勇気がなくて退職を言い出せない人へ3つのアドバイス

仕事辞めたいけど、上司に退職を言い出せない。今日こそはと思うけど、結局切り出せないで時間ばかりが過ぎていく。どうやったら勇気が出るんだろう。

こういった悩みにお答えします。

本記事の内容
  • 勇気がなくて退職を言い出せない人へアドバイス
  • どうしても退職を言い出せないときの対処法3選
  • 円満退職するために意識すべき退職の伝え方3選

こんにちは、カズヤです。

上司に退職を伝えるのって緊張するし、どんな反応されるかわからないから怖いですよね。

しかし、勇気を出さないことには一生会社を辞めることはできません。

僕も上司に退職を伝える勇気が出ず1週間くらいずっとそわそわしていた記憶があります。でもいざ勇気を出すとあっさりコトが進み、円満に退職できました。

そんなわけで、『退職を伝える勇気が出ない人へアドバイス』と『円満退職するコツ』を伝授します。

この記事を読み終えるころには、はやく退職を伝えたくなっているはずですよ。

目次

勇気がなくて退職を言い出せない人へアドバイス

「上司の反応が怖い」「迷惑かけるし気まずい空気になりそう」「本当に辞めちゃっていいのかも不安」。

僕がなかなか退職を切り出せなかった原因はこんな感じでした。おそらく同じような人は多いはず。

僕と同じ悩みで退職を言い出せない方は以下の3つを意識すると勇気がでますよ。

退職を言い出せない人へアドバイス
  • ひとりのおっさんに言うだけ
  • 退職したら関わりがなくなる
  • 会社を辞めるのは小さな決断

アドバイス①:ひとりのおっさんに言うだけ

上司に退職を切り出すの緊張するなぁ。どんな反応されるかわからないから怖いし、億劫だなぁ。

こういった気持ちはよくわかります。

”上司”に退職を伝えるって、なんか大きな儀式みたいで緊張しますよね。

でも冷静に考えてみてください。

上司だって『ひとりのおっさん』です。会社では偉いのかもしれないけど、会社を出ると『ひとりのおっさん』です。家では嫁の尻に引かれてる『ただのおっさん』かもしれません。

つまり、上司に退職を伝えることは、ひとりのおっさんに「会社辞めたいです」と言うだけの作業なんですよ。

そう考えると、かんたんな作業に思えてきませんか?

ひとりのおっさんに退職を伝える作業なんて、人生において大した作業ではないですよ。

と、僕は自分に言い聞かせておっさんに退職を切り出しました。

緊張して上司に言い出せないなら、上司を「ひとりのおっさん」と意識してみてください。

アドバイス②:退職したら関わりがなくなる

退職するなんて言ったら、気まずい空気になりそうだな。よく思わない人もいるだろうし嫌がらせされたりしないかな。

こういった気持ちから、なかなか退職を言い出せない気持ちもわかります。

退職を告げてすぐに辞められるわけじゃないですからね(引き継ぎなどで2〜3ヶ月はかかるのが一般です)。

でも会社にいるのは、退職したら一生関わらない人ばかりですよ?

もし会社内で気まずい空気になっても、退職したらその人たちと会う機会なんてなくなります。そう思うと、別にどうでもいいことじゃないですか。

僕の場合は上司も同僚もみんな応援してくれる最高な職場でしたが、もし嫌味を言ってくるような職場なら退職日までスルーでOKですよ。

「人手不足なのに抜けちゃうのは悪いな」とか思うかもしれませんが、仕事がしんどいならみんな辞めればいいだけの話です。

退職したら一生関わることのないような人たちの心配よりも、自分の心配をしましょう。

アドバイス③:会社を辞めるのは小さな決断

本当に会社辞めちゃって大丈夫かな。実際に退職することを意識し出したらビビって上司に言い出せない、、

この気持ちもわかります。

特に僕の場合は大企業だったので、「この待遇を手放して大丈夫かな」と思ったりしましたね。

※大企業を辞めた自分を正当化させるために書いた記事もあります。興味がある方はどうぞ。

あわせて読みたい
大企業を辞めるのはもったいなくない3つの理由【辞めたけど後悔なし】 大企業を辞めるのってもったいないかな?でもこのまま残ってつまらないルーティンワークするのはもう嫌だな、、とはいえ辞めて後悔したくないし悩む、、、 こういった悩...

