MENU

【工場】夜勤を辞めてよかったと感じること3つ【9年勤めました】

  • 「夜勤を辞めてよかったと感じることがあれば知りたい」
  • 「夜勤が辛くて辞めたいけど慣れれば楽になるのかな…?」
  • 「夜勤を辞めたいけど始めたばかりだし辞める勇気がでない…」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

本記事の内容

  • 夜勤を辞めてよかったと感じること3つ
  • 僕が夜勤を辞めたいと思った3つの理由
  • 夜勤を辞めたい人におすすめな行動3選

こんにちは、カズヤです。
工場で夜勤(交替勤務)を9年間していました。

夜勤って本当にきついし辞めたくなりますよね…。
とはいえ、始めたばかりの人や、生活に不安のある人は「本当に辞めていいのだろうか…」と悩むと思います。

結論、僕は夜勤を辞めてよかったです。

なぜなら、夜勤を辞めたことで人生が明るくなったし、健康的な生活を送れるようになったからです。

夜勤手当がなくなるのは痛いかもですが、夜勤を辞めると意外に支出が減りますよ。

なので、夜勤が辛いなら辞めたほうがいいです。

この記事を読めば、夜勤を辞めるメリットや方法がわかり、人生を明るくする一歩を踏み出せるでしょう。

目次

夜勤を辞めてよかったと感じること3つ

僕は9年間夜勤をしましたが、辞めて本当によかったです。

理由は以下の3つ。

  1. ポジティブ思考になった
  2. お金を使う機会が減った
  3. お肌の調子がよくなった

①:ポジティブ思考になった

夜勤を辞めてからは自分でも驚くほどポジテイブ思考になりました。

  • 自信を持てるようになった
  • 心から笑えるようになった
  • 勉強するのが楽しくなった

このように夜勤を辞めた今は毎日が楽しいです。

夜勤をしているときは、常にネガティブ思考で「社会人なんてそんなもんだよね…」と人生に絶望していました。

しかし、いざ辞めてみると「あれは夜勤のせいだったのか」と言えるほど性格が変わりましたね。

②:お金を使う機会が減った

夜勤を辞めてからはお金もあまり使わなくなりました。

具体的には以下のとおり。

  • コンビニで無駄遣いしなくなった
  • 通販サイトで散財をしなくなった
  • 飲み歩きや暴飲暴食がなくなった

夜勤はストレスが溜まるので、どうしてもお金を使ってしまいます。

そのため、夜勤で貯金できないんだから辞めたらヤバい…と思うのですが、実際はそんなことありません。

ストレスが減るとその分だけ出費も減るので、本当に辞めてよかったです。

③:お肌の調子がよくなった

夜勤を辞めてからは、お肌の調子もよくなりました。

「夜勤を辞めるだけでこんなに綺麗になるんだ!」と感動したのを覚えています。

僕はそこまで美容に気を遣っているわけではありませんが、ニキビができにくくなったのは嬉しいです。

自分に自信を持てるようになったのは、肌トラブルが改善したのもあるかもしれません。

僕が夜勤を辞めたいと思った3つの理由

そもそも、僕がなぜ夜勤を辞めたいと思ったかというと以下の3つが理由です。

  1. バカになる気がした
  2. 人生が虚しく感じた
  3. 将来が不安になった

①:バカになる気がした

これは工場勤務だからかもですが、「このまま続けると本気でバカになる…」と思ったんですよね。

主な理由は以下。

  • 単純作業ばかりで頭を使わない
  • 睡眠不足で判断力が低下する
  • 疲労で考える行為が面倒になる

このように、夜勤をしていると「自分で考える力」が衰えるんですよね。

「バカになっても稼げるならいいじゃん」と思うかもですが、いつまでも夜勤を続けられるとは限りません。

たとえば体を壊してしまった場合、チンパンジーのような人間はジリ貧になるでしょう。

僕は工場夜勤を9年もしていたので十分バカですが、「20代ならまだ何とかなる…!」と思ったので辞める決断をしました。

②:人生が虚しく感じた

「このままでは人生が虚しいだけだ…」と感じたのも辞めた理由のひとつです。

具体的には以下。

  • 平日はつまらない仕事をするだけ
  • 休日は仕事の疲れでほぼ動けない
  • 夜勤手当もストレス発散で消える

もはや奴隷です。

「このまま奴隷のように生きて死ぬのか…」と考えると、なんだか人生が虚しく感じたんですよね。

貯金目的で夜勤をするのは全然ありですが、ある程度お金が貯まったら辞めるべきだと思います。

③:将来が不安になった

将来に不安を感じたのも大きな理由です。

具体的には以下。

  • ほとんどの人は出世しても夜勤がある
  • 年を重ねるごとに疲れが抜けなくなる
  • リストラされた際に再起が難しくなる

「あと30年以上も夜勤があるのか…そして年々きつくなるのか…」と考えると絶望でした。

また、高齢になると転職が厳しくなるので「夜勤を辞めたくても続けるしかない」という状況になるかもしれません。

辞めたいけど辞められないって、もう生き地獄、拷問ですよね。

なので、手遅れになる前に夜勤から抜け出すことを決めました。

夜勤を辞めたい人におすすめな行動3選

夜勤を辞めたいけど何をしたらいいかわからない…という人もいるでしょう。

そこでおすすめなのが以下の3つ。

  1. 高卒特化の転職エージェントに相談する
  2. プログラミングスクールに通い転職する
  3. クラウドソーシングで在宅ワークをする

ご自身に合った方法を試してみてください。

順番に解説します。

①:高卒特化の転職エージェントに相談する

「転職できるか不安…」と思うかもですが、転職エージェントを利用すればすぐにできます。

転職エージェントとは、専任のアドバイザーがついて、転職をサポートしてくれるサービスです。

具体的なサービス内容は以下。

  1. 自分に合う求人を紹介してくれる
    →やりたい仕事が見つけやすくなる
  2. 会社の雰囲気や内部事情を教えてくれる
    →入社した後のミスマッチを防げる
  3. 職務経歴書や面接のサポートをしてくれる
    →内定をもらいやすくなる
  4. 面接の日程調整や給料交渉をしてくれる
    →面倒な手続きをしなくて済む
  5. 人事に推薦状を書いてアピールしてくれる
    →面接で失敗してもフォローしてくれる

