MENU

【就活】ニートにおすすめな就職先10選【人手不足・未経験OKを狙おう】

今ニートしてるけどそろそろ働かなきゃなぁ。でも高卒で資格も持ってないニートなんて雇ってくれるのかな?ニートでも就職できる業界があれば教えてほしい。

こういった疑問にお答えします。

本記事の内容
  • ニートが就職するためのポイント
  • ニートにおすすめな就職先10選
  • 就職したいニートがやるべきこと

こんにちは、カズヤです。

ニート脱却のために就職活動をしようとしても「そもそも仕事あるのかな?」と不安になりますよね。

特に、学歴も資格も持っていないなら「もう就職できないんじゃないか」と焦る気持ちもあると思います。

そこでこの記事では、ニートにおすすめな就職先を10個まとめました。

現在の僕はフリーランスとして文章を書きながら生きていますが、仕事がないときはニートみたいな生活をしています。

個人での仕事がなくなったら、今回紹介する仕事に就職すればいいやと思っているので不安はありません。

この記事を読めば、ニートでも就職できることがわかりますよ。

ちなみにニート期間が長くても、今はどの企業も人手不足なので34歳以下ならニートでも容易に就職可能です。

ニートにおすすめな就職サイト

  1. DYM就職
    →IT系の求人に強い。未経験OKだし年齢も35歳までサポート。
  2. JAIC
    →就活講座が充実。ビジネスマナーを学べるため就職後も安心できる。
  3. 就職Shop
    →リクルートが運営しており求人が豊富。書類選考なしで面接に進める。
  4. ハタラクティブ
    →ヒアリングの丁寧さに定評あり。大企業の内定率もかなり高い。

就職サイトは「担当者との相性」でかなり左右されるので、なるべく複数登録がおすすめです。

目次

ニートが就職するためのポイント

ニート期間が長いと「就職できないのではないか」と不安ですよね。

しかし、以下の2点を押さえて仕事を探せば、ニートでも就職できますよ。

ニートが就職しやすい仕事の条件

  • 人手不足な仕事
  • 未経験OKな仕事

人手不足な仕事は、とにかく人材がほしいのでニートでも採用されやすいです。

特に「求人倍率が2倍以上の業界」は狙い目といえるでしょう。

また、未経験OKな求人は、企業側がスキルや経験を求めていません。

研修制度や教育が整っているため、働く意欲さえあればニートでも採用される可能性は高いですよ。

というわけで、次章では「人手不足・未経験OK」である具体的な仕事を紹介します。

ニートにおすすめな就職先10選

ニートでも就職しやすいおすすめな仕事は以下の10個です。

ニートにおすすめな仕事
  1. 工場勤務
  2. 引っ越し屋
  3. 介護職
  4. 清掃業
  5. 警備員
  6. 営業職
  7. 飲食店スタッフ
  8. トライバー
  9. コールセンター
  10. プログラマー

