MENU

【簡単】退職を切り出す勇気が出ないときの対処法3選【勇気はいらない】

仕事辞めたいなぁ。でも上司に退職を切り出す勇気がなかなか出ない…。どうやったら一歩踏み出す勇気がわくんだろう?退職を切り出すタイミングとか伝え方とかアドバイスがほしいです。

こういった悩みにお答えします。

上司に退職を伝えるのってかなり労力が必要ですよね。

「今日こそ退職を切り出すぞ」と思っても、なかなか勇気が出ず足踏みをしている人は多いでしょう。

しかし、自分が退職を切り出さないかぎり会社を辞めることはできません。

この記事では、なかなか退職を切り出せないときの対処法と退職を伝えるベストタイミングを解説します。

過去の僕も会社を辞めると決意してから2週間以上も言い出せずに悩んでいました。しかし、ちょっとした行動によって勇気を出さずに退職を切り出せたんですよね。

この記事を読めば、勇気を出さずに退職を切り出せるようになります。

ぜひ最後まで読んでみてください。

目次

退職を切り出す勇気が出ない原因とは

まずは「なぜ退職を切り出せないのか?」を整理しましょう。

退職を切り出せない原因は以下の3つではないでしょうか。

  • 上司がどんな反応をするのか怖い
  • 退職を伝えた後の時間が気まずい
  • 伝えてから心変わりしないか不安

過去の僕はこれらが原因でなかなか言い出せない日々が続きました。

①:上司がどんな反応をするのか怖い

自分が退職を切り出したときの上司の反応を想像すると怖いですよね。

たとえば…

  • しつこく引き止められるんじゃないか…
  • 理由をいろいろ聞かれるんじゃないか…
  • 怒って罵声を浴びせてくるんじゃないか…

というように、さまざまな恐怖があると思います。

「言いくるめられて辞めさせてもらえないのではないか…」と考えると億劫で後回しになりがちですよね。

しかし、退職希望者を引き止めるのは上司にとって「儀式」みたいなものです。

退職を伝えてきた部下に対して「OK〜」と即答する上司なんていないと思いますよ。

いつ退職を切り出しも引き止められる…そう考えると少し腹を括れませんか?