これらのサポートをすべて無料で受けられます。

転職エージェントは企業から紹介料をもらうビジネスモデルなので、僕ら利用者は無料で利用できるわけです。

また、転職エージェントは「非公開求人」を保有しており、ハローワークや求人サイトでは出会えない優良求人がたくさんあるんですよね。

つまり、仕事を探すなら転職エージェントを使わないと損です。

「自分は学歴がないから相手にされなさそう…」と思うかもですが、最近は高卒特化のサービスもあるので大丈夫ですよ。

以下の記事でおすすめな転職エージェントをまとめているので参考にしてください。

ひとりで探したい人は「転職サイト」を使おう

転職エージェントは登録すると担当者と面談することになります。

まだ本気で転職を考えていない人は気軽に登録できませんよね。

なので、マイペースに仕事を探したい人は「転職サイト」がおすすめです。

  • 転職サイト
    →自分ひとりで転職活動をする
  • 転職エージェント
    →担当者と一緒に活動を進める

名前がややこしいですが、両者には気軽さの面で違いがあります。

転職サイトなら、登録しても電話がかかってこないので気軽に登録できますよ。

基本的には非公開求人のある転職エージェントがおすすめですが、マイペースに求人情報だけ見たい人は転職サイトに登録してみてください。

転職サイトはたくさんありますが、リクナビNEXTに登録しておけば間違いありません。

業界最大手なので求人の質と量が圧倒的に違います。

\ たった5分で完了します /

ちなみに面接で「前職の退職理由」を聞かれたら、素直に「夜勤が合わなかったから」でOKです。

②:プログラミングスクールに通い転職する

手に職をつけたい人はプログラミングスクールに通うのもおすすめです。

プログラミングスクールには「エンジニア転職保証」のサービスがあり、申し込むことで転職までサポートしてもらえます。

数十万円の費用は発生しますが、エンジニア職は「給料が高い・将来性がある・自由に働ける」とかなり魅力的ですよ。

もし転職できなくても全額返金保証があるので安心できますね。

エンジニアに興味のある人はオンライン講座「TechAcademy 無料体験」を試してみるのがおすすめです。

無料なので損することはありません。

\ 受講者数No. 1・転職支援サポートあり /

無料のプラグラミングスクールもある

「お金がないからプログラミングスクールは無理だなぁ…」という方も安心してください。

GEEK JOB」なら完全無料で学習から転職までサポートしてくれます。

GEEK JOBSは転職エージェントと同じく「就職支援で企業から紹介料を受け取る」ので無料というわけです。

サポートの質は有料サービスよりも劣りますが、それでも内定率は9割超えなので検討してみてください。

\ 29歳まで無料・転職支援あり /

③:クラウドソーシングで在宅ワークをする

クラウドソーシングを使えば就職しなくても仕事ができます。

クラウドソーシングとは、「仕事を発注したい人」と「仕事を受けたい人」をマッチングさせるサービスです。

すべてインターネットで完結するので在宅でも仕事ができます。

クラウドソーシングの仕事内容

  • ライティング
    →Webメディアに文章を書く仕事
  • 動画編集
    →商品のPR動画・YouTube動画を編集する仕事
  • デザイン
    →ホームページ制作・バナー作成をする仕事
  • プログラミング
    →システム開発・アプリ開発をする仕事
