MENU

【解約】僕がAmazonプライムをやめた3つの理由【あまり意味ない】

  • 「Amazonプライム会員をやめた人の意見を聞きたい」
  • 「Amazonプライムって本当にお得なの?」
  • 「Amazonプライムはひどいって聞くしやめたほうがいいかな?」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

本記事の内容

  • Amazonプライムをやめた3つの理由
  • Amazonプライムがおすすめな人とは
  • Amazonプライムを解約する方法

こんにちは、カズヤです。
Amazonプライムを5年以上利用しました。

Amazonプライムは月額500円(年額4,900円)で利用できるサブスクサービス。
なんとなく便利でお得なイメージがありますが、「本当に必要?」と感じる人もいますよね。

結論をいうと、Amazonプライム会員になるのは「やめたほうがいい」です。

なぜなら、あまり意味ないから。

僕はAmazonでよく買い物をするのですが、別にプライム会員でいる必要性があまりないことに気がついたんですよね。

また、Amazonプライム会員になると、自分が思っている以上に「お金」と「時間」を無駄にします。

なので、僕はAmazonプライムを解約しました。

この記事を読めば、Amazonプライムをやめたほうがいい理由がわかり、貴重なお金と時間を無駄にしないで済みます。

ぜひ最後まで読んでみてください。

Amazonプライムに加入すべきか迷う人は「30日間無料体験」があります。
期間内に解約すれば料金はかからないので、まずは使ってみて判断するのもありです。

【結論】Amazonプライムをやめたほうがいい人

  • 少しでも節約をしたい人
  • 時間を有効活用したい人
  • なんとなく加入してる人

\ 悩むなら使って判断しましょう /

目次

そもそも、なぜAmazonプライム会員になったの?

そもそも、なぜ僕がAmazonプライムに入っていたか?

それは以下の3つの特典にメリットを感じていたからです。

  • 送料・お急ぎ便・日時指定便が無料
    →Amazonでよく買い物をするから便利
  • Amazonプライムデーに参加できる
    →会員限定のビッグセールでかなり安い
  • Amazonプライム・ビデオが見放題
    →たまに暇つぶしで動画を観るのに便利

これらをお得に感じていたため、僕はAmazonプライムに加入していました。

しかし、よくよく考えてみると「実は損してるだけなんじゃ…」と思い始めたんですよね。

それで思い切って解約してみることにしました。

ちなみに、Amazonプライムの具体的な特典内容やメリット・デメリットは別記事でまとめています。

Amazonプライムをやめた3つの理由

僕がAmazonプライムをやめた理由は以下の3つ。

  1. 送料無料はあまり意味ないと気づいた
  2. プライムデーはそこまでお得じゃない
  3. プライムビデオはラインナップが微妙

それぞれ解説します。

①:送料無料はあまり意味ないと気づいた

Amazonプライムの特典のひとつに「配送料・お急ぎ便・日時指定便が無料」があります。

Amazonで買い物をすることが多いなら魅力的ですよね。

しかし、この送料無料の特典、実はあまり意味ないです。

  1. 配送料
    →そもそも通常会員でも2,000円以上買えば無料になる
  2. お急ぎ便
    →通販の需要が増えたせいか配達がかなり遅くなった
  3. 日時指定便
    →玄関先に荷物を置く「置き配指定」で注文すればいい

このように、送料無料の会員特典はあまり意味ないんですよね。

「2,000円以下の買い物は損するじゃん」と思うかもですが、日用品を組み合わせれば2,000円以上になります。

たとえば、ティッシュやお茶をまとめ買いするといいでしょう。

そうなると、送料無料のために会員になる必要はないですよね。

②:プライムデーはそこまでお得じゃない

Amazonプライムには、会員限定セール「Amazonプライムデー」に参加できる特典もあります。

しかし、このAmazonプライムデーのセールも、実はそこまでお得じゃないです。

理由は以下。

  • 通常価格とほぼ変わらない商品が多い
  • 在庫処分したい型落ち品ばかりが対象
  • 会費込みで考えるとむしろ高い場合も

このように、Amazonプライムデーのセール品は大して安くないです。

むしろ、「せっかく会員だから元とらなきゃ」と散財のきっかけになります。

なので、Amazonプライムデーやタイムセールのために会員になる必要はありません。

③:プライムビデオはラインナップが微妙

Amazonプライム会員になると、動画配信サービスAmazonプライムビデオを利用できます。

追加料金なし、つまり月500円で映画やアニメを楽しめるのはかなり破格です。

しかし、このプライムビデオもラインナップが微妙で、正直あまり観ることがないんですよね。

以下は各動画サービスの作品数です。

  • Amazonプライムビデオ:非公開(推定3万本)
  • Netflix:非公開(推定3万本)
  • Hulu:6万本以上
  • dTV:12万本以上
  • U-NEXT:22万本以上

このように、Amazonプライムビデオは作品数が少ないため、だんだん利用しなくなります。

もちろん月500円と考えれば十分すぎるのですが、「あまり観ないなら無駄金かな」と僕は思いました。

特に観たい作品がなくても「元をとらなきゃ」と、無駄に時間を浪費するのもデメリットです。

動画サービスは「観たい作品があるときだけ契約する」のがベストだと思います。

動画サービスなら「U-NEXT」がおすすめ

余談ですが、動画サービスだけが目的なら「U-NEXT」のほうが満足度は高いです。

理由は以下のとおり。

  • 作品数が22万本以上と圧倒的に多い
  • 最新映画の配信がほかよりも早い
  • 雑誌も読み放題になる(追加料金なし)

料金が月2,189円と高めですが、毎月1,200ポイント付与されるので実質989円/月です。

ちなみに、ポイントの使い道は以下のとおり。

  • コミック・書籍の購入
  • 最新の映画・ドラマ・アニメのレンタル
  • ライブ配信のチケット購入
  • 映画のチケット・飲食グッズ割引クーポンと引き換え

結構たくさん使えますよね。特にマンガやビジネス書をよく買う人なら使い道に困らないはずです。

なので、映画やアニメを観るなら「U-NEXT」のほうがコスパは良いですよ。

Amazonプライムがおすすめな人とは

Amazonプライムはどんな人におすすめなの?というと以下のとおり。

  1. バラエティ動画を観たい人
  2. 作業用にBGMを流したい人
  3. まとめ買いをしたくない人

順番に解説します。

\ 悩むなら使って判断しましょう /

①:バラエティ動画を観たい人

Amazonプライムに加入すると、動画サービス「Amazonプライムビデオ」を利用できます。

Amazonプライムビデオのオリジナル作品は、バラエティ系に強いので好きな人にとってはかなり楽しめるでしょう。

オリジナル作品を楽しんで解約するのもありです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次