②:退職を伝えた後の時間が気まずい

退職を伝えた後も1~3ヶ月は仕事をしなければなりません。

そう考えると、退職を伝えた後の時間ってかなり気まずいですよね。

上司や同僚から冷たくされるのでは…嫌味を言われるのでは…という不安から退職を後回しにする人も多いでしょう。

しかし、職場の人間とのつながりは会社を辞めればほとんどなくなります。

もし職場に居づらくなっても「どうせ辞めるし」と思えば耐えられるはずです。

③:伝えてから心変わりしないか不安

「退職を伝えてしまうと後戻りができない…」そんな迷いから退職を後回しにしたくなる気持ちもあるでしょう。

「次の仕事が今より悪かったら…」「辞めてから後悔したら…」という怖さもあるかもしれません。

僕自身も、フリーランスになるために退職したのでかなり怖かったです。

しかし、今は人手不足の影響でたくさんの仕事があります。

もし転職や独立に失敗しても、また新しい仕事を見つければいいだけですよ。

退職を切り出す勇気が出ないときの対処法3選

どうしても退職を切り出す勇気が出ない…。

そんなときの対処法は以下の3つです。

  1. 友人に宣言してしまう
  2. 転職先を決めてしまう
  3. 退職代行に丸投げする

順番に解説します。

①:友人に宣言してしまう

どうしても退職を切り出せないなら、「明日上司に辞めるって言ってくる」と友人に宣言してください。

宣言することで、無理してでも退職を切り出さないといけない状況を作り出せます。

宣言したのに、いつまでも退職を切り出さないのは少しダサいですよね。

もし宣言できるような友人がいないならSNSで宣言してください。SNSをやっていないなら、紙に書いて部屋に貼るでもまぁいいでしょう。

とにかく「締め切り」を作ることで格段に退職を切り出しやすくなりますよ。

僕は同僚に宣言したことで「えいやっ」と退職を切り出すことに成功しました。おすすめです。

②:転職先を決めてしまう

上記の宣言と似ていますが、先に転職先を決めてしまうのも有効です。

転職先が決まっていれば、否が応でも退職せざるを得ませんよね。

また、転職先が決まっていれば退職後の生活の不安も緩和されます。

「在職中に転職活動ができない…」という人は、転職エージェントを活用してください。

転職エージェントなら「仕事探し」「企業との日程調整」をすべて代行してくれます。もちろん無料。

仕事をしながらでも転職活動がしやすいのでおすすめです。

\ 在職中に次の仕事を決めよう /

③:退職代行に丸投げする

上司からパワハラを受けていて話しにくい…という人もいるでしょう。

そんなどうしても退職を切り出せない人は「退職代行サービス」を使うのがおすすめです。

退職代行サービスとは、自分の代わりに退職手続きをしてくれるサービスです。

依頼すれば翌日から会社に行かなくてOK。もちろん合法なので退職金や有給休暇ももらえます。

料金が3万円ほどかかりますが、いつまでも嫌な仕事を続けて時間を無駄にするよりは100倍いいと思いますよ。

業者とのやりとりはチャットだけでOKです。スマホをいじってるだけで退職できます。

利用率もかなり高く、退職者の3割は退職代行を経由しているそうですよ。

退職代行Jobs」なら転職活動もサポートしてくれます。どうしても自分で退職を伝えられない人は利用してみてください。

\ チャットで即日退職できる /

退職を切り出すベストタイミングとは

退職を切り出すタイミングは以下がおすすめです。

  1. 上司が暇そうなとき
  2. 金曜日の仕事終わり
  3. 退職希望日の1~3ヶ月前

順番に解説します。

①:上司が暇そうなとき

退職を切り出すタイミングは、上司が暇そうなときにしましょう。

なぜなら、ゆっくり確実に聞いてもらえるから。

「忙しいタイミングを狙ってさっさと終わらせたい」と感じる人もいるかもしれません。

しかし、上司が忙しいタイミングだと以下のデメリットがあります。

  • 仕事優先で退職話は後回しにされる
  • 退職話について忘れたふりをされる
  • 機嫌が悪くて後から言いにくくなる

せっかく勇気を振り絞って切り出したのに、またこちらから切り出さないといけないのは面倒ですよね。

退職を切り出すなら、まずは上司がいつも暇してる時間を探るようにしましょう。

ちなみに僕は上司が暇な時間を徹底的にリサーチして臨みました。

②:金曜日の仕事終わり

上司の暇なタイミングがなかなか見つからないなら、金曜日の仕事終わりがおすすめです。

なぜなら、機嫌がいい可能性が高いから。

会社員なら誰でも休日はテンションが上がるはずです。機嫌が良ければ退職話をしても変にこじれることはないでしょう。

もし話がこじれても、休日をはさめば落ち着きを取り戻します。

昼食後でもいいのですが、仕事終わりのほうが機嫌はいいはずなのでおすすめです。

③:退職希望日の1~3ヶ月前

退職を伝える時期は「退職日の3ヶ月前くらい」がベスト。どんなに遅くても1ヶ月前までですね。

なぜなら、会社に迷惑をかけず円満に退職できるから。

一応、法的には14日前までに伝えれば問題ないのですが、引き継ぎ期間を考えると余裕を持って伝えたほうが印象はいいでしょう。

退職日で会社と揉めると、退職手続きで嫌がらせをされるケースがあるみたいです(転職に必要な書類が届かない・給料未払いなど)

あとから会社に資料を取りに行くのは面倒だし、どうせ辞めるなら気持ちよく辞めたいですよね。

スムーズな退職手続きをするためにも、退職はなるべく3ヶ月くらい余裕を持って言い出しましょう。

補足:退職を伝えるときの注意点

退職を伝えるときの注意点は「ウソでも前向きな退職理由を言う」です。

なぜなら、後ろ向きな退職理由を言うと引き止められて面倒になるだけだから。

たとえば以下。

  • 仕事がつまらないから辞めます
    →ほかの仕事やってみるか?
  • 人間関係が合わないから辞めます
    →部署を変えてみるか?
  • 残業が多すぎて嫌だから辞めます
    →ちょっと残業減らしてやるぞ?

このように引き止められたら突破するのが難しくなりますよね。

スムーズに退職するためにも、退職理由はウソでもいいので前向きにしましょう。

たとえばこんな感じです。

  • やりたいことを見つけたので辞めます
  • 家業を継ぐことになったので辞めます
  • 資格の勉強に集中したいので辞めます

前向きな退職なら上司も「引き止めても無駄だな…」と判断するはずです。

ウソをつくと突っ込まれたときに大変と思うかもですが、退職理由を詳しく教えないといけない義務はありません。

「これ以上は控えさせていただきます」と言えば問題ありません。

ちなみに書面では「一身上の都合により退職いたします」だけでOKです。

まとめ:退職を切り出す勇気が出ないなら「期限」を設定しよう

最後まで読んでいただきありがとうございます。

上司に退職を切り出す勇気を出ないときの対処法を解説しました。

もういちど振り返ると以下のとおり。

  1. 友人に宣言してしまう
  2. 転職先を決めてしまう
  3. 退職代行に丸投げする

退職を切り出す勇気が出ないなら、期限を設定するのがおすすめです。

友人に宣言する、先に転職先を決める、と無理やり退職までの期限が決まります。

期限があると「えいやっ」と退職を切り出せるのでやってみてください。

どうしても勇気が出ないなら「退職代行」を使いましょう。

\ チャットで即日退職できる /

\ 在職中に次の仕事を決めよう /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次