  • アンケート
    →商品・施設・店舗の感想を投稿する仕事

ほかにもありますが、主な仕事内容はこんな感じ。

「やったことないから無理だよ…」と思うかもですが、クラウドソーシングには未経験でできる仕事も多いです。

もちろん未経験だと安い仕事しかできませんが、夜勤手当と同じくらいは稼げます。

楽な仕事に転職して、足りないお金はクラウドソーシングで稼ぐのもありですよ。

サービスは無料で使えるので興味のある方はチェックしてみてください。

未経験者におすすめな仕事は「Webライター」

どんな仕事をすればいいか迷う人は「ライティング(Webライター)」がおすすめ。

Webライターは未経験者が多いので始めやすいし、独立もしやすいです。

僕はライティング業務に取り組んだことでフリーランスになれました。自由に働けて最高です。

Webライターの始め方や勉強方法は以下にまとめてあるので参考にしてください。

補足①:夜勤を辞めたいときに微妙な行動

余談ですが、夜勤を辞めたいときに以下の行動はおすすめしないです。

  • 上司に異動の相談をする
    →相手にしてくれない
  • 医者の診断書を提出する
    →結局は元に戻される

「夜勤がきついので異動させてほしいです…」と上司に相談してもだいたい相手にしてくれないでしょう。

「きついのはみんな同じだぞ」と言われて突き返されるのがオチです。

また、医者の診断書を持っていくのも微妙ですね。

同僚が持っていっていましたが、半年くらい夜勤なしになっただけで、症状が回復したと判断されたときには再び夜勤ありの部署に戻されていました。

なので、夜勤を辞めたいなら素直にほかの仕事を探すしかありません。

補足②:上司が怖くて退職を言い出せない?

夜勤を辞めたい人の中には「上司が怖い」という人もいるでしょう。

上司が怖いと退職したくてもなかなか言い出せませんよね。

そういった場合は「退職代行サービス」を利用しましょう。

退職代行サービスとは

退職代行サービスとは、文字どおり退職の手続きを自分の代わりにしてくれるサービスです。

依頼すれば翌日から会社に行かなくてOK。もちろん退職金や有休消化ももらえます。

3万円弱の費用は必要ですが、嫌な仕事を我慢してメンタルブレイクするくらいなら安い費用だと思います。

業者とのやりとりもチャットでOKなので気軽に申し込めますよ。

今は利用率もかなり高くて、退職者の3割は退職代行を経由しているそうです。

退職代行Jobs」なら転職活動もサポートしてくれるので、どうしても自分で退職を伝えられない人は利用してみてください。

\ チャットのみで退職できる /

まとめ:夜勤は稼げるけど、しんどいなら辞めよう

さいごまで読んでいただきありがとうございます。

夜勤を9年間した僕が辞めてよかったことをお話ししました。

もういちど振り返ると以下のとおり。

  1. ポジティブ思考になった
  2. お金を使う機会が減った
  3. お肌の調子がよくなった

夜勤を辞めてからは肉体的にも精神的にも健康になりました。

人間はやっぱり「昼に動いて夜に寝る」という生活をしないとダメです。

夜勤手当はかなり魅力的ですが、ストレス発散や医療費で消える人も多いのではないでしょうか。

なので、もしあなたが無理をして夜勤を続けているならスパッと辞めても問題ないですよ。

転職エージェントを使えば、転職先はいくらでも見つかります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次