MENU

iPad miniは小さすぎる?小さなタブレットが暮らしに与える大きな変化

iPad mini 6って本当に必要?iPadとしては小さすぎるし大型のiPhone買えばよくない?結局のところ中途半端で使わなくなる気がするけど実際に使ってる人はどう思ってるの?

こういった疑問にお答えします。

本記事の内容
  • 小さなタブレットが暮らしに与える大きな変化
  • iPad mini 6では小さすぎると感じる3つの瞬間

こんにちは、カズヤです。

iPad mini 6のサイズって中途半端だし、「本当に必要か?」と問われると微妙に感じますよね。

しかし、iPad mini 6があると暮らしが圧倒的に豊かなものになります。中途半端なサイズだからこそ感じられるメリットも多いのでiPad mini 6は必要です。

僕はiPhone 12 Pro Maxを持っていますが、大型スマホを使っていてもiPad mini 6は便利に使えるなという結論に達しました。

そんなわけで、iPad mini 6の必要性について詳しく解説していきます。

後半では「iPad mini 6は小さすぎる!」という部分も正直に伝えるので購入を検討している方は参考にしてみてください。

※一応補足しておくと、iPhone 12 Pro Maxは買い替えのタイミングでサイズダウンさせるつもりです。iPad mini 6があれば大型スマホは必要ないですね。

Contents

小さなタブレットが暮らしに与える大きな変化

iPad mini 6が暮らしに与える変化は以下の3つ。

iPad mini 6が暮らしに与える変化
  1. いろいろ断捨離できる
  2. SNS中毒を克服できる
  3. インプット量が増える

①:いろいろ断捨離できる

iPad mini 6を導入すると、いろいろと断捨離できて部屋の中やカバンの中がスッキリしますよ。

断捨離できるものは主に以下の3つ。

  • メモ帳
  • 文房具
  • 紙の本

メモ帳を断捨離できる

iPad mini 6は、Apple Pencilと組み合わせることでメモ帳の役割を果たします。

とにかくサイズ感がメモ帳としてちょうどいい。

  • デスクの上でも邪魔にならない
  • 常にカバンに入れて持ち運べる
  • 片手で持って立ちながら書ける

こんな感じで、iPad mini 6はメモ帳代わりとして不便なく使えます。

メモ自体はほかのiPadでもできますが、とっさに思い付いたことをメモするにはiPad mini 6くらいのサイズがちょうどいいんですよね。

iPad mini 6をメモ帳代わりにすればいちいちメモ帳を補充する手間がなくなるので便利ですよ。

文房具を断捨離できる

iPad mini 6をメモ帳代わりにすると文房具も必要なくなります。

というのも、Apple Pencilであらゆる文房具を賄えるからです。

  • ボールペン
  • カラーペン
  • マーカーペン
  • 万年筆
  • 消しゴム
  • 定規

上記の文房具がたった1本のApple Pencilの中に詰まっています。

iPad mini 6とApple Pencilがあれば、もう筆箱にごちゃごちゃと文房具を入れて持ち運ぶ必要はありません。

デスク周りがスッキリすると思考も整理されて仕事が捗りますよ。

紙の本を断捨離できる

iPad mini 6があれば紙の本を買う必要がなくなります。

  • 文庫本サイズだから持ちやすい
  • 常にカバンに入れて持ち運べる
  • Apple Pencilで書き込みできる

といった具合で、iPad mini 6は電子書籍端末としてかなり優秀です。

ほかのiPadでは大きすぎるし、iPhoneでは少し物足りないと思うところをiPad mini 6は完璧に埋めてくれます。

紙の本を買わなくなれば「本棚」も断捨離できますし、iPad mini 6があれば無駄に広い部屋に済む必要がなくなりますよ。

②:SNS中毒を克服できる

SNSって時間の無駄だとわかりつつもつい長時間見ちゃいますよね。僕も酷いときは10分に1回の頻度でチェックするほど依存していました。

だからといって今の時代にSNSを完全に削除する勇気はない、、、。と、そんなSNS中毒の克服にもiPad mini 6は役立ちます。

具体的にいうと、僕はiPad mini 6にSNSアプリを一切入れていません。自宅ではiPhoneよりもiPadを触るようにしているので必然的にSNSはあまり見なくなります。