それぞれ「どんな仕事なのか」を簡単に解説します。

①:工場勤務

工場勤務は、ライン上に流れてくる製品を加工していく仕事です。

たとえば、自動車のパーツを組み付けたり、食品の梱包をしていくイメージ。

単純作業の繰り返しでつまらないかもですが、コミュニケーションが必要ないので「黙々と作業をこなすことが得意な人」には向いています。

工場勤務は、3ヶ月や6ヶ月の短期間から始められるのでイチオシです。

②:引越し屋

引っ越し屋は、引っ越しのときの荷物を運ぶ仕事です。

たとえば、リーダーの指示に従って家具を搬入搬出を行うイメージ。

どうしても重い荷物を運ぶことになりますが、単純作業なので「筋力や体力に自信がある人」に向いています。

③:介護職

介護職は、病気の方や高齢者のサポートをする仕事です。

たとえば、利用者の自宅を訪問して買い出しや料理をしたり、介護施設内でレクリエーションをしたりします。

介護というと大変なイメージがあるかもしれませんが、利用者とのコミュニケーションを楽しめるので「会話好きな人」に向いています。

④:清掃業

清掃業は、ホテルやオフィスの掃除をする仕事です。

たとえば、決められた範囲を手順どおりに清掃していくイメージ。

汚いイメージがあるかもですが、綺麗にしていくことに快感を覚える「掃除好きな人」には向いています。

⑤:警備員

警備員は、商業施設や工事現場で決められたエリアの監視や巡回を行う仕事です。

たとえば、交通整理が必要な場所で車両を誘導したり、ショッピングモールの巡回警備をするイメージ。

立ち仕事できついかもですが、複雑なことが一切ないので「とにかくシンプルな仕事をしたい方」には向いています。

⑥:営業職

営業職は、お客様のニーズに応える製品やサービスを提案し購入につなげる仕事です。

たとえば、新規顧客を訪問して製品の説明をしたり、すでに契約を交わしている顧客を回ったりします。

営業ノルマがきつそうに思えますが、頑張り次第では高収入を目指せるので「バリバリ仕事を頑張りたい方」には向いています。

⑦:飲食店スタッフ

飲食店スタッフは、飲食店のホールやキッチンで働く仕事です。

たとえば、お客様のオーダーした料理を運んだり、キッチンで調理をしたりするイメージ。

飲食店は大変なイメージがありますが、経験を積めば店長やマネージャーも目指せるので「キャリアアップを狙いたい方」には向いています。

⑧:ドライバー

ドライバーは、自動車(基本的にはトラック)を運転する仕事です。

たとえば、荷物を運送したり集荷に行ったりします。

通販の普及で忙しいイメージですが、近年は年収が増加傾向にあるので「コミュニケーションを取らずに高収入を目指したい方」には向いています。

⑨:コールセンター

コールセンターは、お客様の問い合わせ電話に対応する仕事です。

たとえば、通信販売の注文受付をしたり、製品の修理受付をしたりします。

正社員よりも派遣社員が多い職種ですが、残業が少ないので「とりあえず何か始めたい方」には向いています。

⑩:プログラマー

プログラマーは、コンピューターを動かすプログラム言語を用いて、さまざまなシステムやソフトウェアを作る仕事です。

たとえば、システムエンジニアが設計した仕様書に基づいてプログラミングしたり、設計どおりに動作するかテストをしたり、バグの修正をしたりします。

専門知識の習得が必要ですが、プログラマーはこれから需要と供給が追いついていないので「安定した職と高収入を目指したい方」に向いています。

就職したいニートがやるべきこと

ここまでニートにおすすめな就職先を紹介しました。

しかしそれだけでは「本当に就職できるのか不安」「就職できてもちゃんと仕事できるか不安」という感情がまだ残っていると思います。

そこで、就職したいニートにおすすめな行動も合わせて紹介します。

就職したいニートがやるべきこと
  1. 転職エージェントに登録する
  2. 自己分析で性格を見つめ直す
  3. 読書をして知見を広げておく

①:転職エージェントに登録する

就職したいと思ったなら、まずは転職エージェントに登録しましょう。

転職エージェントは「求人紹介」「就職相談」「面接対策」無料で支援してくれます。

ニート向けの転職エージェントを利用しよう

とはいえ、「いやいやニートなんて相手にされないでしょ」と思うかもしれません。

そこでおすすめなのが「ニート向けの転職エージェント」の利用です。

ニートにおすすめな転職エージェント

上記に登録すれば、「未経験OKかつブラック企業を排除した求人」を紹介してもらえますよ。

さらに、担当者はこれまでたくさんのニートを支援してきた実績があるため、シンプルに相談しやすいです。

というわけで、まずはニート向けの転職サイトに登録しましょう(繰り返しますが無料で利用できます)。

転職エージェントは複数登録することで優良企業とマッチする確率が上がりますよ。

②:自己分析で性格を見つめ直す

「就職したいけどやりたい仕事がないなぁ」という人は、自己分析をするのがおすすめです。

自己分析をすれば「自分の強み」がわかります。

自分の強みがわかれば「向いている仕事」も見つかるので就活が成功しやすくなりますよ。

面接のときも自分のことをうまく話せるようになるので是非やってみてください。

リクナビNEXTの「グッドポイント診断」がおすすめ

おすすめの自己分析ツールは、リクナビNEXTに登録するとできる「グッドポイント診断」です。

完全無料で受けられるのですが、クオリティーは有料級なのでかなりおすすめ。

むしろ3,000円くらい払ってできる自己分析をするよりも精度が高いと感じました。

自己分析をするとしないとでは、今後の人生が大きく変わるといっても過言ではないので是非やってみてください(無料だし)。

僕の診断結果も赤裸々に公開しています

③:読書をして知見を広げておく

「就職してもこれからの人生が不安」という人は、読書をするのがおすすめです。

読書をすれば「さまざまな人の生き方や考え方」に触れられるので知見が広がります。

知見が広がれば「こんな生き方もあるのか」「一生懸命働く必要ないかも」みたいな気づきがあり、かなり生きやすくなりますよ。

ニートにおすすめな1冊

著:大原扁理
¥773 (2022/01/19 10:38時点 | Amazon調べ)

「何を読んだらいいかわからない」という人は、とりあえず上記の本を読んでみてください。

「低収入でも幸せに生きるための考え方」がわかるので、読む前とはかなり人生が違って見えますよ。

たくさんの本を安く読む方法

「たくさん本を読みたいけど代金が気になるなぁ」という人には、Kindle Unlimitedがおすすめ。

Kindle Unlimitedは、Amazonが提供する月額980円の読み放題サービスです。

対象の本(和書12万冊、洋書120万冊)であればいくら読んでも追加料金はかかりません。

\ 30日間の無料体験あり /

僕も愛用しています

まとめ:ニートでも就職は可能です

ニートにおすすめな仕事
  1. 工場勤務
  2. 引っ越し屋
  3. 介護職
  4. 清掃業
  5. 警備員
  6. 営業職
  7. 飲食店スタッフ
  8. トライバー
  9. コールセンター
  10. プログラマー
就職したいニートがやるべきこと
  1. 転職エージェントに登録する
  2. 自己分析で自分を見つめ直す
  3. 読書をして知見を広げておく

さいごまで読んでいただきありがとうございます。

ニートにおすすめな就職先とやるべきことを解説しました。

「ニート期間が長いと就職できないだろうなぁ」と思うかもですが、ニートでも就職はできます。

少子高齢化でどの企業も人手不足なため、34歳以下であればニートであっても容易に就職可能ですよ。

なので、まずは就職サイトに登録して、自分に合った求人を探してみてください。

応援してます。

ニートにおすすめな就職サイト

  1. DYM就職
    →IT系の求人に強い。未経験OKだし年齢も35歳までサポート。
  2. JAIC
    →就活講座が充実。ビジネスマナーを学べるため就職後も安心できる。
  3. 就職Shop
    →リクルートが運営しており求人が豊富。書類選考なしで面接に進める。
  4. ハタラクティブ
    →ヒアリングの丁寧さに定評あり。大企業の内定率もかなり高い。

就職サイトは「担当者との相性」でかなり左右されるので、なるべく複数登録がおすすめです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次