【本音】Kindle Unlimitedのメリット・デメリット【万人向きではない】

Kindle Unlimitedって入るメリットあるのかな?月額980円は安いけどなんか裏があるんじゃないの?実際に利用している人の感想を知りたい。

こういった疑問にお答えします。

本記事の内容
  • Kindle Unlimitedのメリット・デメリット
  • Kindle Unlimitedをおすすめできる人とは

こんにちは、カズヤです。

Kindle Unlimitedって本当にお得なのか気になりますよね。

結論をいうと、Kindle Unlimitedをお得に使えるかは「その人次第」です。

つまり、万人向けのサービスではありません。

そんなわけでKindle Unlimitedを3年以上使っている僕がメリット・デメリットを紹介します。

記事を読み終えるころには、自分がKindle Unlimitedを使うべきかがハッキリしていますよ。

とはいえ、Kindle Unlimitedには「30日間の無料体験」がありますので、少しでも気になるなら実際に試すことをおすすめします。

目次

Kindle Unlimitedとは

Kindle Unlimitedとは、Amazonが提供する電子書籍読み放題サービスです。

月額980円で「和書12万冊以上」「洋書120万冊以上」を追加料金なしで読むことができます。

Prime Readingとなにが違うの」と思うかもしれませんが、こちらは約900冊しか読めません。

あと一応補足しておくと、必ずしもKindle端末を買う必要はないです。スマホやタブレットでも読めるので安心してください。

冒頭でも言いましたが、30日間の無料体験もあるので気軽に試せますよ。

Kindle Unlimitedのデメリット

まずはデメリットから解説します。

Kindle Unlimitedのデメリット
  • 新刊がほとんど読めない
  • コミックの品揃えが微妙
  • 退会すると読めなくなる
  • 10冊以上の本を残せない
  • 対象本が突然入れ替わる

デメリット①:新刊がほとんど読めない

Kindle Unlimitedは新刊がほとんど読めません。

特に「今話題のビジネス書」なんかは絶対に読めないので注意が必要です。

ベストセラー書籍は、だいたい1〜2年遅れで読み放題の対象に加わります。まぁ遅いですよね。

ちなみに雑誌は、ほぼ発売日に読める本が多いです。

あとは、すべての本が読み放題ではないので、古くても対象じゃない場合があります。

というか、ピンポイントで読みたい本は、ほとんど対象外だと思っていたほうがいいです。

デメリット②:コミックの品揃えが微妙

Kindle Unlimitedではコミックも対象ですが、これまた「人気作」は読めません。

コミックのラインナップはこんな感じです。

たまに人気作もラインナップにあったりしますが、「最初の1巻だけ読み放題」みたいな感じが多いですね。

なので、コミック目的でKindle Unlimitedを使うのはおすすめしません。

もちろん詳しい人にとっては読みたい作品があったりするかもしれませんけどね。

気になる方は一度ご自分で確かめてみてください。

デメリット③:退会すると読めなくなる

Kindle Unlimitedは退会すると本が消えるので注意です。

たとえば、本をダウンロードしてから解約した場合、契約期間の1ヶ月で読み終えないといけなくなります。

なので、自分の手元に置いておきたい本は結局あとで買わないといけないんですよね。

Kindle Unlimitedは図書館で本を借りるのと同じです。

デメリット④:10冊以上の本を残せない

読み放題対象の本は、ライブラリに10冊までしか残せないのも痛いところです。

11冊目をダウンロードするときは、ライブラリから1冊削除しないといけません。

同時に10冊も読まないから問題ないかもしれませんが、「いつかまた読み返す本」が10冊溜まると結局買わないといけなくなります。

デメリット⑤:対象本が突然入れ替わる

Kindle Unlimitedは、読み放題対象本がどんどん追加されていく仕組みではありません。

毎月対象本が入れ替わります。

なので、「あとでダウンロードしよう」と思っていると、読み放題から外されていて膝から崩れ落ちる気分になるときがあるんですよね。

「とりあえず読みたい本はダウンロードしよう」としても10冊までの制限があります。

Kindle Unlimitedのメリット

ここからはKindle Unlimitedのメリットを紹介します。

僕は以下のメリットに魅力を感じているため3年以上使い続けています。

Kindle Unlimitedのメリット
  • ジャンルの幅がかなり広い
  • 高価な専門書も対象にある
  • 買えなかった本に出会える
  • 躊躇いなく流し読みできる
  • 効率よく知識を吸収できる

