持ち運べるバッグハンガー。『Clipa』レビュー

カフェでノマドワークをするときや、帰りに立ち寄ったラーメン屋でこういったことがよくあります。

仕方なく床に置くのですが、カフェはまだ良いとしても、ラーメン屋ではさすがに抵抗があり困っていました。

そこで見つけたのが、バッグをどこにでも引っ掛けられるアイテム『Clipa(クリッパ)』です。

この『Clipa(クリッパ)』が、もはや外出時の必需品ともいえる便利アイテムでしたので紹介していきます。

目次

『Clipa』について

製品名 Clipa(クリッパ)
価格 2,700円(税別)
サイズ 直径7cm 厚さ0.9cm
重量 48g
耐荷重 15kg
カラー
  • ブラックシルバー
  • シルバー
  • ゴールド
  • マッドブラックシルバー
  • マッドシルバー
  • マッドゴールド

『Clipa(クリッパ)』は、バッグをテーブルなどに引っ掛けるためのハンガーです。

ちなみに僕は「ブラックシルバー」を選びました。

外観をチェック

『Clipa(クリッパ)』はこのシンプルなデザインが良いです。

バックパックに付けてみるとこんな感じです。

基本的にこの状態で持ち歩きます。

レザートートにも合うデザインです。

バッグのデザインにアクセントを加えてくれるのも『Clipa(クリッパ)』の良いところです。

『Clipa』の使い方

『Clipa(クリッパ)』の使い方はシンプルで、写真のように輪っかを開いて引っ掛けるだけです。

バネの力が働いているので、力を抜くとただの丸い輪っかに戻ります。

『Clipa』の使用例

『Clipa(クリッパ)』の使用例

『Clipa(クリッパ)』は様々なシーンで使えます。

机のような平坦なところにも引っ掛けられるので使い勝手抜群です。

『Clipa』の良い点

  • ①:グリップ力が凄まじい
  • ②:耐久力抜群で壊れない
  • ③:アクセサリーにもなる

①:グリップ力が凄まじい

『Clipa(クリッパ)』は、机との接地面に樹脂パッドの滑り止めを備えているのですが、これが素晴らしいグリップ力です。

上記の写真のように、ギリギリな場面でも安定してバックパックを支えてくれます。

足をぶつけたりしないかぎり、勝手に落ちることはありません。

②:耐久力抜群で壊れない

『Clipa(クリッパ)』は、わずか48gと軽量ながら、耐荷重が15kgとかなりパワフルなバッグハンガーです。

パソコンやらカメラやら、いろいろバックパックに詰め込んでも15kgまではいかないと思うので、基本的に壊れる心配はしなくて良いです。

実際に1ヶ月ほど使用していますが、バネが弱くなるといったこともありません。

③:アクセサリーにもなる

『Clipa(クリッパ)』は、デザインがシンプルなところが個人的に気に入っています。

バックパックのアクセサリーにもなるので持ち運びに困らないし、使うときもバックパックの中からいちいち取り出さなくていいので便利です。

価格が少々高めですが、アクセサリーと思えば全然払える金額だなと思い購入しました。

『Clipa』の悪い点

  • ①:価格が少々高め
  • ②:サイズ展開がない

『Clipa(クリッパ)』の価格は2700円(税別)と、バッグハンガーとしては少々高いです。

耐久性だったり、持ち運びのことを考えないなら100円ショップのものでもいいかもしれません。

後、個人的に耐荷重5kgくらいで、もっとサイズダウンしたものがあれば嬉しかったなと感じました。

Clipaレビュー【まとめ】

【良いところ】

  • ①:グリップ力が凄まじい
  • ②:耐久力抜群で壊れない
  • ③:アクセサリーにもなる

【悪いところ】

  • ①:価格が少々高め
  • ②:サイズ展開がない

カフェでノマドワークや、ラーメンが好きな僕にとって『Clipa(クリッパ)』はもはや外出時の必需品になっています。

特にラーメン屋では大車輪の活躍です。

『Clipa(クリッパ)』があるだけで助かるシーンはたくさんあるし、特に邪魔になるものでもないので、持っていない方は一個買ってみてください。

では、おわります。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

カズヤ(@kazuyadesu8)でした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる