【Switch】HORI「グリップコントローラーFit」を使った感想【レビュー】

  • 「HORIのグリップコントローラーFitについて知りたい」
  • 「HORIのグリップコントローラーFitって使いやすい?」
  • 「HORIのグリップコントローラーはどんな人におすすめ?」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

ニンテンドースイッチはモニターにつなぐだけでなく、携帯モードとして持ち運びながら遊べるのが魅力です。

ただ、純正のJoy-Conではアクションゲームの操作性にやや不満がありますよね。

そこでおすすめなのが、HORI「グリップコントローラーFit」です。

僕は携帯モードでスマブラやモンハンを遊ぶことが多いのですが、HORI「グリップコントローラー」のおかげでめちゃくちゃ快適にプレイできるようになりました。

というわけで、HORI「グリップコントローラーFit」についてレビューしていきます。

グリップコントローラーは「ジョイコンの破損対策」にもおすすめです。

目次

HORI「グリップコントローラーFit」の良いところ【メリット】

HORI「グリップコントローラー」を使ってみた感想を書いていきます。

まず良いところ(メリット)は以下の3つ。

  1. プロコンに近い操作感を味わえる
  2. デザインがそこまで悪くならない
  3. ライセンス取得しているから安心

順番に解説します。

①:プロコンに近い操作感を味わえる

グリップコントローラーFitは「プロコン」と同じような操作感です。

  • ボタンが大きくて押しやすい
  • スティックが長くて操作しやすい
  • 手にフィットして握りやすい

こんな感じで、Joy-Conよりもかなり操作しやすくなります。

グリップコントローラーがあれば、ソファやベッドで寝転がりながらでも快適にアクションゲームができますよ。

ボタンが大きいから押しやすい・感触も良し
スティック操作も良し
Joy-Conとの比較
Joy-Conとの比較

裏面のグリップも丸みがあって持ちやすいです。おかげで2~3時間プレイし続けても疲れません。

握りやすい形状
握りやすい形状
Joy-Conと比較

ちなみに背面には支えがあるため、スイッチを平置きしてもガタつきません。

ガタガタしないから置きやすい

サイズもちょうどいいです。

サイズもちょうどいい
ボタンも余裕で押せる

HORIのグリップコントローラーはもう一回り大きいサイズもあるのですが、ほとんどの人はFitで十分だと思いました。

大きいサイズ

②:デザインがそこまで悪くならない

グリップコントローラーはさまざまな製品がありますが、どれもデザインが微妙なんですよね。

たとえば、本体とサイズが合っていなかったり、安っぽかったり…。

しかし、HORIのグリップコントローラーFitはデザインがシンプルで良いなと思いました。

シンプルデザインでかっこいい
必要以上にゴツくもない

ドックにそのまま挿すことも可能です。

こんな感じで、HORI「グリップコントローラーFit」はデザイン面も優れています。

ちなみに、カラーは4色展開です。

出典:Amazon

③:ライセンス取得しているから安心

HORIの製品は「任天堂ライセンス商品」なので安心して使えます。

任天堂ライセンス商品とは、任天堂製品との適合・安全基準が満たされていることが確認された商品のことです。

要するに「高品質」と思ってもらえればOK。

あまり気にする必要もないかもしれませんが、動作が保証されているのは心理的に安心ですよね。

「中華製のハズレメーカーはすぐに動作がおかしくなる」という口コミもあるので、失敗したくないなら任天堂ライセンスを取得しているHORI製がおすすめです。

HORI「グリップコントローラーFit」の気になるところ【デメリット】

僕はHORI グリップコントローラーFitを気に入っていますが、「ここは惜しいなぁ…」と感じるところもあります。

HORI グリップコントローラーFitのデメリットは以下の3つ。

  1. HD振動やジャイロ機能がない
  2. 背面ボタンは正直なくてもいい
  3. 携帯モードしか対応していない

順番に解説します。

①:HD振動やジャイロ機能がない

HORI グリップコントローラーには以下の機能がありません。

  • ジャイロセンサー
  • 加速度センサー
  • モーションIRカメラ
  • プレイヤーランプ
  • HD振動
  • お知らせランプ
  • NFC

軽量・コンパクトで使いやすいのですが、その分いろいろな機能が省かれています。

購入するときは注意してください。

個人的には「HD振動」と「ジャイロセンサー」くらいは搭載してほしかったです。

こうすれば一応は使えますが…笑

②:背面ボタンは正直なくてもいい

グリップコントローラーFitには「背面ボタン(FR・FL)」が搭載されています。

この背面ボタンには自分の好きなボタンを設定できるのですが、正直いらないかなと思いました。

理由は以下の2つ。

  • 誤操作につながる
  • 慣れすぎると別のコントローラーが使えなくなる

操作については慣れればいいだけかもですが、僕は正直邪魔でしかなかったです。

また、背面ボタンに慣れると、プロコンやクラシックコントローラーを使うときに悪影響が出そうなので、あまり使いたくないんですよね。

この背面ボタンを無くして、HD振動やジャイロを付けてほしいなぁ…と思いました。

③:携帯モードしか対応していない

グリップコントローラーFitは「携帯モード専用」です。

テレビやモニターにつないで遊ぶことはできません。

グリップコントローラー用のアタッチメントも販売されていますが、Fitでは使用できないみたいです。

出典:HORI公式サイト

【注意】Fitでは使えない

これからFit用のアタッチメントが出る可能性もありますが、現時点ではあくまでも「携帯モード専用」です。

HORI「グリップコントローラーFit」はこんな人におすすめ

ここまで、HORI「グリップコントローラーFit」のメリット・デメリットを解説しました。

まとめると、HORI「グリップコントローラーFit」は以下の人におすすめです。

  1. 携帯モードでアクションゲームをする人
  2. 有機ELモデルのスイッチを使っている人
  3. HD振動やジャイロセンサーを使わない人

特に「有機ELモデル」を持っている人はぜひ使ってみてほしいですね。

寝ながらでも快適にスマブラやモンハンができるので、かなり快適になりますよ。

まとめ:HORI「グリップコントローラーFit」レビュー

最後まで読んでいただきありがとうございます。

HORI「グリップコントローラーFit for Nintendo Switch」をレビューしました。

メリット・デメリットをもういちど確認しましょう。

メリットデメリット
プロコンに近い操作感を味わえる
デザインがそこまで悪くならない
ライセンス取得しているから安心
HD振動やジャイロ機能がない
背面ボタンは正直なくてもいい
携帯モードしか対応していない

グリップコントローラーFitがあれば、どこでも気軽にアクションゲームが遊べます。

HD振動やジャイローセンサーなどの機能はありませんが、気にしないのであればかなりおすすめできる製品ですよ。

Joy-Conの操作感に不満のある方はぜひチェックしてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

中野和哉のアバター 中野和哉 ブロガー/ライター

必要最小限をモットーに生きています。
ミニマリズムの思考が好きです。

コメントはお気軽に!

コメントする

目次