MENU

【携帯性抜群】Satechi 「USB-C Apple Watch充電ドック」【レビュー】

Apple Watchの付属充電ケーブルって長すぎて使いにくいんだよね。持ち運ぶときもかさばるし何かいいアイテムないかなぁ?

こういった悩みを解決するアイテムを見つけました。

それが、Satechi「USB-C Apple Watch充電ドック」です。

Satechi「USB-C Apple Watch充電ドック」の特徴

  1. ケーブルレスで取り回しがラク
  2. コンパクトで持ち運びしやすい
  3. アルミ素材がApple製品に合う

実際に購入してみたところ、かなり気に入ったのでレビューしていきます。

Apple Watchのコンパクト充電器を探している方はぜひ参考にしてみてください。

Contents

『Satechi USB-C Apple Watch充電ドック』レビュー

こちらが『Satechi USB-C Apple Watch充電ドック』です。

「Satechi」は、Appleと親和性が高い製品を作ることで有名なブランドですね。

端子をカバーする蓋がないのは少し不満ですが、この美しいアルミボディは、さすがSatechiといったところです。

ちなみに、しっかり「MFi認証」を取得している充電器です。純正と同じ使用感なのは安心ですね。

充電時間も2.5時間ほどでフル充電可能です。

ケーブルレスなApple Watch充電器

『Satechi USB-C Apple Watch充電ドック』最大の特徴は、USB-Cポートに直挿しで充電ができるところです。

Apple Watch充電器のケーブルは、人間に生えるお尻の毛くらい不要だと感じている僕にとって充電周りがスッキリするだけでも嬉しいアイテム。

もうApple Watch専用のモバイルバッテリーは不要に

『Satechi USB-C Apple Watch充電ドック』があれば、スマホやタブレット用のモバイルバッテリーでApple Watchも充電できます。

つまりApple Watch専用のモバイルバッテリーはもう不要です。

Apple Watchはそこまでバッテリー容量があるわけでもないので、他のモバイルバッテリーと一緒に使ってもほとんど支障がありません。

MacBookやiPadからも充電可能

MacBookやiPad Proからも充電ができます。時刻の確認もできるので意外に便利な充電方法なんですよね。

作業中に充電する癖をつけておけば、いつでもフル充電でApple Watchを使用できて快適です。

注意点としては、こんな感じでUSB-Cポートを2つ占領してしまいます。

これが嫌な人は、延長ケーブルが別で買うことをおすすめします(僕は買っていませんが)。

まとめ:Satechi「USB-C Apple Watch充電ドック」は持ち運びにおすすめ

Satechi「USB-C Apple Watch充電ドック」の良いところ

  • ケーブルレスで取り回しがラク
  • コンパクトで持ち運びしやすい
  • アルミ素材がApple製品に合う

Satechi「USB-C Apple Watch充電ドック」のイマイチなところ

  • 端子が剥き出し
  • 価格が少々高め

さいごまで読んでいただきありがとうございます。

Satechi「USB-C Apple Watch充電ドック」をレビューしました。

Apple Watchの充電は付属のケーブルでもできますが、ケーブルレスの本製品があれば充電まわりがスッキリします。

特に旅行や出張が多い方なら1つ持っておいて損はありませんよ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Contents
閉じる