メリット①:ジャンルの幅がかなり広い

Kindle Unlimited最大のメリットはジャンルの豊富さですね。

たとえばどんなジャンルがあるかというと、

こんな感じです。

これだけジャンルが豊富だと読書の幅が広がりますよね。

成人向けな、ちょっとあれな本もありますよ、、。

たとえば、、、

、、、

、、、

って、このブログは一応紳士ブログでやってるのでさすがに載せません。

絶対に載せませんよ。

絶対に載せm

どうしても気になる方はご自分でチェックしてください。

メリット②:高価な専門書も対象にある

めちゃくちゃ高い本も読み放題対象になっていて、しかも追加料金なしで読めます。

たとえばこんな感じ。

実際に読むかどうかは別として、こういった高くて買えない本も「ちょっと読んでみようかな」と思えます。

僕はWebライターとして記事作成をすることがあるので、気軽に本から情報を得られるのは助かりますね。

メリット③:買えなかった本に出会える

Kindle Unlimitedで本を探していると、「あ!これちょっと前に気になったやつ!」みたいな発見があります。

立ち読みだけで済ませた本とか、話題になってたけど読めてなかった本を読むのにKindle Unlimitedは最適です。

あとは、気になってたけどレビューがイマイチで読まなかった本も「ちょっと読んでみようかな」と思えます。

メリット④:躊躇いなく流し読みできる

本って買うと1冊1,500円くらいするので、途中で飽きてもなんやかんやしっかり読んでしまいますよね。

「この本失敗だったな、でもせっかく買ったしな、、」みたいに時間をムダにすることが多いです。

その点、Kindle Unlimitedは月額課金制なので、面白くない本は流し読みするクセが身につきます。

つまり、Kindle Unlimitedは「多読」を身につけるのに最適な手段なんですよね。

メリット⑤:効率よく知識を吸収できる

Kindle Unlimitedは「ハウツー本」を読むのに適していますね。

知らないことを1から勉強するには体系的に書かれている本で学ぶのがわかりやすいです。

たとえば、仮想通貨について勉強しようと思ったらKindle Unlimitedで仮想通貨についての本を10冊借りて読めばすぐに勉強できます。

10冊流し読みしてると「この内容はどの本にも書いてあるから重要なんだな」みたいにわかるんですよね。

こんな勉強方法は、Kindle Unlimitedを使っている人にしかできない技です。

Kindle Unlimitedをおすすめできる人とは

そんなわけで、Kindle Unlimitedのメリット・デメリットを本音で語ってきました。

結局どういう人におすすめなの?

という人もいると思うので、まとめると以下になります。

Kindle Unlimitedをおすすめできる人
  • 暇つぶしに読書をする人
  • 読書を習慣化させたい人
  • ハウツー本をよく読む人
  • 雑誌とほかの本を読む人

こういった人は、Kindle Unlimitedを利用するとお得な気分を味わえますよ。

「読み放題なら読んでみるか」と普段なら絶対に読まないであろう本にも出会えるので、読書家はぜひ1度使ってみてください。

成人向けのあれも読めますしね。

オーディブルのメリット・デメリットも語ってます

あわせて読みたい
オーディブル会員になる3つのメリットと無料期間を賢く使うコツ Amazonオーディブルって会員になるメリットあるのかな?会員にならなくても本買えるし、会員になったら解約忘れそうだから迷うな〜。 こういった疑問にお答えします。 ...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる