【多い】iPad miniをメモ・手帳代わりにするメリット12個

iPad mini 6をメモ帳とか手帳の代わりにしようかと思うけど、価格が高いし買うか迷うなぁ。実際に使ってる人はやっぱり便利に活用してるのかな?

こういった疑問にお答えします。

本記事の内容
  • iPad mini 6をメモ帳・手帳代わりにするメリット12個
  • iPad mini 6をメモ帳・手帳代わりにするデメリット3個
  • iPad mini 6を愛用する僕が思う「おすすめできる人」の特徴

僕はフリーランスでWeb系の仕事をしています。

そして、iPad mini 6はもはや仕事道具として欠かせない相棒です。

メモ帳や手帳というと「紙でよくない?」と思う人がまだまだ多数だと思いますが、実際にデジタルに移行すると、もう紙には戻れなくなりますよ。

この記事を読めば、iPad mini 6の魅力がわかり、きっとほしくなるでしょう。

仕事や勉強をはかどらせたい方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

iPad miniを安く買いたいなら「イオシス」がおすすめです。

目次

iPad miniをメモ手帳代わりにする12のメリット

iPad mini(第6世代)をメモ手帳代わりにするメリットは以下の12個です。

  1. 文房具を持ち歩かなくていい
  2. メモ帳を買い足す必要がない
  3. メモ帳を紛失する心配がない
  4. 簡単にキレイな図形を描ける
  5. 簡単に書き直すことができる
  6. 画像に直接書き込みができる
  7. 画像を簡単に貼り付けられる
  8. 手書きメモを検索して探せる
  9. 読書中でも手軽にメモできる
  10. iPhoneやMacと同期ができる
  11. メモしながら調べものできる
  12. なんとなくメモをしたくなる

すみません笑

「メリットを余すことなく伝えよう!」と思ったらこんなに多くなりました、、、笑

なるべく簡潔にまとめたので、ぜひお付き合いください。

①:文房具を持ち歩かなくていい

iPad miniを手帳代わりにすれば、ごちゃごちゃ文房具を持ち歩かなくてもよくなります。

なぜなら、アプリ内にたくさんのツールがあるから。

たとえば以下のとおり。

  • ボールペン
  • 万年筆
  • 筆ペン
  • カラーペン
  • マーカーペン
  • 消しゴム
  • 定規

仕様はアプリによって若干異なりますが、さまざまなツールがアプリ内で使えます。

つまり、文房具類が「iPad miniとApple Pencilのみ」にまとめられるわけです。

持ち物がコンパクトになれば管理もラクになりますよね。

②:メモ帳を買い足す必要がない

アナログのメモ帳はなくなったら買い足さないといけません。

ストックしておくとしても結構邪魔ですよね。

しかし、iPad miniなら容量が許すかぎり書き続けられます。

また、「カテゴリー別」に分けることも可能。

ノートアプリ『GoodNotes5』の例

読書メモを取っている人なら「書籍別」にメモ帳を分けることもできますね。

iPad miniなら残りページ数を気にせず自由に書き込めるし、複数冊のメモ帳もまとめて管理できます。

③:メモ帳を紛失する心配がない

複数冊をまとめて管理できるということは「紛失のリスク削減」にもなりますよね。

iPadを紛失する人ってあまりいないような気がしますし。

仮に紛失したとしても「探す」アプリを使えば、iPhoneやMacからiPadのある場所を特定できます。

④:簡単にキレイな図形を描ける

メモ帳にラフスケッチをする際、フリーハンドだとなかなかキレイに描けませんよね。

しかし、iPadなら以下の方法で簡単に完璧な図形(円、四角形、星形)を描けます。

  • アプリ内の図形ツールを使う
  • 図形を描き終わったところでApple Pencilを1秒止める

ラフスケッチとはいえ図がキレイだと見やすくていいですよね。

⑤:簡単に書き直すことができる

デジタル手帳の最大のメリットといえばこれですね。

アナログ手帳では書き間違えると二重線で消したり、次のページに移ったりしないとけません。

消えるインクだったとしても消したときにシワになることがあります。

しかし、iPadなら書き間違えても一瞬でキレイに消せるし、投げ縄ツールを使って指定した範囲の部分を移動させることも可能です。

アナログと違って簡単に修正ができるので「残りページを気にすることなく」なんでも書き込みができますよ。

⑥:画像に直接書き込みができる

画像に直接書き込めるのもアナログにはないメリットです。

たとえば、電子書籍のページをスクショして自分の意見を書き込んだり、ネット通販で商品のポイントを整理しながら後で比較したり、といったことができます。

⑦:画像を簡単に貼り付けられる

画像に書き込みできるうえに、手帳にそのまま貼り付けて保管できるのも便利。

たとえば、

  • お気に入りの本のページ集
  • 旅行の計画に必要な画像集
  • 思い出を残すための写真集

みたいな感じで画像・写真を整理してまとめておけます。

⑧:手書きメモを検索して探せる

たくさんメモをしていると、「あのメモ見返したいけど、どこに書いたっけ?」みたいなことありますよね。

そんなときでもiPadなら「手書きメモ検索機能」を使えばすぐに目当ての文章を探し出せます。

「自分は字が汚いからなぁ」と思う人であっても、検索の精度は思っているよりもいいのでかなり使えますよ。

⑨:読書中でも手軽にメモできる

iPadはSplit View(画面分割)を使えば、読書しながら手書きメモできます。

Split Viewの様子

メモしながら読書をすると集中力が増してインプット効率が劇的に向上しますよ。

特にiPad miniは「Kindle Unlimited」と相性抜群なので読書がはかどります。

⑩:iPhoneやMacと同期ができる

iPadに書いたメモは、iCloudで同期したiPhoneやMacでも見ることができます。

「カバンからiPadを取り出すのは面倒なとき」「パソコン作業中のふとしたとき」のような場面でもデバイスを問わずメモを確認できるので便利です。

⑪:メモしながら調べものできる

iPadにメモを書き殴っている最中になにか気になることがあっても、iPadであればそのままSafariやChromeで調べられます。

「スマホ取り出せばよくない?」と思うかもしれませんが、スマホが充電中で近くになかったり、カバンから取り出すのが面倒なときとかは便利ですよ。

⑫:なんとなくメモをしたくなる

これは人によるかもしれませんが、iPad miniを使っているとなんとなくメモしたくなるんですよね。

少なくとも僕はiPad mini(第6世代)を買ってから明らかに手書きメモが増えました。

iPad miniになにか書き込みたい→読書したり考え事したりする→知識が増え思考が整理され生活が変わる→人生がよくなる

という感じでかなりメリットを受けています。

iPad miniをメモ手帳代わりにするデメリット3つ

iPad miniをメモ手帳代わりにするデメリットは以下の3つ。

  1. バッテリー持ちがやや悪い
  2. ペン先がコツコツうるさい
  3. メモしか書かないなら高い

①:バッテリー持ちがやや悪い

iPad mini(第6世代)のバッテリー持ちはお世辞にも良好とはいえません。

Apple公式サイトによると「Wi‑Fiでのインターネット利用、ビデオ再生:最大10時間」とありますが、実際はもっと少ないです(たぶん8時間くらい)。

ノート・メモアプリもわりと電力を激しく消費するので、ほぼ毎日充電が必要となります。

慣れれば問題ありませんが、スマホのほかにもう1台充電管理しなきゃいけないのは少し手間ですね。

解決策:モバイルバッテリーを持ち歩く。
iPadのモバイルバッテリーは最低でも10,000mAhはほしいところです。

②:ペン先がコツコツうるさい

iPadはガラスなので当然ですが、ペンでなにか書くとコツコツと音がします。

なので、図書館のような静かな場所ではうるさくて使えないです。

あと書き味も、紙とは雲泥の差なので注意が必要。

ペーパーライクフィルム(紙に近くなるフィルム)を貼っても、結局はガラスなので慣れない人は気持ち悪いかもしれません。

なので買う前に一度、Apple Storeか家電量販店で試し書きすることをおすすめします。

解決策:ペン先をソフトタイプに変える。

③:メモしか書かないなら高い

たぶんいないと思いますが、iPad miniを「メモするだけの端末」と考えているならお金の無駄です。

「iPad mini(第6世代)+Apple Pencil」を揃えると約7万円ですからね、、

デジタル手帳がほしいだけなら以下の電子メモパッドでもいいと思いますよ。

iPad miniをメモ帳・手帳代わりにおすすめできる人の特徴

「結局iPad miniをメモ手帳代わりにおすすめな人ってどんな人なの?」というと以下のとおりです。

  1. メモ以外にも使う人
  2. メモの頻度が多い人
  3. 文房具を捨てたい人

iPad miniは高い買い物になりますが、上記に当てはまるならもう買っちゃっていいと断言できます。

読書したり、動画視聴したり、ゲームしたり、いろいろできる手頃なメモパッドなんてほかにないし、紙の手帳よりもたくさんのメモを保管できます。

また、iPad miniがあれば文房具をApple Pencil(または他社製のスタイラスペン)の1本にまとめられます。

iPad mini(第6世代)についてもっと詳しく知りたい方は以下の記事も参考にしてみてください。

まとめ:iPad miniをメモ帳代わりにしよう

さいごまで読んでいただきありがとうございます。

iPad miniをメモ手帳代わりにするメリット・デメリットを紹介しました。

もう一度まとめておきます。

  • 文房具を持ち歩かなくていい
  • メモ帳を買い足す必要がない
  • メモ帳を紛失する心配がない
  • 簡単にキレイな図形を描ける
  • 簡単に書き直すことができる
  • 画像に直接書き込みができる
  • 画像を簡単に貼り付けられる
  • 手書きメモを検索して探せる
  • 読書中でも手軽にメモできる
  • iPhoneやMacと同期できる
  • メモしながら調べものできる
  • なんとなくメモをしたくなる
  • バッテリー持ちがやや悪い
  • ペン先がコツコツうるさい
  • メモしか書かないなら高い

デジタル手帳が充電の手間があったり、書き味が気になったりしますが、基本的にはどちらのデメリットも慣れます。

なにより、iPad miniをメモ手帳代わりに使うと「不思議とメモ習慣が身に付く」ので勉強やビジネスにかかなり役立ちますよ!

そんなわけで、気になる人はぜひiPad mini(第6世代)をチェックしてみてください。

iPad miniを安く買いたいなら「イオシス」がおすすめです。

Apple(アップル)

関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメントはお気軽に!

コメントする

目次