MENU

ミニマリストの僕がアークテリクス「グランヴィル16」に惚れた3つの理由【バックパック】

  • 「アークテリクスのグランヴィル16について知りたい」
  • 「ミニマリストの人がグランヴィル16を使う理由は?」
  • 「グランヴィル16が気になるけどデメリットはある?」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

最小限のモノしか持たないミニマリストは、バックパック(リュック)にもこだわりたいですよね。

特にアークテリクスのバックパックは人気が高く気になっている方も多いでしょう。

そこで今回は、ミニマリストの僕がアークテリクスの「グランヴィル16」を使っている理由やレビューを書きました。

僕はバックパックをこれひとつしか持っていません。
アークテリクス「グランヴィル16」は汎用性の高さが魅力的で買いました。

この記事を読めば、アークテリクス「グランヴィル16」を買うかどうか判断できるはずです。

ぜひ最後まで読んでみてください。

グランヴィル16の特徴
  • 容量:16L
  • 非常に高い防水性
  • パソコンやタブレットも収納可能
目次

ミニマリストの僕がアークテリクス「グランヴィル16」に惚れた3つの理由

アークテリクス「グランヴィル16」についてレビューしていきます。

メリットは以下の3つ。

  1. デザインがミニマル
  2. 容量がちょうどいい
  3. 完全防水だから安心

これらに魅力を感じて僕は購入しました。

順番に解説します。

①:デザインがミニマル

グランヴィル16はデザインがミニマルで僕のドツボでした。

ミニマリズムの本質は「強調」。グランヴィル16はまさに”それ”です。

アークテリクスのブランドロゴが美しい
ファスナーも目立たないデザイン
背面もシンプル

ご覧のとおり、装飾はアークテリクスのブランドロゴのみ。

グランヴィル16にはアート作品のような美しさがあります。

価格が28,600円なので1ヶ月くらい購入を迷ったのですが、その間ずっとグランヴィル16が頭の中にあったので買ってしまいました。

実際に背負ってみた様子

グランヴィル16は、背負ったときにスッキリ見えるところも魅力です。

身長:172cm
身長:172cm

僕は持っていませんが、スーツと合わせても違和感がないと思います。

とにかく僕はこの「ミニマリストの美的センスをくすぐるデザイン」に惚れました。

②:容量がちょうどいい

グランヴィル16の容量は名前のとおり「16L」です。

人によっては少ないと感じるかもですが、ミニマリストの僕は16Lでも「2泊3日分の荷物」が収まります。

なので、容量はかなりちょうどいいです。

僕はバックパックをひとつしか所持したくありません。
そのため、容量が多すぎても仕事で使いにくいし、反対に少なすぎても旅行で使いにくいんですよね。

グランヴィル16は仕事でも旅行でも使えるので、ミニマリストと相性は抜群ですよ。

収納スペースが3つに分かれている

グランヴィル16は収納スペースが以下の3つに分かれています。

  1. メインスペース
  2. サイドスペース
  3. フロントスペース

スタイリッシュな見た目ながら、整理整頓もできるので使いやすいです。

それぞれ紹介します。

メインスペース

メインスペース

メインスペースはこんな感じです。

「PCポケット」「書類ポケット」「メッシュポケット」があります。

PCポケットにはMacBook Airを入れています
13インチクラスなら余裕です

PCポケットには「15インチまで」収納できるみたいですが、結構ギリギリだと思います。

PCポケットはバッグの底面から少し浮いているので、床に落としても衝撃はそこまで伝わりません。

バッグをテキトーに置いて「ガンッ!」「あぁ!!」みたいにならないし、別途PCケースを用意しなくていいのは身軽でいいですね。

裏には書類・メモ帳・タブレットなどを収納できます
メッシュポケットには充電器・ケーブルを入れると便利

アークテリクスはアウトドアブランドですが、グランヴィル16に関してはガジェット類もしっかり保護・整理できるので気に入っています。

サイドスペース

サイドスペース

サイドスペースは「アクセスしやすい」「結構モノが入る」ので重宝しています。

任天堂スイッチも余裕で入ります

iPadとか上着とか、サッと取り出したいモノを入れると便利です。

サイドスペースはアクセス抜群

ちなみに、サイドスペースとメインスペースは繋がっています。

繋げる意味はあまりないような気がしますが、どこからでもアクセスできるのは便利です。

フロントスペース

キーフックも付いてます
財布・鍵・エコバッグ・スマホクリーナーを入れています
前持ちのときにアクセスしやすいから、スマホを入れてもいい

フロントスペースは、小物をたくさん収納できるのでポーチ不要です。

すべてのバックパックに設けてほしいスペースですね。

③:完全防水だから安心

僕はMacBookをいつも持ち歩いているので防水性も重要です。

突然の豪雨でMacBookが壊れるなんて考えたくもないし、防水がなかったら傘をさしていても不安ですからね。

その点、グランヴィル16は防水性抜群なので雨の中、いや、台風の中でも安心です。

止水ファスナーだから雨でも安心
縫い目からの浸水もガードする徹底ぶり
撥水性抜群、濡れても拭けばOK

ご覧のとおり、グランヴィル16は最強の防水性をほこっています。

ボディにはアークテリクス独自開発の素材が使われており、防水性だけでなく耐久性も高いとのこと。

グランヴィル16なら、天気や場所を気にせずガジェットを持ち運べるのでストレスフリーです。

アークテリクス「グランヴィル16」を使うときの注意点3つ【デメリット】

ここまで、アークテリクス「グランヴィル16」のメリットを解説しました。

とはいえ、「ここは少し気になるなぁ」とか「購入前に気をつけたほうがいいこと」もあるのでお伝えします。

グランヴィル16のデメリットは以下の3つ。

  1. 自立しない
  2. タグの位置が微妙
  3. 偽物が多いらしい

順番に解説します。

①:自立しない

グランヴィル16は丸くて薄いため、自立しません。

イスや壁があれば立て掛けられますが、場所によっては平置きするしかなくなります。

グランヴィル16は平置きすることが多い

まぁそこまで困ることではありませんが、一応僕はバッグハンガーをつけています。

②:タグの位置が微妙

グランヴィル16の最大のデメリットは「タグがファスナーにひっかりやすい」ことです。

というのも、タグの位置が微妙すぎるんですよね。

タグがはみ出がち
はみ出るから引っかかる

僕は「ファスナーをタグより下げない」とか「タグを押さえながら締める」で対策していますが、面倒な人はストレスを感じると思います。

ハサミで切ればいいだけですが、タグがないと製品価値が落ちるので僕は残しているって感じですね(今後売る可能性もゼロではないので)。

③:偽物が多いらしい

アークテリクスの製品は偽物も多く出回っているみたいですね。

参考:アークテリクス公式サイト「偽造品について」

噂によると、メルカリやヤフオクで出回ってるものの9割が偽物だとか…。

偽物・コピー製品を買うと低品質で損をすることになります。

なので、グランヴィル16を購入するならフリマサイトはやめておいたほうが無難です。

ちなみに僕はアークテリクスから直接購入しました。

アークテリクス「グランヴィル16」はこんな人におすすめなバックパック

ここまで、アークテリクス「グランヴィル16」のメリット・デメリットを解説しました。

まとめると、グランヴィル16は以下の方におすすめです。

  1. バッグをひとつにしたい人
  2. 自転車に乗ることが多い人
  3. アウトドアでも使いたい人

グランヴィル16は「仕事・旅行」の両方で活躍します。
そのため、バッグパックをひとつにまとめたいミニマリストには最適です。

また、防水性能が抜群なので自転車をよく乗る方でも安心できるでしょう。

テールランプをつけるループもあります

アークテリクスはアウトドアブランドなので、もちろんキャンプや登山でも快適に使えます。

ショルダーも肉厚だから背負っていて疲れません

というわけで、グランヴィル16はミニマリストにかなりおすすめなバックパック(リュック)です。

まとめ:アークテリクス「グランヴィル16」は、デザインも使い勝手も◎

最後まで読んでいただきありがとうございます。

アークテリクス「グランヴィル16」のレビュー・僕が使っている理由を書きました。

もういちど振り返ると以下のとおり。

メリットデメリット
デザインがミニマル
容量がちょうどいい
完全防水だから安心
自立しない
タグの位置が微妙
偽物が多いらしい

僕はグランヴィル16の「ミニマルなデザイン」と「どこでも使える汎用性」が気に入っています。

アウトドアリュックでここまでデザイン性の高いモノを僕は知りません。

価格が28,600円とちょっと高めですが、買ってよかったです。

グランヴィル16は人気商品ですぐに在庫がなくなるので、気になっているなら早めにチェックしたほうがいいですよ。

ミニマリストのカバンの中身

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次