【微妙】iPad(第10世代)をおすすめしない3つの理由

iPad(第10世代)は、iPad Airとデザインがほぼ同じでありながら、価格差は24,000円。

そう考えると、iPad(第10世代)ってかなりお得に感じますよね。

しかし個人的には、iPad(第10世代)の購入はやめたほうがいいと思っています。

僕もiPad(第10世代)のデザインを見たときは「おお!」と唸りました。でも性能を見ると「コスパ悪いな」と感じたんですよね。

この記事を読めば、iPadを買って後悔することがなくなるでしょう。

iPadの購入を検討している方はぜひ最後まで読んでみてください。

iPadを安く買いたいなら「イオシス 」で、中古の「iPad Air 4」を買うのがおすすめです。

目次

iPad(第10世代)をおすすめしない3つの理由

出典:Apple

iPad(第10世代)はあまりおすすめできる機種ではありません。

理由は以下の3つ。

  • Apple Pencil(第2世代)が使えない
  • フルラミネーションを搭載していない
  • コスパなら型落ちのiPad Airのほうがいい

順番に解説します。

①:Apple Pencil(第2世代)が使えない

出典:Apple

iPad(第10世代)の最大のデメリットは、Apple Pencil(第2世代)に対応していないところです。

Apple Pencil(第1世代)は使えますが、これが結構微妙なんですよね…。

理由は以下のとおり。

  • 充電端子がLightning
  • iPadの側面にマグネット吸着できない
  • iPad(第10世代)の充電端子がUSB-Cであるため、充電には別途コネクターが必要

カンタンにいうと、iPad(第10世代)はApple Pencilの充電と持ち運びが面倒です。

Apple Pencil(第2世代)ならiPadでマグネット充電できるから楽なんですけどね。

使いたいときもサッと取り出せるし。しかしiPad(第10世代)では残念ながら非対応です。

Apple Pencilを使わない人なら気にならないかもしれませんが、少しでもApple Pencilを使うなら面倒臭さがボディーブローのように効いてくると思います。

②:フルラミネーションを搭載していない

出典:Apple

iPad(第10世代)は、フルラミネーションディスプレイにも非対応です。

フルラミネーションディスプレイとは、液晶ディスプレイとカバーガラスの間を圧着させる加工がされているディスプレイのこと。

これによって画面とガラスの隙間がほぼなくなります。

つまり、iPad(第10世代)は画面が少し奥まって見えるんですよね。

画面が奥まると、Apple Pencilの筆跡が遅延して見えるし、画像や映像の発色も少し薄く見えてしまいます。

これは実際に店頭で確認してみてほしいです。

気にしない人もいるかもしれませんが、多くの人は「なんか安っぽくない?」と感じると思います。

③:コスパなら型落ちのiPad Airのほうがいい

ここまで読んで「でも価格が安いから仕方ないよ」と思う方もいるかもしれません。

しかし、価格の安さを求めるなら、型落ちのiPad Airを買ったほうがお得なんですよね。

iPad(第10世代)は68,800円〜購入できますが、iPad Air(第4世代)の中古品ならさらに安く購入できます。

以下はイオシスの中古価格ですが、65,800円も出せば状態のいい製品が買えます。

出典:イオシス(2023年4月時点)

中古品に抵抗があるなら、Apple公式サイトの整備済製品でもいいでしょう。

整備済製品とは、初期不良で返品されたiPadをAppleが再整備したものです。バッテリーと筐体が新しくなっているため新品同等といえます。

iPad Air(第4世代)の整備品価格は69,800円。ほとんどiPad(第10世代)と変わりません。

出典:Apple(2023年4月時点)

iPad Air(第4世代)は、Apple Pencil(第2世代)が使えるし、フルラミネーションディスプレイも搭載しています。チップも同じ「A14 Bionic」です。

新品にこだわりがないのであれば、明らかにiPad Air(第4世代)を買ったほうがお得ですよ。

iPad(第10世代)はどんな人が買うべきか

出典:Apple

iPad(第10世代)はどんな人向けの製品なの?というと、以下になるかなと思います。

  • iPadでペンを使う予定のない人
  • カラー展開が気に入っている人
  • どうしても新品でないと嫌な人

上記に当てはまらないのであれば、少しお金を出してでもiPad Air(第5世代)を買うか、中古や整備済製品のiPad Air(第4世代)を買うのがおすすめです。

また、デザインの野暮ったさを気にしないのであれば、iPad(第9世代)でも十分使えますよ。

ちなみに僕は「iPad Air(第5世代)」を買いました。

まとめ:iPad(第10世代)を買うくらいなら、型落ちのiPad Airを買おう

最後まで読んでいただきありがとうございます。

iPad(第10世代)をあまりおすすめしない理由を解説しました。もういちど振り返りましょう。

  • Apple Pencil(第2世代)が使えない
  • フルラミネーションを搭載していない
  • コスパなら型落ちのiPad Airのほうがいい

iPad(第10世代)はデザインがiPad Airとほぼ同じになりました。

一見、ライトユーザーならお得なように感じますが、実はコスパがあまりよくありません。一体どの層をターゲットにしているのか僕にはわからないです。

コスパを求めるなら中古や整備済のiPad Air(第4世代)を買いましょう。

関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次