でも広い視野で見ると、会社を辞めることなんて『小さな決断』に過ぎないんですよね。

リクナビNEXT』を見ると転職先なんていくらでもあることがわかるし、『クラウドワークス』を見ると会社に属さなくても仕事ができるとわかります。

レンタルなんもしない人さん(@morimotoshoji)、プロ奢ラレヤーさん(@taichinakaj)みたいに自由に生きてる人だっています。

つまり、会社を辞めたところで、死ぬわけじゃありません。

海外ではひとつの会社に長く勤めることのほうが珍しいとさえ言われてるし、別に会社を辞めるのは大きな決断ではないですよ。

本当に辞めたいなら、サクッと「ひとりのおっさん」に退職を告げましょう。

あわせて読みたい
ビビりな僕が『後先考えず退職』を決めた理由【何も考えずに辞めたっていい】 会社辞めたい。激務すぎて体も精神も限界。もう勢いで辞めちゃおうかな。でも何も考えずに退職すると後悔しそうだし…。どうしよう。 こういった悩みにお答えします。 本...

どうしても退職を言い出せないときの対処法3選

ごちゃごちゃ言ってきましたが、どうしても勇気が出ない人もいるかと思います。

そんなときは以下の行動がおすすめです。

退職を言い出せないときの対処法
  • とりあえず上司に近づいてみる
  • 仲の良い友達に宣言してしまう
  • 退職代行サービスに丸投げする

対処法①:とりあえず上司に近づいてみる

どうしても退職を言い出せないなら、とりあえず上司の近くまで行ってみてください。

近くまで行けば「ここまで来たからもう言っちゃえ!」みたいに勢いで退職を切り出せますよ。

僕の上司は昼食を食べ終わったころに1人でゲームしてることが多かったので、そのタイミングを見計らって近づきました。

とはいえ、近づこうとして引き返したこともあります。近づくだけでもだいぶ緊張しますよね。

なので、近づくときは「なにも考えない」のがコツです。

上司の「どうした?」みたいな顔を引き出せたら、もう勝利は目前ですよ。

対処法②:仲の良い友達に宣言してしまう

仲の良い友達に「会社辞めるわ」と、退職を宣言してしまうのも有効な手段です。

宣言して、いつまでも行動しなかったらなんかダサいじゃないですか。

だから宣言してしまって、後戻りできない状況を作りましょう。

僕は「今週中に上司捕まえて伝えるわ!」みたいな感じで同僚に宣言しましたね。

もし友達に言うのすら緊張する場合は、『Twitterに宣言する』とかでもいいと思います。

とにかく第三者に宣言することで行動に移しやすくなるので試してみてください。

対処法③:退職代行サービスに丸投げする

僕は使っていませんが、『退職代行サービス』を利用する手段もあります。

退職代行サービスとは、文字通り『本人に代わって業者が退職の手続きを代行してくれるサービス』です。

  • 上司が怖くて話しかけられない
  • 会社が全然辞めさせてくれない
  • シンプルに手続きが面倒くさい

こういった場合、退職代行サービスを利用すれば合法的に会社を辞めることができます。

料金が3〜5万円ほどかかりますが、会社に行かずに退職ができるのはありがたいですよね。

業者とのやり取りも『チャット』で済むみたいなので最終手段として使ってみてください。

円満退職するために意識すべき退職の伝え方3選

退職の意思ってどんな感じで伝えればいいんだろう。できれば揉めないで円満退職したい。

こういった人のために『円満退職のコツ』も紹介しますね。

僕の職場は人手不足な状態でしたが、一切揉めることなく辞めることができました。

なので、トラブルなく円満に退職したい方は以下を意識して退職を伝えてください。

円満退職するための伝え方
  • やむを得ない退職理由を伝える
  • 会社への不満は絶対に言わない
  • 退職日まで協力することを示す

