MENU

女性が工場勤務って底辺?恥ずかしいこと?【全然そんなことない】

  • 「工場勤務の女性って底辺と思われてるのかな?」
  • 「工場勤務に興味があるけど女性だから恥ずかしい…」
  • 「女性が工場で働くならどんな職種がおすすめ?」

こういった悩みにお答えします。

工場勤務・製造業はコミュニケーションが苦手な人でも問題なく働けます。

そのため、煩わしい人間関係に疲れた人や、黙々と働きたい性格の人にかなり人気な職業です。

とはいえ、工場勤務というと「底辺がする仕事」というイメージもあり、特に女性は応募するのに抵抗がありますよね。

そこで今回は、女性が工場勤務ってどうなの?というテーマを深堀していきます。

僕は工場勤務を9年ほど経験しました。
その経験からいうと、工場勤務は底辺ではないし、女性にもおすすめできる仕事ですよ。

この記事を読めば、自信を持って工場求人に応募できるようになるはずです。

ぜひ最後まで読んでみてください。

目次

女性が工場勤務って底辺?恥ずかしいこと?

工場勤務の女性は底辺なのか?恥ずかしいことなのか?

結論からいうと、工場勤務は底辺ではないし、女性だから恥ずかしいなんてこともありません。

むしろ、工場勤務は女性にとっても魅力的な職業ですよ。

工場勤務が底辺といわれる理由

そもそも、なぜ「工場勤務=底辺」という印象があるのか?

理由は「工場勤務=3K」という印象が強いからです。

3Kとは、「きつい」「汚い」「危険」の頭文字をとった造語です。

具体的には以下のとおり。

  • 肉体労働だから体力的に「きつい」仕事をしてそう…
  • 機械の油や材料の粉塵で「汚い」職場で働いてそう…
  • 機械の操作や重い荷物の運搬が「危険」で大変そう…

こういったイメージがあり、「工場なんて底辺が働くところでしょ…」と思う人もいるみたいですね。

工場の3Kは、もはや過去の話です

とはいえ、「工場勤務=3K」はもう過去の話です。

最近は環境がかなり改善されていて、3Kなんて言葉の面影もない職場が多くなっています。

具体的には以下のとおり。

  • きつい
    →設備・技術の最新化で体力仕事は減っている
  • 汚い
    →製品に汚れがつかないように衛生管理を徹底している
  • 危険
    →過去の労働災害を繰り返さないように安全対策を徹底している

もちろん、すべての工場に当てはまるわけではないですが、多くの工場で3Kはもう古い言葉になっています。

特に、大企業は設備も最新のものが多いし、衛生管理や安全管理も徹底しているので驚くはずですよ。

工場は女性向きな仕事もあります

「でも工場の仕事って男性のイメージが強いし…」と心配な人もいるかもしれません。

しかし、工場の仕事には”女性向き”なものも結構ありますよ。

たとえば以下のとおり。

  • 組み立て・加工
    →手先の器用な人に向いている
  • 検査・検品
    →細かい視点を持つ人に向いている
  • ピッキング・梱包
    →手際よく動ける人に向いている

個人差はありますが、一般的には「手先の器用さ」「細かい視点」「手際の良さ」は男性よりも女性が優れています。

女性が工場で働く際は、女性向きの職種に回されることが多いので心配しなくてOKですよ。

工場で働く女性は意外と多い

製造業・工場勤務というと「女性は少ない…」というイメージがあるかもしれません。

しかし、工場で働く女性は決して少なくありません。

以下のグラフをご覧ください。

出典:経済産業省「商工業実態基本調査」

上記は経済産業省が調べた、製造業の業種別における女性従業者の割合です。

このデータを見ると…

  • 衣服・繊維製品製造業・・・73.6%
  • 食料品製造業・・・61.1%
  • 皮革製品・・・52.3%
  • 電気機械器具・・・51.1%
  • 繊維工業・・・51.0%

と、従業者の半数以上が女性の工場もかなり多いことがわかります。

もちろん、その企業によって差はあると思いますが、それでも製造業で働く女性は意外にも多いです。

なので、「女性なのに製造業で働くのは恥ずかしい…」とか「男性社会に馴染めるかな…」とか心配する必要はまったくありませんよ。

工場勤務×女性の魅力とは

女性が工場で働くメリットもあります。

それが以下の3つ。

  • 未経験・資格なしでもすぐ働ける
  • プライベートの予定が立てやすい
  • 男性との出会いのチャンスが多い

このあたりは以下の記事で解説しているので興味があれば読んでみてください。

工場勤務が恥ずかしい女性におすすめな行動

女性が工場勤務でもまったく恥ずかしいことありません。

とはいえ、それでも周りから見下されたり、自身でも恥ずかしい気持ちが消えなかったりする場合もあるでしょう。

そんなときは、以下の解決策が以下の3つです。

  1. 大企業の工場で働く
  2. 転職エージェントに相談する
  3. 自分で稼ぐスキルを身につける

順番に解説します。

①:大企業の工場で働く

工場勤務が恥ずかしいと感じるのは、小さな工場で働いているからではありませんか?

工場は工場でも「大企業」なら、そこまで恥ずかしくないでしょう。

トヨタやホンダなどの従業員を想像してください。とても底辺なんて思いませんよね。

僕自身もトヨタの工場で働いていたのですが、周りからは羨ましがられて鼻高々でした。

「学歴の低い自分が大企業なんて入れないよ…」と思うかもですが、工場勤務ならわりと誰でも大企業で働けますよ。

また、トヨタやホンダなどの大手自動車メーカーの工場は「正社員登用」にも積極的です。

工場勤務なら真面目に働いてさえいれば、誰でも大企業の正社員になれるチャンスがあります。

なので、工場勤務が恥ずかしいと感じるなら、大企業の工場求人に応募してみてください。

\ 大企業で働こう /

②:転職エージェントに相談する

どうしても工場勤務そのものに劣等感を抱くなら、シンプルに別業界に転職しましょう。

「自分は工場でしか働けないよ…」と思うかもですが、それは選択肢を知らないだけです。

転職エージェントを活用すれば、専任のアドバイザーがあなたに最適な職業を”無料”で提案してくれます。

たとえば、

  • 「あなたの性格ならこの仕事が合うはずですよ」
  • 「工場で働いた経験はこの仕事でも活かせますよ」
  • 「この会社は未経験でも働きやすいみたいですよ」

こんな感じです。

ほかにも、面接や職務経歴書作成のサポートをしてくれたり、企業との日程調整を代行してくれたりしますよ(もちろん無料)。

転職エージェントを活用すれば、自分の新しい可能性に気がつけます。相談のみでもOKなので活用してみてください。

おすすめは「リクルートエージェント」です。
業界最大手なので経営に余裕があり、無理に転職を勧めてくることがありません。

\たった 5分で登録完了 /

③:自分で稼ぐスキルを身につける

会社に雇われたくないなら、自分でお金を稼げるようになりましょう。

自分でお金を稼ぐことができれば、転職しなくても工場勤務から抜け出せます。

たとえば以下のように。

  • Webのスキルを身につけて個人で仕事をもらう
  • ブログやYouTubeにコミットして収益化させる
  • ウーバーイーツや出前館の配達員をやりまくる

どれも難しそうに感じるかもですが、意外とそうでもありませんよ。

今はフリーランスが増えているから仕事はもらいやすいし、Webのスキルや稼ぐノウハウは本や動画で学べます。

また、僕の元同僚はデリバリーの配達員だけで会社員以上の給料を稼いでいるみたいです。

今の時代、自己管理ができる人であれば、会社に雇われずに働くことも可能ですよ。

ちなみに、工場で働きながら勉強するなら「ブログ」がおすすめです。

ブログで集客ができるようになれば、ほかのビジネスにつなげたり、Webマーケティング会社に転職できたりしますよ。

詳しくは以下で解説しているので興味があれば読んでみてください。

まとめ:工場勤務はまったく底辺ではありません

最後まで読んでいただきありがとうございます。

工場勤務・製造業は女性でもまったく底辺ではないことを解説しました。

記事の要点をまとめると以下のとおりです。

  • 工場勤務が底辺といわれるのは「3K」のイメージが強いから
  • 工場勤務の「3K」は過去の話。今は女性でも働きやすいです
  • 工場勤務が恥ずかしいなら、大企業の工場に応募すればいい

繰り返しますが、女性が工場勤務をしていても全然恥ずかしくありません。

工場勤務は煩わしい人間関係がなかったり、プライベートを存分に楽しめたりするのがメリット。

そこに魅力を感じて工場で働く女性は多いです。

なので、工場で働きたい気持ちがあるなら、自信を持って応募して大丈夫ですよ。

おすすめな工場求人サイトは以下にまとめたので、ご自身に合ったサイトから応募してみてください。

製造業におすすめな転職サイト・エージェント
  1. 工場求人ナビ
    →派遣社員で応募したい人向け
  2. コウジョウ転職
    →工場の正社員を目指す人向け
  3. リクルートエージェント
    →工場以外でも探したい人向け

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次