人によっては逆でもいいかもしれません。

「ほかのiPadでもよくない?」と思うところですが、大きいiPadだと手持ちで扱いにくいので、ついiPhoneを手に取ってしまうんですよね。

iPad mini 6があれば、今までSNSで無駄にしていた時間で読書や勉強ができますよ。

③:インプット量が増える

iPad mini 6を購入してから電子書籍を読んだり、ブログ記事を読んだり、というインプット時間が明らかに増えました。

理由としては、、

  • SNSを無駄に触らなくなった
  • 大きいiPadよりも手軽に扱える
  • iPhoneよりも長時間文字を読める
  • パソコンと違って仕事が気にならない

といった感じです。

iPad mini 6はテキストワークや動画編集のようなアウトプットには向きませんが、ブラウジングや読書のようなインプットには最適なタブレットですよ。

iPad mini 6では小さすぎると感じる3つの瞬間

ここまでiPad mini 6の小ささについて褒めちぎってきました。

とはいえ、「iPad mini 6だと小さすぎる」と感じる部分もありますので紹介します。

「iPad mini 6だと小さすぎないかな?」と感じている人は参考にしてみてください。

iPad mini 6では小さすぎると感じる瞬間
  1. 雑誌を読むには小さすぎる
  2. Split Viewには小さすぎる
  3. 勉強ノートには小さすぎる

①:雑誌を読むには小さすぎる

iPad mini 6は雑誌を読むにはちょっと小さすぎますね。

iPad Air 4との比較をしてみると以下のようになります。

iPad mini 6で雑誌を読むなら指で拡大する必要があります。

②:Split Viewには小さすぎる

2つのアプリを同時に並べるSplit Viewをするにも、iPad mini 6では小さすぎてきついです。

こちらもiPad Air 4と比べてみましょう。

Split Viewの様子はこんな感じです。

慣れればiPad mini 6でも使えそうな部類ではありますが、iPad mini 6は「大きいスマホ」という認識で使うのがベストですね。

③:勉強ノートには小さすぎる

iPad mini 6はメモ帳としては扱いやすいのですが、ガッツリ勉強ノートとするには小さいですね。

こんな感じで、iPad mini 6だとやっぱり文字が窮屈になります。

というわけで、繰り返しですが、iPad mini 6はタブレットというよりも「手書きができる大きいスマホ」と捉えるのがいいでしょう。

「iPhoneがもう少し大きければ」と感じている人はiPad mini 6は買いです。しかし、タブレットが欲しいならiPad Air 4を買ったほうがいいですよ。

まとめ:iPad mini 6があれば暮らしが豊かになる

iPad mini 6が暮らしに与える変化
  1. いろいろ断捨離できる
  2. SNS中毒を克服できる
  3. インプット量が増える
iPad mini 6では小さすぎると感じる瞬間
  1. 雑誌を読むには小さすぎる
  2. Split Viewには小さすぎる
  3. 勉強ノートには小さすぎる

さいごまで読んでいただきありがとうございます。

iPad mini 6が暮しに与える変化と、iPad mini 6では小さすぎると感じる瞬間を紹介しました。

「iPad mini 6のサイズは中途半端だからいらないでしょ」と購入を迷っているかもしれませんが、中途半端なサイズだからこその良さもあります。

大型のiPhoneを使っていても、アプリを分けることで暮らしの質が向上するので気になる方はぜひチェックしてみてください。

Amazonで買い物するならギフト券チャージからの購入がおすすめ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Contents
閉じる