伝え方①:やむを得ない退職理由を伝える

退職理由を伝えるときは『やむを得ない理由』を伝えてください。

上司に「その理由なら仕方ないな」と思わせれば、しつこく引き止めてくることはないし、むしろ退職を応援してくれるようになります。

僕の例をいうと「個人での事業に集中したいし、時間や場所に縛られないライフスタイルを実現したいので退職したいです」と伝えました。

工場勤務でリモートワークもできないため、会社を辞めないとダメだということを伝えた感じです。

僕はバカ正直な理由を伝えましたが、退職理由は『嘘』でもいいと思います。

たとえば、「家業を継ぐ」とか「別分野への興味が抑えきれない」とか。

テキトーすぎる嘘は話がややこしくなる原因になりますが、円満退職において『本音と建前』は大切です。

伝え方②:会社への不満は絶対に言わない

会社への不満を言わないことも徹底しましょう。

なぜなら、不満を言うメリットなんて1ミリもないし、退職日まで気まずくなるだけだからです。

  • 仕事がつまらない
  • 人間関係が合わない
  • 会社に将来性がない

こういった不満を言ったところで、なにも得しないので言わないようにしましょう。

「なにか不満あった?」と聞かれても、「いや全然ないです!むしろ不満がないから退職の決断が長引きましたよ!ははは!」と言っておけばOKです。

退職理由がポジティブであれば、退職の手続きもスムーズに進みます。

なので、「不満があるから辞めるんだよバーカ」と思っているかもしれませんが、その本音は抑えたほうが無難です。

伝え方③:退職日まで協力することを示す

退職日や有休消化のスケジュールは、なるべく迷惑にならないように設定しましょう。

たとえば、3ヶ月くらい余裕持って退職するとか、有給休暇は引き継ぎが完了してから消化するとかですね。

退職を決めたら1日でも早く辞めたいところですが、どーせ辞めるなら気持ちよく辞めたほうがいいですよ。

自分のわがままを押し付けようとすると、退職の手続きがスムーズに行かなかったり…なんてこともあり得ますからね。

円満退職したいのであれば、退職までのスケジュールには余裕を持ったほうがいいです。

まとめ

退職を言い出せない人へアドバイス
  • ひとりのおっさんに言うだけ
  • 退職したら関わりがなくなる
  • 会社を辞めるのは小さな決断
退職を言い出せないときの対処法
  • とりあえず上司に近づいてみる
  • 仲の良い友達に宣言してしまう
  • 退職代行サービスに丸投げする
円満退職するための伝え方
  • やむを得ない退職理由を伝える
  • 会社への不満は絶対に言わない
  • 退職日まで協力することを示す

そんなわけで、勇気がでず退職を言い出せないでいる人は参考にしてみてください。

上司に退職を切り出すのはめちゃくちゃ緊張しますが、その緊張も「切り出す瞬間まで」ですよ。

ほとんどの上司は、退職を切り出されることに慣れているはずです。なので、ひとこと声をかけてしまえばトントン拍子にコトが進みます。

上司が退職を強引に止めてくるなら『退職代行サービス』を使えばいいだけなので、気負わずに行きましょう。

応援しています。

あわせて読みたい
会社を辞めるのに勇気はいらない3つの理由【もっと気楽に考えよう】 会社辞めたい。でも転職に失敗したら嫌だし、辞めた後の人生がなんとなく不安。上司に言うのも怖いし、どうしたら勇気が出るんだろう、、 こういった悩みにお答えします...
あわせて読みたい
毎朝「仕事に行きたくない」と泣きそうなら逃げてもいい3つの理由 仕事に行きたくない。もう泣きそう。毎朝憂鬱すぎるしもう辞めたい。でも逃げたと思われたら嫌だし、会社辞めたら人生詰みそうだから頑張っていかないと、、 こういった...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる