです。

Amazonでも整備済製品は売られていますが、Apple Store以外の整備済製品は「中古と同じ扱い」なので注意してください。

Apple Storeの整備済製品は「Apple」が整備しますが、Amazonの整備済製品は「Amazonが認定した出品者」が整備をします。

具体的には…

Apple StoreAmazon
外装Apple純正パーツに交換されるクリーニングのみ
バッテリー新品に交換される交換なし(劣化したまま)
保証・Appleが保証する(1年間)
・AppleCare+に加入できる
・Amazon認定出品者が保証する(180日)
・AppleCare+に加入できない
価格最大15%オフ出品者により異なる

と、なります。

Kazuya

つまり、Apple Store以外の整備済製品は中古ショップから購入することと同じです。

整備済製品のiPadを買うメリットは「外装とバッテリーが新品交換されていること」でしたよね。そのため、整備済製品を買うなら「Apple Store」がおすすめ…というわけです。

\ ほぼ新品iPadが最大15%オフ /

新品:Amazon

出典:Amazon

最新モデルの新品がほしいなら「Amazon」がおすすめです。

AmazonでiPadが安い理由は、ポイント還元とセールがあるから

ポイントは常時1%以上が付与されます。定価が釣り上げられているわけでもないのでシンプルにApple Storeで買うよりもお得ですよ。

また、セールでは「iPad Air」「iPad mini」「iPad(無印)」がよく12~15%オフくらいになります。

Amazonのセール時期
  • 1月:初売り
  • 3月:新生活応援
  • 7月:プライムデー
  • 11月:ブラックフライデー
  • 不定期:タイムセール

タイミングが合えばお得なのでぜひ狙ってみてください。

Kazuya

ちなみにAmazonにあるApple製品はすべて本物だし定価以上でもないです。安心して買ってOKですよ。

iPadを購入するときによくある質問

最後にiPad購入時によくある質問にお答えします。

iPadについて気になることがあれば参考にしてください。

  • iPadは型落ちを買っても大丈夫?
  • iPadはメルカリで買っても大丈夫?
  • iPadの未使用品は買っても大丈夫?
  • iPadの容量は最小構成でも大丈夫?
  • iPadはWi-Fiモデルを選んでも大丈夫?

①:iPadは型落ちを買っても大丈夫?

iPadは型落ちで買っても大丈夫です。むしろ型落ちを買うほうが賢いと言っても過言ではありません。

理由は以下のとおり。

  • iPadは2018年以降あまり進化していない
  • iPadはOSサポート期間が「8年以上」ある
  • iPadの中古はキレイな状態のモノが多い

最新スペックのiPadを買ってもほとんどの人は持て余します。

無駄にハイスペックを買っても「お金の無駄」なので、1~2世代型落ちモデルを買ったほうがコスパは高いですよ。

②:iPadはメルカリで買っても大丈夫?

iPadをメルカリのようなフリマサイトで買うのはやめたほうがいいです。

理由は以下のとおり。

  • 写真や説明どおりの商品が届くとは限らない
  • 赤ロム・アクティベーションロックがあると面倒
  • 詐欺にあった場合のストレスが半端じゃない

個人間取引はとにかくトラブルが多いです。とくにApple製品は人気商品であるため詐欺師たちも力を入れています。

個人間取引に慣れているならいいかもしれませんが、不慣れだとトラブルにあった際に最悪泣き寝入りとなります。iPadのような高額商品をメルカリで買うのはおすすめしないです。

安心かつ安くiPadを買いたいなら「イオシス」がおすすめです。

③:iPadの未使用品は買っても大丈夫?

iPadは未使用品を買うのもおすすめです。

なぜiPadが未使用で売られるのか?というと、「今すぐ現金を用意したい人」がクレジットカードで商品を買って売るから…が最も多いみたいですね。

たとえば、今月末までに10万円を用意しないと家を追い出される…怖いお兄さんに怒鳴り込まれる…みたいな人がリボ払いで商品を買って売るみたいです。

その際に、Apple製品はリセールバリューが高く、新品の9割くらいの価格で売れるから選ばれやすいとのこと。

なので、怪しく思う必要はありません。むしろほぼ新品が安く買えるからお買い得ですよ。

もちろん盗難品や不正契約である可能性もありますが、「イオシス」なら買取時に製造番号をチェックしているので安心ですよ。

④:iPadの容量は最小構成でも大丈夫?

iPadのストレージ容量は最小構成でも十分です。

なぜなら、iPadのストレージ容量は「外部SSD」や「クラウドサービス」で増やせるから。

「動画編集をバリバリやるぞ」と最初から気合いが入っていないかぎりは最小構成を選んでも後悔しませんよ。

詳しくは以下の記事で解説しているので参考にしてください。

⑤:iPadはWi-Fiモデルを選んでも大丈夫?

iPadはWi-Fiモデルでも十分快適です。

というのも、iPad単体で通信したいシーンがほとんどないんですよね。

都心部ならフリーWi-Fiが使えるし、スマホでテザリングすればどこでも通信できます。

無理にセルラーモデルを選ぶ必要はありませんよ。

まとめ:iPadを安く手に入れたいなら型落ちモデルを買おう

最後まで読んでいただきありがとうございます。

iPadの型落ちを買うなら、中古か整備済製品どっちがいいか?を解説しました。

もういちど結論を出すと以下のとおり。

  • 価格よりも品質重視→iPad整備済製品がおすすめ
  • 品質よりも価格重視→中古のiPadがおすすめ

最新モデルのiPadはオーバースペック。スパークリエイター以外は正直いって「お金の無駄」です。

そんな背景もあり、最近は型落ちのiPadに人気が集まっています。

というわけで、ほしいiPadが売り切れる前にぜひチェックしてみてください。

iPadのおすすめ購入先

関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Contents